さて、昨夜はものすごい風でテントの中はうるさかったが、僕は熟睡。

朝は風もやんでいて、野鳥のさえずりで目が覚めた。ああ、良い目覚め。

で、テントを片そうとしたら、テント地になにやらハチが・・・・

これは寄生バチ、ヒメバチの一種だね。蝶やクモに卵をうんで、幼虫はその内部で

殺さぬように宿主を食い続けるのだ。で、用なしになった(自分が成虫に

なった時)に、殺してでてくる、というエグイ虫なのだ。まあ、だけど、自然の

摂理だからね。

さて、テントも片してさっそく新緑の香りの中を散策だ。

まず、気になったのは、斜面が一面、禿山になっていたこと。植林の伐採時期になったのだろうか・・・・

で、この伐採した後の頂上に向かう。こんな機会はめったにないからね。

さえぎるものの無い一面新緑の景色。

ふと地面を見ると・・・・・ウサギの糞。

さて、これから山に分け入るぞ。

おお、道の両側にニリンソウの群落が。

だいたい、対になって咲くから「ニリンソウ」

あれ?なんだ、このウサギさん。

あたりをみわたすと・・・・・・

これはカエデだ。おそらく、まだ未成熟のカエデの種が、風で落ちたのだろう。

秋に風に舞うカエデの種は知っていたが、早い時期は、二粒、一緒に対向して

いるんだ!知らなった!秋に向けて、だんだん「耳」の部分が広がって

いくのかなぁ?しかし、これは誰が見てもウサギさんの耳。

立派なカエデの葉が種の近くにも落ちておりましたよ。

続く