さあ、車窓はいよいよらしくなってまいりました。

こちらも、コーヒーからビールに変更。つまみも用意。mp3プレイヤーで

BGMを聞きながら移り行く車窓を眺めるのでありました。ああ、酔いも手伝って

BGM付き車窓が、映画の画面のようだ。旅っていいなぁ。

あっという間に糸魚川。そう、ここから海が見えたりする。実はここまで

しか切符を買っていないのだ。ここから新幹線を降り、海沿いのローカル鉄道

「ひすいライン」に乗るつもりだったのだ。だけど・・・・・今後の行先や天気を

考えて計画変更。このまま新幹線に乗り続けた。(もちろん車掌さんに乗り越し

料金は払いましたぜ)こういう行き当たりばったり旅が私の旅の真骨頂。

この糸魚川駅で、本州を突き抜けたことになる。新幹線は西にまわり

日本海沿いを進む。車窓から日本海が見える。

そして反対の山沿いは・・・・・ずっと見たかった「北アルプス」の立山連峰だ。

富山駅も通過。

新高岡で降りてと。

高岡駅で氷見線に乗り換える。

見よ!この氷見線のレトロ感!40~50年前の列車を大事に大事に

使い続けているのだ。ああ、なにもかもすべて懐かしい。

上記の電車より古いタイプは塗りなおして、なんとこれまた懐かしい

「ハットリくん列車」になっている。作者の藤子不二雄Aは、実は富山県

の氷見市出身なのだった。

中はこんな感じでございます。

さあ、富山湾が見え始めた。さて、目的の駅はどこだって?それは次回の

お楽しみ。

続く