知って安心 イギリスのマナー#1 | エコーセンターのブログ

エコーセンターのブログ

サスーン公式代理店
サスーン留学の老舗による、サスーンとイギリスの美容関係のブログです


テーマ:

日本人はどの国でも

「マナーが良い」と

評価されることが多いです。

 

しかし、

日本のルールやマナーが

そのまま海外で100%

通用するわけではありません。

 

知らず知らずのうちに

マナー違反をしてしまっていた・・・

なんて事にならないように

今日はあまり知られていない

イギリスで気を付けるべき

マナーについて紹介したいと思います。

 

◆大げさなジェスチャーや大声

欧米の方は大きなジェスチャーで

お馴染み・・・

そんな風に思いがちですが

イギリス人は大きなジェスチャーを

好みません。

例えばアメリカ人などは驚いたりすると

大きな声で「Oh My God!」などと

周囲も巻き込まんばかりの体の動きを

見せますが、イギリス人からすると

それはあまりエレガントな事では

ないと判断されてしまいます。

 

 

◆顔の前に手を突き出す

ロンドンの人たちは「外見で判断する」

という事を嫌います。

見た目がアジア人でも英語をちゃんと

理解するかもしれない人に

ゆっくり話すことは逆に侮辱していると

考えるのです。

早口の英語で話しかけられた時

日本人は思わず顔の前に手を出したり

それをヒラヒラさせたりして

しまいがちです。

これはとても強い拒絶の感情を相手に

与えてしまうので控えた方が

良いでしょう。

相手がいう事が聞き取り辛い時は

「Pardon me?(もう一度お願いします)

など、落ち着いて対応してみましょう。

 

 

◆鼻をチーンとかむのは?

意外な事に公共の場所で

鼻をかむのは全く問題ありません。

日本人の様に「人目につかない所で」

とは思わないようで、電車の中でも

教室でも皆さん普通に鼻をかみます。

 

 

いかがでしたか?

ちょっとした生活の場面を切り取っても

日本と結構違うところがありますね。

 

だからと言って臆することは決して

ありません。

間違えたりミスをしたら素直に

「知らなかった」と伝えて

次から間違えなければいいのです。

 

 

せっかく留学するのだから、

学校で教わる事をこなすだけでは

もったいないですよね。

 

知らなかった事を知ったり。

失敗から「なるほど」と

学んだりすることが

皆さんの将来のプラスになるのです。

 

ロンドンにはたくさんの外国人が

住んでいます。

人種の坩堝・ロンドンでしか

身に付けられない国際感覚を

自分のものにしてみませんか?

 

 

留学の資料請求はこちら
 

サスーン留学なら、エコーセンター


 

 

エコーセンターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス