1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年10月31日

ボンデージ・ゲーム (1997年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-ボンデージ・ゲーム  

楽天のネットショップ駿河屋 で大量に大人買いした中古VHS(追加注文分はまだ発送されていない)の消化…本日は購入金額110円の「ボンデージ・ゲーム 」を鑑賞…本作はDVD でもリリースされたことがあるんだけれど、既に廃盤で、Amazonのマケプレではプレミア価格で7980円からの出品。さすがにDVD、1枚にそんな金額払えないしな…VHSで充分。過去に、アナログ時代のWOWOWで鑑賞経験あり…金に困った美女が、危ない仕事に手を出してしまうという、日本のエロVシネなんかにもありそうなシュチエーションのお色気サスペンスだけど…。

異母兄妹でありながら、恋人関係でもあるアンディとディランはパリに在住。アンディはモデルだが仕事に恵まれず、調理師学校に通うディランも授業が払えず切迫していた。そんな時に、一攫千金を狙ったディランが麻薬の密売に手を出し逮捕される。アンディはディランの裁判費用を稼ぐため、モデル仲間の紹介で、秘密の高級コールガール組織“サークル”に参加する。“サークル”は世界中のVIPたちに最高の快楽を提供する組織で、アンディはまず基本的なルールやマナーをみっちりと仕込まれ、やがて組織のボス、マーティに見初められるのだが…。

最初はありがちなバカップルだと思っていた主人公たちが…実は異母兄妹だったという設定にまずびっくりだよね。捕まった兄のために、色々と世話をしてくれる真面目な大使館員のおっさんも、さすがに戸惑いを隠せないのだが…妹ちゃんは「そんなの(近親相姦)気にしない」とあっけらかんとしている。まぁ、こんな奔放なねーちゃんだから…怪しげなコールガール組織で働くのにも全然抵抗はないんだよ。さすがに…これが衣装よと、SMコスチュームを見せられると、最初は面食らってたけど、色々と仕込まれていくうちに大胆になっていくわけで…。

一方、この妹ちゃんとは別のアメリカ娘が…同じようなSMコスチューム姿で死んでいるのが発見される。そのアメリカ娘が、これまた富豪だかの有力者だかの娘だったという事で…アメリカ大使館の諜報部(兄弟の事件担当者とは別)が捜査…妹ちゃんの関わってるコールガール組織に目をつけていて、秘密裏にボスに復讐しようと企んでるんだ。兄妹担当の大使館員のおっさんが…妹ちゃんの不審な行動、言動から「もしや?」と、事件と結び付けて、妹ちゃんの現状が発覚。大使館諜報部もこれにのっかろうとして、協力しないと兄貴を助けんぞと脅す。

ちょうど同じ頃…コールガール組織のボスが、ずっと調教中の妹ちゃんを、ネットで監視してて「いい女だ」と大興奮。本当は、色々と審査をパスしないとボスへの接見なんかもできないらしいんだけれども…ボスの「俺がルールだ!」の一言で、特例で屋敷に呼ばれる妹ちゃん。そこで“サークル”の真の姿を目撃する羽目に。で、スケベ爺のボスがいう訳だ…「私を腹上死させたら遺産をやる」と…。実は、妹ちゃんと同じような境遇の美女が、ボスの周りにはいっぱいいるんだけれども…妹ちゃんはニヤリとほくそ笑み、「その話にのった」と、自信ありの様子。

妹ちゃんの秘策とは…作品のいたるところで顔を覗かせていた、新種のドラッグ…そう、兄貴が捕まったのも、このドラッグが原因であり、若者の周りで蔓延していて、妹ちゃんもお世話になっていたりするのだ。で、司法組織はこのドラッグを潰そうと躍起にもなっていたり。接種方法だけど、歯に仕込んであって…使いたい時に噛み砕くと摂取できる。さらに、そのままチューすれば相手に気づかせずに服用させることも可能。このドラッグは…年寄に使うと命の危険が…なんて説明も、実は前半部分に意味深に語られていたりしたんだよね。

ということで…妹ちゃんが、何をするのかというのは一目瞭然なわけだけど…そこから先も、やりすぎなくらいのどんでん返しがいっぱいありまして。妹ちゃんを調教するための、盲目のマッサージ師という役で、加藤雅也も出ていて、雅也アニキ、かなりの役得。出番はそんなに多いわけじゃないんだけれども、色々な意味でおいしいところを全てかっさらっていくキャラなんですよね(笑)露出も多く、主演女優の脱ぎっぷりもいい…妖艶でビッチなヒロインを熱演。でも全部脱いじゃうより、劇中でスケベ爺をノックアウトした、セクシーダンスが一番魅力的だったな。


監督:アレクサンダー・ウィットロー
出演:キャロライン・ロウリー ベン・ギャザラ ポール・ヒップ 加藤雅也 ジェローム・デイヴィス


【DVD出てるけど、マケプレ高っ!】
DVD ボンデージ・ゲーム







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月30日

モッド・スクワッド(1999年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-モッド・スクワッド 

楽天のネットショップ駿河屋 で大量に購入した中古VHSに交じって、1枚だけ中古DVD(レンタル落ち)も注文、それがコレ「モッド・スクワッド 」。オイラの中で、定番ショップとなりつつあるDVD-outletなんかでは未開封品が500円とかで出てたんだけれども、こちらは190円だったので、この作品だったら少しでも安い方がいいかなと思って。この間まで、BSで「ホームランド」を見ていて、なんか急にクレア・デインズの映画が見たくなったのよ。この作品は大昔に、アナログ時代のWOWOWで放送されたのを見てるんだけど…内容はうろ覚えだった。

暴行罪で捕まったジュリー、強盗罪のピート、放火犯のリンク…3人の若者は、このままでは刑務所行きになるところを、L.A.警察のグリア刑事部長に助けられる。グリアは3人を、潜入捜査員として活用しようと考えていたのだ。チームで動くことになった3人は警察の保管庫から消えたドラッグを追い…グリアがマークしていたクラブへと潜入することに。ある日、ウェイトレスに化けていたジュリーの前に、昔馴染みのビリーが現れ、意気投合する。その頃、リンクたちは容疑者を見つけ追跡するも、失敗に終わる。その直後、グリアが何者かに殺されてしまい…。

クレア・デインズといえば、可愛らしい役柄のイメージが強かったんだけれども…本作ではかなりビッチな…もとい行動的なヒロインを演じており、このあたりは現在の「ホームランド」の主人公役にも、なんか通じるものがあるなぁと思いながら再鑑賞していた。のぼせ上がって、関係を持った相手が…実は悪党だったなんて展開も、テロリスト疑惑(あくまでシーズン1の前半時点での話)の妻子持ちと勢いでヤってしまって、やたら引きずっていた「ホームランド」のキャリーのみじめな姿とシンクロするものがあるなぁって感じでしたよね。

確かコレって…元ネタはTVシリーズだったよね?それを当時の若手スターでリメイク映画にしたって話だったと記憶してるんだけれども、DVDのジャケなんかにはそういう記述が載ってなかった。アメリカで公開された時に…ハリウッドの興行ランキングを紹介する番組で映像が流れてて、なんか面白そうだなって思ったんだけれども、結局…日本では劇場公開されなくて、ビデオスルーになったんだよ。しかも、オイラの加入してたレンタル店にソフトが入荷せず、WOWOW待ちになたっと、この間鑑賞した「ダーティ・シェイム」と同じような歩みをたどってる。

まぁね…現時点で、DVDが入手できるという点では…多少「ダーティ・シェイム」よりは恵まれた扱いをされているのかなぁって思うけれども…。当時も、TVで流れてた映像で見た印象よりも、実際はアクションが少ないなぁって感じだったけど…全般的に、足で稼ぐ「太陽にほえろ!」的なアクション(笑)が多めだったな。まぁ、最後の最後でそれなりの銃撃戦があったけど…劇場映画よりは、やっぱりどこかTV的なスケール感だなぁって思った。これだったら、地デジ放送で毎日欠かさずチェックしてる「NCIS:LA 極秘潜入捜査班」の方がよっぽど映画的かも?

出演者はクレア・デインズしか覚えてなかったんだけど(ビッチなキャラでもこの頃はやっぱ可愛いな)…他のチームメンバーに、ジョバンニ・リビジとオマー・エプス。そしてLA警察の上司役にデニス・ファリナ(すぐにぶっ殺される)、その同僚刑事役にリチャード・ジェンキンス…さらに、デインズがのぼせあげる元カレにジョシュ・ブローリンという布陣。キャスティングに関しては今見ても充分豪華に感じるけどな…無理して500円の未開封を選ばず、VHSの大量購入ついでに見つけたレンタル落ちの中古DVD190円で良かったなぁってところですね。


監督:スコット・シルバー
出演:クレア・デインズ オマー・エップス ジョバンニ・リビジ ジョシュ・ブローリン デニス・ファリナ


【DVDソフトの購入】
DVD モッド・スクワッド







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月30日

フリーズ 地獄の相続人(1995年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-フリーズ 地獄の相続人 


楽天のネットショップ駿河屋 で大量に大人買いした中古VHSも残すところ数本となってきたんだけれども…また調子にのって21本ほど追加注文。前より2本も増えていて、そのくせ注文の合計金額は安くなっているという(あと期間限定ポイントを使ったので、現金出品は数百円)。このご時世、1か月で中古VHSを40本も買ったオイラって…。ってなわけで、最初に購入した方の中古VHSの消化なんだけれども…本日は「フリーズ~地獄の相続人~ 」っていうクリストファー・ランバート主演の映画。今回、ランバート作品3作も買ってるのね。

1899年、アラスカ…イヌイットの聖地である洞窟で、村人たちが死期の迫る長老を静かに看取っていたのだが、そこにハドソンというインディアンの末裔である男を探しに銃を持った集団が現れ、長老を射殺。戻って来たハドソンにも発砲。この集団は、金鉱の持ち主を殺しては採掘権を奪っている鉱業組合長マクレノンの手下たちだった!ハドソンはマクレノンの陰謀を見越して、この聖地を自分の名前で登記していたため、命を狙ってきたのだ!逃げるハドソンを容赦なく襲う銃弾。手下たちはハドソンを仕留めたと判断するが…実は生き延びていて…。

目についたランバート作品をとりあえず注文したんだけれど…届いてから、ジャケ写真を見て、もしかしたら過去に見たことあるかもと、記憶が刺激された。注文時の商品ページには写真が載ってなかったので気づかなかったけど…。でも、内容はほとんど忘れていた。えっと、ゴールドラッシュに湧くアラスカで、ジェームス・カーン扮する悪党が、先住民の聖地とされる洞窟を奪おうと画策。それを阻止しようとランバート扮するインディアンの末裔(ハーフらしい)が1人で立ち向かうんだけれども…他の先住民は、余計なことするなよムードが強くて…って感じ。

先手を打って、ランバートは不動産登記をしていたんだけれども、それが他の村人たちの逆鱗に触れたみたい。お前もどうせ、金目当てだろうと。で、逆に…悪党のカーンは、ここにつけこんできたわけですよ。ランバートをぶっ殺せば…あとは金でなんとでも解決できると(土地の所有者が死亡すると、競売にかけられるので)。で、悪党の部下がランバートを殺しにきたんだけれども、とばっちりを受けて長老がぶっ殺される。ランバートも発砲されるが、死んだふり作戦でうまくかわし生き延びるんだけど、肩身が余計に狭くなって、村を出ることに…。

で、直接…カーンの悪事を暴き、脅して手を引かそうと町まで出てくるんだけれども、カーンの家に忍び込んだところで、カーンの恋人(明らかに歳の差カップル)に邪魔されて失敗。仕方がなしに、その恋人を拉致って逃亡するランバート。女を取り戻して、ランバートをぶっ殺すぜと息巻くカーンが部下を引き連れて、嵐の中を追いかけていくと。最初はカーンを信じ、ランバートを悪党だと思い込んでいた恋人のねーちゃんも、一緒に逃げてるうちに、何かが違うと感じ始めるわけだけど、それをヤった(寝た)と勘違いしたカーンがさらに逆上してねーちゃんもピンチ。

ランバートは無事に生き延びて、聖地を守り抜けるのか?ってなお話なわけですが…ランバートって「ハイランダー」シリーズで、アクションスターみたいなイメージを作っちゃってたんだけど、今回買ったランバート映画が3本とも、そんなに強くないキャラだった。今回もほとんど逃げてるだけだし…そういえばジョン・ローンと共演した忍者映画「ハンテッド」でも、ただ逃げてるだけの印象が強いな(笑)結局、ジェームズ・カーンの自爆(本当に爆発したわけではないよ)という間抜けな形で、ランバートが棚ボタ勝利。女を敵に回したカーンがまずかったということです。


監督:ニルス・ゴープ
出演:クリストファー・ランバート ジェームス・カーン キャサリン・マコーマック バート・ヤング


【VHSソフトの購入】
VHS フリーズ~地獄の相続人~【字幕版】
勝手に映画紹介!?-フリーズ 地獄の相続人






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月29日

華麗なるギャツビー(2013年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット

発売日直後に買ってあった華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット を、入手後ずっと放置したままだったので、ようやう開封、鑑賞することに。発売日ギリギリまで買うかどうか迷っていて…ポイントサイトで貰ったギフト券を使いた方から、Amazonに注文しようとしたら品切れ。で、後日、入荷したのでポチろうと思ったら、なぜか定価販売で面食らう。ちょうど楽天の方でポイント倍付キャンペーンとか、買い回りキャンペーンをやってたので、楽天のショップの方で結局買ったんだよなぁ~。今は、Amazonで普通に買っても26%引きで売られてますけど…。

1920年代のニューヨーク…田舎から出てきた作家志望のニックは、謎の大富豪ジェイ・ギャツビーの大豪邸の隣に住まいを構える。港を隔てた向こう岸には、いとこのデイジーが嫁いでいるトム・ブキャナンの邸があり、トムとも顔見知りのニックは、しばし彼の遊びに付き合わされることも…。そんなある日、ニックはギャツビーからパーティーの招待状を受け取る。ギャツビーの邸にはパーティーに参加するためたくさんの人が詰めかけていたが、その誰もがギャツビーの正体を把握していなかった。そんなギャツビーが、ニックに直々に接触してくるのだが…。

ハリウッドの二大童顔俳優レオナルド・ディカプリオとトビー・マグワイア共演…ロバート・レッドフォード主演でお馴染み「華麗なるギャツビー」を3D映画でリメイク。まぁ、オイラの再生環境は3D非対応なので…購入ソフトは普通の2D版ですが…。レッドフォード版は、大昔、中学生か高校生くらいの時にNHKのBS放送で見た記憶があるけれども…あまり内容を覚えていない。当時のオイラは、そんなに好みの映画ではなかったんだよな、たぶん。レッドフォードで好きだったのは「明日に向かって撃て」とか「コンドル」で、ああいう作品は印象に残ってるんだけど。

今回は、劇場で予告を見て…なんか、豪華絢爛、煌びやかな映像にそろられたわけですよ。しかも上映は3D…見てみたいなぁと。あの映像が3Dになったら、いったいどんななんだろうと、ワクワクさせられたよ。でも、結局、劇場には見に行かなかったんだけれどね…だから、2D鑑賞でもせめてブルーレイの高画質でちゃんと見たいなぁって思って、今回はセルソフトを購入してみた。で、鑑賞後の感想だけれども…うーん、微妙だなぁ。確かに、ブルーレイは高画質ですよね。ブルーレイのクオリティ面では充分に素晴らしく、満足のいくものでしたよ。

でもね…映画としては、自分が思っていた以上に、煌びやかを通り越してなんか下品な映像だった。デジタル的なケバさが目立ち、すべてが作り物めいた印象で…かえってドラマや俳優の演技を楽しむ妨げになっているなって感じちゃったんだよね。監督がバズ・ラーマンなんで…ファンタジックな映像になるのはわからないでもないが、この作品、この内容では、変に過剰な演出は必要なかったんじゃないかなぁと…。それこそさ、貧乏人の僻みになってしまうんだけれども…2D映像で見てると、3Dを意識した演出なんかがけっこう鼻についちゃうわけですよ。

劇場なり、3D対応のハードで、ちゃんと3D映像を見ていたらまた印象は変わってたのかもしれないけれど…なんかノレなかったですね。こういうガチャガチャした映像になるのであれば…1920年代なんていう時代設定自体をもっと大胆にアレンジして、それこそ現代や近未来にしてみるといった方が…もっと斬新な作品になって楽しめたんじゃないかな?はっきりと覚えてないんだけど…レッドフォード版と、ストーリーなどにも大きな差はないと思われ、いい意味で古風な内容なんだけど…せっかくのドラマが映像のせいですげー、チープに見えた。


監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ トビー・マグワイア キャリー・マリガン ジョエル・エドガートン


【Blu-ray&DVDソフトの購入】
華麗なるギャツビー ブルーレイ&DVDセット







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月28日

デストラクション 制御不能(1997年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-デストラクション 制御不能 

だいぶ減ってきたけど(そろそろ補充したいななんて思って、ネットで商品を物色中)…まだまだ残っている楽天のネットショップ駿河屋 で大量に大人買いした中古VHS。本日は購入金額20円だった「デストラクション~制御不能~ 」を鑑賞…Amazonのマケプレでは最低価格が何気に349円と高めの設定(笑)送料入れたら700円超えちゃうじゃん…20円で買えてラッキー♪ゲイリー・ビジーが凶暴な悪人を演じるアクションもので、共演はロイ・シャイダー…むかし、レンタルで見ているはずなんだけれども、内容をすっかり忘れてしまっていたのよね、これが…。

凶悪な連続殺人が起き、FBI捜査官のニックは犯人を追いかけていた。ニックとは因縁、確執がある上司のタガートは、彼の失脚を計って、わざと現場経験のない女性心理分析官マッコードとコンビを組ませようとする。捜査方針などで食い違いを見せるニックとマッコードだったが、犯人グループの襲撃を受け、絆を深めるようになる。やがて、犯人がベトナムに駐留していた元CIA暗殺部隊のデイジーとその部下であることが判明。敵意剥き出しで捜査する二人に攻撃を仕掛ける。捜査に失敗した二人をタガートは拘束しようとするのだが…。

ゲイリー・ビジーとロイ・シャイダーの名前がデカデカとジャケに載っかってるので、2人が激しい火花いを散らすのかなと思いきや、実際に物語を動かすのは別の下っ端FBI捜査官…ロレンツォ・ラマスとクリスティ・クロークの方。ロイ・シャイダーは、この二人の上司であり、男の方とは…過去に色々と因縁があって敵対関係にある。所々で嫌がらせをしにやってくるロイ・シャイダーが…思い出したように、最後の最後で急に出しゃばってきたりするんだけれども、結局はゲイリー・ビジーとの直接対決はなかったりもするんだ。つーか、お前も悪役かよ(笑)

ゲイリー・ビジーは冒頭から一般人を虐殺…正体不明の大量殺人犯として、FBIが事件を追いはじめるんだけれども…実はいっぱい部下がいまして…さらに、CIAの暗殺部隊だったことも後に判明。それまでの殺人は前座みたいなもので…もっと大それた殺戮計画を練っていたのねん。捜査に行き詰ったFBIは、女心理分析官がマスコミの前で犯人像をプロファイリング…犯人をインポ扱いして貶す。怒ったビジーは「このメスブタを犯してやるぜ」と息巻いて…FBI捜査官の直接攻撃に執着を燃やし始めるという展開になるんだけど…。

FBIの2人が車で山道を走行していると…うしろから材木を積んだ巨大トレーラーが現れ、車を押しつぶそうと迫ってくる。2人はなんとか生き延びるんだけれども…トレーラーに踏み潰され、車は真っ二つ!こっから先は、犯人側もどんどんエスカレート…犯人をおびき出すつもりが、逆に罠にハマって、FBIのねーちゃん拉致られ、レイプ未遂(指は入れられちゃったと本人談)。でも、その未遂事件から…犯人の正体に迫ると、ねーちゃんも執念で反撃(相手の指紋を入手してた)。名前がわかったぜと、潜伏先に急行するも…またも反撃をくらって銃撃戦へ。

ねーちゃん、ビジーのショットガンで吹き飛ばされるも、防弾チョッキで命拾い。犯されそうになった時の怒りもあって、必死にビジーの乗った車に追いすがり発砲するも…そこに運悪く一般人の乗った車が突っ込んできて誤射、ビジーも取り逃がす!奇跡的に死者はでなかったけど…ねーちゃん失意のどん底へ。追い打ちをかけるように、例の嫌味な上司ロイ・シャイダーが現れて、お前が誤射した一般人が、訴えてる、逮捕するぜと…犯罪者になっちゃう。何気にアクション生々しいのよ…男のFBIががに股で発砲する姿が70年代アクションっぽかったし。

激しい攻防の果てに…真の目的を果たそうとするビジーと、仲間に犯罪者のレッテルを貼られてしまった(上司をぶん殴って逃亡した)FBIの2人が遂に最終対決へなだれ込む。クライマックスのボートチェイスなんかは、「パトリオットゲーム」のチェイスシーンにちょっと似てたかな?宿敵のビジーを倒しても…ロイ・シャイダーが手ぐすね引いて待ってるわけだけど、そのピンチを解決するウルトラCなんかもあったりして…。解決するまで、よく我慢してたFBIの2人がくっついて、めでたしめでたし…ねーちゃんの方はかなり早い段階からモーションかけてたもんなぁ。


監督:シドニー・J・フューリー
出演:ロイ・シャイダー ゲイリー・ビジー ロレンツォ・ラマス クリスティン・クローク デビッド・キャラダイン


【VHSソフトの購入】
VHS デストラクション~制御不能~【字幕版】
勝手に映画紹介!?-デストラクション 制御不能






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月27日

サブマリン アタック(2000年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-サブマリン アタック 


楽天のネットショップ駿河屋 で大量に大人買いした中古VHSの消化に戻り…「サブマリン・アタック 」を鑑賞。購入金額18円だったから思わずポチってしまったんだけれども、普通にDVDでも出てた のねん。まぁ、安いから別にいいや…。購入理由は、監督(共同)にデラン・サラフィアンの名前がクレジットされていたから…本作を含め今回19本購入した中古ソフトの中で、3本も同じ監督の作品だったりするんだよね。「ガンメン」とか「ターミナルベロシティ」とか「ブルージーン・コップ」とか劇場公開作品で活躍してる頃は、お気に入りの監督だったのよ。

若者が乗ったクルーザーに魚雷が撃ちこまれて爆発した。アメリカ合衆国の諜報機関は…これが冷戦時代のロシアの潜水艦の仕業であることを突き止める。潜水艦は自動で動いており、ニューヨークを標的とした核攻撃を行おうとしていた。この問題はロシア政府も感知しておらず…事態に対処するため、諜報員のモンク、ホリデイ、デイビスが召集される。さらに、モンクは情報を得るため、ロシア保安局FSBのエージェント、ララに協力を求める。やがて潜水艦の開発に携わったユーロフ博士から事情を聞くため、モンクたちはロシアに潜入するのだが…。

亜流007、亜流ミッショインポッシブルって感じのエージェントもの…本編84分の作品なんだけれども、前半と後半でまるっきり違うエピソード。「サブマリンアタック」なんてタイトルがついているが…最初の1時間弱で潜水艦の事件は解決してしまい、後半は新たな事件が起きる。もしかしてと思って、IMDbで調べてみたところ…Secret Agent ManというタイトルのTVシリーズであったことが判明。なるほど、だから監督の名前が2人書いてあったのねと納得である。どうやら2つのエピソードをくっつけて、長編作品に見せかけているらしいんだな。

まず主要メンバー…ジェームズ・ボンドよろしく女にだらしがないエージェントに、「ソウ」シリーズのホフマン刑事、コスタス・マンディロア。そして金髪の女性エージェントに「JM」「スターシップ・トゥルーパーズ」のディナ・メイヤー…もう一人、黒人エージェントがいるんだけれども、これが出来損ないのウィル・スミスみたいなあんちゃん…製作総指揮が「MIB」のバリー・ソネンフェルドってところで、うなずけるキャラ設定かも?このメンバーをたばねる上司として「CSI:科学捜査班」のポール・ギルフォイル。この4人がレギュラーキャラみたいです。

いかにもバカそうな若者集団が、海上で魚雷に吹き飛ばされるという導入部分は、なんか安っぽいホラー映画みたいでちょっと笑える。で、Y2K問題(年代を感じさせる)でおかしくなったロシアの潜水艦(自動運転)が暴走して、どうやらアメリカを攻撃するらしいと。それを食い止めるために、エージェントが各地を飛び回る。ゲストで登場するロシア人エージェントがなかなかセクシーなんだけど、フィルモグラフィを調べると…「007/カジノロワイアル」でル・シッフルの恋人役(一応、ボンドガール)だったことが判明…本編見ている最中は、まったく気づかなかった。

ロシアの軍事施設に、それこそボンドカーみたいな特殊仕様の車で乗り込んだメンバーは、そこで自動操縦の解除法を見つけて、一件落着に見えたんだけれども…実は潜水艦のコンピュータの方が一枚上手で、アメリカ国内に潜伏中の洗脳スパイを操り、密かに乗船させていたと。このあたりは、ちょっと…この間WOWOWで見たブロンソンのスパイスリラー「テレフォン」に似たアイデアですね。あとは直接潜水艦に乗り込むしか、対処方法はないということで…主役の男スパイと、ロシアのエージェントが別の小型潜水艦で海の中にもぐり…。

2つ目のエピソードも似たようなもので…今度は変装が得意な女テロリストが、武器商人から核爆弾を盗んで、またまたアメリカを攻撃するようだぞと。で、諜報組織の専用飛行機を奪って…アメリカの領空に侵入しようとしていて…。上司のポール・ギルフォイルが、偶然なのか、必然だったのかわからんけれども、この飛行機に乗り合わせている…。で、彼の口癖は、「昔、大統領専用機を操縦した」なんだけれども、ああ、確かにギルフォイルって「エアフォース・ワン」にも出てたな。操縦したかどうかは覚えてないけど。そんな内輪ネタもぶちこんできます。

3人のエージェントたちは無事にアメリカを救えるのでしょうか?っていうお話でした。エージェントたちが移動手段として使う飛行機やトラックに、何故かデカデカとFedExのロゴマークが。スパイらしく、正体を隠すための偽装工作なんでしょうかね?実際はタイアップ感バリバリな映像にしか見えないんだけれどね。キャストは思いのほか豪華だったんだけれども、想像以上にゆるーい内容。アクションもヘボいし…良くも悪くもTVシリーズだなぁって印象しか受けなかったですね。他のエピソードは日本にちゃんと入って来てるのかしら?


監督:デラン・サラフィアン ボー・ウェルチ
出演:コスタス・マンディロア ディナ・メイヤー ドンドレ・ホイットフィールド ポール・ギルフォイル


【DVDも安く買えるみたいです】
DVD サブマリン・アタック







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月27日

ラスト・シャンハイ(2012年)

テーマ:アジア映画

 勝手に映画紹介!?-ラスト・シャンハイ 

中古VHSの消化が続いてたけど、いったんお休み…久しぶりに新作のDVDを鑑賞…2013年10月25日発売の「ラスト・シャンハイ 」を購入。発売日には手元に届いてたけど、ついつい後回しになってしまった。Amazonでは今現在、在庫切れになってますね…オイラは発売日の前日発注だったけど、無事に届いて良かったです。ブルーレイは未発売で、先行で始まってるレンタルはツタヤ限定…買うか、首を長くして旧作レンタル(100円セール)まで待つか迷ったけど…ポイントサイト等で集めたAmazonギフト券があったので、結局ポチってしまった。

1913年、江蘇州川沙…青果店で住み込みで働いているチェン・ダーチーは、京劇学校の娘イエ・ジーチウと恋仲になっていたが、ある夜、殺人事件に巻き込まれ、無実の罪で投獄。その時、牢獄で出会ったマオという男に助けられ、外の世界に戻ったのだが、イエは既に引っ越した後だった。ダーチーは一旗揚げるために上海へ向かう。時は流れ1937年…中年になったダーチーはホンという黒社会の重鎮と義兄弟の盃を交わし、上海黒社会の顔役になっていた。ある日、国民党将軍のマオがやって来て、地下組織の人間に接触しろと命じられるが…。

香港(中国)映画にチョウ・ユンファ兄貴が帰ってきた…しかもユンファ兄貴の出世作である「上海灘」に影響を受けている作品だとかで、劇中でユンファ兄貴の若かりし頃を演じるのも「上海灘」のリメイク作品「新・上海グランド」でユンファ兄貴と同じキャラを演じた若手俳優を起用しているという拘りっぷり。うん、これがユンファ兄貴の若い頃にけっこう似てて、違和感なかったり。でも、恥ずかしながら「上海灘」も「新・上海グランド」もちゃんと見てないオイラ…レスリー・チャン&アンディ・ラウの「上海グランド」は劇場鑑賞しており、DVDも持ってるんだけどね。

もちろん、そういう元ネタを知らなくても充分に楽しめる本作…一旗揚げるために上海にやってきて若者が、頭と拳、そして度胸と義理人情で黒社会でのし上がっていくんだけど、その陰に…実らない切ない恋なんかもあって…と純愛要素がキュンときてしまうのですよ。でも、まず最初のトラブルからして酷いよね…住み込み先の店主の嫁さんが、警察のお偉いさんと不倫してて、そのお偉いさんが店主をぶっ殺しちゃうんだけど…店主に頼まれて、たまたま不倫現場に乗り込んじゃった主人公が、罪をなすりつけられ捕まってしまう。

気づいたら既に獄中にいた主人公は…そこでやたらドヤ顔で自信満々のフランシス・ン演じる男と出会い、助けられるんだけれども…この出会いが後々、もっと自分を苦しめる羽目になるとは…。シャバに戻ってこれたけど、愛しい恋人は既に旅立ち、別れ別れに。仕方ないので弟分と、上海に出て…サモ・ハンおじきの弟子になるんだけれども…このおじきのピンチを助けて、対等の立場まで登りつめてしまう。で、例の元カノと劇的な再会なんかもしてるんだけど…ヤクザな仕事をしているのがバレてしまい、嫌われて、逃げられてしまうという。

で、破れかぶれで…別の女を嫁さんに選ぶんだけど、この嫁さんの、「あなたの女になりたい」と願う健気さもその後の物語のポイントとなっていく。この青年時代には、もう一人…劇的な出会いをしている人物がおりまして、「俺の獲物を奪いやがって」と因縁をつけてきたチンピラ風の男に、敵対組織との抗争目前だったこともあり…逆に喧嘩の助っ人を依頼し、そしてその闘いの中で命を救う事に。結果、主人公の忠実な部下になるんだけど…中年期に入ってからの、この部下の活躍ぶりも、男気があって、男泣き要素もあって、最高にしびれてしまうんだよね。

チョウ・ユンファにバトンタッチしだいぶ貫禄がついた主人公の前に、若かりし頃の命の恩人フランシス・ンがやって来て…無茶な仕事を押し付けるんだけれども、そこで人妻になっている元カノとまたまた再会…いよいよ運命の歯車が回り始めたって感じ?倉田保明センセイ演じる悪い日本人とか出てきてね、戦火も激しくなっていく。抗日要素が入ってくるので…日本人としてはちょっぴり複雑な気持ちになりつつも、ドラマチックなアクションや、ロマンスの行方に心が躍ってしまう。クライマックスの京劇と戦闘のシンクロシーンには大興奮でしたよ。


監督:ウォン・チン
出演:チョウ・ユンファ ホァン・シャオミン サモ・ハン フランシス・ン ユアン・リー 倉田保明


【DVDソフトの購入】
DVD ラスト・シャンハイ







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月26日

ゴールデン アイ もうひとりの007(1990年)

テーマ:洋画

勝手に映画紹介!?-ゴールデン アイ もうひとりの007

楽天のネットショップ駿河屋 で大量に大人買いした中古VHSの消化中…本日鑑賞したのは購入金額230円の「ゴールデン アイ もうひとりの007」。Amazonのマケプレでは出てなかったし、オイラが購入したショップでも1点ものだったので、商品ページが削除されてしまっているのですが、楽天内の別ショップで取り扱いがありました…ただし金額が3800円とバカ高です。007、ジェームズ・ボンドの生みの親イアン・フレミングの半生を描く伝記映画で、過去に視聴経験あり。やはり中古のVHSを所持していたんだけれども、一度処分してしまい探していた。

ジャマイカにある別荘“ゴールデンアイ”で作家イアン・フレミングがインタビューを受けていた。インタビュアーは、フレミング自身がスパイだったというのは本当か?CIAの創設にも関わっているのは本当か?と次々に質問を繰り出す。フレミングは、静かに自分の過去を語りだす…。第二次世界大戦中…海軍情報部に中佐として在籍していたフレミングは、アメリカでの初めての“殺しの任務”に携わる…。やがて諜報の世界に身を置くようになるフレミングだったが、彼の活躍はとても破天荒で、そして女性関係もとにかく派手であった…。

同時期に、やはりイアン・フレミングを題材とした映画で、ショーン・コネリーの息子、ジェイソン・コネリーが主演した「スパイメーカー」って作品があるんだよね。あの作品にも似通っている部分があるかな?描かれている内容がどこまで本当か知らないけれども…フレミングが海軍中佐だったというのは事実で、有名な話だ。最近でも「30アサルト 英国特殊部隊」という戦争映画の登場人物としてフレミングが登場している。本作では、映画「ドクター・ノオ」がヒットしている頃のインタビューという設定で、フレミングがスパイ時代を振り返るという構成。

フレミングを演じているのは、「007/ユア・アイズ・オンリー」が映画デビュー作であるという、それなりにボンドに縁のあるイギリス人俳優のチャールズ・ダンス。写真などで見たことがるイアン・フレミング本人の風貌と確かに似ているか?でもね、劇中でねーちゃん口説いたり、ダンスをしたりしている時なんかは4代目のティモシー・ダルトンっぽく見えたり、銃を構えるシルエットなんかは5代目のブロスナン風だったり…そのままボンドを演じさせても似合いそうな感じなんだよね。ちなみに本家イオンプロが「007/ゴールデンアイ」を発表する、5年も前の作品である。

ああ、007好きなら知ってて当然ですけど…“ゴールデンアイ”ってのは、オイラの書いたあらすじの中でも触れているけれど、フレミングが所有していた別荘の名前で、イオンプロの映画もそこから拝借してます。で、本編中には…007の名シーンにそっくりな場面がちりばめられており、この人がモデルなのかな?なんて思わせるそっくりな登場人物や、名セリフも色々と出てきます。まぁ、007にそんなに愛着がない人が見ると…エピソードの継ぎはぎっぽい展開だし、内容も地味だし…退屈なスパイ映画、伝記映画に見えちゃうと思うんですけどね。

オイラがこの作品を初めて見たのは学生の頃…本家の「ゴールデンアイ」を見る前だったと思うんだけれども、その辺の記憶があやふや。当時、デパートの催し物会場で行われた古本市の一角に、中古ビデオコーナーがあって、そこでたまたま“007”という文字が目に入ってきて、衝動買いしたんだよ。だから、今見直すと…初見時とはまた違った発見が、色々とあったりしたんだよね。まず、あまり007に関係ないけれども…ドイツ人スパイというチョイ役で若かりし頃のクリストフ・ヴァルツが出てたこと…あら、ランダ大佐がこんなところにって感じ(笑)

猫を撫でてる紳士が出てきたり、本来は1007号室っていうホテルのナンバープレートの1だけが、逆さになってて“007”になってたりなんていうこれ見よがしなシーンも多いんだけれども…初見当時はピンとこなかった、「Mはママだ」なんてセリフに、思わずうならされてしまうわけですよ。まるでその後の女性Mの登場を予見していたようにも思えてしまうわけだし、「スカイフォール」が描いた“M=ママ”説を余計に裏付けるよなぁって思ってしまった。もしかして本家の「007/ゴールデンアイ」でジュディ・ディンチのMが登場したのも必然だったのかもしれないなぁ?

あとね、ジャマイカの別荘で作家生活に入ったフレミングが、現地の黒人ねーちゃんと、なんかいい関係になるんだけれども…水中から浜辺にあがってくるシーンが、「ドクターノオ」のハニーライダー、ウルスラ・アンドレスそっくりなショットになってると。そう、ここでねーちゃんが黒人だったっていうのがミソ…実は「ダイ・アナザー・デイ」でも「ドクター・ノオ」のオマージュとして、ハル・ベリーで同じようなカットを撮っている。黒人でオマージュショットを撮るという先取りを、何気なくやってたんだよ、この作品。そういう発見があって、実に有意義な再鑑賞であった。


監督:ドン・ボイド
出演:チャールズ・ダンス フィリス・ローガン パトリック・レイカート リンジー・バクスター


【VHSソフトの購入】
観ないで死ねるか サスペンスシリーズ ゴールデンアイ







人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月25日

ダーティ・シェイム(1994年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-ダーティ・シェイム 

ようやく半分くらい見終わったかな?まだまだ楽天のネットショップ駿河屋 で大量に大人買いした中古VHSの消化が続いてます…今日は「ダーティ・シェイム 」を鑑賞。今回、購入した中古VHSの中で、なぜか一番高額…410円もしたんだよね。ちなみにAmazonのマケプレだと1円から出品あり、プラス送料380円。うわ。Amazonのマケプレより高いじゃん…あっ、でもポイントとか、割引とか色々と関係してくるし、総購入数の平均単価で考えると、そんなじゃないので…まぁ、いいやと思って注文しちゃったんだけどね。この作品も過去に鑑賞経験ありです。

麻薬組織の捜査に失敗し、警察をクビになったシェイムは…今ではしがない私立探偵となっており、助手のピーチーズと仕事をこなしていた。ある日、DEAの知人ロスミラーが、仕事の依頼にやってきた。それは過去の麻薬捜査の時に関係を持っていたシェイムの恋人アンジェラの行方を探すというものだった。彼女は麻薬組織から大金を奪って逃げたらしい…。さらに、シェイムが、過去の捜査でとどめをさしたはずの麻薬組織のボス、メンドーサが実は生きているらしいという情報も舞い込む。さっそく調査にとりかかるシェイムだったが…。

この作品の存在を知ったのは…当時のハリウッド興行成績を紹介するショウビズ番組(WOWOWのHollywood Expressみたいな番組を地上波でやってたんだよね)で…成績上位に入っていたからで、なんか面白そうなアクション映画だなぁって思ってた。で、いつになったら日本で公開するのだろうと楽しみに待っていたら…日本では劇場未公開のビデオスルーだった。その頃加入していたレンタルビデオ屋によりによって入荷しなくてさ…しばらく経った後に、WOWOWで放送した時に…友人に録画してもらってようやく見れたって思い出がある。

コメディアン出身の黒人スター、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ監督、脚本、主演のアクションコメディ。他の黒人スターに比べると、日本ではちょっと知名度が低いかもしれないけど…「グリマーマン」でスティーブン・セガールの相棒を務めた黒人と言えばわかるかな?それとも「最終絶叫計画」シリーズの監督の方がわかりやすいかな?似た顔の弟がいっぱいて…一連の絶叫シリーズなんて、身内だらけになってたりするんだよね(笑)そんなウェイアンズが元刑事の私立探偵に扮し、助手役は後のウィルス・スミスの嫁、ジェイダ・ピンケットが演じている。

出演者の多くは黒人ばかりで…ヒスパニック系の悪党が、白人至上主義者にボコられるなんていう、散々、他の映画で黒人が与えられてきた役どころを真逆にしたようなパロディで見せるシーンも盛り込んでいたりする。他にも…知人の警官に女を紹介したという会話の中で、車椅子利用者に対する差別的な表現なんかも出てくるんだけれども…このあたりは「最'新'絶叫計画」の公開延期騒動の元になったネタを彷彿とさせるような部分で、やっぱりキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズって、こういうネタが好きなんだなぁっていうのがよく解りますね。

話の流れは、元刑事の私立探偵が…元カノを探し、その過程で…因縁のあった麻薬組織のボスとも戦うと、そんなようなストーリー。やたら威勢のいい女助手ジェイダ・ピンケットは、実は探偵に惚れててるんだけれども…その気持ちを知ってか、知らず課探偵はうまくはぐらかしていて、関係はプラトニックなままと、なんとなく「シティーハンター」の冴羽さんと香さんの関係に似てるなぁって思った。そんな2人の前に、元カノ探しなんか転がり込んできちゃうから、助手は気が気じゃない。元カノの方も相当ビッチなスケで、2人のキャットファイトもしっかりあります。

当時、この映画を「見たい!」と思ったきっかけになったのは、前述のTV番組で流れたアクションシーン…キーネンのバンジージャンプアクションだった。本編で見ると、そんなに大したことはなかったんだけれども…作品全体の中では印象に残るシーンの一つである。いかにも香港映画かぶれの黒人が撮ったって感じの俺様アクションが多めだけれども、冒頭のホテル、クライマックスのモールを使った派手なドタバタはそれなりに盛り上がる。エディ・マーフィとかマーティン・ローレンスが好きな人なら楽しめるはず…でもDVDは出てないのであしからず。


監督:キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ
出演:キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ ジェイダ・ピンケット チャールズ・S・ダットン サリー・リチャードソン


【VHSソフトの購入】
VHS ダーティ・シェイム【字幕版】
勝手に映画紹介!?-ダーティ・シェイム






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年10月24日

インパルス(1989年)

テーマ:洋画

 勝手に映画紹介!?-インパルス 


楽天のネットショップ駿河屋 で大量に大人買いした中古VHSの消化が続いてます…今度は購入金額230円の「インパルス 」を鑑賞…今回、買った中では“高額”の部類に入る方かな?(笑)ちなみにAmazonのマケプレでは183円より出品されていましたが、別途送料がかかりますので…やっぱりオイラの購入したショップの方がお得だったよ。この作品は過去に視聴経験あり…つーか、やっぱり中古VHSを持ってたんだけれども、身内のある人物に借りパクされてしまって、それっきり…結局、返ってこなかった。ずっと見直したかったんだよなぁ~。

麻薬課の女刑事ロティーは…売春のおとり捜査を引き受けることもしばし。最近ではその売春の捜査にスリルを感じ始めてもいた。そんなある日、地方検事のスタンから、自分の追いかけている大物を捕まえる為の捜査に協力してほしいと打診される。2人は、言葉を交わすうちに惹かれあい、関係を持ってしまう。やがて、ロティーがターゲットの麻薬パーティーに潜入。あと一歩のところで正体がバレてしまい、激しい銃撃戦に!捜査終了後、精神のバランスを失ったロティーは立ち寄ったバーで見ず知らずの男に誘われ売春行為をしてしまうが…。

タイトルだけ見ちゃうと…なんかお笑い芸人の顔が浮かんできちゃうけれども、もちろんコメディではありません。けっこうアダルトタッチのサスペンスアクション…初鑑賞は10代の頃だったんだけれども、なんか大人な感じがしてやたらかっこよく感じもしたもんです。普段は麻薬課のおとり捜査官なんだけれども…風紀課の売春取締りの助っ人も買って出る主人公の女刑事。上司の警部補からはセクハラ、パワハラなんかも受けてるんだけれども、適当にあしらってる。そんな時に大物犯罪者を追う、地方検事の仕事を手伝うことになり…。

仕事の打ち合わせなんかしてるうちに…その検事とヤってしまう女刑事…危険と隣り合わせのおとり捜査なんかしてると、やっぱりストレスがたまるらしくて、あっちで発散が必要なのね。過去にも色々な男(全員、警官だったと、本人談)と付き合ってきたが、一人一人は長続きしてないらしい。そういう奔放なところがあるから、売春婦を演じてる自分の姿を振り返り、まんざらではない様子。濡れ場ではちゃんと女優本人のおっぱいも披露。演じているのは「ブラックウィドー」で悪女、魔性の女を演じていたテレサ・ラッセル…なるへそ、セクシーなわけだよ。

監督はイーストウッド作品常連女優としても有名なソンドラ・ロック…女性監督だけあり、等身大ヒロインの魅力を繊細に描き出しており、それによりおとり捜査のスリリングな面と、検事とのラブロマンスの行方などがより際立った印象。中盤では硬派なアクションシーンなども盛り込んであり、ヒロインがリボルバーをぶっ放す見事なタフネスぶりも発揮。このあたりはイーストウッドの影響もあるのかな?なんても想像してみるが…。ミイラ取りがミイラ…仕事や恋愛のストレスから見ず知らずの男との売春行為に走りそうになるという後半部分で急展開も起きる。

男の部屋までついていった後に…「私何やってるんだろう、逃げなきゃ…」と正気に戻ったのも、相手の男が謎の闖入者に殺されてしまうという大事件が勃発。しかも…その男の正体が、検事が追ってる事件の関係者。一転して、容疑者になってしまう主人公が、どうやってピンチを切り抜けるのか?このままで殺人犯にされてしまうという焦りと共に、一応、検事と付き合ってる事になってるのに…男についていっちゃったっていう後ろめたさなんかもあって…。最後の最後にはセクハラ上司との因縁もまとめてご和算…シャレオツなエンディングも待っている。


監督:ソンドラ・ロック
出演:テレサ・ラッセル ジェフ・フェイ ジョージ・ズンザ


【VHSソフトの購入】
VHS インパルス
勝手に映画紹介!?-インパルス






人気blogランキング 参加中 -クリック- ご協力ください!








いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。