次々と花々が見つかる。

ああ、小さい百合。チゴユリだ。

ムラサキケマン。ちょっとぶれててごめん。可憐な姿に似ず、有毒です。

おや、雉(♀)かヤマドリか(♀)。素晴らしく自然に溶け込んでいてわからない。

保護色の極みだ。

ズームアップ!動きが素早く、あっという間に姿を消した。

カタバミ。この形が昔の武士の家紋になった。

ガマズミ(ミヤマガマズミ?)

ヤマブキソウ。そっくりなのが「ヤマブキ」。だけど、ヤマブキソウは花びらが4枚。

ヤマブキは5枚だ。

続く