皆様 こんにちは。

DREAM就活塾塾長の大垣です。

 

今回は面接シリーズの最終回

「面接ごとに作戦を変えよ!」

について考えてみたいと思います。

 

私は長年採用に携わっていますが、

同じ面接をしたのに人事担当者の面接は

合格したが、社長面接は通らなかったという

類の話をよく聞きます。

 

なぜそんなことが起こるのでしょう?

 

それは

人事担当者と社長では学生を判断する

観点が異なるからです。

 

一般論として、人事担当者は、自分より上の

人に怒られたくない等の理由からエッジの

立った学生より無難な学生を通す傾向に

あります。

一方で社長は将来の幹部候補として個性的で

面白い学生を好む傾向にあります。

 

社長と人事担当者とでは役割や視点が異なる

ためそうなるのは当然ですよね!

 

 

ちなみに私が考える面接官ごとに好む傾向は

以下です。

 

【人事担当者】

・かわいい(元気、人懐っこい、一生懸命)

・間違いの無い(バランス力、リスク回避)

 

【現場の方】

・協調性(一緒に仲間として働けそうか?)

・実務力(雑務や細かい仕事ができそうか?)

 

【人事部長、役員、社長】

・ポテンシャル(地頭のよさ、自立性、成長

 意欲)

・個性的(面白い、(可愛げのある)生意気)

 

 

ただそもそも人格を変えることは難しいと

思いますので、自分らしさは保ちつつ

自身を現すエピソードやコミュニケーション

スタイルを若干変えてみるというくらいの

レベルで意識してみると上手くいくかも

しれません。

 

参考にしてみてください。

 

さて実践的な面接対策シリーズは今回で終了

です。

次回より「社会人と学生の違い」について

考えていきたいと思います。

 

なお、当塾では動画も公開していますので

そちらも参考にしていただければと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=_9T-H-_srrw

https://www.youtube.com/watch?v=oHBL4LUCT_k

 

では引き続きよろしくお願いいたします。