みのり先生の診察室

みのり先生の診察室

5万人以上の「オシリ」を診察してきた
肛門科専門医の女医がつづる
お尻で悩める人へのメッセージ

Introduction


$みのり先生の診療室


はじめまして。佐々木みのりです。

このブログは痔や肛門のトラブルに悩める人の道しるべになるように・・・との思いで始めました。

私の診察室で繰り広げられる様々な患者さんのドラマをリアルにお伝えすることで、誰にも相談できず悩んでいる人の心に希望の光をともせたら嬉しいです。



2018年6月に医療広告ガイドラインが施行されてから自由な情報発信が難しくなりました。

しかし患者さんにとって有益な情報は、今まで通り、このブログで包み隠さず伝えていきたいと思います。



現在は専門的な「病気の解説」や「まとめ記事」は大阪肛門科診療所のホームページ内の「痔と便秘のコラム」に書いております↓


大阪肛門科診療所 ホームページ




私が伝えたいことは主に次の3点に集約されます。


1,手術が必要な痔は非常に少ないです。痔の多くが切らずに良くなります。手術と言われても、その場で決めずにセカンドオピニオンを。

2.痔の根本治療は痔の原因となった排便を直すこと。間違った排便を正さずに手術だけ受けても何度でも痔を繰り返します。

3,肛門科は専門にかかってください(専門外の先生がほとんど)


このブログがお尻で悩める人の救いになれば幸いです。


クリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村

溜まりに溜まっている患者さんのアンケートをご紹介。

 

たくさん頂いていて「ブログに載せますね〜♪」と言っていたのに、3年分も溜め込んでしまいましたあせる

 

掲載するのがこんなに遅くなってしまってスミマセンお願いあせる

 

今日ご紹介する患者さんは60代女性。

 

夜も眠れないほどのかゆみで悩み受診されました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

<初めて受診された時の感想>

 

初めての受診の時はかなり緊張してしまいましたが、みのり先生の気さくなおしゃべりと笑顔に救われて、楽な気持ちで診察を受けられました。

 

治療の説明も説得力があり、長年のつらいかゆみからもやっと解放されるときが来そうで、帰り道は足どりも軽く感じられました。

 

即、治るというのもではないかもしれませんが、症状が良くなるように努力したいと思います。

 

 

<治療してみて、どうでしたか?>

 

指示されたとおりに薬を使用していくと4〜5日程で ひどかったかゆみも治まり、夜もよく眠れるようになってきました。

 

お腹もスッキリして気分は快適です。

 

完治するまでは根気よく この習慣を続けていこうと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

オシリが痛いのもツラいですが、かゆいのも本当につらくて、かゆみで眠れず不眠症で困っている人もおられます。

 

この患者さんは30年前から肛門のかゆみで悩んでおられました。

 

30年も・・・です汗

 

もちろんもれなくウォシュレットを使っておられます。

 

洗い過ぎで皮膚はボロボロ・・・。

 

掻きすぎて肛門周囲の皮膚に傷もあり、そこからの出血もありました汗

 

 

診察すると便があります。

今日は診察前にちゃんと排便をしてきたのに・・・です。

 

この残便がかゆみの原因です。

 

便の刺激でかゆいのです。

 

だからこの残便を出し切らずに薬を塗っても治らない。

 

 

かゆみの原因は便なので、便をスッキリ出しきるようにすることが根本治療となります。

 

 

 

 

この患者さんのように、便をちゃんと出すようにしただけで、数日でかゆみが治まるケースが多いです。

 

夜も眠れるようになり大変喜ばれました。

 

 

でも、掻きむしってボロボロになった皮膚は、便を出し切るようにしても治りません。

 

皮膚の治療も同時にする必要があります。

 

この患者さんの場合、病悩期間が30年と長く、湿疹もかなり慢性化していたのでステロイド外用剤漸減療法を行いました。

 

 

このように肛門のかゆみ「肛門そう痒症」の治療は排便の管理と皮膚の治療の2本立て。

 

両方やらないと、どちらが欠けても上手くいかない。

 

 

そして肛門そう痒症が完治して治療が終了しても、かゆみの原因は便なので、また便を残したり溜めたりすると、かゆみはぶり返します。

 

だから治療が終わったあとも、排便の管理は患者さんが生活の中で続ける必要がある。

 

この患者さんは治療が終わったあとも、年に1回のオシリ健診に来られています。

 

自己管理が行き届いているので再発もなく、ボロボロだった皮膚はSザルベでスキンケアしているだけなのに、毎年どんどんキレイになってきていますキラキラ

 

 

治療が終わった患者さん全員が年に1回のオシリ健診に来られているワケではないので、排便管理を怠った患者さんは、また数年後にオシリを悪くして戻ってこられることも・・・あせる

 

 

診察に来られなくても、排便管理とオシリのケアは是非とも続けて下さいねウインク

 

診療所のセラピードッグ「ラブ」あしあと

朝早起きして午前中に

いつも行っているドッグランに

行ってきましたしっぽフリフリ

午後とは違う空気キラキラ

すがすがしくて

とても気持ちが良かったですキラキラ

 

 

コロナ後遺症、ワクチン後遺症、イベルメクチンに関するお問い合わせはコチラへお願いします↓

 

 

お問い合わせの際は「ブログを見た」とお伝え下さい。

 

クリックお願いしますお願い

にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村

 

患者さんのリクエストで復活させた

化粧品と発酵素するりの記事は

コチラ下差し

 

便通・腸を整えて美肌を目指す 元皮膚科・現役肛門科の女医が教えるキレイ術

 

2020年12月25日に出版し、おかげさまで9刷目となり累計発行部数が3万部を超えるベストセラーになりましたキラキラ

 

オシリを洗っている全ての人に届けたい。

 

お読み頂けると幸いです。