花火や星は一人で行くけど、友達と飲むことも多い。

特に僕は小・中・高校まで全部柏市内、大学だって千葉大で

結局、ついぞ千葉県を出たことがなかった。で、飲み仲間に

困ることもない。電話一本で即飲み会。

 

で、講習中で猛烈に忙しいのだけど、ちょっとだけ日曜昼間に

時間が空いたので、高校時代の友人に「飯でも食うか」と電話

したら「それなら公園でアウトドア気分で」と。

で、彼の家の近くの森林公園へGo!

チャリで25分くらいかかるけど、まあ、いつものサイクリングに

比べれば何ともない距離なのだ。途中で合流して、スーパーに

立ち寄って、昼食やつまみやビールを調達。

さて、ここがその森林公園。

で、さっそく、蚊取り線香を焚いて、ミニミニテーブルを各自セット。

こんな感じね。天丼弁当を食べた後にこのつまみだから

下手をすると昼食だけで1000キロカロリーくらい行っているか

もしれんね。

 

しかし、ほとんど人が居ないとはいえ、昼間っから

いい年をしたオヤジ同士が公園で酒を飲んでいるって、

ほとんどホーム〇スの方々のようですし・・・・だけど最近は

「アウトドア」って言うと許される雰囲気があるのが唯一の救い。

「北川君!木の幹がすごい事になっている!」と友人が突然騒ぎ始めた。

うううう、こ、これは!全部、セミの抜け殻だ。

それも、みんなニイニイゼミ!

拡大写真。これは、ニイニイゼミの抜け殻だ。アブラゼミに比べて

とにかく小さい。泥をかぶっている、という特徴もある。

で、すぐ近くにニイニイゼミも見っけ。見事に保護色になっているね。

けど、なんで?なんでニイニイゼミの抜け殻しかないの?

と思って、樹上を見上げたら・・・・・

木の枝に、団子状にあなったアブラゼミの抜け殻がたくさん・・・・

もちろん、一緒に羽化したわけではなく、時間差があったんだろうね。

(そうじゃないと、ぶつかって羽が変形してしまう。)

と、その時である。足に刺すような刺激が!「痛い!」と足を見ると・・・

なんとそこには、私の足を樹と勘違いしたセミの幼虫が上ってきている

所だった・・・・・このトゲトゲの前足が凄く痛かったのだ。まあ、いい年

して短パンだった私も悪いのだが・・・・・

で、手で捕まえて樹にとまらせた。たぶん、これはアブラゼミだな。ちょっと

大きい気もするけど、まあアブラゼミの幼虫だろう。

上の動画でも見られるけど、ニイニイゼミとはこれくらい大きさに違いがある。

明日からまた地獄の夏期講習が続く・・・・・お盆休みまで、なんとか

がんばるぞ!