陽気なギャングが地球を回す(2006年) | 勝手に映画紹介!?
2006年10月26日

陽気なギャングが地球を回す(2006年)

テーマ:邦画

2006年10月25日発売、レンタル開始の「 陽気なギャングが地球を回す 」を鑑賞した。これは原作本を読んでいて、けっこう好きな作品だったので、特典ディスク付きのセル版を購入したのだけど…。

ある日、銀行の爆弾騒ぎに居合わせた4人の男女が、自分たちならもっとスマートな犯罪が行えると銀行強盗を結成!他人の嘘を見破れる成瀬、演説の達人の響野、正確な体内時計を持ち、運転技術にも長けている雪子、そしてスリの天才・久遠。それぞれの特技を用いて、銀行強盗を難なく成功させるのだが…なんと逃走中の別の強盗グループと接触。奪った金を盗まれてしまった…。

お金もけっこう掛かってるし、中堅どころの俳優さんがゾロリと揃ってなかなか豪華なんですけどね、原作を読んだ人間としては、演出家のセンスの無さに泣きたくなりましたよ。原作者もインタビューで言ってましたけど…CG使う作品かよと。まぁ、さすがに原作者は特典のインタビューでは表面上、好意的な評価を行い悪口は言ってませんでしたけどね…原作を読んだ人なら誰もが同じ疑問にぶち当たるでしょう。

別に、カーチェイスとかCGで描く必要性がないんだよ、この映画に。雪子のドライビングテクニックが、原作とは比べ物にならないくらい漫画の世界になっちゃってて、すっかり興ざめしてしまう。いくら陽気なギャングだからって、ルパン三世にしちゃってどうするよ。実写でやる意味が全く無い。だったら、最初からアニメで映像化してくれって感じ。たしかに、元々の設定も漫画っぽいところってあるけど、そうならないような文章で読ませたから、原作は魅力的だったのになぁ。

それに加えて、やたらとカラフルな色使い。各キャラクターの衣装も場違いなくらい派手な衣装で、オシャレを通り越して、とにかく不自然に感じてしまった。その他、凝った映像や演出ほど…劇中の成瀬のオヤジギャグ並に寒すぎてつまらなかったと。

原作者が小説のあとがきで、90分くらいの映画が好きだと言っていたのを踏まえたのか、無理矢理92分に抑えたって感じだよね。だから原作に比べると雪子とその息子のエピソードをはじめ、色々な連鎖トラブルがほとんど省かれていた。あの辺をどうみせるかって、期待してたのに…。ラストのどんでん返しトリックなども、原作に比べると質が落ちる。というか、似ているようで、全く展開自体が違うし。まぁ、アレンジはこうした原作ものに付き物だけどね…、原作の方が驚きがちゃんと感じられた。グルーシェニカーも出す意味ほとんどないのに、出してたし。まぁ、あれ自体が原作のファンをひっかけるための囮だったんだろうと、見終わった後には気づいたけど。

原作に思い入れがない人ほど、コメディタッチのオシャレなクライムサスペンスとして楽しめるのではないですかね?原作をぶち壊すなら三池崇史が撮った「漂流街」くらいぶっ飛んで欲しいものだ(笑)ぶっ飛び方がまだまだ中途半端。ちょうど、今日…テレビ東京の午後のロードショーで「アウト・オブ・サイト」なんてやってたけど、ああいう映画の日本版ってとこだよね。

演説の達人・響野を演じた佐藤浩市だけど、早口で喋る姿がまるで、石原良純に見えてしまったのは自分だけ?(爆)加藤ローサは可愛かった。あと、大杉漣が、銀行の支店長で出てきて笑った…一瞬、コスモス銀行(漣さん、強盗コメディ「スペーストラベラーズ」でも支店長だったから)ですか?って思ったりしたけど…それは別の映画だって(笑)

監督:前田哲 原作:伊坂幸太郎
出演:大沢たかお 鈴木京香 佐藤浩市 松田翔太  大倉孝二 加藤ローサ 古田新太 大杉漣 光石研 

【DVDソフトの購入】
DVD 陽気なギャングが地球を回す プレミアム・エディション



【原作や関連書籍はこちら】
陽気なギャングが地球を回す
陽気なギャングの日常と襲撃
映画「陽気なギャングが地球を回す」公式ガイドブック




人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!





勝手に映画紹介!?さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス