例の、教室前の桜の老巨木3本、もう一本で小さな森のような感じに

なっているんで「鬱蒼と」した感じさえします。その桜をよく見ると、いろんな

生き物がいて、一つの生態系を成しているのが良くわかります。

 

で、今回。これくらい古い桜になってくると、いたるところに「うろ」のような

窪みができていおり、中を覗くと・・・・・

なんだこりゃ~ 真っ赤な生き物が不気味に蠢いているぞ。

これは、ヨコヅナサシガメの幼虫だ。今まさに脱皮している真っ最中。南方からやって

来て、最近やたら幅を利かせている外来種。僕も最初に見た時は「ぞぞぞっ」とのけぞりました。

カメムシの仲間で思いっきり肉食。ストローのような口で、獲物にぶっ刺し消化液を送り

こんで、相手の中身をドロドロに溶かして、ちゅーっと吸い取る。

稀に人間を間違えて刺したりするけど、この消化酵素のせいで刺されると猛烈に痛いそうだ。

やっと脱皮終了。右側に脱皮した後の抜け殻がある。この強烈な赤は、時間とともに黒くなる。

脱皮直後のお散歩の動画。

ウロの中にたくさんいて、脱皮を始めた奴も。ますます不気味。

本当にエイリアンみたい。

集団でいるのはさすがに夢にも見そう。

だんだん、赤かった幼虫たちが黒くなってきているのがわかる。

これは、知らない人が見たらエイリアンか、魔界生物だよねえ。

成虫になるとこんな感じです。ただ、アメリカシロヒトリやヒロヘリアオイラガ等の外来種

キングに対する猛烈な天敵らしいから、駆除はもうできないだろうなあ。自然界は

バランスです。はい。