お久しぶりです

テーマ:

お久しぶりです音譜

管理栄養士の武藤です。


8月に産まれたベビーが1ヶ月になり、出産後実家にいるのですが今週末に自宅へ帰る予定です。


徐々に家事をすることに慣れていってはいますが、まだまだ必死ガーン


なかなかブログの更新とまではいきません汗


完全母乳で3~4時間おきにおっぱいをあげている生活ですショック!

2人目ですが、寝不足にはなかなか慣れず、お肌が荒れ放題叫び

体調を崩しやすいこの時期、ビタミンCとエキナセアというハーブのサプリメントに頼ることにしました。


栄養士として、サプリメントはちょっと…と思っていたのですが、なかなか思うように食事を作れないときは、最後の切り札でサプリメントを使用するのはいいと思います。


サプリメントの使用では、飲む前に医師に相談することをおすすめします。


持病があって、通院している方はなおのこと、母乳をあげている人も必ずです。


医師はそんなにサプリメントの知識に長けている人はいないなぁというのが、長年栄養士をやってきた印象ですが、処方薬に似通ったサプリメントも多いですし、健康被害のあるサプリメントの情報は、医療関係者にはすぐ知れ渡ります。

ですから、医師に飲んでもいいか、聞いてみるのが一番。


そして、栄養士であったら、ある程度のサプリメントの知識は頭に入れておきましょうね。

栄養指導でサプリメントの話がでることは多いですよ。


厚生労働省のページでサプリメントの安全情報がわかります。

参考にしてくださいねラブラブ


http://hfnet.nih.go.jp/

入院中のごはん

テーマ:

こんにちは音譜

管理栄養士の武藤です。


8月末に女の子を出産して、2人の育児に奮闘中あせる

しばらく落ち着くまで、ブログも滞るとは思いますが、ご容赦お願いしますしょぼん汗


出産に伴い、入院中に栄養士として思うことは・・・食事がおいしくないダウンにつきました。

母乳の質をよくするには脂肪を制限して、カルシウム・鉄を強化、質のいいタンパク質を取ること、とは理解しています。


医療関係者としては、献立の工夫が必要だなぁと思いました。


しかし、献立を変更することは栄養士にとって困難を極めます。

なぜなら、献立をたてる栄養士と調理する調理師は別の人間だからです。

調理師は朝8時、昼12時、夜6時(適時給食として決められています)に食事を提供する事が毎日の目標です。

おいしい食事を作りたいと思いつつも、間に合わないのは困る。

間に合わせるためには、現場のパートさんのレベルにもよりますが、簡単で治療食ごとに分かれていない献立が好ましいのです。


以前、料理は愛情というブログを書かせていただいた通り、やはり美味しいものは手間がかかります。(お金をかけないと余計、手間がかかるのです)


ここからが、管理栄養士の本領発揮です。

自分より年上の経験もある調理師さんとうまくコミュニケーションをとり、パートさんのご機嫌を伺い、ちょっと手間のかかる作業をなんとか足してもらうことに快く、同意してもらうのです。


なかなか難しいんですけどね汗


入院中、食事をしながら、その病院の栄養士さんのご苦労を思っていました。


どんな栄養士も思いは1つ。

「おいしかった」が聞きたいだけなのです。

夜勤の方へ

テーマ:

こんにちは音譜

管理栄養士の武藤です。


病院に勤務していると、夜勤の方は多く同僚におります。

夜勤に従事している方も世間には多くいらっしゃるとおもいます。


夜間勤務中は、血中のカリウム、尿酸、血糖値、コレステロール値、総脂質値が上昇します。

夜勤交代勤務者に肥満の方が多いということはありませんが、内臓脂肪(いわゆるかくれ肥満ですね)が多い報告はあります。

また、糖尿病は夜勤交代勤務が6年以上で多くなるようです。

50歳以上の夜勤交代者ではインスリン抵抗性が増す、との報告もあります。


原因は、生活リズムが乱れて睡眠時間が十分でなくなるためとストレスの影響を受けやすく、またストレス解消行動をとりにくいことにあります。


夜勤の休憩中に食事を取る方も多くいらっしゃると思いますが、アドバイスとしては自宅から持っていくのをおすすめします。

夜勤帯では食事の選択の幅が狭くなって、ピザを注文してしまったり、コンビニなどでワンパターンな食事になりがちです。カップラーメンを選ぶ方も多いです。


夜間のほうが血糖もあがりやすいので、糖尿病を発症しやすいのが現状です。


自宅からは、野菜や果物のジュースなどビタミンを取れる飲み物、ヨーグルトなどもおすすめ。おにぎりでもいいですよ。

おかずは最悪なくてもいいです。

おにぎりと野菜ジュース、ヨーグルトといった組み合わせがベストです。


仕事のあとはできるだけ飲みいかずあせるカフェインを控えて2時間以上は寝てくださいね。


睡眠は、病気の状態をよくするにもダイエットにもとても大切ですよ。