ヒュー・グラントが盗聴裁判で和解、ミラー紙が不正行為認める | KEIの話題満載ブログ

KEIの話題満載ブログ

便利なもの、面白いもの、面白い動画、芸能情報等をお伝えします。


テーマ:
ごきげんよう。管理人です!! 驚くようなニュースが起きたら、 ブログも書きたくもなりますよ じゃあ本題に入りましょう。

[ロンドン 5日 ロイター] - 英俳優のヒュー・グラントは、ミラー・グループ・ニュースペーパーズ(MGN)を相手取って起こしていた盗聴をめぐる訴訟で、同社が、傘下のタブロイド3紙の記者がスクープを得るため10年にわたってボイス・メールを盗聴していたことを認めたため、和解に応じた。

【動画】ヒュー・グラントも出演!シリーズ最新作『パディントン2』日本版予告編

 グラントは、MGNから多額の損賠賠償を勝ち取り、メディアの権利侵害に反対する団体「ハックド・オフ」に全額を寄付した。

 グラントは声明で「このメディアグループは、何年も大衆や株主を欺き、読者や熱心なジャーナリストたちをおとしめてきた。ジャーナリストたちは、多額の退職金や株式オプションを得て退社した幹部らの不正行為の代償を支払わされた」と述べ、数人の元幹部らの名前を挙げた。

 ミラー側の弁護士は、会社は電話の盗聴が道義的に間違っていることを認識しており、元社員らの行為を深く悔いていると述べた。

画像:(2018年 ロイター/Andrew Winning)

KEIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス