「ありいの法則」中森じゅあん

テーマ:

 今週の木曜会は中森じゅあん先生でした。

「私が入院中に中森先生と皆さんでお祈りして下さったんだそうですね。翌日確かに身体が楽になっていました。ありがとうございました」と田村が挨拶。

「昔からおふくろが大嫌いでした。1歳9か月の時に妹が産まれて、捨てられる感じになった訳ですね。求めて求めて、気を引く為に困らせることをしていました。気が付けば、これが三つ児の魂の原点です。生活しながらこれに気づいたのが今から4年前。「気が付けば、悪いことで気を引くのではなく、良い方で気を引ける人間になって現在に至っているのは、おふくろのお蔭です」と、田村は感謝の薔薇の花を仏壇に供え報告したそうです。

6日後の木曜会で中森先生から

「あなた今日お母さんが来てたのよ。何かあったの?」と尋ねられ、先程の話をすると、「それでお母さんが来てたのよ。喜んでいたわよ」と言われました。

「実は今日、おふくろの命日なんです。だから先生の所に来てるんじゃないかと思って、楽しみにしてるんです。今日は来てるかな?」と田村が先生をご紹介。暖かい拍手で迎えられた先生は、

「今日は来てません。安心してるんですよ、お母さん。あなたが病気の時に、一生懸命お力になって下さったんだから。あなたから感謝のメッセージをあげて下さい」と田村の質問に答えて下さいました。

 

 私達は肉体(ボディ)、精神や心(マインド)、霊魂(スピリット)から成り立っている。ところが生きていると肉体が中心だと思ってしまう。

 現実(物質)世界と霊的(宇宙レベル)世界があり、現実世界には時間があるので、肉体は滅びてしまう。また精神も無くなる。しかし霊魂は不滅である。

そして現実世界と霊的世界は「愛」で繋がっている。

 

 いま生きているのだから、現実世界は大事なこと。現実世界は学びのためにある。仕事のことや人間関係、親子関係とか学んでいく。ガッカリしたり、ネガティブになったり、落ち込んだりと深いレベルで感じていると、そういうことが増えていき、現実に起こってくる。どうしてだろうと深く掘り下げていったら、実は自分がそう思っていたからだと気づく。

そこで「ありいの法則」を活用する。

「あ」 あるがまま

「り」 リラックス

「い」 いまこの瞬間、ここにいる

常に考えとか判断とか過去の体験とか記憶とか頭に出てくると思うが、「ありいの法則」に従い、いまを生きることが大事。

 

 エネルギーやパワーは筋肉にあるとか、丹田にあるとか肉体レベルでは言える。でも実際には霊魂にエネルギーやパワーの源がある。しかもこの源には無限のパワーがある。何故ならここは、宇宙のエネルギーと繋がっているから。我々の肉体レベルの親は人間の両親ですが、それを創ったのは宇宙を創った創造主(神)である。

 

 我々は自由である。

いまから本当にやりたいこと、魂が喜ぶことを早く見つけてほしい。

 

 質疑応答では、

「身体の痛みで治療中なんですけど、身体中走るような痛みがある。この痛みが治らなかったらどうしよう。治療費もかかるし」というお客様からのご質問に先生は

「痛いと感じることは自分の身体が発していること。自分で痛みを感じてあげること。病院へ行ったら痛み止めをくれる。でも飲みつづけていると、痛み止めは効かなくなる。身体に対する感謝と愛情を一緒に感じてやれば、身体は分かってくれる。体験してください」

先生も実際に手術を勧められるほどの酷い膝の痛みに耐え、痛み止めも飲まずに膝に謝ったり愛情注いだりしているうちに、突然痛みが消えて治りました。

 

 「こう言う考えを理解して実践しても私は、我慢できずに、起き上がる時には、大声を出して痛がった。先生は、痛みをご自分で治してしまった。この世の魔法使いですね、……。それでも1ヵ月我慢し入院したら、痛みの元がありました。歯の細菌が腰に集まって炎症を起こしていました。まさかの歯からの細菌。皆さんも歳を重ねています。全部病の元は、細菌だそうですから、これからは、特に歯の細菌には注意して下さい」と田村が締め、木曜会は閉会いたしました。

 

 中森先生、お客様、雨の中ご来場いただきまして、有難うございました。

 

                          (平成30年9月22日 古谷 記)

この夏は暑さが厳しく、身体にも影響があり、急な病いに見舞われた方も多いことでしょう。
今月はエネルギーとパワーについてとりあげます。
パワーはどこにあるのか、パワーに満ちた状態であるにはどういう理解、方法があるのか?についてとりあげ、実際にもやって試してみましょう。
 

意識がこの世界を創っている

テーマ:

 今週の木曜会は山川亜希子先生でした。沢山のお客様が、会場にお越し下さいました。

 

 「『受け入れの極意』は素晴らしい本です。自己主張したら人は来ないでしょ。

黙っていると人が来るでしょ。人間の陰陽和合、男性性と女性性を学ぶ為には秀逸の本です。男性性と女性性が統合しなければ、人間は完成しません。この本で受け入れの極意を学びました。今日の先生はこの本を書いたご夫婦の奥様、亜希子さんです」と田村が山川亜希子先生をご紹介。

 

 今回「自分に目覚めるスピリチュアル 旅へ」という旅行の本を出版されます。ご夫婦共に海外旅行に行く機会が多いので、出版社より勧められて本を出すことにしたそうです。ご主人の絋矢先生は約60か国、亜希子先生は50数か国の国々を巡り、そこで出会った体験を一冊の本にまとめたそうです。紘矢先生は過去のことはすべて忘れていくそうなので、この本は亜希子先生が書かれました。発売は9月22日ですが、とても面白く書けたので是非読んでほしいと発売前に4冊だけお持ちになり、希望するお客様に手渡しました。

 

 本に因み、今年旅したラオスについて語っていただきました。

先生は突然「ラオスに行きたい」と閃いて、ツアーを組むことになります。出版社の方に「何故閃いたのか?何故ラオスに行きたいのか?」と聞かれたが、旅行はいつも閃きで行くので答えられなかった。だから理由など何もない。当然ラオスに何があるかも知らなかった。ラオスのツアーには、22人で行くことになる。一緒に行った皆さんは、とてもやさしい方ばかりで、ラオスについて何も知らない先生に、とても親切に接してくれた。

 

 ラオスのホテルは2人用のコテージだった。突然隣で悲鳴が聞こえ、声がするコテージへあわてて駆けつけると、なんと同行のツアー客がサソリを踏んづけて、サソリに刺されてしまった。刺された瞬間は痛かったが毒を持っていなかったらしく、幸い無事だった。翌日他の部屋の方々に聞いてみると、ヘビやネズミが出た部屋もあった。

 

 ツアーの最初はクアンシーの滝。

丁度雨期で、観光客は非常に少なかった。3日前までは凄い雨で、メコン川の上流では洪水が起こり、住民は山の上に避難し、テント生活をしている。

雨が降ったお蔭で滝の水量が多かったので、滝の迫力が凄く、素晴らしかった。

 

 翌日は2時間位メコン川を船に乗って、洞窟を見に行った。正直洞窟はどうでも良かったが、メコン川の虜になってしまった。今までもナイル河、インダス川など大きな川を渡ってきたが、メコン川は何かが違う。おそらくDNAとか過去世とかあるのか、特別な物を感じた。先生はこの為に旅行に来たのだと思った。メコン川に恋をしたそうです。

 

 旅行の最中に北海道で地震があった。札幌から2人ツアーに参加していた。とても家族のことを心配していたが、ホテルにもインターネットが繋がっていたので、無事が確認出来た。命は助かったとしても、停電や断水など凄いことが起こっている。今年は災害が多い。何故災害が沢山起こっているのか?ということを本気で追及しなくてはいけない。やはり意識の問題。以前から伝えているように、2018年は変わり目。私達の意識が変わらない限り、災害は起こり続ける。私達は自然に生かされているという意識を持つこと。

 

 チャネラーでもある先生はラオスに着いて、メッセージを受け取った。

「自然との繋がりを取り戻して下さい。自然の素晴らしさ、自分たちが自然の一部であること。地球のエネルギーを自分の中に取り込んで下さい」

ある意味、サソリやヘビ、ネズミはお知らせである。我々は動物や虫達と共生して生きなくてはいけないと、どこかで教わっている。

 

 私達が自分たちの最高の世界を創ると本気で思うと、実現するかも知れない。意識がこの世界を創っている。自分の持っている制限を全部取っ払っていく。

「私は誰もが食べられる世界を作りたい」「私は皆が最高の美人になる世界が欲しい」このように皆が素晴らしい世界を考えていたら、世界的には変わらないかも知れないが、自分の周りが変わり始め、自分の人生も変わり始める。

 

 神様は我々に色々なことを学びなさいと言っているだけ。すべてが自己責任。

良いことも悪いことも全部自分が作り出している。

 

 メコン川を見ていると川は流れていくだけ。そこに木の枝やゴミなど流れていく。その枝のように、流されて生きていこう。色々な情景を見たり、場所によってはゆっくり流されたり、早く流されたり、そこには滝があるかも知れない。人生も同じ。流れの先に何が待っているか分からない。でも焦らず、来るものを楽しめば良い。そこから学べば良い。色々なことがあっても乗り越えていけば良い。流れながらそれを受け止めていけば良い。

 

 いまは6次元位の意識を持って3次元を生きる。地球に生まれて来ているのは物凄く幸運。それをきちんと生きる。今あることにちゃんと取り組みなさい。深い意識、広い意識、宇宙の意識を持って、自分自身のことに向かい合いなさい。

 

 満員のお客様も、先生のお話に真剣な表情で頷きながら聞き入っていらっしゃいました。

 

 山川先生、お客様、有難うございました。

                          (平成30年9月15日 古谷 記)

 

 

「受け入れの極意」(20176月10日)

山川紘矢、山川亜希子(著)1512円(税込)興陽館

 

この本は、田村絶賛の本。心完成の為の絶対条件。受けて受けて受けきる人なら、人が寄ってくる。見えない世界も寄ってくる。主張が強い人からは、人が遠ざかる。見えない世界も同じに遠ざかる。

 

新作「自分に目覚める スピリチュアル 旅へ」

山川亜希子(著)1512円(税込) PHP研究所922日発売)

お楽しみに……。