プラモ日記 青22号

プラモ日記 青22号

日々のプラモ製作の記録です。



ハセガワ 1/35 ヤンマー YT5113A を作っています。

Yammar YT5113A by Hasegawa in scale 1/35

(最初の記事→【製作記 ハセガワ 1/35 ヤンマー YT5113A (1)】

 
 
だいぶ長いこと放置中だったYT5113Aですが、再開していきます。
 
運転席の扉のガラスは、フチを黒く塗ります。
説明書には明確に塗る指示は書いてないのですが、塗装図を見る限りではここは塗っておくことになっているようです。
 
マスキングの方法はいつものような細切りテープを輪郭にするのではなく、テープを貼ってから現地でカットしていく方法にしています。
 
しっかりとしたスジ彫りがあるので、それをガイドにして切っています。
塗膜の上から刃を入れるわけではないのでこの方法で。
 
 
 
そしてガイアノーツのExフラットブラックで塗装。
 
同じ色で塗る運転席の床とワイパーも同時に塗っています。
 
 
 
 
 
そのほか、こまごまとしたパーツでシルバーで塗るものをまとめて塗装。
シルバーはExシルバー(ガイア)を使っています。
 
 
運転席の内部は天井や後面、ピラーの一部をC332グレー(クレオス)で塗装することになっていますが、なかったのでC325のグレーで代用。
 
 
キャビンのフレームのパーツはC325で塗ったところをマスキングしてそれ以外のところをセミグロスブラックで塗っていきます。
 
セミグロスブラックはタミヤ瓶ラッカーのLP-5を使っています。
 
同じ色で塗るこまごまとしたパーツも同時に塗っています。
 
 
 
 
とりあえずここまでで組む立てられる部分は組み立ててみました。
 
 
 
だいぶ形になってきました。
 
 
 
赤のパーツはまだ接着していません。
これらはこのあと研ぎ出しをしていく予定です。
 
 
 
今回は以上〜
 
 
 
【次回の動画up予定】は
昨日は「今日up」と書きましたが
明日27日19:30のupに延期します。
すんまそん。
予定通りupできると思っていたのですが
そう思って余裕ぶっこいてたら間に合わなくなりました。
 
 
 
 

ハセガワ 1/35 建機シリーズ ヤンマー トラクター YT5113A プラモデル WM05

 

福井プラホビーコンテストに来ていただいたかずさん(@riderkakkun)と会場で話していた時にひょんなことからオススメされたGodHandガラスカッターマットを買ってみました。

ゴッドハンド ガラスカッターマット

 

かずさんはこのガラスカッターマットを愛用されているらしく、「いいですよ」ということなので、買ってみることにしました。

実は前々から気になってはいたのですが値段が2千円近くするので、はたしてその価値があるのかどうかというところでずっと悩んでました。

 

何しろ通常のカッターマットだと、その半分の値段で二倍の面積のものが買えます。

無難に通常のカッターマットを買うか、ガラスカッターマットを買ってみるか。

 

今使っているカッターマットがだいぶくたびれてきてたので、実はずーっと悩んでいたのですが、かずさんに最後の一押しをされた格好です。

 

 

 

ちなみに今まで使ってきたカッターマットは「トレース用」で、通常のグリーンのものなどと違って半透明になっていて、光を透過するようになっています。

トレースをするために買ったわけではなく、単に色がカッコイイと思ったからというだけなのですが、小さなコダワリです。

 

 

 

 

まだそれほど使い込んだわけではないのですが、少しだけ使ってはみました。

 

通常のカッターマットと違って刃がマットの中に入っていくわけではないので、曲線に切る時切りやすそうだと感じました。

また表面が平滑なので、刃がスムーズに進みます。

なので細切りに切った時などまっすぐ切った時でも、エッジが比較的シャープかも。

 

ただ反面、刃の減りは早いかも。

といってもまあそれは利点とのトレードオフとなる部分なので致し方ないところでしょう。

 

 

うん、これは確かに値段分の価値はあるかも。

 

 

 

今回は以上〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴッドハンド(GodHand) ガラスカッターマット(ブルー) GH-GCM-B5-B

 

 

先週末に開催された第24回福井プラホビーコンテストに参加してきました。

 

 

 

 

 

設営は木曜日の夕方からはじまり、平日にもかかわらず有志が集まってテーブルを並べてくれたようです。

 

「ようです」というのは私はその日は行けなかったので。てへぺろ

(上の写真はオーカワ模型のオカミさんが撮った写真を拝借しています。)

 

私が参加したのは金曜日から。

仕事は有給をとりました。

 

 

金曜からもけっこう作品が集まります。

上の写真は金曜日の終了直前の様子。

 

 

 

ライバルのS氏もしっかりと金曜日に搬入してます。

今年はストラトスを持ってきたようです。

 

 

 

 

金曜日に持ってくるのは社会人(のオッサン)だけでなく、学校帰りの生徒の作品も搬入されてました。

このアッガイは12歳の方の作品。

よく見ると細かく手が入っています。

この方はほかにジオラマも出されてました。

 

 

 

 

 

翌日の土曜日になると朝から次から次へと出品者が現れます。

だいたい7〜8割くらいの作品が土曜日中に出品される感じです。

土曜終了時点で450作品くらいだったと思います。

 

 

私と同い年のIw氏の作品。

年々塗装が上達しているのがわかります。

私が彼の作品を初めて見たのはTRD86でしたが、その時から比べるとかなりデキが上達してると思います。

 

 

 

 

 

全体的にはキャラクター系の作品が多かったかな〜という印象、

 

 

皆さん実に思い思いの作品を作られていて楽しんでいる様子。

 

 

 

もちろんスケールモデル系もがんばっていますよ〜。

 

 

 

 

関西方面からみかんさんとスターさんにもお越しいただきました。

しかも一泊で。いや〜毎年なんとも嬉しい限りです。

 

 

 

Ig氏は今年は旅客機を作られてきました。

4機とも実に美しい塗装。。

私も旅客機を作りたくなります。

 

 

 

 

旅客機といえば、こちらのファミリーで作ってこられた作品もありました。

紫のDC-10やシンデレラ城は9歳の女の子の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわずさんやつねばりくんのカーモデルなども、いいもの見せてもらいましたという感じです。

かわずさんのは相変わらずツヤが丁寧。

つねばりくんはクオリティはもとより、なんてったって物量が相変わらずなのがすごい。

 

 

 

 

 

ところでこれはメーカー展示コーナーにあったハセガワのミネルバ。

持ち上げている手はハセガワの方の手です。

実は試作品の公開は今回が本邦初でした。

 

 

 

 

 

 

そして日曜日になるとテーブルはほぼ作品で埋まり、人がごったがえします。

 

 

 

 

日曜日は遠方よりでむさんが毎年同様来ていただきました。

いすゞ117クーペがカッコイイ!!

いすゞビークロスも作っていたようですが間に合わなかったとのこと。

ジェミニと合わせていすゞ3台で展示する計画だったようです。

いや、2台だけでも十分濃いので大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

毎年そうですが、今年もいろんな方にお会いできました。

 

 

なべさんの動画でおなじみの黒釜さんにもわざわざ来ていただきました。

お土産(上写真)までいただいたりして本当にありがとうございました。
本当はもっとお話しできたらよかったのですが、残念です。

秋のG&Carsの展示会は必ず行きます!

 

 

そのほかにも、Twitterで仲良くさせていただいているかずさん(@riderkakkun)も遠いところからわざわざ来ていただいて本当にありがとうございました。

赤福はおいしくいただきました。

お話ししていたゴッドハンドのガラスカッターマット、結局あれから買いました。

 

 

 

すっかり常連さんのてらおさんも赤福ありがとうございました。

今年は偶然お二人の方から赤福をいただいてしまいました。

いや〜ありがたい話です。

次回てらおさんにお会いするのは来年の静岡でしょうね!

 

 

 

 

 

というわけで、また今日から来年の福井プラホビーコンテストに向けて作品作りをしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

なお今回のコンテストで受賞した作品の写真が、6月24日(月)の日刊県民福井の紙面に特集として掲載されます。

 

 

 

 

今回は以上〜