Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。

Dr.Oz 自然療法専門医のひとりごと。

現役自然療法医師だけが知っている!本物の自然療法の専門知識をくわしく公開。
ロサンゼルスから自然療法、栄養情報、ハーブ、ホメオパシーなど新聞に掲載している記事のアップもしています。

デトックスする理由
よくある質問に

デトックススコアーが低かったのでデトックスする必要はありませんか?

というものがあります。

答えは、できるだけデトックスしてください。

特に、妊娠を考えている方、ダイエットしたいのになかなか体重が減らないという方、中高年の方たちにはデトックスを勧めています。



妊活とデトックス


妊活のためにするべき事なぜ、妊娠を考えている方にデトックスプログラムがおススメすすめなのでしょうか?

最近のアメリカの研究ではアメリカ人の化学物質摂取量の年間平均は14ポンドにもなるという結果があります。14ポンド(6.3キロ)というとかなり重めのボーリングの玉。

この化学物質に含まれるのは農薬、殺虫剤、除草剤、工業汚染物質、食品添加物、保存料、化粧品や洗剤などに含まれる化学成分、薬などなどになりますが、その種類は150-200種類にも及びます。

また別の研究では赤ちゃんのへその緒を調べた結果、へその緒に含まれ神経毒性があると考えられる化学物質が217種発見され、そのうち先天異常を引き起こす物質は208種類も存在しました。

これら化学物質は生物濃縮という特徴があり、生態系の上に行けば行くほど濃縮されていきます。例としては水銀などの重金属は小魚にはあまり含まれませんが、大型魚のマグロなどには濃縮されていきます。それらを食べる人間には一番毒素が濃縮されて行きます。

そして年齢が高くなるにつれて身体には化学物質や重金属が濃縮されて行きます。

20代よりも30代、30代よりも40代の方が化学物質や重金属が蓄積して行きます。

そして高齢出産になればなるほど、赤ちゃんへの影響が強くなってしまいます。

ですから、妊娠を考え始めた女性には是非デトックスを行なっていただいて、できるだけ赤ちゃんへの影響を最小限にして、健康な赤ちゃんを育てて頂きたいと思います。

逆に妊娠中はデトックスを絶対に行わないでください。お母さんから一気に毒素が赤ちゃんに流れる可能性が高くなってしまいます。

また、多くの化学物質はホルモン攪乱剤として知られ、ホルモンバランスを乱して直接不妊の原因にもなります。

ダイエットとデトックス


デトックスとダイエット
次に、ダイエットをしたいのに体重が中々落ちない方にどうしてデトックスがおススメなのでしょうか?

ほとんどの毒素は体の脂肪部分に蓄積されています。ですから脂肪が多い方ほど痩せている方よりも多くの毒素を蓄える能力があると言ってもよいのです。

ここで脂肪に多くの毒素を蓄えている方が体重を減らそうと努力します。そうすると脂肪中の毒素は濃縮されてしまいます。毒素は濃縮されると毒性が強くなる特徴があるので、体は脂肪を減らすことを拒否します。よって毒素がたくさん溜まっている方は自己防衛メカニズムにより脂肪を減らせない身体になってしまっています。

ですから、なかなかダイエットが思うように行かない方はまずデトックスを行うか、ダイエットとデトックスを並行して行っていただくと蓄積された毒素が排出され脂肪も落ちやすい体になります。

中高年のデトックス効果


デトックスは中高年にお勧め
前の部分で述べましたが、毎年6.3キロもの毒素を取り込んで行きますので、デトックスできなかった化学物質や重金属は年々身体には濃縮されて行きますので、年齢が高くなるにしたがって蓄積された毒素はガン、心臓疾患、関節炎、アルツハイマーなど様々な病気や老化を加速させる原因となります。

デトックスを行なうことで体調を整えるだけでなく、病気の予防、老化防止など様々な利点がありますのでぜひ定期的にデトックスを行う習慣を身に着けていただければと思います。

デトックスサプリメント販売しているアメリカのサプリメント通販サイト

お得なデトックスプログラム

デトックスを最適に行うサプリメント

4週間のデトックスプログラムで妊娠準備、ダイエット、体質改善!

参照


Neuro Endocrinol Lett. 2013;34(1):38-46., Rev Endocr Metab Disor 18. No2 2017: 207-14., Diabetes Care 41 no. 1 2018: 193-205., Alt Med Rev 7, No. 4 2002 336-39., Adv Cancer Res 60 1993: 157-80., Am J Clin Nutr 61, no3 Suppl 1995: 6512-8s., Drug Metab Rev 47, no. 4 015: 401-5., PharmacolmRev 62, no. 1 2010: 1-96., Altn Med Rev 1998: 187-98., Mediators Inflamm 2018 2018: 4159013., Chem Res Toxicol 28 no. 1 2015: 38-42., PLos One 11, no. 2 201: e0148042., Alt med Rev 15., no. 4 2010:352-60.





デトックスとは?なぜデトックスが必要なの?の続き

デトックスの効果的な行い方

デトックスレベルを測ろう


体に蓄積した毒素を図るのは実は非常に難しいのが現状です。というのも環境汚染物質は数百種類にも及び、その殆どが脂質に蓄積されているので通常の血液検査などでは計測自体ができないのです。

そこで使用されるのがご自分の症状から判定するデトックススコアー。

自分の毒素蓄積数が以下の質問から把握することができます。

体に蓄積したデトックスのレベル

質問には いいえ=0 時々=1 よくある=2で答えください。

1. 消化 
0 1 2  便通は1日に1回以下である
0 1 2  お腹が張る。膨満感がある
0 1 2  ゲップやおならがよく出る
0 1 2  胸焼け、胃がもたれる
___ トータル

2. 頭部 
0 1 2  頭痛がある
0 1 2  頭が重い
0 1 2  めまい
0 1 2  頭がフラフラす。
___ トータル

3. 感情 
0 1 2  気分が変わりやすい
0 1 2  神経過敏、恐怖
0 1 2  イライラしやすい、怒りっぽい
0 1 2  悲嘆
___ トータル

4. 知能 
0 1 2  記憶力の低下または曖昧
0 1 2  集中力の欠如
0 1 2  思考を整理する事ができない
0 1 2  物事を決められない
___ トータル
    
5. 体力・活動 
0 1 2  疲労しがちもしくはだるい
0 1 2  活動過多または多動
0 1 2  落ち着きがない
0 1 2  毎日ではないが眠れない日が時折ある
___ トータル

6. 耳  
0 1 2  耳がかゆい
0 1 2  耳が痛い
0 1 2  耳に膿がたまる
0 1 2  耳鳴りもしくは聴覚の低下
___ トータル
 
7. 目  
0 1 2  涙目、目のかゆみ
0 1 2  まぶたの赤みや腫れ
0 1 2  目の下のくま
0 1 2  視界がぼやける(近眼や遠視は除く)
___ トータル

8. 鼻  
0 1 2  鼻が詰まりやすい
0 1 2  副鼻腔炎
0 1 2  くしゃみがよく出る
0 1 2  鼻水や痰がでやすい
___ トータル

9. 肺  
0 1 2  呼吸が浅い
0 1 2  呼吸がしづらい
0 1 2  胸や喉に痰がからむ
___ トータル

10. 口・喉 
 
0 1 2  咳がよくでる
0 1 2  食事が喉に引っかかる様な感じ
0 1 2  声がれ、のどがイガイガする
0 1 2  歯茎や口内に問題がある
___ トータル

11. 皮膚
0 1 2  ニキビ
0 1 2  抜け毛や毛が薄くなってきた
0 1 2  体臭がする
0 1 2  多汗症
___ トータル
   
12. 関節・筋肉
0 1 2  関節や腰の腫れや痛み
0 1 2  体が硬い、体のこわばり、関節の可動領域の低下
0 1 2  筋肉が痛む
0 1 2  体が弱々しく感じるまたは疲れやすい
___ トータル

13. 心臓
0 1 2  脈が飛ぶことがある
0 1 2  心臓の鼓動が早い
0 1 2  胸が苦しい
___ トータル

14. 体重
 0 1 2  平均体重よりも痩せている
  0 1 2  肥満
  0 1 2  体重が落ちにくい
  0 1 2  特定の食品がどうしても食べたくなる時がある
___ トータル

15. その他
0 1 2  特定の食品にアレルギーや過敏反応がある
0 1 2  化学物質に過敏症がある
0 1 2  頻尿や尿を我慢できないことがある
0 1 2  生理前にお腹が張ったり気分が変わりやすくなる。
___ トータル

総合トータルスコアー:

デトックススコアー
10以下:体に蓄積した毒素少ないです。
11-30:体に毒素が蓄積しています、食生活や身の回りの製品などに注意が必要です。
31以上:体に蓄積した毒素が許容量を超えてます。今すぐデトックスをしてください。

どうでしたか?

ちなみに私のデトックススコアーは11でした。微妙な数値ですね。

最近、日本に帰国して美味しいものを食べ過ぎたのが原因かもしれませんね。

新年から気をつけるようにします。

デトックスの効果的な行い方


デトックススコアーが高かった方は、どの様なデトックスをしたら良いのでしょうか?



様々なデトックスプログラムがありますが、私がクリニックで行っているのが4週間のデトックスプログラムです。

この4週間デトックスプログラムは、私が自然療法医としての10年以上の知識と臨床経験から改良を続け、安全かつ効果的に体全体のデトックスが行えるように開発し、そして体本来の健康を取り戻せるようにと作成したプログラムです。

私のクリニックには、沢山の症状を訴え、何から治療していったら良いのか困惑させられる患者さんが頻繁に来られます。そのような方にデトックスプログラムを行って頂くと、多くの症状が軽減され、その後の治療が非常にスムーズに行えるようになります。

デトックス中に重要になるのがどの臓器をどの順番でデトックスしていくかということです。

デトックスの順番

この順番を間違えると体に蓄積していた毒素が、一気に溢れ出てきて逆に体調不良を引き起こすことがよくあります。これを一般的に好転反応とと決めつける人もいますが、きちんとした順番でデトックスを行うとこの様な体調不良は引き起こしません。

4週間のデトックスプログラムでは順序よくデトックスが行えるようにデザインされていますので、体調不良を起こすことなく効率よく毒素を体外に排出することが可能です。

またデトックス中にはデトックスに必要な栄養素をとらないと、途中で発生したデトックス中間生産物の影響で体調不良になることもあります。このデトックス中間生産物は体に蓄積していた元の毒素よりも強い毒性があるので、中途半端なデトックスを行うと逆に体には危険な状況を作り出してしまいます。

4週間のデトックスプログラムにはこれらの栄養素がしっかり取れるのでデトックス中に危険な中間生産物によって悪影響が起きることはありません。

4週間デトックスプログラムには、3種類のサプリメント、デトックス中食事のガイドライン、デトックスを行う上でのライフスタイル、デトックスのコツが含まれます。3種類のサプリメントはデトックスを効果的に行う上で必須のサプリメントです。

デトックスプログラムに使用されるサプリメント

この4週間のデトックスプログラムを1年に1回行って頂くと、体に蓄積した様々な汚染物質や毒素を排出でき、体を最適な状態にキープできるようになります。

デトックスプログラムには2つの特典がついてきます。

★プレゼント1
【完全保存版!】デトックスeブックがついてきます。
デトックスとは?、デトックス期間中の食事ガイドライン、デトックスを成功させるためのコツ、デトックス終了後のメンテナンス法、ひまし油パックの説明、デトックスプログラム製品を使用したレシピがついた完全保存版のデトックスガイドです。

★プレゼント2
デトックスティー
大好評!ドクター小澤オリジナルのデトックスティー。4週間のデトックスプログラムを行いながらデトックスティーを飲むとより効果的にデトックスが行なえます。

デトックス サプリメントのオンラインストアー

デトックスサプリメント

参照


Neuro Endocrinol Lett. 2013;34(1):38-46., Rev Endocr Metab Disor 18. No2 2017: 207-14., Diabetes Care 41 no. 1 2018: 193-205., Alt Med Rev 7, No. 4 2002 336-39., Adv Cancer Res 60 1993: 157-80., Am J Clin Nutr 61, no3 Suppl 1995: 6512-8s., Drug Metab Rev 47, no. 4 015: 401-5., PharmacolmRev 62, no. 1 2010: 1-96., Altn Med Rev 1998: 187-98., Mediators Inflamm 2018 2018: 4159013., Chem Res Toxicol 28 no. 1 2015: 38-42., PLos One 11, no. 2 201: e0148042., Alt med Rev 15., no. 4 2010:352-60.
新年あけましておめでとうございます。
デトックス 最適な時期
新年が明けてこの時期に最適なのがデトックスです。

なぜこの時期にデトックス?

日本には七草粥をこの時期に食べる習慣が昔からありますよね。七草粥にはお正月の祝膳や祝酒で疲れた胃を休める為とも言われています。

クリスマスから始まり年末年始の忘年会シーズン、お正月、新年会などなど宴会続きのこの時期かなり胃腸や肝臓に負担がかかった方もいらっしゃると思います。

そこでデトックスをして健康な体で新しい年を迎えるには今が最適な時期なのです。

また私がオススメしているデトックスプログラムは食事制限がかかるので、パーティーや宴会シーズン、休みが重なる時期に行うのは難しいと言うのもあり、やはり新年のこの時期が最適なのです。

デトックスとは?


日本でもよくデトックスという言葉を耳にする機会が増えていると思いますが、そもそもデトックスとは何でしょうか?

私達の体にはアルコール、薬、様々な化学物質、ホルモン、体の代謝老廃物などを分解して体外に排出する機能が備わっています。
デトックス 肝臓
解毒の大半は肝臓で行われ、腎臓から尿へ、腸から便へと排出されます。

この解毒、排出機能を促進するのがデトックスです。

なぜデトックスが必要なのか?


人間の体には本来解毒機能が備わっているのに、なぜデトックスを行う必要があるのか?
それには5つの大きな理由がります。

1.環境汚染


デトックス 環境汚染
知っての通り過去数十年を通して我々の環境は、汚染悪化の一途をたどっています。この環境汚染物質は、年々蓄積増加され、毎年1千万トン以上の化学物質が世界中の工場から排出されていると言われています。そして世界中で排出される汚染された空気や水は、大気や海流にのって世界全体に広がってしまいます。

2.食の安全性


デトックス 食品添加物
日本は食品添加物の規格がゆるく、レトルト食品や加工食品には大量の保存料や食品添加物が使用されています。アメリカ産の肉製品には生産過程で大量のホルモンと抗生物質が使用されており、鶏肉の生産過程では飼料にヒ素を加え成長を早めるなどのあらゆる方法が行われています。養殖魚は狭いイケスで育てられているため抗生物質が使用されています。また天然の大型魚のマグロやカジキマグロなどには水銀などの重金属が蓄積してます。野菜にも農薬が多く使用され、海外からの輸送途中では防腐剤などが使用されます。

3.化粧品や日用品


デトックス 化学薬品
化粧品を使用する女性は男性よりも多くの化学物質にさらされている傾向にあり、洗剤、石鹸、シャンプー、リンス、基礎化粧品、メークアップ、日焼け止め、制汗剤、香水、消臭スプレーなど毎日使用する製品によって日々、化学物質は体内に蓄積されています。

4.解毒機能の低下


体の解毒機能は、十分な栄養素を必要とします。しかしながら、現代の食生活では十分な栄養素を摂れていないことに加えて、殆どの方が大量の砂糖と脂質を消費しています。この大量の砂糖と脂質を代謝するために栄養素が使われるため、十分な解毒が行われません。

5.毒素の蓄積


様々な化学物質が体に入り込むことで解毒許容量を超えたり、体の解毒機能が低下していると、化学物質が体に徐々に蓄積していきます。これらの化学物質や重金属は一度体に蓄積してしまうと取り除くのが難しいという特徴があり、放っておくと体も心も荒んでいくという結末を向えてしまいます。

体に蓄積した毒素が及ぼす悪影響


では体に毒素が溜まるとどの様な影響があるのでしょうか?
1, ホルモンバランス異常
デトックス 不妊
肝臓は毒素の解毒を常時行っていますが、多すぎる毒素で手いっぱいになると解毒機能は低下します。そうすると本来の肝臓の働きである代謝機能は悪化し、ホルモンバランスに異常をきたします。ホルモンバランスの異常により生理不順PMS更年期障害、不妊の原因となります。

また環境汚染物物質のうちBPAやダイオキシンなどはホルモン撹乱物質と呼ばれます。このホルモン撹乱物質は本来体に備わっている様々なバランスを崩してしており、女性の生理痛や生理不順、不妊、男性不妊、草食系男子慢性疲労などはこのホルモンバランスの乱れが原因のひとつです。

2, 遺伝子へのダメージ


デトックス 遺伝子ダメージ
体に蓄積した化学物質や重金属は、フリーラジカルや活性酸素を大量に放出します。このフリーラジカルを抑えるには抗酸化物質が必要になりますが、毒素が充満した状況では慢性的に抗酸化物質が不足しいます。フリーラジカルは細胞を傷つけ回るだけでなく、遺伝子にもダメージを与えてしまいます。ダメージを被った遺伝子は正常に働くことができずガン化を引き起こしてしまうのです。ここ数十年でのガン患者の急増は、環境汚染と体に蓄積した毒素の影響が多いのは紛れもない事実です。

3. 炎症の慢性化


様々な毒素は直接免疫システムを刺激して炎症反応を引き起こします。またフリーラジカルを大量に発生する毒素は抗酸化物質の不足を招きます。特に重要な抗酸化物質のグルタチオンが不足すると炎症を抑えることが困難になり、アレルギー、皮膚炎関節炎などの炎症を止めることができなくなってしまいます。こうして慢性化してしまった炎症は様々な病気(自己免疫疾患、循環器病、アルツハイマー、ガンなど)の原因となるのです。

4. 体調や体型


デトックス ダイエット
エネルギーの生産が上手に行えず疲労しがちになったり、脂肪が蓄積しやすい体になってしまいます。

体に蓄積された物質の中にオビソゲンと呼ばれる有害物質があり、脂肪細胞を増やしたり大きくする作用を持っています。このような化学物質を取り込むと、カロリーを制限しても体は脂肪を溜め込んでしまいます。

毒素の種類


デトックス 毒素
毒素、毒素、毒素?どの様な物質が毒素なのでしょうか?ここで言う毒素とはフグ、トリカブト、毒キノコなどの急性中毒を引き起こすものではありませんが、微量の物質が長年体に影響を与える毒素です。主に3種類に分けることができます。

1.環境汚染毒素


 工場、鉱山、油田からの排出
 自動車の排気ガス
 化学溶剤(ペンキ、建築素材、ドライクリーニング)
 重金属
 殺虫剤、除草剤
 放射性物質
 

2.生活汚染毒素


 ファーストフード、レトルト食品
 化粧品
 タバコ
 お酒
 カフェイン
 薬
 芳香剤、除臭剤
 洗剤、クリーニング用品
 食品添加物、合成着色料、合成保存料
 肉、乳製品(ホルモン剤、抗生物質)
 砂糖、精製食品

3.自家毒素


 デトックス 腸内細菌
細菌、カンジタ、カビの異常繁殖による代謝物
 代謝老廃物
 未消化の食品
 ストレス

次回 あなたのデトックススコアーを知りましょう。デトックスをしよう!に続きます。

デトックス 通販サイト
デトックスサプリメント
4週間のデトックスプログラムで新年を清らかに迎えましょう。

参照


Neuro Endocrinol Lett. 2013;34(1):38-46., Rev Endocr Metab Disor 18. No2 2017: 207-14., Diabetes Care 41 no. 1 2018: 193-205., Alt Med Rev 7, No. 4 2002 336-39., Adv Cancer Res 60 1993: 157-80., Am J Clin Nutr 61, no3 Suppl 1995: 6512-8s., Drug Metab Rev 47, no. 4 015: 401-5., PharmacolmRev 62, no. 1 2010: 1-96., Altn Med Rev 1998: 187-98., Mediators Inflamm 2018 2018: 4159013., Chem Res Toxicol 28 no. 1 2015: 38-42., PLos One 11, no. 2 201: e0148042., Alt med Rev 15., no. 4 2010:352-60.

リーキーガットは最近日本でも徐々に浸透してきている胃腸の疾患ですが、その症状は胃腸だけにとどまらず体の様々なエリア(ホルモン、免疫、関節、皮膚、精神など)に影響を及ぼす病気です。症状がなかなか普通の治療では良くならない、また病気の原因がよくわからない場合にリーキーガットが原因である場合もよくあります。(リーキーガットについての詳しい説明はコチラ

リーキーガットの診断は難しくゾヌリン、ラクツロース・マンニトールチャレンジというテストがありますが日本ではまだ実施している医療機関も少ないのが現実です。そこでリーキーガットのセルフチェックシートを作りました。

今のご自身の症状がなかなか普通の治療では良くならない、原因がよくわからないなどの時にはこのセルフチェックシートを使ってみてください。

リーキーガットセルフチェックシート



質問には0から3でお答えください。
全くない=0 たまに(少し)=1 時々(中程度)=2 よくある(非常に)=3

1. 疲労感に悩まされることがありますか?

2. 食物アレルギーまたは特定の食品(グルテンや乳製品など)を食べた後体調が悪くなることはありますか?

3. 発疹、皮膚のかゆみ、酒さ、にきびなどのお肌のトラブルに悩まされていますか?

4. 喘息またはアレルギー症状(花粉症、ダニ、ホコリ、犬、猫など)に悩まされていますか?

5. 副鼻腔炎または鼻づまりはありますか?

6. 腹痛、胃が重たい、消化不良などの症状に悩まされることはありますか?

7. お腹にガスがよく溜まる、ゲップやオナラがよく出ることはありますか? 

8. 下痢または便秘がありますか?

9. 過敏性腸疾患と診断された、もしくはその疑いがあると言われたことはありますか?

10. 便に粘液や血液が混じっていることはありますか?

11. 頭痛、関節や筋肉などの痛みに悩まされていますか?

12. 頭がボーッとしたり、集中力がないと感じたり、記憶力が低下していると感じることあはありますか? 

13. 感情の起伏が激しくなる、不安、気分が落ち込むなどを感じることはありますか?

14. 過去5年の間にアスピリン/イブプロフェンなどの鎮痛剤を摂りましたか?

15. 過去10年間で抗生物質を摂ったことがありますか?

16. お酒は飲みますか?

17. 睡眠時間が8時間未満のことはありますか? - または夜に目を覚ましますことはありますか?

18. お菓子などの甘いものまたはパンが無性に食べたくなることはありますか?

19. 食事または軽食がレトルト食品/加工食品またはコンビニ食などを食べることがありますか?

20. ジュース、エネルギードリンクを良く飲むまたは紅茶やコーヒー に砂糖を入れて飲むことはありますか?

21. 適正体重よりも体重が多いまたは少ないですか?

22. 化学物質(化粧品、香水、石鹸、シャンプーなど)に過敏ですか?

リーキーガットの可能性
0-10 :可能性は低い
11-20 :可能性は中
21-30 :可能性は高い
31以上:可能性は非常に高い

いかがでしたか?

このセルフチェックシートは完全なものではありませんが、ご自身の症状がリーキーガットの可能性かもしれないという判断には非常に効果的です。

リーキーガットについての治療法は過去ブログを参考にしてください。



リーキーガットを補修する成分が含まれるドクターズサプリメント
リーキーガット補修専門サプリ

リーキーガットの治療に必要な腸内細菌を整えるプロバイオティックスのドクターズサプリメント
1粒に7種類200億個以上のプロバイオティックスが腸内環境を整えます。

アレルギー物質を分解してリーキーガットを改善するドクターズサプリメント
グルテン、カゼインなどのアレルギー物質を分解してくれる消化酵素

リーキーガットを自然療法で治すクリニック
リーキーガットを自然療法で治す。ドクターオザワの自然療法クリニック
PM2.5を放出する山火事
秋になり空気が乾燥してくると共にカリフォルニアでも山火事の被害が多発してきています。この山火事の影響でアレルギー症状や喘息などの健康被害が悪化している方が多くいらっしゃいます。山火事によって空気中に大量に放出されるのが、日本でも有名なPM2.5。

ところでこのPM2.5とは?


PM2.5を大量に発生させる公害
PM2.5は冬になると中国から偏西風に乗ってやってくる物質として認識されている方も多いのではないでしょうか?PM2.5は大気中に浮遊する2.5マイクロメートル以下の極小の粒子で非常に小さいために、肺の奥深くまで入り、血液を流れ体に様々な影響を与えます。日本ではPM2.5の発生源は大気汚染と関わりのある工場からの排出、車、石炭の燃焼、タバコなどが多いのですが、カリフォルニアではこの季節山火事によって大量に空気中に放出されます。

PM2.5の体への影響


PM2.5の体への影響
● 鼻、喉、肺の粘膜にPM2.5が付着することで白血球数が増殖し粘膜は炎症を起こします。
● PM2.5は肺などから血流に入り込み心臓の鼓動にも影響を与えます。
● フリーラジカルの大量発生により抗酸化物質を大量に消費します。
● 抗酸化物質でもあり解毒成分でもあるグルタチオンの枯渇を招きます。
● グルタチオンが枯渇することで体の代謝機能が低下します。
● 炎症を引き起こすサイトカインという成分が白血球から放出され、循環器系の疾患リスクが高まるまたは症状の悪化をもたらします。
● 喘息や呼吸器疾患の発症や症状の悪化をもたらします。
● アレルギー症状が悪化します。

PM2.5の影響を減少させる方法


PM2.5の影響を予防するマスク
PM2.5の健康被害を減少させる一番の方法はPM2.5を避けることです。部屋には高性能の空気清浄機を置き、なるべく外出を避け、外出時には産業用や医療用の防塵マスクを着用することです。しかしそれだけでは、十分でなかったり、人によってはよりPM2.5の影響を受けやすい方がいます。それらの方には以下のサプリメントを摂ることでPM2.5の影響を最小限に抑える事ができます。

PM2.5の影響を減少させるサプリ


PM2.5の影響を減少させるサプリ

ビタミンB群


なかでも葉酸(メチル葉酸塩)ビタミンB6ビタミンB12(メチルコバラミン)を4週間に渡って摂取した研究によるとPM2.5の影響により悪化した不整脈を90%改善しました。また白血球数の改善も確認されました。

グルタチオン


グルタチオンにはPM2.5により大量に発生したフリーラジカルや活性酸素を無毒化し体へのダメージを軽減する働きがあります。また炎症を抑えアレルギーや喘息を改善する働きがあります。

ビタミンC、ビタミンE


ビタミンCビタミンEにはPM2.5 のうちの一つ窒素酸化物による鼻や喉粘膜の呼吸器のダメージを軽減する働きがあります。また喘息症状を改善する効果があります。ビタミンCとEは一度使用され活性を失ったグルタチオンの再生効果があることから、PM2.5によるグルタチオンの枯渇を予防効果があります。

スルフォラファン


スルフォラファンはブロッコリーなどのアブラナ科の植物に含まれる成分ですが、グルタチオンの細胞内での生産を促す働きがあります。また肝臓の解毒酵素を活性化させることで体内に吸収されたPM2.5をすばやく解毒排出する効果が高まります。

N-アセチルシステイン


N-アセチルシステインは呼吸器の炎症を抑え痰や鼻水を薄めて出しやすくする働きがあります。またPM2.5によって分泌が増加するサイトカインという炎症誘発物質の働きをブロックする効果があり、PM2.5による細胞毒性、遺伝子毒性を減少します。N-アセチルシステインはグルタチオンの原料でもあることから、継続的な摂取によりグルタチオンの枯渇を予防します。

オメガ3EPA/DHA


オメガ3には炎症を減少する効果があるだけでなく、研究によるとPM2.5による不整脈や心拍数への影響を著しく軽減しました。

PM2.5の影響を減少させるサプリの効果的な摂取方法


● メチル葉酸塩は1日2500mcg、B6は50mg、ビタミンB12は1000mcg摂ると効果的です。
● グルタチオンは1日250mg摂ると効果的です。
● ビタミンCは1日当たり500mgを3から4回、ビタミンEは400-800IU摂ると効果的です。
● スルフォラファンは1日当たり30-50mg摂ると効果的です。
● N-アセチルシステインは1日当たり400-600mgを3回摂ると効果的です。
● オメガ3は1日当たり800mgを2回摂ると効果的です。

PM2.5の影響を最小にするドクターズサプリメント販売のオンラインストアー


ビタミンB PM2.5の影響を軽減させるドクターズサプリメント
メチル葉酸塩、ビタミンB6、ビタミンB12配合でPM2.5の影響を減少

グルタチオンの抗酸化効果でPM2.5の影響を軽減させるドクターズサプリメント
グルタチオンで抗酸化

スルフォラファンの解毒機能がPM2.5の影響を軽減させるドクターズサプリメント
スルフォラファンがデトックス機能を活性化

N-アセチルシステインの抗炎症作用がPM2.5の影響を軽減させるドクターズサプリメント
N-アセチルシステインが呼吸器の炎症を抑えます

参照


Sci Rep. 2017:7:45322, Epide 2010; 21(2):198-206, Nut Rev 75(1)61-70, Am J Resp 2005; 172: 1534-1540, Env Heal re 2012; 120(7): 952-7, Clin Immu 2009; 130:244-51, Cancer Prev 2014; 7 (8): 813-823, Am J Resp 2002: 166 (5): 703-9, Clin Exp Immu 2004; 138(2): 317-22, Arch Env Heal 2001; 56(3): 242-9, Resp Phys Neuro 2011 Mar 15; 175(3):322-30, Toxi Sci 2014 Jun;139(2):427-87