研ぎ師伊之助深川噺

研ぎ師伊之助深川噺

研ぎ師伊之助深川噺 公式ブログ


テーマ:

本日は、

 

夕方から、

 

オーディオキネマ事務所にて、

 

(看板以外はほとんど自宅ですが・・・爆  笑

 

個人レッスンを行っておりました〜。

 

 

 

 

マンツーマンでのレッスンですから、

 

シナリオの読解から、

 

演技実践まで時間を忘れて行っておりました。

 

(至福の時間やねニヤリ

 

終了すると、

 

時間も時間なので、

 

この方とは恒例となっている、

 

「一緒に夕食を食べる」

 

という、もぐもぐタイムとなるのです〜爆  笑

 

 

 

 

90分ほどのこの休憩は、

 

私たちにとって、

 

様々な話題についての意見交換の場となっています。

 

これは、

 

お互いの信頼関係のためにも貴重な時間なんですよね。

 

(ドラマ制作では、演者と制作側との信頼関係が大切ですからねグッ

 

そして、

 

今夜は、

 

「クラスメイトの新人声優さんが映画をあまり鑑賞しない」

 

という話題について話し合いました。

 

 

 

 

このことについては、

 

私も10数年前から、

 

ずっと気になっていたことでした・・・。

 

声優養成所などでの講師依頼がある時は、

 

いつも、

 

「古い名作映画などを観ますか?」

 

という質問をするのもそのためです。

 

 

 

 

夕食を共にした新人声優さんも、

 

古い名作映画を鑑賞しても、

 

友人の声優仲間とは全く会話にならないんだ、

 

と心底嘆いていましたね〜ショボーン

 

私も、

 

同様の気持ちになることは度々ありまして、

 

40代~60代のベテラン声優さんや役者さんと会話をする時に盛り上がる定番の名作映画の話も、

 

20代30代の声優さんが相手だと、タイトルも知らないことに愕然とすることが少なくありませんアセアセ

 

正直言えば、

 

そんな映画は、

 

別に観ていなくても何も問題は無いのでしょうが、

 

私が怖いのは、

 

古き良き映画を使って、

 

自分の役者としての感性を磨こうとしない事実なんですよね・・・。

 

 

 

 

例えば、

 

誰もが知っている名作アニメ映画の話をしていても、

 

会話が浅くて薄くて、寂しくなってしまうことが多々ありますチュー

 

これって要するに、

 

ドラマ(ドラマ作品や制作のこと)というものを、

 

深く考える時間を持たなかった若者たちが、

 

プロの現場に入ろうとしているんじゃなかろうか・・・と思えてしまいます。

 

 

 

 

私の周りには昔から、

 

映画監督や脚本家を目指している仲間が多かったので、

 

自ずと彼らとの会話は、

 

映画のテーマについての激論になったものです照れ

 

熱い討論は、

 

しばしば喧嘩にも発展しましたので、

 

専門学校があった新百合ヶ丘駅周辺の飲み屋さんは、

 

出入り禁止になっていましたねぇ〜。

 

でも、

 

こんな馬鹿騒ぎの時間は、

 

現在の私にとっては、

 

必要不可欠なものだったと言えますOK

 

 

 

 

映画について話すときに、

 

その作品のテーマについて考えることは、

 

深く深く作品に潜り込んで行くことになります。

 

それは、

 

その映画の成り立つ本質となるものを探求するということです!

 

この時の思考の訓練が、

 

今の私の執筆活動には、

 

とても活かされていると感じていますね〜ニコニコ

 

 

 

 

 

キャラクターを作るときに、

 

まず考えるのが、

 

「どんな性格にするのか?

 

ということです。

 

そして、次に、

 

その性格を強調するために、

 

「どんな行動をとらせるのか?

 

ということになります。

 

そして、さらに、

 

その行動にキャラクター性を感じるために、

 

「どんなセリフを喋らせるのか?

 

とアイデアを巡らせながら執筆していきますニコニコ

 

 

 

これは、

 

昔、テーマについて深く読み取ろうとしていた順序とは、

 

逆の思考で、キャラクターづくりをしているんですねぇ。

 

本質や核から、アイデアを広げていく感じです〜グッ

 

 

 

 

時々、

 

舞台役者の友人と映画の話をすることがありますが、

 

やはり、登場人物の本質についての議論となります。

 

それをどのように表現していたのかという、

 

俳優の演技表現の話になります。

 

制作側の仕事をしている私が、

 

作品のテーマにこだわるように、

 

役者は、キャラクターの本質にこだわるものです。

 

私は、

 

両者、そうでなくていけないと思っています!!

 

 

 

 

人間を描いた作品であるドラマは、

 

描かれている人間の本質を問うものでなくてはいけませんニヤリ

 

中身が空っぽなキャラクターの作品なんて、

 

だれも関わりたくはないですよね〜。

 

そこに、

 

どこまでこだわれるかが、

 

ドラマ制作に関わる人間の存在意義でもあるはずです〜。

 

 

 

 

今夜は、

 

パクパクと食事を口に運びながら、

 

ベラベラとそんなことを言い合っておりました爆  笑

 

最後に、

 

この方にあるお願いをしたのですが、

 

それは、

 

「いつも考えている声優さんになって欲しい」

 

ということです。

 

考える癖がついていれば、

 

難しい映画を観ても、自分でなんらかの結論を出せる人間になることができます。

 

粘り強く、これからも過ごして欲しいですねぇ〜〜照れ

 

 

 

 

★オーディオキネマ制作作品

 豪華声優陣による長編時代劇ドラマCD

  二枚組CDです。

 

 

   

オーディオキネマ代表 

山中勇人(脚本・演出)

◆◆◆twitter◆◆◆

 @audiokinema

◆◆◆facebook◆◆◆

 @dramacd


テーマ:

役者という仕事の中でも、

声優という職種は、

とても多くの技術を要する仕事ですよねニコニコ




子供から大人まで楽しませるために、

ハッキリクッキリした表現を求まられますし、

滑舌や発声も、

アナウンサー以上のものが必要となります。

叫びかすれ声ウイスパーなどもいりますからねぇ〜。

(ディズニー作品ならば、歌唱力もいりますよねグッ

そして、

最も大事な技術が、

声にキャラクターの表情を込めることでしょうね。

ジブリ作品を思い出しても、

セリフの語り口とキャラクターが見事にマッチングしていますよね爆  笑

話し方のテンポや調子など、

どのキャラクターも独特でありながら見事にハマっています。

つまりは、

声に役作りがあるいうことですね!!




私もドラマCDの制作において、

大御所声優さん、大ベテランの声優さんのある技術で、

とても驚かされるものがあります。

それが・・・・

〈息のアドリブ〉

というものですニコニコ




これは、

何の為に必要かというと、

声優演技セリフアニメーション

を馴染ませるために必要なのだと私は思っています照れ

シナリオのセリフ文字だけを使って演技をすると、

どうしてもリアリティーに欠けた表現になり、

抽象的なアニメ(絵)にも違和感が生じてしまうのです・・・。

ですから、

プロの声優さんは、

シナリオのセリフを演技する際に、

キャラクターに合った息遣いを、

ところどころに入れ込んで、

表現にリアリティー滑らかさを加えているのですねウインク

これは、

有ると無いのとでは、

表現として雲泥の差が生まれるものなのです〜!!




実際に、

 

この〈息のアドリブ〉によって、

私のドラマCDの編集もとてもスムーズに進んで行きました。

セリフの掛け合いの「間」も、

このアドリブ効果で、

とてもリアリティーのある会話へと成立させることが出来ています。

(ありがたいですねぇ~キラキラ




これは私の意見ですが・・・・

大御所声優さん達は、

制作側の編集作業が円滑に進むように、

息のアドリブを使っているとさえ感じていますね〜ニヤリ

(ここが凄いのですッキラキラ





これからの時代を担う声優さんには、

是非!!

大御所声優さんの演技を研究して、

絶妙な息のアドリブを使いこなせるようになって欲しいですね。

そんな方が沢山生まれれば、

我々の制作作業も、

もっともっとスムーズに進むというものです・・・ニヤリ

なにより、

ドラマ自体が、

よりダイナミックしなやかなものになりますからね。

これは、観客にとっても、

喜ばしいことですよねグッ

 

 

 

私も、

 

講師を担当しているWSにて、

 

ドラマCDを聴きながら、

 

こういった繊細な表現について、

 

参加者の皆さんとその技術の価値を共有していきたと思います〜ニコニコ

 

 

 

 

★オーディオキネマ制作作品

 豪華声優陣による長編時代劇ドラマCD

   二枚組CDです。

 

 

   

オーディオキネマ代表 

山中勇人(脚本・演出)

◆◆◆twitter◆◆◆

 @audiokinema

◆◆◆facebook◆◆◆

 @dramacd


テーマ:

私は、

 

長編時代劇ドラマCDなんていう、

 

流行りに背を向けた作品を作ってしまうくらいアセアセ

時代劇にのみ存在出来るセリフ会話に、

強烈な興味を抱いています〜口笛




そこには、

時代劇でしか表現できない魅力が多く存在するんですよね。

世界観を表現するための、

 

いくつかのルールみたいなものが存在するのですが、

それに乗っ取って書くことで、

何気ないセリフも洗練されたモノへと生まれ変わるのです照れ

そして、

 

収まりの良くなった時代劇台詞というのは、

声優さんの素晴らしい演技と見事に調和するものなのです〜キラキラ




そこで、


是非、皆さんにもそんな魅力を感じて欲しいので、

ちょっと例題を挙げて紹介してみようと思いますニコニコ

 

 

もしも、こんな現代文があるとします・・・・

「毎日ジクジクして、

 

不満ばっかり抱えて死んでいくなんて、

俺は、絶対に我慢できないんだよっ!!」


なんだか、悩める若者の叫びみたいでいいですよね〜グッ

ただ、

このセリフから受ける印象は、

ワガママで、向こう見ずな未熟さだけのような気がしますねウインク



さて、

これを真っ当な武士の言葉に変えてみるとどうなるでしょうか。

武士とは簡潔に語ります。

そして、そこには、生きざまが現れなくてはなりません。

さらに、

 

この手の感情の起こりが、

 

己の内に宿っていることを悟っている印象が欲しいですよね〜グッ

それらを考慮してみると・・・・

こんなセリフに時代劇加工してはどうでしょうか〜

「ただ空しく(むなしく)不平を呑んで世を去りたるは、

甚だ(はなはだ)無念で御座る!!」


いかがでしょうか?

お好きな感じですか?

時代劇ゼリフの素晴らしさとは、

セリフの全てに、

 

その人物の信念のようなものが表現されるところかと思います照れ

 




もう一度、

 

現代ゼリフの方を振り返ると・・・

これを声だけで表現しようとした場合、

 

どうしても一般的な若者像で叫ぶしか方法が見つからないという限界を感じてしまいますタラー

(どこにでもある語り口になってしまいますよね・・・ショボーン

しかし、

時代劇台詞となると・・・

簡潔な文脈だからこそ、

粋を感じる節回しや調子、独特な間やテンポなどが、

 

演技の印象を面白くしてくれるのです!

これには、


声優さんの技術や知識、知性が大切ですが、

その可能性はどこまでも広がる気がしますね。

まさに、

声優さんによって千差万別の表現が生まれてくるのですニコニコ




私は、

まだまだ勉強中の身なので、

憧れの小説家のように、この時代劇表現を使いこなすことは出来ません。

でも、

その難しさ奥深さも、

この時代劇というものの虜になっている理由でもあるんですよねチュー

 

これは、まさに、

 

日本を知ること、日本人を知ること、

 

ですからねグッ




「つくづく分からぬものよ・・・。

こういうところが、

時代劇の端倪(たんげい)すべからざる不思議よのう・・・・」

 

 

 

 

★オーディオキネマ制作作品

 豪華声優陣による長編時代劇ドラマCD

 二枚組CDです。

 

 

   

オーディオキネマ代表 

山中勇人(脚本・演出)

◆◆◆twitter◆◆◆

 @audiokinema

◆◆◆facebook◆◆◆

 @dramacd


テーマ:

現在、

 

来月開催に向けて、

 

オーディオキネマ主催  3ヶ月間ワークショップ

『シナリオの読み込みをプロレベルにする!』

 

を準備しております〜!!

 

 

 

弊社制作のドラマCD『研ぎ師伊之助深川噺』(上下巻)と、

 

その本編シナリオ1冊を教材として、

 

大ベテランレベルのシナリオの読み込みを徹底的にレクチャーさせて頂きますニコニコ

 

(6名ほどの少人数クラスでの開催となります〜)

 

 

 

 

新たにこのWSを実施するのは、

 

かれこれ、10ヶ月ぶりくらいのことでしょうか〜〜アセアセ

 

以前より、

 

次回開催のお問い合わせを頂いておりましたが、

 

なかなかスケジュールの調整ができず・・・

 

今頃の実施となってしまいました〜チュー

 

 

 

 

さらに、

 

今回は、夜クラスを予定しております〜グッ  

 

この夜クラスの実施となると、

 

なんと・・・3年ぶりくらいになりますでしょうかね〜〜びっくり

 

日中、声優養成所に通われている方や、お仕事をされている方など、

 

是非とも、この機会にご参加いただければと思います。

 

(周囲が休みがちなこの時期に、一気にゴボウ抜きしちゃいましょう〜ニヤリ

 

 

 

 

なお、

 

現在開催中のWSに引き続き、

 

この3ヶ月WSも、

 

オーディオキネマ四周年記念 第二弾として、

 

特別割引価格にてご紹介出来ればと考えております。

 

詳細の報告まで、もうしばらくお待ちくださいませ〜〜!

 

よろしくお願い致します。

 

(興味をお持ちの方で、希望の曜日などありましたら、どしどしお知らせくださいませ〜。)

 

 

 

 

【以下は、3ヶ月WSの簡単な概要になります。】

詳しいレッスン内容は、近日発表させて頂きます〜。

 

 

3ヶ月間ワークショップ

『シナリオの読み込みをプロレベルにする!』は、

 

プロの声優になるためには絶対に欠かせない、

〈シナリオの読み込み方〉を習得するための内容となっています。

 

鉛筆教材は、①大御所声優総出演の長編ドラマCD(CD4枚分)
       『研ぎ師伊之助深川噺』上下巻

      ②本番用シナリオ(110頁の長編シナリオです)

 

鉛筆講師は、原作/脚本/演出を担当した山中勇人が務めます。

      (オーディオキネマ代表)

 

 

 

 

シナリオとは、

読む角度によって、

フォーカスすべきポイントは変わるものです。

キャラクターの感情や心理を探るならば・・・

観客の心の反応を意識するならば・・・

共演者との適応・調和をイメージするならば・・・

 

 

声優とは、

これら以外にも存在する様々な角度において、

シナリオにある台詞やト書きのどこに着目し、理解を深め、創造すべきかを、

十分に知っておくことが不可欠なのですニコニコ



劇場映画一本分のセリフを、

たった一人で、抜きの単独録音で行うこともあるのが、

 

声優という仕事になります。

これは、

シーンの目的を見抜き、

演技の方向やテンション、テンポを理解し、

エンターテイメントの性質を熟知し、

共演者の演技を予想できなくては、

到底達成できないものなのです。




オーディオキネマの3ヶ月ワークショップでは、

大ベテラン声優の読み込みスキルのすべてを理解して頂ける内容となっています。

まずは彼ら一流の技術の裏側を知り尽くし、

それから、

 

じっくりとそのスキルを習得していくことをお勧めしています。

なぜなら、

この手段が、もっとも早くプロのレベルへ到達する方法だと考えているからですニコニコ


 

 

このワークショップでは、

 

演技の実践トレーニングはほとんど行いません!

 

レッスンにお越しいただく方々に演じることを求めることは、

 

ほとんど皆無です!

 

これは、

 

何よりもまず、

 

ドラマ制作の設計図であるシナリオを、

 

大ベテランと同じように分析できるスキルに集中して頂きたいからです!!

 

 

 

この3ヶ月間で、

 

シナリオに存在する、

 

プロの仕事に必要な全ての情報(要点)を、

 

的確に掴み取れる声優になって頂きますグッ

 

 

 

 

シナリオが読めないうちから演技のトレーニングを重ねても、

 

表現力が向上することはありません。

 

本気でプロを目指すなら、

 

唯一の仕事道具であるシナリオを、

 

プロらしく扱える声優になりましょう。

 

 

 

 

この〈シナリオをプロとして読む〉という基礎スキルの上に、

 

演技表現のプランを練っていく作業があることを知ってください。

 

そして、

 

シナリオを読む力が、

 

いかに演技表現を豊かにするかを知ってください。

 

プロ声優の安定した演技力の秘訣がここにあるのですニコニコ

 

 

 

 

★オーディオキネマ制作作品

 豪華声優陣による長編時代劇ドラマCD

 二枚組CDです。

 

 

   

オーディオキネマ代表 

山中勇人(脚本・演出)

◆◆◆twitter◆◆◆

 @audiokinema

◆◆◆facebook◆◆◆

 @dramacd


テーマ:

前回ブログの続きです〜照れ

 

 

 

私の担当するワークショップで存在する、

参加者が言ってはいけない言葉。

先ほどの記事では、

その一つ目をご紹介しましたウインク




結構、面倒臭い内容でしたが・・・


記事を読まれた方は、

納得をされたのでしょうかねぇ〜??

少々不安も残りますが・・・タラー

今回は、

 

二つ目のNGワードについて書いてみたいと思います。




その言葉とは・・・

ズバリ・・・


「分かりません」


です!!




これを聞くと、

驚かれる方もいると思いますが、

この言葉をワークショップで使っている間は、

 

プロの現場に立つ日が、

 

その分だけ遠のいていると思って間違いないと思います〜ショボーン

 

なぜなら、

 

この言葉には、

 

プロ声優の矜持が失われているからなのです〜!

 

 

 

私の経験では、

 

プロの声優、俳優の方から、

 

制作現場にてこの発言を聞いたことは未だ一度もありません。

 

声優とは、

シナリオに書かれたセリフを操る仕事です。

これを具体的に説明すると、

物語の内容やキャラクターの感情を理解すること、となります。

もう少し突っ込んで説明すると・・・
 

シナリオの仕組みやキャラクターの真情を、

いかにして観客へ伝えるのか、

 

この判断力が求められる職業なのですグッ

そのための最良の演技表現(演技プラン)とはどんなものか・・・

こういった結果を、

 

毎度出さなくてはならない仕事なのですニヤリ
 

 

 

 

少し話が変わりますが・・・

 

ドラマ制作の目的は、

観客を喜ばせるエンターテイメントを見逃さず、

しっかりと100%の状態でお伝えすることです。

全ての制作スッタフは、

 

それを目標にして制作を続けています。

それが、

 

最後の最後で、

 

声優さんが表現をしくじっては、全てが台無しになってしまうのです。

 

プロ声優の、

 

シナリオの読み込みに対する粘り

 

セリフに真実を込める表現への粘りとは、

 

一連の制作過程の最後を締めくくるという責任感と同等のものだと思います。

 

だからこそ、

 

たとえワークショップで過ごす時間とはいえ、

 

そう易々と「分からない」などと口走ってはならないのですニコニコ




私はよく、

「分からない」のではなく、

「理解する時間を作っていない」のだと言っています。

シナリオ分析について学ぶ努力をせず、

 

十分な読み込む時間を取らないから、

このような発言が堂々と出てしまうのではないでしょうか。

 


 

 

「分からない」という言葉。

 

ついつい使ってしまいますが、

 

プロの声優ならば、口が裂けても言わないものなんですよね〜チュー

 

「分からない」と言ってしまうと、

 

それが意味することは、

 

「私は、そのことについて、これ以上考えません」

 

と発言すること同じなのですからね。

 

これは、周囲への思考ストップ宣言なのですショボーン

 

 

 

 

アフレコ現場では、

 

共演者もいれば、制作スタッフもいます。

 

この言葉が、

 

どれだけ周囲のモチベーションを下げるかを考えれば、

 

この怖さも少しは実感して頂けるのではないでしょうか〜。

やっぱり、

 

クリエイティブな環境には似つかわしくない言葉だと思いますね。

今からこの現実を想像しておくのも、

立派なトレーニングだと思いますグッ

 

 

 

今回のワークショップでは、

 

こういったことへも配慮できるクラスになるよう、

 

私も全力でサポートしたいと思います。

 

ぜひ、参加者の皆さんと私とで、

 

プロの声優らしい思考が生まれる空間を作っていきましょう!!

 

残り3回、よろしくお願いいたしますニコニコ

 

 

 

★オーディオキネマ制作作品

 豪華声優陣による長編時代劇ドラマCD

 二枚組CDです。

 

 

   

オーディオキネマ代表 

山中勇人(脚本・演出)

◆◆◆twitter◆◆◆

 @audiokinema

◆◆◆facebook◆◆◆

 @dramacd

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス