プラモ日記 青22号

プラモ日記 青22号

日々のプラモ製作の記録です。



NEW !
テーマ:
アオシマ 1/24 LB WORKS R35 GT-R type 1.5
を作っています。

LB Works R35 GT-R by Aoshima in scale 1:24

(最初の記事→【製作記 アオシマ 1/24 LB R35 GT-R type1.5 (1)】

 

 

ボディにデカールを貼っていきます。

このクルマの実車はボディにいろいろペタペタと文字のステッカーが貼ってあるわけですが、もちろんキットでもデカールで再現されています。

 

このデカールが素晴らしいのは、同じロゴでも色違いで3通り用意されているということ。

 

同じロゴが白・黒・シルバーの3通りで用意されているので、ボディーカラーを何色にしようとも対応できるようになっているのです。アオシマヤルナ!ワカッテルネ!

 

 

 

というわけで私はシルバーをチョイスしました。

黒だとちょっと主張しすぎな気がしたので。

 

 

ドアに貼る"Imagine all the people..."は貼る角度が何気に難しい。

後ろに向かって上がっていく角度で貼るのですが、その加減が難しい。

 

また、細くて長いデカールなのでまっすぐにするのが難しい。

あまりひっぱるとちぎれてしまいそうなので。

結局すこしベコベコになってしまいました。

 

ちなみにこの"Imagine all the people.."は私的にはちょっとクサすぎる気がして貼るのを少しだけためらいましたが、まあそういうクルマだし(?)貼るか〜という感じです。

 

もちろんこれは有名な曲、ジョンレノンのイマジンの冒頭部分で、ザックリ言うと世界平和や反戦を訴える歌で、We are the worldとかIt's a small world的な曲なわけで素晴らしい歌であることは間違いないのですが、ちょっとそれをクルマに貼っちゃうって重くない?という気もするんですよね。

 

最終的には「考え過ぎか、」と思って貼ることにしたわけですが。

 

 

 

 

一方、内装のドアのトッテのところをシルバーで塗っていきます。

 

マスキングのしやすさを考えてシルバーを先に塗って、マスキングして黒を塗ります。

 

というわけで最初にExシルバーをトッテあたりに塗ります。

 

 

そしてマスキング。

 

 

 

 

そしてセミグロスブラック(ガイア)を塗ってマスクをはがすとこんな感じ。

 

 

 

これで内装の塗装はほぼ完了したことになります。

 

 

 

今回は以上〜

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

タミヤ 1/24 マツダ サバンナ RX-7の製作動画をupしました。

 

このブログをごらんの方はご存知とは思いますが、これは実は7月にちょろっと作りかけてそのまま放置中だったやつです。

 

ブログも続きを書いていく予定なのでコウゴキタイ。。

 

今のうちに作っておかないと、年末は新作キットがメジロ押しなので。

 

あまり時間をかけずにサクサクと作っていきたいなと思ってます。

 

 

 

どうでもいいことなのですが、アメブロの「テーマ」をだいぶ前に使い切ってしまってどうしようか考えているところです。

もうこれ以上テーマを増やすことができなくて、最近の記事はみんな「その他」になってます。

どうしたものか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

先週の土曜日に東京羽田にあるANAの機内食工場を見学してきました。

 

 

といっても場内はすべて撮影禁止なので、写真はありません。ナンジャソリャ

 

ANAスカイホリデーの観光プランで、年に数回催行されるものです。

(年内はあと1回10月に催行される模様)

誰でも申し込みが可能です。

ただしけっこういい値段します。(7,500円)

 

ANAスカイホリデー機内食工場見学↓

https://rps.atour.ana.co.jp/adam/internet/ADAM.AY.Control?GOODS_CD=A3521F&THE_YEAR=2018&START_FROM_MONTH=04&START_FROM_DAY=01&DEP_CD=050&EJB_CLASS=jp.co.anaskyholiday.adam.internet.ejb.inquiry.AYB8000Home

 

機内食工場は機内で出される食事を調理するところですが、残念ながら調理しているところを見学することはできません。

衛生管理上ムリなので仕方ないです。

 

工場では調理以外にも機内に積み込む食器やドリンク、機内販売品などの準備も行なっているので、見学は主にそれらの様子を見ることになっています。

 

それでも白衣と帽子が配られて髪の毛などが一切落ちないようにしたり、場内に入るときも手を決められた洗い方通りに洗わないといけないなど、厳重に管理された状態で見学していきます。

 

見学後の最後はビジネスクラスの機内食が食べられます。

上の写真はそのメニュー。

機内食とはいえビジネスクラスですから、とてもおいしゅうございました。

 

ぶっちゃけメインの目的は食べることでしたが、普段見ることのできない航空会社の舞台裏を見学できたのはなかなか貴重な体験だったと思いました。

 

 

 

(福井から)東京へは日帰りで行きました。

ついでに新橋のタミヤに行ったり、銀座の天賞堂に行ってアオシマのEF66を見てきました。

 

 

・・・・同行したヨメに値段を見られてしまった。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス