日中の気温も涼しくなり、いよいよ秋本番?です。(朝夕の気温は寒いですが。。。)

 

さて今朝、家族と一緒に奈良県奈良市にある般若寺のコスモス畑を見に行ってきました。(会場が密にならないよう、30分限定でした。)




コスモス畑と五重塔


本堂の入り口には、ビー玉やカラフルストーンを敷き詰めた上にコスモスの花が一輪ずつ飾られていました。(花の飾り方・デザイン・色彩など、とても参考になりました。)


最近私の自宅PCを起動した後、処理速度が遅すぎたり、アイコン名がぼやけて表示されるなどの不具合が多い。。。現在使っているPC(NEC製)は購入してから5年は経過しているので、不具合が起こってくるのも考えにくくはない。。。

 

私が務めているPC教室では、PCメンテナンス講座が新たにスタートしたので、それを参考に自分のPCをメンテナンスしてみました。

 

本日行ったメンテナンス内容

 ・PCに入っている不要なアプリを削除(アンインストール)

 ・ストレージセンサー(不要データの自動削除)をオンに切り替え

 ・ドライブの最適化

 ・WindowsUpdateの状態確認

 ・シャットダウンした後の放電処理

 

タクスマネージャーによるプロセスを見ると、処理速度が遅い原因が判ったので、インターネットで調べて処置しました。これでしばらく様子をみようと思います。。

今朝ベランダに出てみると、今年5月にやっと購入したマキシラリア バリアビリス,レッド が一輪だけ花が咲いていました。

 

マキシラリア類はカトレア類同様、種類によって咲く時期は異なりますが、7月入ってから咲いたのは初めてです。

 

ちなみに購入したときに個体名がなかったので、“スカイガーデン”と名づけました。

今朝ベランダへ出てみると、オリーブ「コロネイキ」が3つ小さな実をつけていました。




 

私が育てているオリーブの品種として「アキベキナ」と「コロネイキ」があるのですが、実がなるかどうかは運任せです。というのも、オリーブの花はとても小さく、人工受粉をしても本当に雌しべに花粉がついたのか判断するのが難しいからです。。

 

またオリーブは、他の品種の花粉でないと実はつきません。

 

基本的に「アルベキナ」を受粉用とし、「コロネイキ」に実をつけるようにしています。(両方に実がなればラッキーなのですが。。。)

今月の「広報いずみ」は、ごみの分別についての特集記事が掲載されており、「広報いずみ」と一緒に「和泉市ごみ分別辞典」が入っていました。

image

 

私も家族から「このごみはどの種類に分別すればいいのかな」を聞かれることがあります。

 

素材の状態などから考えて、適切なアドバイスはしていますが、今でも判断に苦しむのがプラスチック製の食品トレイです。。

 

トレイ類の分別基準は、素材が発泡スチロールかどうかということ。判らない場合は爪楊枝などで容器を突き刺し、貫いたら発泡スチロール、そうでなかったらプラスチックだと判断できます。しかし「プラスチック製の食品トレイでも、綺麗な状態ならば、新分別で回収できるでしょ、食品トレイであることに変わりないし。」と、私からしてみれば、回答に苦しむ声が飛んでくることも。。。(過去に環境審議会で、報告・質問したことがあります。。)

 

和泉市で決められている新分別の対象物は、ペットボトル(キャップとラベルは外すこと→ラベルは日常ごみへ)、ペットボトルキャップ、発泡スチロール製の食品トレイ、卵パック、洗剤が入ったプラスチックボトル(シャンプー、リンス、ボディまたはハンドソープ、清掃用洗剤など)の計5種類です。

 

今回の広報いずみと一緒に届いた「ごみ分別辞典」は、ごみとなった対象物をどのように処理すればよいかが、細かく記載されているので、永久保存版として大切に保管し、役立てていきたいです。