久々の星見 その3

テーマ:

 さて、朝だ。望遠鏡を片付けよう!と思ったら「ボキッ!」という嫌な音がした。

 

なんと・・・・・ 望遠鏡の取っ手部分の金具が折れた。下の写真からもわかるように

 

この望遠鏡は私が自作して30年近くになる「満身創痍」の代物だ。光学系はしっかり

 

メンテナンスをしているので見え味は30年前と変わらないが、他の部分はかなり

 

老朽化してきているのは否めない。また全面改修かなぁ。

この取っ手の取り付け部分の根元がそのまま折れたのだ。ちょっと信じがたい。

まあ、後で修理するとしても、とりあえず車に積まなければならない。

 

しかし流石の私も持ち処もないのに100キロの物体は車に積めない。

 

でも大丈夫。望遠鏡をひっくり返して、いつもは使わない反対側の取っ手をもって

 

車に積んだ。体が肺や腎臓が左右対称についていて、片方が無くなっても

 

どうにかやって行けるのと似ているね。「いざというときのために」という

 

保険は大事なのだ。

 

さて、帰る途中、何やら良さげな川岸で一休み。こういう所は心休まる。

 

川の中には、何やら小魚たちがうようよいるな。

ちょっと土手を歩いていると、何やら綿毛がふわふわと・・・・これは昔はやった

 

不思議生物「ケサランパサラン」のようだよ。

 

で、正体を見つけた。たぶんこれはオオアザミの種だね。

飛んでいく動画なども。

で、土手で綺麗な花を見っけ!この11月に平気で咲いているところを見ると・・・・

 

ノアサガオかなぁ。

ヤマトシジミといっしょ。

ここでちょっと昼飯。のどかな川の土手。

何やら看板。「川の一里塚」っていいね。

で、この後は、途中なんども昼寝しながらゆっくりゆっくり帰ってまいりました。

 

今回は、心行くまで星が見えて本当に充実しておりましたね。

 

※ 後日談。壊れた部品を買った店に見に行ったら、もうとっくに取り扱って

ないようだった。で、ネットの力をフル活用。アマゾンに「在庫数1」で発見。

すぐにクリックして翌々日には手にすることが出来ました。凄い時代になった

ものです。右が根元が折れて短くなってしまった部品ね。

折れてしまった根元部分。30年も使うと、金属疲労も仕方ないのかね。

人力でドライバーを回すのはちょっと難儀そうだったので(30年間固着して

いたのだからね。)じゃ~ん、電動ドライバー!

で、なんなく取り外し。30年前の塗装したての面が現れる。

さっそく新しい部品を取り付けて修理完了。あと30年はもってくれ!

たぶんこの望遠鏡とは一生の付き合いになるだろうなぁ。