吉沢章子オフィシャルブログ「輝く未来を子どもたちに』

即位礼を寿ぎ、両陛下の御心に適う政を思う。

即位礼を寿ぎ、国民として天皇家の弥栄と日本国の安寧、世界の平和を心よりお祈り申し上げます。

 

天皇陛下は「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら」とのお言葉で即位を宣言されました。柔和な佇まいの中に在るご決意の強さと、品格のある美しいそのお姿に、国民として新たな時代への希望と勇気を頂戴いたしました。雨・晴れ・虹と、天の祝福もさもありなんと思ったところです。

日本は気候変動による次元の違う災害への対策を余儀なくされています。毎年激甚災害が起こり、今も被災された方々が不安な夜を過ごしていらっしゃいます。

今優先すべきは何か。国内における災害対策はもとより、世界的な働きとして、日本は不都合な真実から目を背けずに、地球規模での環境破壊を食い止める一員となるべきだと思います。経済優先で国同士が争っているうちに結局人類が地球に住めなくなったのでは本末転倒です。災害対策、環境対策、ウイルス対策など、国境お構いなしの課題は山積で、国益=地球益となるものは寧ろ増えています。人類共通の問題を共に手を携え、叡智を集めて乗り越えてゆく事が、世界平和を実現する一つの道ではないかと思います。

私は党派を超えて叡智を結集し、様々な課題を乗り越えようと取り組んでいますが、それぞれの特性と智恵を活かし、市民の現場に寄り添う政策を実現することが政治家の本分であると思っています。

私たち政治家が、市民、国民の皆さまに寄り添い、政治の最終目標である世界平和を芯に据え、自らも争いから調和に思考転換して政に臨むことが、天皇皇后両陛下の御心に叶う政治の在り方ではないかと思います。

 

令和の時代、これから世界も日本も大きく変わります。

今日の両陛下のお姿を心に刻み、明日からも出来る事を出来るだけ体現して参りたいと思います。

 

久しぶりのブログ

FBがブログがわりになっていて

すっかりご無沙汰してしまいました。


明日から3月

私の誕生日もそろそろカウントダウンということもあり

(何せ今回は50thアニバーサリーなもので)、

心機一転

ブログ再開しようかと。


昨年はさまざまな事がありすぎて

落ち着いて考える暇も

精神的な余裕もなく

一気に駆け抜けた感があります。


でも、そのおかげで、また一回り

成長できたのではないかと思っています。

また、多くの方からそういうお言葉もかけて頂きます。


落語の大家がある方に贈った言葉


怒りは無知

泣くは修行

笑いは悟


さて、明日からも笑顔で!


ピンチはチャンスそのもの

ピンチはチャンス

良く聞く言葉である


様々な捉え方があるが

私はピンチそのものが実はチャンスなのだと

最近思う


ピンチは成長の糧

自ら立ち、自らの足で歩くために

与えられたミッション


私の人生もピンチの連続だが

いつも正面突破

性格としてそれしか出来なかったのだが

とりあえず現在まで後悔はない


予期せぬ色々なことが起きるのが人生


ピンチ!

さあ、どうやって解決しようか?

今度はどんなチャンスが私に訪れたのか?

私はどう成長すれば良いのか?

私はどうなりたいのか?

そう自分に語りかけてみる


ご縁のある、様ざまな方がヒントをくださる

そのヒントを素直によく租借し

しかし、最後は自分自身が答えを出す

答えは必ず自分の内に在る


ピンチはチャンスそのものである

自身が成長できる

最大のチャンスである

と私は思う