コロナ禍で、昨年一年間に先生の身に起こった二度の入院、手術、そしてコロナ感染者となった経験を経て回復され、久々に木曜会にお迎えすることとなりました。当日は寒波が到来する夜、東京は9千に近いオミクロン感染者数となったこともあり、参加者の方々は数十名にとどまりました。

 

昨年1月に胆のうの異変で入院。難を逃れましたが、夏には痛みが発症、遂には胆のう全摘手術をされました。やっと全快、元気に復帰と思いきや、今度はコロナ感染者となった先生。これらの出来事をどう受け止め、どう治めたのでしょうか?

第一声は「必要な人に必要な事が起こる」

スピリチュアルとは、信心深くなる事、自分を知る事、幸せになる事。そして最近は、畑作業や花を育てる事が自分の幸せ=ワクワクする事だと改めて気づかれたようです。生まれて良かった、有難うという気持ち、今の世が楽しいから長生きしたいなぁと先生は思うそうです。

「人生はうまくできていて、必要な事が起きてくる」。

病など一連の体験は、80歳になっても尚、必要な気づきの体験だったように窺えます。

「宇宙は愛でできています。人々は愛の中にいるのです。信心深く、心配する事なく、幸せであってください。自分を愛してください」と繰り返しメッセージを残されました。

 

先生のお話は精神世界ではよく耳にする内容ですが、それは耳で聞いているものは単に知る言葉。心が感じ、自分が実感できるものは、それら言葉のほんの僅か、一部です。実体感できる体験は必要な時に必要な形で訪れるのかもしれません。いつの日か宇宙の愛に抱かれる至福の体感をしたいですね。願えば叶うかもしれません…。

 

山川紘矢先生、有難うございました。

来週は波動理論の日本での第一人者江本勝先生の後継者たちの出演です。

中森じゅあん先生の年頭のご出演です。

 

たまたまエイトスターに来社されていた湯川れい子先生。じゅあん先生のご友人ということで、スタートにご挨拶いただきました。今月発売になった湯川先生の著書『時代のカナリア』についてお話くださいました。

「以前より、ミュージシャンのスティングや坂本龍一さんのように感性の鋭い敏感な人は時代のカナリアであると言われていました。例えば地球環境が酷くなっていて、今のままならどうするんだという人もいれば、物凄く鈍感な人もいますね。多分、東京は30年後には住めなくなる位、温度が上昇すると思います。この事を以前から感じている人が沢山いますが、その内の一人がマイケル・ジャクソンでした。「アース・ソング」を作ったのが1966年です。自分のためだけでなく、未来の子供たちのために、いかに敏感に生きなければいけないか!今日ここに集まっていらっしゃる人たちは敏感な人たちだからこそ、中森じゅあん先生の話を聞きにきていらっしゃると思います。女性と男性は生まれながらにしてDNAの違いがあるでしょ。そういう意味で男性にその辺をもっと理解して欲しいし、世の中がそういうことを理解して欲しいということを含めて書いた本です」と湯川先生。

 

中森「れい子さん、私のことなんて呼ぶと思う?じゅごんと呼ぶのよ」

湯川「だって、じゅごんって可愛いじゃないですか?」

中森「ブスだって言ってたわよ…」

湯川「違う。違う。ウエストはないかも知れないけど…」と、お二人の仲の良いやり取りに暖かい笑いに包まれました。

 

じゅあん先生による恒例の質疑応答。その中から、一つご紹介します。

「自分の魂の目的を知るにはどうしたら良いでしょうか?」というご質問。

「自分に問うていくしかないですね。答えがすぐに出ることはないです。でも自分に私の使命はなにかと問うていくと、それは全部上(天)に伝わっています。でも、これじゃないかな?あれじゃないかな?と考えている間は上と繋がらない。言葉に出さなくても思ったことはエネルギー的に繋がりますから、ネガティブなことを考えたりしていると、世の中のそういうネガティブなエネルギーとエネルギーがくっついて大きくなります。魂の目的を知るというより気づくというほうが正しいですね…」

一見、迷路に足を踏み入れた感覚になりますが、実は単純明快な方式のようです。それは、

内側を見ていくために外側がある。外側は内側にあるものを映し出す。考えないでただ感じる。ありのままの自分が何を求め、純粋に何を願っているのか自分に問うことが大切

 

中森先生、お客様、ありがとうございました。

次週1月20日の木曜会はコロナを克服され、お元気になられた山川紘矢先生をお迎えいたします。

 

以下、ショールームにてご購入いただけます。

『ANGEL CARD/52の天使からの愛と幸せの贈物』

(著)中森じゅあん (出版社)大和出版 (価格・税込み)2,200円

『時代のカナリア 今こそ女性たちに伝えたい!』

(著)湯川れい子 (出版社)集英社 (価格・税込み)1,760円

令和4年初頭の木曜会は恒例となりました大德寺先生と田村の二人会です。

東京は14年ぶりに大雪警報が発令され、会が始まる頃はまだ雪は降り続いていました。それでも、20数名の参加者があり、田村も感激していました。

 

ご縁が結ばれて30年も経た二人。出会いの頃の話から始まりました。

96歳で亡くなるまで、「もの云わぬ神の言葉」を毎年一冊ずつ書き下ろされた小説家、亡き芹沢光治良先生。このお役目は神様から命を授けられて果す仕事となりました。新潮社より出版され、内容は勿論のこと、優しく美しい装幀をどれ程多くの人々が楽しみにしていたことでしょう。神そして人間をテーマに3冊ずつ、他に大自然の夢、天の調べで全8冊を書き終えられました。

8冊の本に必ず登場したのが若き伊藤青年、神からの役目を担って使命を果たす人生となった大德寺先生です。この本がきっかけとなり、その時すでに鳩居堂で年一回書展を行っていた大德寺先生を田村が訪ね、その後突然に、田村の誕生日にエイトスターを大德寺先生がご来店されて以来ご縁が結ばれ今に至っています。『幸長』-春秋社 という先生の半生が描かれた著書に、先生がになった使命が詳しく描かれています。

 

⇒本日の会はDVDが発売されています。実際の映像をご覧頂くほうが臨場感を感じられると思います。ご希望の方はエイトスターのHPをご覧ください。

 

ここでは、幾つかポイントを記したいと思います。

先生が人々に薦めている陽気暮らし。その心で暮らせば穏和な人生が過ごせるということ。苦難、苦境も「陽」の心で向かえば、必ずや光の世界が開けるという思いを90分みっちりとお話されました。

・寅という言葉を使って演然という言葉があります。意味としては能力です。今年は能力を引き出そうとする年。大自然の働きが皆さんを引き上げてくれる。人間はこの地上で修行をして天に帰る。難行苦行をしている皆さんは木曜会に来ることは薬を貰いに来ている。この教えという薬しか治せない。「虎穴にいらずんば虎子を得ず」という諺は、大切な虎の子を手に入れようとするならば、多少の危険を恐れてはならないとの教えです。

※また「寅」の字は、“万物が演然としてはじめて地上に生ずる”ことを意味し、ここから寅の字ははじまりを意味するとされています。虎には魔よけの意味もあり、全国各地で作られている張子の虎は、そのような願いをこめたものでしょう。

 

・許すことによって自分が無の心になり、そして夢をみる。夢を持つことは大事なこと。

・今は当たり前のことが出来ていません。お互いが敬いあい尊敬しあい高め あうこと。

・日々の生活の中で身近な人にありがとうを言うこと。

・人間はルーツを奪えば滅びる。神様、仏様だけではなく、ご先祖様と真剣に向かい合い、敬い感謝しなければいけない。何故なら私たちのDNAはご先祖様から来ているのだから。今年は先祖様に感謝をする年です。

 

一寸先は闇ではなく一寸先は光です。私は光に向かっているのよと力強く申し上げたら必ず光に向かうことが出来るんです。今年はどんな困難があっても前向きな気持ちを持ってください。

一年のスタートにふさわしい学びの木曜会のスタートでした。皆様も是非心を育てる一年になさって下さい。

 

大德寺先生、お客様、有難うございました。

3月3日の木曜会は先生のコンサートを予定しています。お楽しみに!

 

次週13日の木曜会は中森じゅあん先生をお迎えいたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

大德寺先生のCDと本日のDVDを販売しています。

CD 『天音(Ten On)』-税込2500円

DVD『1/6木曜会』-税込2500円