TOEIC受験記「疲れた。。。」

テーマ:

3月TOEIC受けてきました。

 

(写真入れておかないとバカでかい自分のプロフ写真がFBとかに出るのでw)

 

 

2月がなかっただけでずいぶん久しぶりな感じがします。今日は一番後ろの席。気兼ねなく試験までの間、首をグリグリ回したり、腕のストレッチしたりできるし、が〜って後ろに首をそらしても平気なのでなかなか快適でした(笑)。試験が一旦始まればずっと俯きっぱなしになりますからね。

 

 

 

満点欲しいって言ってるくせにTOEICに特化した勉強はしていません。唯一、積ん読本を減らす目的でTOEICの本を1冊仕上げるのを目標にしているくらいです。今回の仕上げ本はこちら。

 

 

 

 

前田先生とロス先生の本ですごく良かったです。超上級とあるだけあってかなり難易度が高いですが、まさに上級者が落としがちな点が散りばめてあり解説もとてもわかりやすい。ここで間違えた問題を完璧にできるようになればかなり自信がつきます。自分が教えるという観点からも勉強になりました。

 

 

 

さて、試験はというと

 

白衣の女性がボタン、階段をのぼる人、書類を手渡している二人のフォーム。

 

Part1 

1問「?」と思いましたが消去法でそれしかないので問題なし。

 

Part2  

1問自信がないですが、これも消去法で乗り切れているはず。たぶん他は間違えていないと思います。聞いていて本当に対策通じなくなってきたなと感じました。普段から自然な会話のやり取りになれていないとついていけないのでは?と思う問題が多いです。教材から離れて海外ドラマなどを勉強ツールにすべきだと思います。私自身、ネイティブの友人ができ、海外ドラマ、多読(読むことは絶対に聴く能力にも通じる)などの時間を増やすことで確実に聞き取れるようになってきました。

 

Part3/4 

Part2までは順調だったのにここからが。。。。。Part3に関してはここ最近では一番難しく感じました。だいたい聞いていて「どこで誰がどんなことについて話をしているか」さえクリアに聞こえてくれば問題ないのですが、これがよく掴めないまま終わるものがいくつかあって、1問目と3問目はなんとか拾えても2問目が完全に聞き逃して(聞けてなくて)勘になってしまって「やばい〜〜〜。」Part4で持ち直したものの、ここでも1セットの2問目を聞き逃しました。

 

 

Part7

いつも通りシングルの途中くらいからスタート。根拠が探せないものも時間重視でとりあえずすっ飛ばして52分くらいでPart6へ。なんか「どれだけ変更するん?」とか、なんというか話として変な違和感のあるものが多かったような気がします。それだけ今までの定番って感じのものが少なかったということかな。。。

 

Part6

こちらもすっ飛ばして8分でPart5へ。文選択問題は難しく感じませんでしたが、自信がないものが多かったです。

 

Part5

語彙で難しいのがありました。あとはいつも通りかな。5分前に終了で見直し。スコアが悪い時の特徴ですがとにかく見直しマークが多い。で、自分の時計であと1分あるからと思って見てた問題の答えが間違っていることに気づき、消そうとしたところで「終了です」の声。え〜〜、私の時計が遅れてたのか??結局、間違いを直せず、さらに見直しマークを4つくらい残したまま終了。

 

 

 

リスニングもリーディングも両方これだけ難しかったと感じたのは久しぶりです。あ〜あ、今回もだめ。英検なら「よし、間違えたところをしっかり確認して勉強し直そう」ってなれるじゃないですか。それって自分の英語力向上になるじゃないですか。でもTOEICは受けっぱなしだから何の向上もない。まあ、2時間本気で戦った経験値は増えますが。。。いや、私なんて経験値はもういいし。ああ、復習したい。どこが間違って、どこが読めてなかったか知りたい。

 

 

やられた感しかなくて家に帰ってきてからど〜〜〜〜っと疲れました。。。