ドリームガイドメッセージ:ホリスティックソウルコーチ・Wakanaのブログ -3ページ目
2019年02月04日

夕暮れ時、ビーチで…。今日一日に頂いたたくさんのインスピレーションと幸福に感謝して、ふ...

テーマ:ワンダータウン
2019年01月30日

As usual...staying at Byron bay in this seaso...

テーマ:ワンダータウン
2019年01月19日

好願在人間

テーマ:コラム:生き方

「好願在人間」


年始の台北で美しすぎるお寺に行きました。

入った瞬間から飾られていた、

和尚さんのこのお言葉が心から離れなくて

しばらくその前に佇んでしまいました。


そのお寺は、

台湾の美しい生き方をしている友人が

自分を整えたり、大切な方への祈りを捧げる

とても特別で深淵な場であるから

ぜひ一緒にいきたいと言ってくださって

突然行くことになったのでした。


とてもモダンな造りで、

月の姿を水に写す透明な池と

花や木の葉が風に舞い、

私たちが祈る本堂の床を

太陽の光で写し出される壁一面に掘られたお経。

静寂な山々に囲まれた整えられた空間と

そこに集う優しい笑顔の人々。


まさに自然と人間とスピリチュアリティーが

調和した素晴らしい場所でした。


優しい友人の大切な神さまは、

それはもう本当に慈愛に満ち溢れていて、

本堂に入った瞬間からなぜか涙が溢れてきました。


低い皮の椅子のようなところに膝をついて、

それぞれがそれぞれのかたちで

じっくりお祈りしている姿も

あぁ人間にはこういう場所や時間がとても必要なんだなぁと

その美しさにしばらく椅子から動けませんでした。


「好願在人間」


和尚さんの意図する意味があるのですが、

そこでボランティアでお仕事をしている人たちに

その意味を尋ねると、

それぞれの心で捉えた意味があっていいと感じたので、

私なりに感じたその意味を言葉にしてみました。


「自分にとっての希望や夢みるものが、

他者にとっても良きものとなり、

全体にとっても調和をもたらすような、

そんな願いをもち、行動してゆく人間でありたい。」

という感じでしょうか。


どれだけ今の自分が未熟であっても、

たとえ本質までいかない表面的な形になってしまっても、

綺麗事だと言われても、

そう願い続けられる人間であろうとする

努めや思いそのものを大切にしたいのです。


ソウルメイトでとても尊重している大好きな友人が

ある時こんなことを話してくれました。


「人だから色々嫌なこと感じたり傷ついたりするけれど、

それでも相手に対しても

自分に対しても

どんな対応するかは選べるはず。


感情のままに自分をぶつけることは簡単だけど、相手のことを心から思って理解しようとすることも、

もっと違う愛の視点や捉え方をして

相手に関わることだって私たちはできるの。」


普通ならば、

人間ならばそれは仕方がないということもある。


自分を生きることが難しくて

自己防衛から誰かを傷つけることしか

選べない状況もある。


それでもすべてを受け止め、

相手の状況や精神状態などを思い、理解し、

いかに自分を大切にして

相手も大切にしていく道があるのか。

諦めず、心閉ざさず、

これからも探していきたい。


今の自分より少しでも

人間として成長した在り方では

どんな関わりや行動ができるだろうか。

この問いかけを魂に響かせながら、

一つひとつの選択をしていきたい。


「好願在人間」


自分らしく生きるというテーマが

だいぶ普及してきたけど、

私たちはそろそろ自分を生きるとともに

他と繋がって、

どれだけ違いがあっても調和しながら

個を磨き高め合ってゆくという

水平線の向こう側の船に乗り始めないと。


未熟な自分、未熟な人間だからこそ、

自分にとって、他者にとって、

そして、全体にとっても

よき祈り、

願いをもつという生き方を実践しようとすることに

真摯に向き合っていきたい。







Ameba人気のブログ