doubleriverのブログ

doubleriverのブログ

自由、平等、人間愛

Amebaでブログを始めよう!

水源の一つ、小鯰沢

大館と小坂を結ぶ峠から流れる。

撮影; 2006年5月9日

One of sources,Konamazu river

The stream comes from col connecting Odate and Kossaka.

Filming; May 9  2006

 

 

市境の橋の上で 

高台にある養豚場が気になる。

 

On bridge of the border line

Hoggery on the hill bothers us,ecologists.

 

 

養豚場下の滝     

汚水が流れている。

 

Fall down hoggery

Waste water is running

 

 

 

 

 

県道の橋の下の流れ。

 

 

 

養豚場から400メートル下流。

クローズアップは遠慮した。

 

 

 

廃止された篭谷駅を通過する硫酸運搬貨車。

 

 

 


 

 

Updated 2006.5.14
RD撮影レポート
  

 
快適なルートの息苦しい通過点

鯰沢のドキュメンタリー制作を決めた理由は、二つある。水源の一つが小坂町2号スキー場と牛の放牧場にあること、大館市を流れる源流に民間の養豚場の廃水が流れ込むこと。牧場は民間の経営だと思うが、眺めのすばらしさと同じように沢の風景と流れも気持がいい。養豚場は、今まで近寄らなかった場所で、仕方なく踏切を越えてみると、滝から汚ない水が落ちてくるので、ショックを受けた。美しい自然をこういう悪意に満ちた方法で破壊するのは、国際社会の常識では許されないことである。環境基本法はどうなっているのか?大館市と秋田県は放任するべきではないだろう。

 この日は、小坂の街に下りた。幸運なことに機関車の修理作業を通りすがりに撮影できた。桜が満開の鉱山事務所で一休みした。それからどこへどこを通って行くか、いつものことだが、決まっていなかった。