GW中は、ストレスがたまりたまっていたのか、昨年のように「胃痛」から始まった

のだった・・・・受験期間くらいから、いろいろ溜まりたまっていたからなあ。

生徒の採点が間に合わない時に、「うっ!」と胃のあたりにこみあげてくるものが

あったけど、まったく無視して採点を続けていたのがいけなかったのか。

しかし、いつも行く病院はお休みだし、とりあえず、養生。毎日おかゆで、無理をしない

ことに精一杯務めたGW前半なのだった。

 

で、後半になり、やっと体も本調子に戻ってきて、天気も晴れ!その上、月の巡りも

「新月」で星見には最高の条件になってきた!これはちょっと無理してでも行かねば

なるまい。もう半年近く、星を見てないのだ。

天気図とにらめっこで、観望の地は晴天率の高そうな「那須岳」に決定!

 

GW中、渋滞が予想されたが、下の道を通って5時間くらいで山頂近くの駐車場に到着。

明るいうちに愛機を組み上げる。まだちょっと雲が多いが、天気予報だと夜半過ぎ頃

からど快晴。

さて、季節もいいからバーベキューにしようと思ったけど、まだ山中は寒かろう、

と思い直して、やっぱりもつ鍋。この時期にまだ「モツ鍋」が売っているのが

驚きだった。(スーパー3軒めにしてやっと発見!)

で、腹もくちたし、ほろ酔い加減で30分ほど熟睡。目が覚めると、そらはすでに

満天の星空になっていた。真ん中にある冷蔵庫みたいな巨大なボックスは、

30年前に自作した天体望遠鏡。まさに「愛機」。望遠鏡上空にある明るい星は木星。

その右下にあるのが夏の星座、「さそり座」だ。光る雲みたいなのは天の川ね。

え?わからないって?ではいつものように親切な私は星座線を引いてあげましょう。

これは、さそり座と射手座。左上から右下にかけて見える光る雲が天の川。

わが天の川銀河の中心方向です。

え?やっぱりわからないって?では例によって「出でよ!星座線!」

右がさそり座、左が射手座。ちなみに、射手座の真ん中の六つの星を

わざわざ「黄色」の星座線にしたのは、なぜだかわかる?

これ、実は、北斗七星の南版で「南斗六星」と呼ばれているんだ。

見事に「北斗七星」に見えるよね。

この景色の上空には巨大な「へびつかい座」が見えているぞ!

え?わからない?では「出てこい!星座線!」

形としては真ん中のひしゃげた「五角形」がヘビ使いの人の立ち姿。

だから右下の2本の線は「足」という事になる。五角形の一番とがったところ

が、ヘビ使いの人の顔、という事だね。そしてこの顔の両脇から2本でている

線はこの人の腕。その腕にしっかり捕まえられている横に伸びる線が、巨大

ヘビだ。昔の人はよくこんな星の並びを考えれたものだ。感心してしまう。

気がつけば、夏の大三角が真上に見える。天の川がはっきりわかるね。

え?え?わかないって?では例によって、「星座線!」

久しぶりなので、春の系外銀河から夏、初秋の星雲星団まで見まくった。

M81、M82、M65、M66、NGC3628、M51、おとめ座銀河団、

M104、NGC4565、M3、M4、M8、M20、M22、M13、M27、M57等のメジャー

どころはもちろん、マイナーな星雲星団もむさぼるように覗きまくった。

愛機の口径46センチ砲をぶん回しまくったよ。

あっという間に時計は3時半を回っていてちょっとびっくり。

こんなに夢中になって星を見続けたのは久しぶりだ。で、明け方4時に満足しきって

心地よく疲れて、あったかい寝袋で就寝したのであった。満足満足~♪

 

続く