情報ステーションの民間図書館は誰でも無料で利用できる民設民営の公共図書館です。

・簡単な会員登録で2冊2週間までどなたでも無料で利用できます。
・運営は6歳から82歳までのボランティア約400名で行なっています。
・蔵書はすべて皆さまから寄贈いただいたものです。

僕らの図書館は本を借りるだけでなく、地域の交流拠点として多くの方に活用して頂きたいと願っています。そんな図書館で地域活性を目指す、まちづくりNPOとして活動しています。ぜひ皆さまのご支援をよろしくお願いします。

情報ステーションについて詳しくは
□ オフィシャルサイト: http://www.infosta.org/
□ 蔵書検索サイト: http://librarylife.net/
□ facebook: http://www.facebook.com/infosta
□ Twitter: http://twitter.com/infosta


▼いつも応援ありがとうございます!
よろしければクリックお願いします!

にほんブログ村 本ブログ 図書館・図書室へ
人気ブログランキングへ
ブログランキングならblogram
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-07 21:57:17

黒革の母子手帖 #既出

テーマ:ブログ
芸能界怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

武井咲ちゃん結婚妊娠報道の直後にこのドラマ展開は懲罰?いじめ?見せしめ?


忠犬のような清張ドラマウォッチャーではあるけれど、
来週の最終回を正気で視聴できる気がしないメリヤス。



P.S.カルネの黒服がいい仕事してるんじゃあああ   あと、
 オネエキャラの美容師が着てたハサミ柄のシャツすごく欲しい
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-03 17:26:10

暦の上ではセプテンバーのオクトーバーフェス@千葉中央公園

テーマ:ちばぎんざ図書館

ちばぎんざ図書館すぐ近くの千葉中央公園で

オクトーバーフェス開催中です9月だけどなw

ドイツビールのお祭りです。

 

公園入口のブロンズ像はヘレン・ケラーさんです。

なんだか楽しそうにみえますね・・・・・・。

 

まもなくステージで音楽始まります。

 

皆さんも遊びにいらしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

byメリヤスはビールが飲めない子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-27 17:39:28

図書館ボランティアの平凡な日常と楽しいお仕事①

テーマ:船橋本町通り街づくり図書館
今日は本町街づくり図書館に来ましたよ。
ちばぎんざ図書館がホームのボランチャーメリヤスです。
 
情報ステーションの民間図書館は、現在84館(ですよね?)
高齢者施設やマンションやお店屋さんの中に小さな図書館をつくっています。
こういう↓手書きの貸出用紙で本の貸出をしている図書館もあります。
スタッフが定期的に本の入替にうかがう際に回収されてきたこういう↓貸出用紙は、
貸出冊数記録のためちくちくちくちく蔵書システムに手入力しますが。
 
たーのしーーーーーーーーー♪♪♪
 
図書館を利用してくださる見知らぬ皆さんの手書きの文字はまるでお手紙を読むようで心がとろけます。
用紙の裏にお絵かきしてくれるお子さんもいます。
うんち絵本は実在するのです。
 
がんばるメリヤス
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-15 15:49:19

『私の八月十五日 戦後七十二年目の証言』

テーマ:ブックレビュー
今日この日に出会えた本です。
七十二年前の今日にまだ子どもだったり生徒だったりした人たちの、当時の記憶を「作文」や「図画」にしてまとめた本です。
終戦時に一歳だった加藤登紀子さんはお母様から聞いた当時の思い出話を克明に書いています。
八歳だったコシノヒロコさんが疎開先で洒落た洋服や革靴をうとましがられた体験談そっくりの話を私の母もしていました。
 

 
大活字で読みやすいです。ふりがなも振ってあります。
当時のままの記憶を記録した「作文」です。
文章の終わりには終戦時にその人が何歳だったか何年生だったかが記されています。
 
     
 
メリヤスの両親は終戦の時には国民学校の一年生とか。
空襲もない田舎、祖父たちはそれぞれ事情あって兵隊には行かず、
父の家は農家だったので食べ物に困った記憶もなく日本が戦争をしていることもあまりよくわかっていなかったそうですが。
玉音放送の前日に「本土決戦になるので学校もなくなる」と言われ学校に置いてあった道具を持ち帰ったことを母が覚えていました。
戦争が終わって、少し大きくなってから、同級生の父親が戦死したことや復員してきた学校の先生がいることなどがわかってきたと父は言っていました。
母方の祖父の弟が南方の戦地から帰ってきてからPTSDを発症し病院に入れられたことを私が知ったのはほんの数年前です。
父方の祖父は体格のいい人だったのに「どうして赤紙が来なかったんだろう?」と不思議がられていたそうですが、村の有力者だった曽祖父が役場に手を回したのではないか・・・・・・という話は、祖父が九十一歳で大往生した時に葬儀に集まった人たちのうわさです。
 
実体験としてあの戦争を知る人は年々少なくなってゆくのですが、
お盆で家族や親戚が集まる機会なども多いのが八月です。
語りうる人たちが語ってくれるうちに、聞き伝えてゆかねばならないと思います。
読書は語り継ぐことのきっかけにもなります。
 
byメリヤス
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-06 16:44:28

那須正幹さんのヒロシマ三部作 めぐりくる夏の物語

テーマ:ブログ
8月に読み返したい作品です。




このヒロシマ三部作を友人に紹介した時に、こうの史代さんの「夕凪の街 桜の国」を思い出すと話したことがあります。
ロングラン上映中の「この世界の片隅に」が昭和20年8月6日あの日に至るまでの市民の暮らしを描いた作品であるのに対し「夕凪の街 桜の国」はあの日からの日々を生きた一人の女性とその血縁の人々が主人公。
そして那須正幹さんのこの作品も、あの日から歩き始めた広島の母娘孫の三代に渡る女性たちがリレーのように語り継ぐ長い長い長い昭和そして平成の物語です。

自身も広島出身の那須さんがノンフィクションを書くため広島のお好み焼き屋さんの歴史を取材したことが作品誕生のきっかけだそうです。
戦前から一銭洋食の呼び名で駄菓子屋で食べられていたものを、戦後、屋台などで提供したのが広島のお好み焼きの始まりです。戦争や原爆で未亡人になった女性が開いた店も多かったと。

原爆で夫を亡くし赤ん坊だった娘を連れて生き延び、実家の両親の手助けも得て娘を育てながら生活のために駄菓子屋を営む靖子が、昭和24年すなわち1949年の語り手です。
新憲法が布告され旧憲法にあった家父長制が廃止されたことで、夫の父親を主とする婚家の戸籍から抜ける話し合い。
食料品の統制が緩やかになり、店で扱う品も増え商売が忙しいこと。
湯川博士のノーベル物理学賞受賞が日本中を沸き立たせたこと。
ソ連が原爆保有を宣言し、中国では革命が起こり、朝鮮戦争の足音も聞こえてくる時代の不安。日本は平和憲法を持ち、戦争を放棄したから、もう戦争はしないはずだと葛藤する気持ち。
ベストセラーになったビルマの竪琴をめぐりPTAの読書会で議論するのは、戦地から帰った男たちと、夫を戦地に送った女たち。
わたしたちが歴史の教科書で学んだ戦後日本の道のりが、靖子の日々の出来事として生き生きと描かれます。

靖子の娘、和子が主人公に交代する1960年代は日本という国のいわば青春時代。
母のお好み焼き屋を手伝い高校では生物部で活動する和子の日々は、児童文学作家である那須さんの持ち味の明朗なテンポで進みます。
ズッコケ3人組のハカセを思わせる生物部男子が登場し、原爆で多くの生徒が犠牲になった女学校が前身の女子校に通う幼友達は安保問題について語ります。
生物部で文化祭に血液型の検査をするエピソードでは、戦争中は空襲による負傷にそなえて血液型を調べておくことが義務だったという祖母の思い出話がごく自然に物語の伏線に......。
高校卒業後東京のレストランで働く和子の姿に、NHK朝ドラ「ひよっこ」を重ねてみるのも良しです。

和子の娘でお好み焼き屋の三代目店主を継ぐ志乃が夫と息子と連れだって平和公園の慰霊碑に向かう8月6日、平和宣言に初めて広島弁のことばが入った65年めの夏、物語はいったん語り終えられます。
平成22年の夏で語り終えられているこの家族の物語がこれから次にどのような物語へとつながってゆくのか。それは誰によって語られるのか。
物語とは歴史であり、この世界の片隅に存在し得たかもしれないとある人々のフォークロアです。
歴史を紡ぐのはその時その場所で確かに生きていた人々の生きたことば、なのでしょう。
すぐれたストーリーテラーの手による物語にはことばに何度でも生命を吹きこむちからがあることを思うのです。だからわたしは物語を読むのです。


文責 メリヤス










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。