毎年の事ですが、この時期、受験と定期試験が重なってボロボロ

になります。口癖はいつも「どっか、遠くへ行きたいなぁ~」になります。

小2の可愛い女の子は「勝手に行けばぁ~」とつれなくいいます。

そろばんを教えて頂いている女先生は「塾長!行ってもいいけど、

絶対に帰ってきて下さいね!」とマジ顔で言います。

 

で、とりあえず受験は終わった直後の3/3に、生まれてはじめて北陸新幹線

なるものに乗ったのであります。行先は富山。いつか行って見たいと思って

いた憧れの場所です。そして何より雪が見たかったのであります。

ああ、「金沢」行きなんて、なんて心に響く言葉なんだ。昔、ユーミンの歌で

「盛岡」という言葉がロシア語みたいだった、なんて歌詞があったけど、

「金沢」という言葉がノルウェー語みたい、とか、スワヒリ語みたい、とか言って

みようっと。

さあ、旅の始まり。出発だぁ!

続く