10数年経ってもちっとも守護石が変わらないサンムーンのIさんとアメトリンのYさん


Yさんはついては以前ちょっとふれた事があると思いますが 25年くらいの友人です
最近は一年に1・2回しか会わなくはなりましたが 私がパンプル・ムースを始める前からのお付き合いです
彼女の守護石はアメトリンです


フルタイムの経理の仕事を定年退職してからも5年会社に残り その後どうしてもやってみたかった居酒屋を始めた頃 守護石が変わりましたが
石の種類は変わらずに 玉がとても大きくなりました

最初からカットのアメトリンです
アメトリンはアメジストとシトリンが融合した石です
一番気の強い人と一番気の弱い人が同居してなかよく補い合っている という感じです

 

居酒屋を経営している間は本当にブレスがよく切れました
石もボロボロ 色も見る影も無いほどくすんだりしていました


あるとき 彼女のトルマリンネックレスが切れて 通し直せるように(あまりに石が霊的に汚れていると直接手で触ることができないので 例のセラミック石鹸を使って洗うのです)しつこく洗っているうちに 急に私の中に怒りがふくれあがったときがあって びっくりしたことがありました

 

ちなみにYさんのトルマリンは緑です

トルマリンも人によって合う色が違います

色が合っていないトルマリンの効果は半減以下になってしまいます

Yさんはトルマリンネックレスは守護石ほどには切れなかったせいか(それでも年に1度は切れていたと思います)溜まった量が多かったのかな~と思います??


まさに石の中に彼女が仕事中にいだいていた我慢や 怒りなどのマイナスな感情が溜まっていて それが石を洗うことで浄化されていくうちに 表面に出てきてそれらを私が受けてしまったかのようでした
洗い終わって通しなおす頃にはすっかりそんな感情は去っていましたから ほっとしました

セラミック石鹸 恐るべし です

 

まだパンプル・ムースを始めて数年でしたから そのときはなんだかよくわからず自分の状態にとまどいを覚えました

石が持ち主を守るためにわが身を犠牲にしている と思えるようになったのはその後も他の方で 似たようなことが何回も起きたからです
石は実際に握ったらつぶれるんじゃないかと思うくらいひどい状態になったりしますが 時には持ち主が

良い環境に変わることで 完全に元のように復元することもあるのです

 

5年やって彼女は満足して店をたたみました
その間にお友達をたくさん作り やめた後はそのときできた友達と旅行や飲み会マージャン と楽しく暮らしています
店をたたんで以来 ブレスの糸はもう10年近くなりますがまったく切れていません
石もぴかぴかにきれいになり 完全に元の状態(新品同様)になっています
私は環境が変わったので守護石も変わるかと期待していましたが ざんね~ん です

 

Iさんも長いお付き合いです
15年以上です
この方の守護石はサンムーンです


お付き合いが始まって2・3年した頃お母様がうつ病になり お見舞いにお母様の守護石をプレゼントしました
それまで症状がだんだんに悪化している と聞いていたのですが あっという間に良くなっていきました
ちなみにお母様はそのときピンクオパールでした
彼女は良い先生に付くことができ 薬も利いてきたからと言っていました 


もともと彼女はパワーストーンなど好きなわけでもなく 興味も無く 友達として使ってくれていたのです
とっても思いやりのある方なのです
がしかし 私はひそかにお母様がよくなっていったのは かなりの部分石のおかげと考えています

 

この彼女もサンムーンの守護石を持ってから10年以上経っています
サンムーンは調和をとる方です
この石を持つ方がいると異なる意見の方が多い会議などの場でも乱れにくくなり 物事が順調に進みやすくなります

 

10数年の間に切れたのは一回です
石は時によってくすんだりしていますし 彼女自身もいろいろたいへんなことも多々経験されているのですが 一向に変わらず切れもせず です
理由はわかりません

 

ある日彼女が電話してきました
突然首に激痛が起こり いつもの病院に行って痛み止めの注射とボルタレンを処方してもらった
しかしこの劇薬のボルタレン(むか~し私はぎっくり腰で病院にいったときいただいたが 1錠飲んだだけで体全体がおかしくなったことがあり 以後絶対に飲まないし そういう問題で病院にいくのはやめました)を彼女は3錠飲んでも痛みが取れないので かかりつけの病院の先生にMRIを撮ったほうが良いと言われました
それによると頚椎の4つにヘルニアや変形狭窄などがあるから 手術するしかない
それで手術となるとリハビリも含め2・3ヶ月はかかるだろうから 高齢のお母様や猫たちをどうするかなやんでいるということでした

ちょっとダウジングしてみると手術は必要ない とでます


それで共通の知り合いである元看護師の方に相談してみたら?手術はしないでいいと思うけど
とつたえました

さっそく彼女は連絡して良いお医者さんを紹介してもらい 別の病院に行ったところ 診断は「むち打ち症」でした
お医者様に聞かれて 彼女も痛みが出る数日前に駐車場で転んだことを思い出したそうです
そのときの衝撃がもともと弱かった首にきただけなので なにもしなくとも1・2ヶ月のうちにだんだんに痛みは取れるだろう ということでした


首は細いところに神経や血管などが密集しているので手術はとても難しいそうです 

最近 彼女はこの石のおかげ このブレスがあるからとっても心強い と言ってくれました
ちょっと嬉しかったです
確かにいままで 石の力など信じてはいない といいながらも 必ず腕につけてくれていましたが

 

こんなことがあってもIさんのブレスはくすんだりはしますが 切れないのです 

彼女の利他愛 とか精神の強さ とかによって逆に石のほうが守られていたりしてね~? ???

 

 

AD

パンプル・ムースオフ会は1月12日第2金曜 夜7:30~

多分吉春で

 

ヒー研は1月20日 夜7;00~ アミュゼ柏5階和室

誘導瞑想のテーマは「今年の座右の銘をガイドさんに聞いてみよう」でどうでしょうか

AD

1月3日栃木の天狗一色の古峰神社に参拝


快晴の冬にしては暖かい日でした
お山に近ずくと雪花がちらちら うっすら雪をかぶった景色がとても風情があるな~

ええ~っ
バスを降りると足元は3センチほどの積雪
二人とも普通のくつできたので 歩くのにオッカナビックリ

 

一度建物の中に入ってしまうと 外に出る必要はまったくなくてすべて内廊下で繋がっていたのでした
無料のお茶もとてもおいしい
(まず休憩室みたいなところでほっと一息)
至るところに巨大な天狗とからす天狗のお面や像
必ず対になってます
こんなにからす天狗さんをもてはやすところはないんじゃないでしょうか

 

本殿の座敷は開放されていて 私たちはご祈祷も頼まず勝手に参列
とにかくすごい人出で 後ろのほうは座敷からはみだして廊下に立ったまま参列の方々も

御朱印は天狗の顔の絵が付き 見開きで500円

 

圧巻は食堂で供される定食のおいしさ たったの1080円
というしかないほど今まででいちばんおいしい定食でした 
アレルギーのためほとんどの食材がアウトな私ですがここでのものはほとんど全部食べれました 
内容はみなさんお出かけになって体験してみてください
あれだけの人出にかかわらず 食堂は空いてるんですよう
大きな窓の外に風花の舞う素敵な雪景色を堪能しながら ゆっくり時間を過ごしました

 

体もあたたまり 最後は日本庭園をちょっとだけ散策し 茶室で抹茶と花びら餅をいただきました

庭園との間にかかる橋を渡って門を出た瞬間 二人とも気が付きました

庭園内は神界のよう(行ったことが無いので  あくまでも神社の境内との比較)でした

雪と氷(広い池が人が乗っても大丈夫なくらいの氷が張っていました 対岸で実際氷の上に降りているひとがいました)に覆われ 小雪がちらついている状態でしたが 案外に寒さを感じなかったのは 太陽が出ていて白くかすんではいますが しっかりと存在感があったせいでしょうか


いざ帰り始めると 雪が吹雪のように降りしきり もう帰っていいぞ と追い出される様

しかし降っていたのは本当に山の上だけで バスで10分も下る頃にはまたもや快晴の空でした
電車の中では往復とも富士山をみれて 最高でした

からす天狗さんが言ってましたが 天狗さんたちは連携して日本の国土を網のように覆い 夷荻から守ってきたのだそうです 

昔も今も

 

AD

布施弁天1月1日1時のご祈祷と除夜の鐘打ち


今年も無事できました
ここんところ 毎年いつまで参加できるかな~ と心配しているわけで 年も結構取ったし 今年は毎年一緒に行っている友人と二人だけで

 この彼女はとっくに80を過ぎて足元もちょっとおぼつかない状態

 

布施弁天の鐘撞きは重要文化財のとってもせまくて急な階段を上がり さらに狭い鐘の周りの細い足場をぎりぎりで人とすれちがいながら打つ位置に到達します
鐘との距離が数十センチのところで力いっぱい打つ ほんとに耳もとでぐわぁ~んと鳴りますから 真にこの一年の体中の垢やオリが一瞬で落ちる と感じます

 

今年は実は4日前にぎっくり腰(どう考えても霊的にやられたな というものでその日は歩くこともできなかった)に

なりそれもあってか体調をくずし おまけに31日は終日曇りのはずが雨も降り出し これはもう無理と思っていました
ところが 午後3時過ぎかな~雨がやみ 日が差してきたのです
「神様がおいで と誘ってくれてる」と私流に解釈
行くことができました

 

満月が冴え冴えと境内を照らし 空気がいっそう澄み渡る中除夜の鐘の音とともに1月1日1時のご祈祷が始まりました
例年通り 太鼓の音とともに始まり 今年は5人編成
お札やお神酒とともに紅白の御餅もいただいて 大満足の年越しでした

 

守護石グリーンルチルからエメラルドカラーファントムマウンテンクオーツに
和菓子屋さんの次はやっぱりもててる洋菓子職人さん(パテシイェさん)

 

最初のグリーンルチルはとってもグレードが良いものですが小さな玉でした 直径5ミリくらい
パテイシエさんだからなのか グリーンの方だからか とってもよくもてて2・3ヶ月おきに新しい女の子の名前をも

ってパンプル・ムースに相性を聞きにきていました
たまに写真を見せてもらうと本当に今風のかわいい女の子ばかりでした


けれど数ヶ月のお付き合いで振られるのだそうです
振られてもふられてもすぐ次の女の子が待っている という感じでした
そんなことが数年間続いたと思います


あるとき 私も面倒くさくなって(すみません)聞きに来ようとも思わない人が本当のその人だよ と言いました
今でもときどきそういうふうに言う事がありますが これは真実と思います
本当に互いにその相手と出会ったときは 人の意見や占いなど聞きたい などという思いは心にうかぶはずもありません
他人がどう思おうと何を言おうと そんなことはその二人には関係ないことで まったく眼にもはいらないでしょう?

 

そういえば何回も今の職場をやめて ちがうところに移りたい そちらのほうが給料が高くなるから と聞きにきていましたが そのつどダウジングをすると今のところのほうが良い とでてました


同じところにずっと勤めていたおかげとも思いますが 家も建て職場での地位も上がっていきました

準備万端整ったからかしれませんが 突然結婚を決めた人がいる といってこられました


さっそくお名前書いてもらい一応ダウジング
初めて良し でした
聞きに来る前に決めていましたから・・・私の予言当たったでしょ(笑)

さっそく彼女に守護石をプレゼント

6センチか7センチくらいのピンクオパールだったと思います

 

その後しばらくしてパンプル・ムースに一緒に来られて彼女を紹介していただきました
結婚指輪の純銀ペアリングもパンプル・ムースでご注文くださいました
彼が天照大神が好きなので 榊の葉をモチーフにしてくださいという希望でデザインしました

 

今までの人たちとまったく違うタイプの方でした
正直 なんでこのようなすばらしい方をゲットできたのだろうとうらやましいくらい


彼は病気がちなお母様との二人暮らしで いつもお母様を最優先していました
彼女も彼とまったく同じようにお母様を第一に考えて大事にしてくれますし やさしくて でもしっかりもので家庭を

きちんと切り盛りするのも上手

 

その後子供さんが生まれたころ相次いで二人とも守護石が変わりました
それがおもしろいことに 同じ石になったのです

しかもかなり大きくなって彼が1.1センチ彼女が1センチくらいでグレードもおんなじ
エメラルドカラーのマウンテンファントムクオーツになりました

 

 

和菓子職人だったグリーンルチル(緑針水晶)さんの話

 

パンプル・ムースに来られたのは38歳くらいだったと思います
ある数代続く和菓子屋さんの娘婿でした
子供2人と奥様 奥様のご両親と一緒に暮らし 義理父の弟子として働いていらっしゃいました


守護石はグリーンルチル
女性の心でも(女性の行動や心は男性にとって理解しがたいのがふつうのようです)よく理解してくれるので 私は守護石がグリーンの男性は女性にとって最高のパートナー と思っています
事実グリーン系の男性はほとんどの女性にとって違和感無く話しやすいのは確かです
異性との相性をみるとき 女性がグリーン系の男性のお名前を書かれたときは たいてい「大事になさると良いですよ」ということになります

 

10年この和菓子屋さんの家族に仕え・・ 彼の話を聴いていると本当に家族に仕えてる という感じを持ちました

彼自身はぜんぜんそんな風には思っていないようで 子供をかわいがり 奥さまともなるべく仲良く そして一日でも早くお父様に匹敵するような和菓子職人になりたい 話していました

確かにそこの和菓子はおいいしかったし 一度だけ彼が一人ではじめから終わりまで作ったというイチゴ大福を食べさせていただいたことがありますが これは本当においしかったです

 

ある日突然離婚を言い渡されました
彼にとってはわけがわからず 本当に寝耳に水のような話でした

 

この一家は成田山新勝寺の境内のある占い師を信望されていました
その占い師にすぐに店をたたんで海辺の町に引っ越せ といわれたようなのです
その際婿は追い出して家族だけで引っ越せ と


彼は子供たちがかわいいし 奥様に大きな不満があるわけでもなく 義理父の罵倒と義理母の冷たい視線に耐えながらも朝早くから毎日頑張っていたのです
聞くところによると 毎月のお小遣いは3000円 これではお友達と飲みに行くこともできない 守護石を買うときも2ヶ月ほど待ってほしい という風でした
食事はスーパーのお惣菜が多く 奥様は義理母と店頭に立ったりして店を手伝わないといけないので 調理する時間がないといっていたそうです
しかし昔はかなり儲かっていたそうですが 洋菓子がはやるにつれ 和菓子離れがすすみ店も暇なときが多くなりずいぶん売り上げも落ちてしまいました
特に夏は売れ行きが悪いので 彼もいろいろ考えて新作を作らせてもらいたい と提案したのですが 何度頼んでもにべも無く断られました
10年たっても義理父はまったく彼を認めてくれなかったけれど でも確かに作る和菓子はとてもすばらしいので自分もそうなれるよう努力することは楽しいとおっしゃっていました

 

あるとき 彼が店に着いて吸殻をゴミ箱に捨てていたのを みとがめられひどく叱責されました
自分が吸った吸殻ではなく 「店に来る途中毎朝道に落ちていた吸殻を拾いながら来るのです」といったところ そんな余計なことをする暇があったらその分もっと早く来て働け といわれ そのときさすがに自分はここには居場所がないのかな と思ったそうです

最終的に店をたたむことが決まり 身一つで離婚された挙句 彼は10年使えてきた店を退職金?30万円で追い出されました


「これからどうするの?」
「30万円あるだけなので なにをするのも無理と思うのでS県の実家に帰ることにしました」


「逆に考えると何ももらえないでよかったね 
 なにももらえなかったことをうらんだり もっと何かを要求することもできるかもしれなけど なにももらわなかっ    たからこそ 変なマイナスのカルマももらわずに済んだわけよね」


「そうなんですよ
 この石のおかげかもしれないけど 不思議につらい とかくやしいとか という気持ちにならないんです
 子供たちに会えなくなることだけは さみしいけど」


「もしかしてそのご家族に対するあなたのカルマがあって それがここでようやく解消したってことじゃない
 だから解放された というかほっとしたというか そういう感覚なので低い感情がわいてこないのかな
 ここから 今度こそ本当のあなたの人生が始まる もうこれから自由に好きに生きていいってこと」


「ぼくもそう思います」

 

郷里に帰り 仕事につき 半年ほど経った頃 2・3人の女性の名前が書いてあり相性を見てほしいというFAXが送られてきました
もててるんですね~

 

 

私の能力欠如のため HPの更新ができません

おまけにここのリンクもうまくいってないようで パンプル・ムースに貼ってるつもりが飛ばなくなってる

はぁ~

サーバー変わるって本当にむつかしい

 

なので 年末年始のおしらせはここに書かせていただくほかありません

ご迷惑かけますがよろしくお願いします

 

12月29日~1月4日 お休みします

5日から通常通り営業いたします

31日は布施弁天で恒例の除夜の鐘打ち と1月1日1時のご祈祷予定

3日当たりはどこかの神社に行っていると思います

霊的?な良い香りや臭いについて
これまで度々体験してきたことの不思議の中に 匂い があります
パンプル・ムースのお客様の数人の方も体験されていることです


何もにおうはずの原因がないにも関わらず えもいわれぬ良い香りがただよってくるのです
時間的に数分くらいのことが多いです
どちらかといえば花の香りに似ていますが これまで一度もかいだことの無いものです
ほとんどは部屋の中ですが 2度ほど山中の寺(黒瀧山不動寺と神奈川の大乗寺)でも漂ってきました
不動寺では住職にそのあたりになにか花が咲いているかどうか確かめたのですが その時期そのあたりに

花はない といわれました
私の場合似てはいますが毎回違う香りで いずれもいつも一人のときでした

 

多分神様のような なにか美しい存在が来ているのだろう ということにしています

 

たまに不快なにおいがする人たちが来られることがあります
殆どの場合 現実的な体臭だと思うんですが というのは体臭 という感じのにおいだからです
ときどきパンプル・ムースでは不思議なことが起こります
来店されて話をしている間 30分でも1時間でもにおっているのに 守護石をうでにつけてくださり まだいろいろおしゃべりしているとはっと気がつくのですが そういうかなり強いにおいでも消えてしまっているのです
本当の体臭ならば 急に消えてしまうのはおかしいと思います


においの話なので めったにお客様に問うことができませんので 私の錯覚だといわれても仕方の無いことですけど
そのにおいが消えると同時に そのかたには変化があらわれています


それまで なんとなくぼやけた感じだった顔の輪郭や目鼻立ちが急にくっきりとして 眼に力が戻り 笑顔がうまれ 話す内容も前向きなものになっています

なにか憑依していたものが外れたのか ご自身の波動が変わったのかと 考えています


もちろんすべての人に当てはまることではなく ごく繊細な方々の中の一部に そういう方向に敏感に体が反応する方もいる ということと思われます

それで守護石を着けて波動が上がると すぐに体にも反応が出る

 

つまり快い香りを放つ物は高い波動を持ち 逆のものは低い波動にある のかな~

 

霊のようなものは波長の関係で電気系統に一番影響を及ぼしやすいという説
以前から言われていたことです


パンプル・ムースを始めてから(店内ではよそでは言えない不思議 スピ系話で常に盛り上がるのです 私も含め皆会社でも家族の間でも 人によっては友達どおしでもいえないことが ここでは誰はばかることなく自由にしゃべれるのでありがたいし とっても楽しい といってくださいます)たくさんのお客様からさまざまなエピソードをお聞きしました


なかでもありふれて多いのは 亡くなった家族が訪れていると感じるときは 誰も触っていないのに玄関の明かりが点いたり消えたり テレビの電源が勝手に入ったりする です

 もちろん気配や温かみを感じた などと言われる方は本当にたくさんいらっしゃいます


しかし 明かりが点くとか消える ということのほうが肉体を持つ人にとって実感としてわかりやすいので 霊となったかたも頑張るのでしょう

物品を移動させる などという方法は相当に強いエネルギーを持つ霊でなければできないようです

霊だけではなく 強い霊的(気)エネルギーを持つ人のエピソードでは 娘さんが良く使う電子レンジがあるとき急に火花が散ってが爆発したようになったとか この子が使うパソコンはすぐに壊れるとか いうようなこともあるようです

つまり電気のデジタル的波長が霊的エネルギーの波長に非常に近い ということです

 

Kさん(昔はよく地震などいろいろ予知できたそうです 小さな地震でもわかってしまうので 友人たちにしょっちゅう警告電話をしていたそうですがあまりに多いのでうるさい といわれるほどだったとか 結婚して子供ができてそういう能力は薄れた といっています)が10年以上前に この世はデジタルでできている と喝破されたとき 私はあまりピンとこなかったのです


しかし数年前からデジタルカメラが普及するにつれてオーブ(いまやこれの写真は無数にあります)や変なおばけ
(お客様がオーストラリアに卒業旅行に行かれたときグランドロックで撮った写真の一枚に写っていて 故赤須博士に見ていただいたとき 「ここもこんなに波動が下がってしまったのか」と嘆かれていましたが この土地の精霊のようなものだということでした)や 小人さん(Tさんが撮った結婚式の写真に写っていてパンプル・ムースのHPで公開しています)や デイサービスの施設で撮影された人間くらい大きな桃 や羽 赤須博士が訪ねた塩竈神社の門前で写った人間くらいの大きさの鳩 などなど そういう写真を見せられてもフエイク?などという疑問が出てこないほど当たり前になってきました


龍や光の柱 山本先生に付いていつもビデオを回されている建辺先生は常にそういう写真を取られていて 山本先生の書籍やカレンダーにたくさん掲載されています

その中で一番すごいと思ったのは 光が曲げられている写真です

レーザーのような光 というものは直線で進む と記憶していたのですがある数人の方とともに写っている写真の光線がゆるやかな曲線になっているので不思議だな~と思って見つめていたら 先生がこの光をそこに移っているある方に届けてあげたくて曲げた とおっしゃいました

「光ってまげられるんですか?」と驚いてたずねますと「簡単ですよ」 とこともなげに答えてくださいました

 

建部先生は小さいときから龍とかそういうものが見えていてお友達になって一緒に遊んでいたそうです

 

・・・書いているうちに いろうろ思い出してしまって しまいに何を書いていたのか自分でわからなくなるので しょっちゅう話がずれてしまい 読んでくださる方は面倒になっちゃうだろなあ と反省しつつまったく計画性の無い自分にがっかりします
私の人生自体がそうで すべてそのときの思いつき で暮らしてきたように思います
そのことがラッキーに繋がったこともあれば ひどく厄介なことにもなったりしたのです

Wさんから聞いたところでは 私は60年間天中殺にあったそうです
1・2年前にようやく終わったそうです
彼女の算命的考え方では天中殺は悪いときばかりということではなく 普通には起こりにくいことがおこるとき
そこにはありえないような良いことも入る
しかし良くないことも普通に無いくらい大きくなったりするので あまり動かないほうが良い という時期だそうです
彼女の「言」では「寝て暮らせ」だそうですが
それを若いうちから知っていたら 今の人生はどうなっていたのかな~ と思いますと もしかしてとってもつまらない人生になっていたかもしれないですね~・・・

 

電気 というものが一番霊が3次元世界に影響を及ぼしやすいツールだ ということであるなら まあ前回の記事で書いた光や火花などは何らかの霊的なものが接触しようとしてきたのかもしれない ということをいいたかったのです

そうしてそれはあんまり良いエネルギーとはいえないものである 可能性が強い と思います

 

結果的になんの費用もかかりませんでしたし 手間(東電へ電話するとか)を除けば実質的被害はなにもなく済んだのは 一応この窓(家中で一番やばい窓 となんとなく思っていたので)のところには 龍鳳凰バージョンの守護強化を置いていたからかもしれないな~ と思っています

 

パンプル・ムースの守護強化ブレスは守護の強化だけではなく 単独でも使えますし 場においてもその方を守ってくれるようです

ただし 守護石を一度も持ったことの無い方には作れないのが難点です

石の種類は決まるのですが 組むことができないのです

 

最近のINDEEPさんの不思議な音に関するブログを読んでいて思い出しました


以前に住んでいた家でのことです
私の部屋は2階にありました
よる9:00頃ベッドのすぐそばの窓全体が突如 爆発のような光に覆われ一瞬で消えました
外側が青で内側が赤やオレンジの本当に爆発したような光でした
それと同時に大きな爆発音が聞こえたので また家の前の道路で事故でもあったのかと思い 窓を開けて外を覗いてみました


なんにもありませんでした
よく思い返してみると 外ではなく窓の内側だった気がするのです

 

(この道路は今も変わりませんが結構事故が多いです ついに最近信号が付きましたが その後もまたありました
数は凄く多いと思いますが いつもたいしたけが人も出ず物損のみです
この物損が結構凄くて 数年前 乗用車が家の脇の電柱に思いっきりぶつかったことがあり そのときは車のボンネットなどはぐっちゃぐちゃ 扉もはずれてぶらぶら 車輪も4つともバーストしていましたが 乗っていた4人はほとんど何の怪我もありませんでした
一番最近ではガードレールが数メートルにわたって破損 もちろん車も同様 運転者は昼間であるにもかかわらず 酔っていたようです もちろん怪我なし
しかしこの時も含めて近隣の家にも被害が出たことはほとんどないです

電柱やガードレールなどがいつも守ってくれます)

 

その数日後 今度は窓全体が一瞬真っ青な光で満たされました
このときは音はありませんでした

私は浄化の光だ~とよろこんでおりました

 

それから1・2ヶ月したとき 朝起きてトイレの電気を点けようとしたらつかないので電球が切れたかと思ったら 冷蔵庫も切れている 

東電に電話をしたらすぐに来てくれて しかし原因はみつからず 適当にブレーカーあたりをいじっていたら復旧しましたが
ブレーカーは壊れていなかったので 結局原因はわからずじまいでした

 

そのまた1ヵ月後 今度は夜8:00頃
パンプル・ムースから帰って家の前まで来ると 男性が二人家の前で待っています
作業服姿だったので 心配せず(強盗とか)何かあったのか聞いてみました


「おたくさまの近所からの通報で 電柱から火花が出ている

 しかし電柱や電線には何の問題も見つからなかったのでお宅に原因があるのではないか 

それを調べるには一時的に停電しなければならないので 家の者の許帰ってくるのを待っていた」


「これから友人との食事の約束があって荷物を置いたらすぐ出かけたいのですが 立会いが必要ですか 家の者もでかけているようなので まだ2時間くらい留守になると思います」
「家に入る必要はないので 立会いはなくて結構です 直ったら電話します」

 

1時間後 電話があり「直りました」
「原因はなんだったのですか?」
「それが・・・どこもわるくないのです 原因はわかりませんでした けれど直りましたから」

そこで思い切って聞いてみました


「実は以前に 爆発のような光が窓に映ったのですが こういうことってよそに聞いたことは無いですか?
そのときもなにもなかったわけですが これって霊的問題なんでしょうか?」
「さあ わたしどもにはわかりかねます」
ま そりゃそうですよね

 

以前ちょっと書きましたが 数年前から青い光と酸素のぶくぶくが出なくなっていたエアナジー器 勝手に直ったんですがどうせまたじきに壊れるだろうと思いつつ毎日使用しているのですが いまだに元気!

量子医学の小林健先生がおっしゃっているように 器械にも自己修復能力があるのだな~と感心 感謝していますが
これも霊的なことが関係しているかもしれないでしょう?

 

AWG(月1回通ってます)のおかげかエアナジー(毎日1時間半使用)のおかげか 最近体が軽くなったし 疲れにくくなった ことを実感しています
相変わらずアレルギーはそのままなので 食べ物も大丈夫なものに限っていますし 洗剤(シャンプー 洗濯 食器洗いなど経皮毒のげんいんとなるもの)薬品などは一切使わずに2年以上たっているので それも理由かもしれません

 

あの怪しい家から現在は引越しをしまして 今住んでいるところはきちんと家浄化+守護をしてあるせいか そういうことはなにも起きないどころか エアナジーも回復してしまった


ホウロンポー(飯山一郎の乳酸菌)も買ったばかりのときは物凄いにおいがしたのですが しばらくするとほとんど無臭になってしまいました
無臭になってしまったので賞味期限?が過ぎて(普通そんなことはないはずですけど)効力もなくなってしまったのかと思ったら 猫の口臭も飲み水にちょこっといれれば消えたし 生ごみのにおいにも効果があるし もしかしたらうちの空気というか霊気が良いので乳酸菌さんたちも喜んでいるのかな~などと思ったりしています


前の家にもとりあえずアメジストの原石を埋めたり 炭を床下一面に撒いたり風水的なことをしてはあったのですが (まあそのおかげで 占いの先生に言わせると 「こんなところに住んでいてよく命があったね」ということになります 最低の時期に最低の方角に越しているうえに 暗剣殺もある)

パンプル・ムースを始める前で石のことなど興味も無くなにもわかっていませんでしたから なんとなく水晶埋めとけばいいのかな~ という風でした
まだダウジングも知らなかったしね~

 

今の家は炭に加えトルマリンの原石も入れています
そのおかげか2年たった頃 床下のにおいをかいだのですが コンクリートのにおいが気にならないほど さわやかな心地よい香りの風が吹いてくるのです
思わず今夜は床下で寝たい と思ったほどです

 

不思議な光から随分話がそれてしまいましたが 

最後にむか~しまだ私が若かりし頃 夏休みに新潟の実家に帰ったとき 夜中2:00頃に目が覚めて 窓を開けて星をながめていたら 夜空の一角に爆発のような閃光が広がり一瞬で消えました 
これは凄い またおきるかと待っていましたが私が見たのはそれ一度きりでした
翌日のニュースになるのではないかと思いましたが ありませんでした


パンプル・ムースに来られたお客様となぜかそんな話になったとき そのかたも見たことがある といわれました
しかしそのかたも なんだかわからないということでした

説明できるかたいたら是非教えてください