ワンコを連れて!子供と一緒にキャンプに行こう!

ワンコを連れて!子供と一緒にキャンプに行こう!

格安キャンプ用品からスタートし、全て買い換え。キャンプ用品のレポートや、道具の使い方などを初心者の目線で紹介しています!

Amebaでブログを始めよう!

今年のゴールデンウィークのキャンプは、予約は全滅です。

娘が高校生なので、塾などがありスケジュールが分かったのは4月にになってから。

しかも娘二人なので、家族全員が休もとなるのは、5月3日~5日だけ。

年間で最もキャンプ場が混雑する日です。

2014年は、ふもとっぱら 静岡県

2015年は、天神浜オートキャンプ場 福島県

2016年は、せせらぎキャンプ場 飯能 埼玉県

2017年は、神栖オートキャンプ場?キャンプ場ではなく駐車場でした。

過去を振り返ってみると、混んでいても「ふもとっぱら」でのキャンプが楽しかったと思います。




それなので、予約がいらないキャンプ場を探してみると、富士山朝霧高原「田貫湖キャンプ場」がありました。


このキャンプ場も、「ふもとっぱら」同様で、富士山が見えるフリーサイトで予約の受付はありません。

南側テントサイト 富士山朝霧高原「田貫湖キャンプ場」富士山でキャンプ!静岡県富士宮市

ふもとっぱらと比べても、トイレなどの設備は整っている感じ。

しかも、田貫湖キャンプ場内はテント約250張が張れる広さなのですが?

 



昨年2017年の5月3日の受付テント数は、なんと570!

想定されてるテント数の2倍以上です。

2014年に、ふもとっぱらに行ったときは、想定されてるテント数の3倍以上だったかと思います。

大混雑は経験済み。

5月3日~5日のキャンプは、富士山朝霧高原「田貫湖キャンプ場」に決定です。

やっと決まったのに、今度は天気の心配が?

 

ネットでキャンプ用品を購入するならハピタス経由がお得です!

楽天で商品を購入する場合も、楽天ポイントとハピタスのポイントが2重で獲得できます。

ネットで商品を購入するならハピタス経由が断然お得!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

■ランキング、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 

スノーピークの「2018 Outdoor Lifestyle Catalog」が届きました。

 

カタログのタイトルは、「60th anniversary since1968」です。

 

 

来年はスノーピークの60周年?

スノーピークの前身は山井幸雄商店という金物問屋。

1963年に「スノーピーク」を商標登録

1964年 1月に、 有限会社 山井商店を設立。

1971年に 株式会社ヤマコウへ組織変更。

スノーピークの設立は1964年1月で、2015年12月11日に東証1部に上場。

これは、私が調べたスノーピークの歴史です。


現社長が入社したのも1986年。

この60周年の意味は、カタログをじっくり見ないと分からないですね。

 



「2018 Outdoor Lifestyle Catalog」を見ると、遂にスノーピークからもワンポールテントが登場しました。

 



価格はMサイズ(6名用)が128,000円、Lサイズ(8名用)が158,000円。

ワンポールテントなのですが、スノーピーク独自の新しい形のテントです。

 



また、入門用のテントも新商品が登場しました。

 

エントリーパックTTで、テントとタープのセットです。


アメニティードームに変わる新しい商品です。

エントリーパックTTの価格は、49,800円。

テントのみの単体なら29,800円。

私が持っているのは、ランドロックPro.と、アメニティードーム。

この定番商品の新型がついに登場と言った感じに思います。

娘が高校生になり、キャンプに行け無くなってしまいましたが、キャンプに飽きたとかではなく休日の問題。

高校生なので、土日の連休が無くなってしまい、キャンプに行けない状態。

さらに来年は受験なので。

あと1年の辛抱。

受験が終われば、またキャンプに行けるようになります。

大学生になって親と一緒にキャンプに行くの?と思われるかもしれませんがワンコの問題が!

ワンコと一緒の旅行となると、キャンプが一番。

それなので、あと1年でキャンプ復活の予定です。

 

ネットでキャンプ用品を購入するならハピタス経由がお得です!

楽天で商品を購入する場合も、楽天ポイントとハピタスのポイントが2重で獲得できます。

 

ネットで商品を購入するならハピタス経由が断然お得!

 

今なら、ハピタス【年末年始】紹介de1000ptキャンペーン(2018年1月18日まで)が開催されています。

新規入会で、サービスを利用してポイント交換をすれば、もれなく1,000ポイント(1,000円分)プレゼント!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

■ランキング、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ 

台湾は、キャンプ並みの低価格で行ける海外旅行です!

この夏休みは、娘の希望でキャンプではなく台湾旅行に行きました。

私がキャンプを始めたのは2011年で、昨年までの6年間、夏安物旅行と言えばキャンプでした。

キャンプを始めた時は、娘も小学生(5年生)。

今年は高校2年生なので、来年は受験勉強もあるので、海外旅行に行きたいとなったのです。

最後に海外旅行に行ったのは209年なので、娘は小学生3年生ですから。

今回の旅行は、お盆休み。

ツアーの料金が一番高くなっている時なのに、台湾だけがそれほど高くなかったので、台湾(台北)旅行へ!

安いとは言っても、予約便関連のオプションが一人17,000円、現地ツアーオプションで一人4,500円程追加になりましたが。

 

行き先は台北です。

この旅行で、娘が行きたがってた場所は、「千と千尋の神隠し」のモデルと噂される台湾のレトロな街「九分」でです。

 

 

想像していた感じではなく、とにかく狭い道。

 

 

その道のわきにあるこの建物が人気なのです。

 

 

標準ズームレンズ(18mm)では、これが限界。

 

観光写真は、超広角で撮影しているのですね。

 

 

狭い道で混んでいるので、危険な感じ。

 

日本ではないので、、順番に歩くという習慣のない方が多いいので。

 

 

夜市は、娘には、強烈なにおいが駄目だったようです。

 

 

 

観光地はいずれも無料。

 

 

旅行でかかった費用は交通費と食費だけ。

 

 

交通は地下鉄が充実しており、料金は日本の3分の1程度。

 

タクシーも日本の3分の1程度と格安。

 

LCC(格安航空会社)などのキャンペーンで航空券を購入すれば、往復1万円以下。

 

ホテルは一室単位で格安。

 

 

写真の様な朝食付きのBランクホテルでも、キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原など高規格キャンプ場のキャビンより安いです。

 

これなので、家族3人での旅行なら、高規格キャンプ場の泊まるのと同程度の価格で海外に行けてしまいます。

 

でも私は、キャンプに行きたかったですが。

 

ネットでキャンプ用品を購入するならハピタス経由がお得!

楽天を例にすると、楽天ポイントとハピタスのポイントが2重で獲得できます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

■ランキング、応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ