梅雨時で雨が降っていてもやっぱり近所の森林公園へランチに行って

しまうのであった。もうとっくに新緑の匂いは無くなっているのだけど、

濃厚な植物の匂いと梅雨時のモイスティックな匂いが混然となって

良いんだなあ。

で、足元を見ると・・・・・さすが、梅雨時だけあって、キノコだらけ

なのです。これは、もしや、真ん中のダンゴムシが中心以外全部食べた

のか!とも思ったが、単にひっくり返ったキノコの真ん中の柄の部分に

とまっているいるだけだった。

ひっくり返すと・・・・これ、たぶん、表の傘の白い部分はみんなダンゴムシが

かじって食べたんだね。ダンゴムシはキノコやカビが大好きだ。

これは、おそらく「イボテングタケ」 イボテン酸という強力な毒を持つ。

もちろん、このキノコから発見された毒だから「イボテン酸」ね。

ハエはこのキノコにとまって舐めただけで動けなくなるそうです。

だけど、この「イボテン酸」の怖いのは、毒なのに本当に美味しい事だろう。

味の素(グルタミン酸)の10倍美味いそうだから、「死んでも食いたい」

という輩もいるかもね。

ただ、キノコの同定は自信がないから、間違えていたらごめんね。

で、こんなキノコも・・・・まるで陸に上がったクラゲみたい。

で、帰りに森林公園近くの神社に立ち寄ると・・・・・鳥居の足元に何やら

白いつぶつぶが・・・・・

え?

これは大量のキノコだ!

これは、たぶん「イヌセンボンタケ」だと思うけどなあ。一挙に千本

とか生えるから「イヌセンボンタケ」。図鑑で調べると姿かたちも

そっくりだ。だけど、普通、朽ちた木に生えるんだけどなあ?

こんな地面に直接生えるかなあ?間違えたらごめんね。キノコの

同定というのはものすごく難しい。

しかし・・・・・この小さなキノコ一つ一つが、一軒の家みたいに

見える。この一軒一軒に「コロボックル(小人の妖精)」が住んでいる、

と言われたら、なんとなくそんな気がしてしまうね。まるで「きのこの里」

だね。傘の中にLEDで明かりを灯して夜に撮影出来たら、「きのこ

の里の夜」としていい写真になりそうだね。

よく見ると、本当に美しいね。