https://mainichi.jp/articles/20191008/k00/00m/040/319000c

 

 

 

アイドル活動をする20代の女性にわいせつな行為をしたとして警視庁が逮捕した男が、被害者の住所を特定するため、会員制交流サイト(SNS)に投稿された女性の顔写真から「瞳に映った景色を手掛かりにした」と供述していることが8日、捜査関係者への取材で分かった。 

(10月9日毎日新聞から一部引用)

 

以前,このような方法で住所が特定されるなどプライバシーが侵害される恐れがあるという記事をどこかで読んだことがありますが,思わぬところでプライバシーが暴かれるリスクがあるということで怖いなと思いました。

それにしても瞳に映った画像で住所を特定するなどどこかのスパイ映画のようです。

 

 

私もフェイスブックなどのSNSはわりと利用していますが,なるべくプライバシーが分からないように,自分のほか同席している人の顔写真などについては投稿しないように心がけています。

 

 

こうしたニュースを他山の石にして今後も心掛けたいと思います。