クリスマスにはテングを添えて | エビのつぶや記カニのぼや記

クリスマスにはテングを添えて

みなさん、こんにちは。

そして、メリークリスマスクリスマスツリー

すみっこHONDAです。

 

今回のブログは... なんと... 前回同様食べてみたシリーズでございますあせる

今回も漁師の方のご厚意で頂いたものになります。

しかし今回食べたものは貝ではなく、ちゃんとした魚ですうお座

 

ババンッ

その名も 「テングハギ

 

――――――――――――――――――――

ここで生き物解説

――――――――――――――――――――

テングハギはスズキ目ニザダイ科に属する魚です。前頭部に角状の突起があることが何よりもの特徴です。

名前の通り天狗のような見た目をした魚です。

また、テングハギには尾柄部に板状の骨盤があるのですがこれが意外と危険です。

 

 

この骨盤で紙など柔らかいものはたやすく切れてしまいます。

勢いよく触ったら指なども、まるでカッターで切ったかのように切れてしまうので注意が必要ビックリマーク

 

 

上記の通り様々な特徴を持つ魚を実際に食べてみることに...!!

では早速調理開始… なのですが、テングハギ、がすごい!!

(白っぽい部分全部脂...汗

ぬるっぬるでございますあせる

まるでハンドクリームでも塗っているかのよう。

 

それでも何とかさばいて刺身に

いい感じではないでしょうか

 

それではレッツイートナイフとフォーク

 

こ、これは...美味しい!!

臭みがなく程よい弾力。

脂ののりも... んはてなマーク

脂ノリスギーあせるあせる

脂だけで見たらまるで牛脂。。

すごく美味しいですが、これは食べすぎには注意ですな (笑)

 

そんなこんなで今回のテングハギも美味しくいただくことが出来ました。

命に感謝です音譜

 

みなさんも機会があったら是非ご賞味あれ割り箸

 

と、いうことで今回も食レポ回でした。

ではでは、よいクリスマスをグッド!