ドリームガイドメッセージ:ホリスティックソウルコーチ・Wakanaのブログ

Message


時々日常は魔法の世界のようだと思うことがあります。

よく見ると、道の端には綺麗な花が咲いていたり、
まっすぐで平坦な道が見方によって曲がりくねった
道になったり…。

いか様にも変わる世界。
笑顔を探せば、そこには数え切れない笑顔がある。

今まで気づかずに通りすぎていた幾つかの奇跡や、
日々の出来事に込められた、私たちを光へ導くメッセージを
私の視点からゆっくり書いていきたいと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年07月11日

人間関係での問題の根本

テーマ:コラム:生き方

これまで体験したこと、

たくさんの相談を受けてきたことを踏まえて

探求していることで

すべての糸が繋がったという気づきがあったのでシェア。


それは、全ての人間関係の問題は、

自己肯定感というテーマの端っこに隠れている

自分の中の「女性」の部分

(女性性のルーズバランスともいえる)をいかに癒していくかが

根本的な問題解決であるということ。

これは女性に限らず、男性にも言えること。


今いくつかの様々な事例と相談を

同時に考えていたら、

その元になっているすべてのテーマやキーワードが

女性性のルーズバランスという縄に

絡まりながら繋がっているのがはっきり見えた。


だから、例えば内臓でいうと、

いくら胃が痛いからと胃ばかりを観て治しても

その後ろにある表面には見えない膵臓が痛んでいたら、

膵臓を癒していかないと治らないようというように、

自己肯定感と女性性のところは

繋がってはいるけど全く違う臓器なわけ。


何か起きた時に(それが何度も起きる場合)、

いくら自己肯定感(自分を高める、自分を認める、自分を生きる…など)

ばかりにフォーカスしても、

影に隠れていた全く違うキャラクターである

自分のなかの「女」さんを観て癒していかないと、

その人は自分を生きられるようになって幸せなのに、

何か心が陰るような問題や

他者からの攻撃などが起きたりする。

または、満たされているはずなのに

何故か心の奥で嫉妬したりされたり、

自信を無くしたりするのである。


ここ、観てたようで全員は見てなかった。


あああーすっきり。

これでみんなもすっきりになるといいな。


ま、癒すのには、

時間とエネルギーはかかるかもしれないけどね。

その価値はあると思う。


私はだいぶやってきたから、

今はほぼ人間関係で悩むことはなくなったけど、

まだ奥深いところにもう少しあるから

引き続き実験台としてもっともっと観ていこう。


これを読んでハッとした方も、

遅かれ早かれ気づくまでそういう出来事は

問題として起きるので、

自分の中の女性性をいかに育て

どのように表現していくかが、

男女共に、これから「あの世界」(どの世界でしょう🤪)

にいける人になる鍵だと思います。


では!




2018年07月08日

浄化の時期の過ごし方

テーマ:コラム:生き方

約50人のクルーズセミナーと

その後に開催されたサンセバスチャンセミナーが

無事に終わりました。


ご参加いただいた皆さん、

このセミナーに人生の大切な経験とご縁を

分かち合ってくださった皆様、

本当にありがとうございました。




今回は私にとって

大きな二つの挑戦がありました。


一つは、7日間で50人に向き合うだけでなく、

一人ひとりのコンサルをほぼ全員に

させて頂くというもの。


1日に続けて6人、

プラスグループセッション、セミナーを

一週間し続けることは、

今までの私のエネルギーと体力の使い方では

決して不可能だったこと。


そして、その後すぐ別の海外セミナーツアー。





それはもう、必死でした…(笑)

みひろうと共にやり切りました(*´Д`*)


※ 船で出会った将来のシルクドソレイユのスターと。


いつも髪を切っていただく

仲良しの天才美容師の方ご家族も一緒に乗船し、夫婦で散髪。

参加者も数人切っていただいたのだけど、

「皆さんのエネルギーや思いが凄すぎて、

熱を出して一晩寝こんでしまいました(笑)…

すごいエネルギーを二人は使っているんですね…」

と言われました。




確かに見えないところで

二人でかなりのエネルギーを注ぎます。

見えないので、

ごく一部の方以外は、

お客さんや自分たちでさえも

それに気づきにくいと思います。


ただ、分かち合いと循環の関わりと行動の先には

より大きな分かち合いと循環が生まれ、

私自身も深く高く拡がってゆく感覚を覚えました。

(勿論、バタンキューの時も多々ありますが…)


ここ二週間程、

沢山の方の人生とエネルギーに繋がっていたので、

いつもの如く色んな感情や思いの残火が

ぱちぱちと私の中で音を立てて、

色んな感情として現れてきました。


人に深く触れた後、

どのように自分と関わるかが私にとって

とても大切なこと。

自分のエネルギータンクにたまった

様々な思いや体験(他者のも含めて)を

綺麗にして浄化していく時でもあります。


頑張った後の心と身体の洗濯の間は、

浮かんできた汚れに心をとらわれすぎることなく、

ただ観て感じて

浄化の邪魔をしないように

ゆっくり自分に優しく寄り添うこと。

うわーっとびっくりするような

自分のデビルちゃん👿もよしよしして、

どんどん光に還ってゆくように

祈りながら過ごすのです。


※ 何処に滞在してもいつも窓から街を見下ろす神さまの像が見えた不思議…


こんな時はただ洗濯による回復が

行われているだけなので、

ただでさえエネルギーを使い切った後なので、

他者や出来事を通じて

自分の中に引き出された感情を

あえてぎゅっと掴んで向き合いすぎると

ますます疲弊してしまいます。


浄化して自分だけのエネルギーに戻るための、

この期間でやるべきことは、

そこではないからです。


自然な素の自分で生きるために。

自分の波動や免疫を上げるために。

向き合うことや行動することという

ある意味表層的なアプローチよりも、

腹のなかにある自分を緩めることに

よりフォーカスすることが大切。


モヤモヤした感情を捕まえて

クリアにするためにきちんと向き合った方が

腹のなかの自分が本当に緩むのなら

それをしたらいいし、

そうでなければ向き合わなくてもいい。


私の場合、

「知りたい」

「自分の答えを見つけたい」

「本当に私が望む思いに生きたい」

という腹のなかのわたしがいつもいるので、

どんなにエネルギーがない時も

とことん向き合い、探求してしまう傾向があります。


こころだけでなく、

エネルギーと身体を与えていただいた身なので

もっと統合的に自分の声を聴き、

慈しみ、本来のパワーを引き出す生き方に

一所懸命向かっているところ。


腹の自分が喜ぶために

今の私はどんな感情でいるのが自然か。

どんなことを選ぶのがよいのか。


その一つひとつの自己愛からの行動を

積み重ねていきつつ、

自分のエネルギーが循環する輪を

じっくり広げてゆきたいと思います。


それにしてもここ数日、

本当に色んなテーマとメッセージが溢れていて、

本にでもしないと書ききれないくらい

腑に落としたいこと、

探求したいことがいっぱい。


まずは、エネルギー補給として

美味しものを沢山食べたいと思います!





また、長くなっちゃった…。

では!




2018年06月02日

愛する人が増えてゆく喜び

テーマ:コラム:日々のこと

ここ数日、たくさんの友人ファミリーや

カップルとハワイで共に過ごす日々。


今回もその中の

二人のお誕生日を祝うことができて

本当に嬉しい。

ここ最近は毎月誰かのお祝い。


大切な仲間たちが

ひとり、ふたりと増えてきて

さらにそこにwifeやloverとして

大切な人たちの大切な人が増えてゆく。


今までゆるゆる移動していた一台の車は

今では乗り切れないほどぱんぱんになり、

笑い声も賑やか。


昨日、一台の車に8人で乗り、

たくさん食べて遊んで笑いあった後の

帰り道の車内。

愉快な声がだんだん静かになっていって、

スヤスヤ眠る寝息に変わってゆく。


私の両端に座る

愛らしく美しいガールズたちは、

首をぐらんぐらんさせて熟睡してるもんだから、

窓ガラスに頭をぶつけないか

私は気になって気になって…笑


私は一番後ろの席にいたんだけど、

前の席のカップルは夫の肩に顔をもたれながら、

緑の山々の間をぐんぐん通り抜ける景色を

穏やかに眺めていた。

ひとりは、旅の後半に

大事な人と過ごすための場所を一生懸命に探していて、

時々振り返り、ここはどうかなぁと

私の隣で寝ている恋人を起こさないように

ひそひそ話しかけてきくる。


そのときなんかじーんときたの。

血の繋がりがなくても、

こうして家族のように

愛を注げる仲間が増えてゆくんだなぁって。


未熟な頃の自分は、

純粋なところからくるはずの

誰かを喜ばせたい、

幸せにしたい、

大切にしたいという思いを真っ直ぐ注ぐほどの

人間力と体力がついてこなくて、

バランスをくずしていた。


今はほんとうに心の底、足の底から

この人たちが幸せであるように、

悲しいことが起こっても手を取り合って

笑顔に向かっていけるように、

思い切りその人らしく活躍できるように、

愛する人を目一杯愛することができるように

祈る気持ちが愛情とともに込み上げてくる。

そして、その愛情が私を消耗ではなく強くさせる。


美味しいものをたくさん教えたいし、

美しい場所もいっぱい一緒に見たいし、

共にこのひとときを笑顔で体験したい。


ふと考えることがある。

この中の誰かが車にひかれそうになったら

私は飛び出して助けようとするかどうか。

変な妄想なんだけど、

昔から大切な人たちができるとそういう妄想をしてしまって、

その想像の中で助けるために

とっさに私が飛び出していたら、

私は私のその人たちへの本当の愛情に安心する。


今回は年代も雰囲気も性格も

ばらばらなカップルたちだったが、

みんな仲睦まじく、それぞれ手を繋いでいた。


私たちは道を案内するから一番前を歩いていたけど、

付いてきてるかなーって後ろをそっと見ると、

みんなが寄り添い合い、

手を繋いでいる姿にほっとする。


寄り添い、寄り添われる人たちの

人としての本質を感じる美しさ。


私たちが付き合ったばかりの頃は

周りで手を繋いで歩く人たちは全然いなくて、

むしろなんでいつも手を繋いでいるのか

奇妙に思う人の方が多かったのだと思う。


私たちにとって手を繋ぐとは、

手を取り合って人生を創造して分かち合っていくことの約束。


いいことも、そうでないと感じることも

二人で手を取り合うことで、

自分たちの最高の人生を生み出すと信じている。


寄り添い合うことは、

自分を自己愛でたてることをしないと

本質的にはできないことを知っている。

だからこそ、

どんな時も自分も大切にしつつ、

相手への愛を紡いでいくことを忘れないように、

大切にしていきたい。


手を繋ぐってそういう相手や自分への

愛や感謝を大事にしていこうという現れだと思うから、

周りがカップルだけでなく、

シングルのひとたちもそういう思いで

生きている人たちが増えたことが

本当に素晴らしいなぁとおもう。


幸福なひとときと

素晴らしいたくさんの仲間たちと

ずっと苦手な運転してくれている

みひろうに感謝。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス