シュガーレスシューのブログ

シュガーレスシューのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!

進行したむし歯から虫歯菌が歯の神経の血管に入り込み、歯肉炎や歯周病になり弱くなった歯肉から歯周病細菌が血管の中に入り込みます。そして歯肉の血管に入った細菌は約90秒で上腕部の血管に達していることが確認されています。30分ほど経つと徐々に減ってきて、60分経つとほぼ上腕部の静脈血にはいなくなります。そして、このあとに全身の血管のどこかで慢性炎症を起こします。

 

果たしてそれらの細菌が、どの場所で炎症を起こすのか、ということまではわかりません。

腎臓なのか、心臓なのか、脳なのか。

 

わかっているのは、行った先がどこであろうと、血管の内壁で炎症を起こす、ということです。

この菌血症は、一見すると健康そうな、普通の人の体内で、静かに起きている現象です。

 

気が付かないうちに血管が蝕まれていく」という意味では、まさしく怖がり、しかるべき対策をすべきなのです。

 

対策は

 虫歯菌や歯周病菌を増やしてしまう炭水化物過多や砂糖過多の食事とおやつを改める。3大栄養素のうちむし歯を作るのは炭水化物だけです。タンパク質、脂質はむし歯を作りません。

しかも砂糖過多の食事、おやつは細菌が砂糖を食べてネバネバ物質を作るのです。このネバネバ物質は歯磨剤では絶対に落とせません。ブラシで物理的に磨き落とすしか方法がないのです。日本人のほとんどの人はこのことをご存じないので「毎日歯磨きしているのに、なんでむし歯になるんだろう?」となるのです。

口中泡だらけになってもネバネバ物質に守られたむし歯菌は溶けないのです。私はこのことを知ってから32年間歯磨剤を使わずブラシだけの歯磨きをしています。

 

 歯ごたえのある、食物繊維の豊富な食べ物をよく噛んで食べることによってむし歯や歯周病が自然と予防できます。また歯並びが悪くなるのを予防できます。このことはプライス博士著「食生活と身体の退化」に詳しく書かれています。

 

③ 歯科医院で歯と歯肉を定期的に検診することでむし歯や歯周病、ひいては全身疾患の予防が期待できます。トヨタ自動車関連健康保険組合での調査によると歯科で定期的に健康診断を受けている人は受けていない人と比べて全身疾患になりにくいという調査結果が出ています。