こないだね、もうすぐお昼ご飯!ってときに

2歳娘がテーブルのうえにイタズラを

しはじめたんです。

 

  

 

《チカバルーン》って知ってます?

 

 

こんなの。

 

 

スライムみたいなムニュムニュしたやつ。

(←説明が雑w)

 

 

ストローで膨らませて

バルーンにできるの。

 

 

 

ぽわんぽわんしてて、

触ると気持ち良いんです♡

 

ダイソーにも売っている、あれです。

 

  

娘はこれが大好きなので

しょっちゅう買ってます。

 

 

昭和生まれのお母さんたちには、

きっとなつかしいはず!笑

 

 

 (いま、『買ってみよっかな〜?』

って思った方!

服に付くとガチで落ちないので

超絶、要注意!!!!)

 

 

 

それをね、

  

 

 

今からご飯!ってときに、

ちいさ〜く、ちいさ〜く丸めて、

 

 

小さなおててで

目をキラキラさせながら並べ始めた娘。

  

 

 

 

 

 

 

 

さぁ、これからお昼を並べよう!と

していたところだったから

  

 

 

 

『え!なんで、いま~!?』って

イライラしてしまった私。

 

  

 

 

おまけに無意識に

ため息まで出ちゃってたかも!?

 

  

 

 

まぁ、いたずらが始まってすぐに

止めなかったのもいけないんだけどね・・

 

 

 

自分はお母さんにうまく 

甘えられなかったから 

 

 

子どもには、

やさしいお母さんでいたい。

 

 

そんな気持ちもあって。

 

 

 

『私さえ我慢すればいいの』

 

 

なんてふうに思って

 

 

つい自分を押し殺してしまう

アラフォー長女。

 

(ストレスをためこみやすいタイプw)

 

  

 

でもね、

こんなときには

《あること》をして、

 

 

 

イライラを笑顔に変えてます!

 

 

 

 

  

 

《イタズラの現場を写真に撮る》こと。

   

 

 

なーんだ!そんなこと?

って思いました?

 

 

  

きっと思いましたよね?w

 

 

 

でもね、

これ、やってみると

 

 

 

イライラを収めるのに

効果てきめんなんです♡

 

 

 

 

ついイラっとしてしまうようなシーンでも

  

 

 

《写真》に撮って

ファインダー越しにみてみると

  

 

 

クスッと笑えたり

ちょっと冷静になれたりして。

 

  

なんだかとっても

可愛くみえてくるんですよね!

 

  

 

『あぁ、こうしてイタズラするのも

きっと今だけなんだろうなぁ』

 

 

なんてふうに、

むしろ貴重な気がしてきてw

 

 

 

ついつい子どもにイラッ!として

しまったら、ぜひパシャ!

してみるといいですよ〜^^

  

 

 

ちなみにこれはiPhoneで撮ったのですが

 光の少ない室内で

ふつうに撮るとこんなに暗くなっちゃうから

 

 

 

 

 

このコツを使って明るく撮ってます♡

 

記事はこちら↓

iPhoneカメラで明るく撮る方法

 

 

 

ではまた〜♬

 

最後まで読んでくれて

うれしいです^ ^

 

 

 

カメラをこよなく愛する

親勉インストラクター

かねこゆうみ

いやぁ、こどもって本当にすごいですね。

お母さんやお父さんの言うこと、すること、そのときは反応がなくても、ちゃーんと見ているの。(ツンデレってやつですか?)

今日も突然、それは起こった。

 

葉物を食べない2歳娘がよく食べるのは、ブロッコリー。

 

 

ブロッコリーの断面をみて

『いかんしょくが切れてるねぇ』

 

そう、いかんしょくとは

維管束のこと。

 

(ちなみに私は、ここぞとばかりに、

『あれ?維管束からおみずがでてるねぇ』

『維管束はおみずと栄養のトンネルなんだよね〜』と

声かけをしましたよ♬)

 

 

『維管束』

イカンソク?

 

そんなフレーズ、はじめて知ったのは

いつだったかな。(忘れてるw)

 

なのに2歳でそんなこと言うだなんて、

なんて天才なの!うちの子!

じゃなくて。

 

我が子は凡人。

 

 

でも、幼少期って、

まだ頭の容量に空きがたくさんあるからなのか?

 

一回聞いただけでも覚えてしまった!

そんな経験ありません?

 

お母さん、(と、たまにいるお父さん)が

ちょっとだけ意識して声をかけてあげる。

 

すると、いい知識が

どんどん頭にストックされていくんですよね。

 

 

この、ぐんぐん吸収する時期に、

かける言葉にちょっとしたエッセンスを入れてあげると

ほーんとにびっくりするほど知識をキャッチしてくれますよ^^

 

でもちょっと間が空くと、あっさり忘れられちゃうのでw

繰り返し、よりそってあげるとgood!

 

 

わたしは、この時期の子どもに何も働きかけをしないのは

高い広告費を払ってCM枠を買ったのに

なんにも宣伝を流さないのと同じくらいもったいないと思っています。

 

 

ふだんの生活から知識や興味を広げてあげて

小学生になって授業が始まったときに

 

『あ!これ知ってる』『聞いたことある』 

『へぇ~あれはこういうことだったんだ!』

 

なーんてふうに、

わくわくしながら学びのスタートを

切ってもらいたい。

 

ガチガチにやらなくてもいい。

一番大切なお母さんが疲れてしまったら

本末転倒だから。

 

なにがいいって、

子どもとどんな会話したらいいかわかんないわ!

なんていうくらい疲れているときにも、

 

『困ったらとりあえず知識をつぶやいとく!』

 

そうすれば、夕方に疲れ果てて

くちから魂が出かかったようなときでも

沈黙にならないので

 

『あれ?もしかしてママ、イライラしてる?』

なんてふうに悟られずに済みます(笑)

 

 

カメラをこよなく愛する

親勉インストラクターかねこゆうみ

 


 

こんにちは!

カメラをこよなく愛する

かねこゆうみです。

 


 

子どもやランチ、美味しいスイーツなどなど


『あっ!かわいい♡』『これ撮りたいな~!』

って思ったときにすぐに撮れるので

スマホは本当に便利ですよね!

  

 


私はふだん、


2歳、0歳娘たちとお出かけするときには

最高の一枚を収めたいのでなるべく一眼レフを

持ち歩くようにしているのですが、 

 


なにせ子連れだと荷物がいっぱい!

 

いつも持ち歩けるとは限りません。

  


サッと取り出せてすぐにシャッターを押せる

iPhoneにもしょっちゅうお世話になっています。

  


 

でもiPhoneで撮った写真をみて

『こんなはずじゃなかった・・・』って

ショックを受けたことはありませんか?

 

  


はい、わたしはあります。

くやしいけど、何度もあります!

  

 


とくに思うのが、

『撮った写真が暗かったとき』

 


 

 

ちがうの!本当はもっとキレイなの!!

わたしの両目はもっと美しく世界をとらえているのぉぉぉ!

なんであなたはそれを写してくれないのーー?

  


って、つい心の中で叫んじゃいますよね(笑)

 (え、叫ばない?)

   



シャッターチャンスは一期一会だと思っているので

こういったガッカリは本当に要りません。

  

 


愛しい我が子が、まるで影のように写っているときのショックったら・・・

 

  


そんなときの解決法をサクっとご紹介いたします^^

 

 

  


カメラを立ち上げたら、画面のなかに

こんな正方形マークが出てきます。

 


正方形の右側に出てくる太陽のマークをスライドさせるだけ!

 

 

上にスライドさせれば明るくすることができます!

反対に、暗くしたいな~ってときは、

下にスライドさせます。

  


 ね♬ 簡単でしょ!

 

  


でもなんでこんなことが起こるかというと

iPhoneカメラでは、

  


『カメラが勝手に明るさを判断しているから』

  


なのですね。

これは、一眼レフやミラーレスカメラの

オートモードでも同じことがいえます。

 

 

カメラが


『なんだか暗いぞ』と判断すれば

『よし!もっと明るくしてキレイに写そう』として

画面を明るくしますし


『明るいな』と判断すれば

その反対のことが起こります。

  

 


カメラがどう判断しているかの様子はこんな感じ。

ひきつづき、私の愛機Canon5Dmark4に

モデルになってもらいます。

 


☆マークの明るい部分(白い手帳)に

ピントを合わせてみます。


すると『明るすぎるな、よし!少し暗くしよう』

と判断され、写真は暗めになります。





今度は☆マークの黒い部分(カメラのレンズ)に

ピントを合わせてみます。


すると『暗いな、よし!少しあかるくしよう』

と、全体があかるくなります。



 

あらら!あかるくなりすぎてしまいました。

レンズフードに隠れている、まっくらな部分に

ピントを合わせたので、カメラがあかるく

しすぎたのですね。


 

では今度は場所を変えてみます。

先ほどピントを合わせた場所よりも

少し明るめの、

蛍光灯の光があたる部分にしてみましょう。



これでちょうどよくなりました♬




よくある残念写真のひとつに

逆光で撮って失敗したというのがあります。

 


 

逆光は、太陽の光が直に入ってくるので

『明るすぎるから暗くしよう』

と判断されるわけです。




逆光でふつうに撮った写真はこちら☆


 

 1番写したかった子どもが残念なことに・・・

 



これを、さっきのテクを使うと

 

 

ねっ!こんなに明るくなった♡

 

  


とっても簡単なので、ぜひ試してみてくださいね♬

 

  

 


といっておきながら、

1番下の写真には、一箇所、残念なところが

あります。

  


さてどこでしょう?

 

チッチッチッチッ


 


 

チッチッチッチッ


 

 

 

チッチッチッチッ

(なんの音じゃ!)

 

  


チーーーーン!

 

はい!シンキングタイムおしまい!

 

 


それは明るさ調整をするときに

気をつけることがあるのですが


それはまたご紹介しますね~!

(いま書かないんかい!)

 


 

お読みいただきありがとうございました(*^_^*)

【東京 豊島区 池袋】1週間で勝手に勉強する子供に変わる 楽しい家庭学習法を実践する親勉インストラクターかねこゆうみです。

ブログへの訪問ありがとうございます。

 

 

「 私が名乗りをあげてもいいのかな」

「モヤモヤしている状態でなにを話せばいいのだろう」

こんな風に、《やる前から諦めて》しまわなくてよかった。

それは、最高倍率20倍!の大人気企画!

 

【起業のアレコレ相談しチャオ♪】

〜しづかと二人っきりZOOM会議〜

 

 

 

まさかまさかの当選の知らせが来た時には、

「えっ!!わたしが当選!??」って、

思わず二度見しちゃったよね!

 

 

それくらい、多くの悩めるママ起業家が

渇望したプレミアムチケット。

 

 

そう、あの美人起業家古谷 しづか先生とマンツーマンで

起業に関するアレコレに答えてもらえるこの企画。

 

 

 

古谷しづか先生といえば

 

講座を募集すればたった15分で90席満席、

4ヶ月で読者1,000人増やすメルマガ大学の講師

主婦起業家のための【エンリッチ】起業塾主宰

 

そして7月は

なんと過去最高月商550万円!!

(おめでとうございます♡)

 

 

そんなしづか先生とお話できちゃうウハハな時間。

与えられたのは、一人60分間。

 

 

限られた時間のなかで、

 

想いを引き出して

現在いる場所をはっきりさせ、

この先にどんな選択肢があるのか

 

しっかりと相談に乗ってくださいました。

 

 

断言できる。 

 

きっと、一人で想いだけを抱えて

あーでもない、こーでもないと考えていたら

いつまで経っても動けなかっただろう。

 

 

 

でも今回の【起業のアレコレ相談】のおかげで

来年度の活動の方向性が大きくかわりました!

(じつはもう一本、神さまの前髪をつかんじゃいましたの♡)

 

 

『好き』をかたちにして、仕事にする。

そしてまた、『好き』に投資する。

どうしたらできるの?と思った方は、無料メルマガからヒントがわかります!

https://smart.reservestock.jp/subscribe_form/index/88134

 

しづか先生、ありがとうございました♡

【東京 豊島区 池袋エリア】

1週間で勝手に勉強する子供に変わる 楽しい家庭学習法を実践する親勉インストラクターかねこゆうみです。

 

ブログにご訪問くださりありがとうございます!

 

 

自慢ではありませんが・・・

 

学生時代は得意中の得意だった英語。(センター試験192点)

当時の夢は通訳になること!まぁ、そこから大幅に路線変更して薬剤師になったわけですが。

じつは今、ふたたび英語を学びなおしています。

それは…

 

 

『こどもに何かをさせたいと思ったら

まず親がそれに興味を示すこと』

 

『親自身が学んでいる姿をみせること』

 

『楽しむこと』

 

 

2歳娘は、習いごとをしたことがありません。

そして、これからもする予定はナシ!

 

家庭で

大好きなお母さんといっしょに

できることがたくさんある。

 

 

そして、それがもっとも効果的だと信じています。

 

娘への英語声かけ、

『自力じゃ限界があるなぁ…』と

思っていたところにタイミング良くめぐりあった

 

TOEIC990点、英検1級

TOEICスコアアップナビゲーター

長田 いづみ先生の

《英語声かけ365》

 

毎朝5時に届くメールには、

子どもにそのまま使える

日常英会話が載っています

 

一見、すっごく簡単な表現なんだけど

案外忘れていることにヘコむ日々。

 

過去の栄光はどこへやら。

 

長田先生のメルマガでは

超実践的な内容がこれでもか!というほど読めますよ!

http://www.reservestock.jp/subscribe/79778

これで無料って、太っ腹すぎます。先生!

 

 

気になる娘の英語力はというと

 

 

・わたしが昼寝しようとすると

『たいとぅ うぇいかーっ!(Time to wake up!)』といい

おでこを叩かれるw

 

・選ぶときには『でぃす わん(This one!)』

 

・オモチャのトラックを山に登らせながら

『あっぴゅーごー!(Up you go!)』

 

・『What’s this?』『Where is〜?』と聞くと、

日本語で正答できる

 

などなど、覚えているフレーズを、

使える場面がきたらしゃべります。

たぶん、英単語はもう50〜60個は超えたんじゃないかな。

 

イヤイヤ期まっただなかの2歳娘と0歳娘の

ワンオペ育児でバッタバタですが

ちょっとした時間でも工夫するようにしています^^

 

両手がふさがっていても、しゃべりかけることは

できるもんね!