江戸駄菓子 まんねん堂の「子」は

寝そべっています 初代が洒落好きで

     「寝る子は育つ」 の意から

  でも、本当は甘いものがなかった昔、

 駄菓子を食べてスクスク育ってほしい 

       そんな願いを込めて

 「今も昔も駄菓子は子供のためのお菓子」


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-10-18 09:44:22

浅草伝法院店 2号店=B店 明後日、リニューアルします

テーマ:寝る子は育つ江戸駄菓子

一雨ごとに寒さ増す今日この頃ですが、風邪に気をつけてくださいね

 

かれこれオープンして11年が過ぎました、江戸駄菓子 まんねん堂 浅草伝法院店 

御贔屓いただき、誠に有難うございます。

 

その伝法院店の並び、2件となりに

今年の5月から「伝法院店 駄菓子みやげ」と称して、駄菓子ギフト中心のお店をオープンさせました。

と、言っても手探りな状態が続いて、開いたり閉まったりでしたが

 

そこで

 

 

以前から駄菓子と雑貨のコラボミックスで、デコボコガサガサで賑やかな売り場が作れないか…と思ってまして

 

造形あるプチ駄菓子と懐かしさ、日本らしさのある雑貨をパックして販売しら楽しいのではないかー

駄菓子の持つおもちゃっぽさと雑貨の持つ駄菓子っぽさをミックスでしたら

新たな駄菓子の活用ができるかもーと思ってました

 

下は「富士山ポーチとおまけ駄菓子」

 

 

 

 

 

こんな感じで、お客様にセレクトしていただくお店をつくりたいと思っております。

 

10/20からリニューアルオープンします。

 

下は

 2018(平成30年)縁起開運えと飴 江戸犬張子

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-10-06 19:33:05

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017

テーマ:THETOKYOARTBOOKFAIR

金花糖のホンワカした世界を広めようと

私の作った金花糖にシュガーピースをあしらえて「NEW KINKATO」を作り出している イラストレーターの東ちなつさん。

今日から天王洲アイルの寺田倉庫で開催した「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017」に出品されています。

 

場内は個性的なアーティストが作品を展示・販売

とても賑わってました。

 

 

 

 

 

 

会場の照明が暗くて、画像加工したら色があまりよくなくて…実際はとてもきれいですよ。

 

東さん、パシャリがピンボケ…すみません

 

 

 

彼女の作る作品はどれもキュート!

キュートという言葉、このためにある!

 

 

 

 

あ~どれもすげーピンボケ…

 

シュガーピースの数々です

 

 

 

お~いたいた、たこさん

 

 

 

写真があまりにもよくなく、作品のキュートさが半分も伝わりませんね…

 

ぜひ、実物を見に行ってくださいー

くわしくは  http://tokyoartbookfair.com/

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-27 10:58:19

9/27 東京新聞の朝刊から

テーマ:寝る子は育つ江戸駄菓子

今日の朝早く

いつもお世話になっている…というか、私が兄の存在と勝手に思っている 林家たい平師匠 からメッセージがありました。

「今日の東京新聞にお母さんのこと書いてるから…」

 

師匠には、困ったときの師匠頼み的に、いろいろと相談にのっていただき、良きアドバイスと激励を頂戴しておりまして それは、それはお世話になりっぱなしの関係でして

 

早速、東京新聞を買いに走りました。

 

コラムを読んで、ふと、思い出した感覚があったので綴らせていただきます

 

師匠が入門された当時、まんねん堂は林家一門のすぐそばに菓子屋を開いておりました。

実は菓子屋の前は同じ場所で本屋をやっていて、その本屋時代にも高校生だった正蔵師匠がジャズの専門書を取り寄せたり、お弟子さんが落語の本を買っていったりと贔屓にして下さいました。

わけあって本業の菓子屋に鞍替えしてからも、菓子のご用命をいただくことが多く

新しく入門された方を海老名家の方が紹介に来てくださることがありました。

「今度入った○○平です」といった感じだったと思います。

ある日、先代である母が店から帰ってきて

「今度ね、林家さんに入った たい平 って子ね。あの子、絶対に伸びるよ!!」

と興奮して話してました。

「私はね、あの子が真打におなるときに菓子作ってあげるんだ…絶対に」

とそんな先の話までしていたのを今でも覚えております。

 

当時、高校生だった私は「何言ってんだか…」くらいにしか思ってなかったと思いますが

たい平君(当時)が来店するたび

「あの子ね、ムサビなんだって、まったく、大学行かせてもらって、落語家なんかに…親泣かせだよ」とか

「目がね、キラキラしてる ほかのお弟子さんとはまったく違う…」とか

それはそれは、当時から随分とかっていたのでした。

 

でも、それを聞かされる私としては、どうもあまり気分は良くなくて、しかも師匠とは年も比較的近かったからかもしれませんが

出来の悪い息子の代わりに、出来の良さような息子(師匠)ができたような感じで
どうなんでしょうか…今思えば、嫉妬だったのかもしれません。

ですので、若いころの私的には○○平さんは好きでも、たい平さんは…みたいなところがあり

 

「今度、たい平くんの会があるから行かない?」と勧められても 「いかない…」 といった感じでした。

 

でも、いつでしたか
ひょんなことで、たい平師匠の「芝浜」の会に一人でいくことがありました。まだ小さい会場でした。

芝浜は人情話の大ネタです。正直のことろ、若い落語家がやるもんじゃない…くらいに思いながら見に行ったと覚えてまして…

 

しかし…

 

初めて落語でグスンとして、

終わったときには、すっかり…師匠の…大ファンになっていたのでした。

 

それから、齢をとって、師匠の落語会に行くようになると、たい平師匠の“ひととなり”がわかり、師匠にますます魅かれていったのです。

 

あれから何年もたちますが、母の言っていたことが現実となり、いまや押しも押されぬ人気ですが

これだけ有名になった師匠ですが、今も昔もまったく変わることなく、昔と同じように目をキラキラさせて、昔と同じように接してくれます。

こんな人、他ではいないでしょね…スゴイことです。

 

そんな師匠は今週末、「東北みやぎ復興マラソン」を走られます。あくまでも個人参加でのエントリーで、東北のために、宮城の復興のために、笑顔を届けられたらと、ただただその想いで42.195kを走られます。私としても、その気持ちに同参して、最後まで笑顔で走りたいと思っております!

 

 

師匠の芝浜の会が今年も開催されます。そく完売のチケットです~

詳しくは夢空間 http://yume-kukan.net/ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。