【チベットとビルマの難民支援】             難民支援NGO"Dream for Children"公式ブログ
【4月30日まで】 新規会員様募集キャンペーン! 1日14円からの難民支援
新刊発売『弾圧で引き裂かれた家族』~13年不当投獄され獄中死したチベット僧と真実を伝えるために亡命した姪の物語~
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

新型コロナウィルスによる武漢の死者数は遺体の数から推測すると4万人前後か?


中等当局は、新型コロナウィルスにともなう2か月におよんだ武漢のロックダウンを解除した。中国政府の発表では、死者は約2,500人だが、住民はこの数字に疑問を抱いている。

 
3月15日の週から、武漢にある7つの大きな葬儀場で火葬が行われている。火葬の数は毎日500程度だという。この数を考慮すると、実際の死者数は政府発表を大幅に上回ることになる。
 
「政府の数字が正しいはずはありません。火葬場の職員は、24時間体制で働いています。政府の発表が本当なら、こんなに働く必要はありません。」
武漢在住の張と名乗る人物はこう語った。
 
ソーシャルメディアのユーザーは、火葬場の能力から死者数を計算している。また、ニュースサイト Caixin.com によると、武漢市内の漢口の火葬場では、1日だけで、5,000の遺体が火葬されたという。これだけで、政府発表の数字を上回る。
 
別の推定では、7つの火葬場全体で、1日の火葬数は、約3,500だという。
 
これらの計算からすると、死者数は42,000人前後ということになる。

【亀田浩史訳】
 

 

 
ブログランキングに参加しています。記事が参考になりましたら応援左クリックお願いします。 

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>