Two Door Cinema Club:ドキュメンタリー映像がついに! | イージットレコード (ムダグチ出張所)
2010-10-19 20:00:00

Two Door Cinema Club:ドキュメンタリー映像がついに!

テーマ:music
アルバム『Tourist History』のDeluxバージョンにリンクが同梱されるTwo Door Cinema Clubのドキュメンタリー映像がついに公開されましたね!

TDCCのホームページから!
http://www.twodoorcinemaclub.com/documentary/

当然と言えば当然ですが、VimeoでもYoutubeでも観れないようですので、Deluxバージョンを購入するのが一番ですが、既に日本盤を購入されて二枚はちょっと・・・という方は早めにホームページでチェックしておきましょう。いつまで観れるかわからないですからね。ここには予告編を貼りつけておきます。

TWO DOOR CINEMA CLUB | THE DOCUMENTARY(予告編)


アレックス、ケヴ、サム、まったくイージットを泣かせた悪い奴らですよ~!てかイージットでさえ泣いたんですから、地元バンガーのご家族や友人、昔からのファンは絶対泣きましたね=3=3
そりゃ若くて新しいインディバンドが頑張るのは当たり前です。でも北アイルランドの小ささやバンガーという町(街でさえない)の小ささ、ベルファストの音楽シーンのこじんまり感、そして何より音楽ビジネスにおけるロンドンとの距離感を考えると、メジャーレーベルとの契約無しに、三人がパリのKITSUNEと契約しパリ経由でヨーロッパで人気を博して行く様から、引き続いてUK本土からアジア、オセアニア、北米、南米と人気を広めて行った一年を考えると感涙ものなんですったら!

最近ロンドンに拠点を映したBabysweet Sessionsですが、元々Bangor/Belfastを拠点に活動してきていて、最近ではKowalskiの『Get Back』のPVでも”有名”(このブログでは少なくとも)ですね!Babysweet Sessionsのホームページのビデオのページには、大好きな映像がいっぱい!

こちらから

Babysweet Sessionsの名が世界に広がるチャンスでもあるってイージットにとっても嬉しいことです。皆さんぜひぜひドキュメンタリー映像をチェックしてくださいね!

ところでこの映像、クレジットを観ると、なんと最近コラボを始めたBandwidthのWillも協力してたみたいでビックリ!おまけにミキシングとマスタリングは、ケヴのお兄さんでもあるKowalskiのPaddyが行った模様。アットホームですね。

今やでっかぁい存在となったTwo Doorの三人。ネット上にはなんだか一気に初期のデモ音源が出回り始めたみたいです。デモ音源なので、いつか削除されてしまうかもしれませんが、前にもご紹介した三人がTDCCとして出発した時の記念すべき曲『We Go Forward』が出てきたので貼りつけておきます。この曲が彼らの人生を変えたし、もしかするとイージットの人生も変えたかも。

We Go Forward - Two Door Cinema Club


TDCCやKowalski、Babysessionsの故郷バンガーを紹介した時の記事はこちら:
2009-12-20 "What's the craic"②(故郷編):Two Door & Kowalski

ね、この記事を書いた昨年の暮には「WikiにTwo Door Cinema ClubやKowalskiが著名人として加わる日も来るのでしょうか?」なんて書いてたわけですよ。で、今Wikiをチェックしてみたら、TDCCだけでなくKowalskiもちゃんと加わってました!Aha ha ha ha ha! Go Forward, boys! 前進あるのみだよね!

イージットレコードさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス