悔いの残らない人生を

テーマ:
只今岡山へ向かっています。

再試(笑)

不真面目ながら、真面目にやっています。

今日は旦那が仕事なので、女子二人は実家に預け、試験週間に入った息子にはお弁当を作り、家に置いて出発しました。

先日職場の先生と話をしました。私が今やってる全てをご存知の先生は、アシスタントとして動いている先生二人のみ。
「先生は、どこに向かって頑張ってるの?」
と訪ねられました。
そりゃそうですよね。不思議ですよね。小学校にいながら、臨採を勧められながら、幼稚園教諭や保育士のあれこれをしてるんだから。
「ん〜………何でしょう。自分の今できることをやってるってかんじでしょうか(笑)」
と答えました。

小学校よりは保育園
保育園よりは幼稚園
といった感じでしょうか


昨夜ついていたテレビを何となく見ていて、涙が出ました。
生きたくても亡くなる人もいる。
どう生きようと、人生は自分でよしと思えるかどうか。
頑張るも頑張らないも自分次第。

悔いのない人生を送りたい。

それにつきます。

さぁ、新幹線乗ってきまーす。
AD

自分を追い込んでみた!?

テーマ:
色々やってる私ですが…………
今年は「勉強する!」と宣言。
やってますよ、勉強。
通信大学の前期試験、8月でした。
5科目受けて、1科目再試(笑)
二点足りず、泣きました(笑)←笑ってんじゃん!
まぁ、これはまだあと半年続くわけで…
後期はがっつりスクーリングやら試験やらあるわけで。(その前に来週再試受けに岡山行くんだった………)

そんなことをしながら、
私、何を血迷ったのか…………
本日
幼稚園教員採用試験受けてきました(笑)
これ、あるのに気付いたの、エントリー締め切り三日前(笑)何の気なしに広島市のホームページ見ていたら試験概要が目につき、
「ふ〜ん、もうそんな時期か……」
と遠い昔を思いだし………
よくよく見ると、私、今回の試験、年齢的にラストイヤーなことが分かり、驚きました。
遠い昔、学生時代、私が受けた時は1名の採用枠に対し、受験者100名(笑)しかし、今回は4名も採用するときた!ラストイヤーなら、当たって砕けてみるかなぁ…と、軽く軽く、それは真剣に準備されている方には申し訳ないくらい軽く願書を出してしまいました。
バカだね、私(笑)
蓋を開けると、今年度は9倍。これがすごい数字なのかは、私には分からない。
けど
こんなにも勉強不足で、台風最中に、1日かけて試験……………
会場入るまで、ほんとに逃げたかった(笑)

けどね

ここが私のポジティブなとこ(笑)

面白かった(笑)

筆記は自分と紙とのにらめっこだけど、教員採用試験って、一次に集団討議と集団面接があるんですよ。いやぁ、集団討議、43分、面白かった(笑)人の意見聞くって、面白い。面接は、1人面接官がめっちゃ怖かったけど、何見て判断するのかなぁ…とか考えたりしてました(笑)

経験ですね、何事も。

私に二次はありません。二次受けるとこまでいかない自信あります(笑)だって勉強不足ですから。

そして強風と横殴りの雨の中、帰りました。

シャレオでもシャッター下りてる店が多くて、「何でー?」と不思議だったけど…
そごうに着いた時、シャッター下ろしてるのを見て、やっと納得しました。
台風だもんね。
閉めるよね。
だよね(笑)

はい、私の今日のズタボロ劇も、明日には台風とともに去って晴れやかになるでしょう(笑)

追い込んでみたような、追い込んでないような………
まだまだ中途半端な人間ですね(笑)

AD

経験値

テーマ:
朝夕涼しくなりました。
夏休みも終わり、やっとみんな普段の生活に。今年の夏休みは、旦那の永年勤続褒賞休暇あり、私の教員免許更新や通信大学の前期試験あり、息子の吹奏楽コンクールあり、とバタバタしながら旅行もちゃっかり楽しんだりもして、なかなか忙しい毎日でした。

やっと普段の生活………でしたが、入ったとたんに、トラブりました。
息子がね。
多忙に加えて課題に終われ、そろそろ限界なんじゃないかな…と思った矢先に目眩でダウン。調節障害がまた起こり、点滴と投薬で落ち着くかと思っていたのですが…
救急搬送されました。
突然「首が勝手に回る!痛い!」と。
本当に何が起こったか分かりませんでした。
ただ、本人が意識していないのに、頭が急に右に傾いたり後ろに沿ったり。ふっと抜けたと思ったら、また違う方向へ。痛みと恐怖で泣いて呻く息子。救急搬送され、CT、血液検査、尿検査をし、点滴。その間も痛みで泣く息子。しばらくして痛みがおさまり、眠りにつき、その時点で夜中の1時。
そして神経科と小児科の先生がいらして

「最近何か環境変わったり、つらいことあった?」

「あぁ…………夏休みはなかなか忙しくて、追い込まれてる感じがありました。」

「そうですか。お母さん、これはチックです」


え?


本人も、その時は目が覚めていて「え?」

強いストレスがあったんでしょうね。それを緩和させてやれば落ち着きます。それでもダメなら神経科でお薬出しますから、来てください。

と。

うむ………

翌日、仕事を休み、私、学校にて教頭先生と面談しました。部活ではなく、課題ではなく、とある方について。学校って、何なのか、教育って何なのか、先生って何なのか、色々話して帰りました。

息子は、あれ以来チックもなく、調節障害も落ち着き、普通に通学。学校では体育祭のマーチングに向けて頑張りました。元凶は…改善されているのもありますが、息子自身もどう向き合えばよいか学んだようです。

経験値…
また私も上げてもらいました。

AD