REQU(リキュー) 桜井誠の有料ブログ

配信記事(100円)一覧は こちら からどうぞ!

 

行動する保守運動

http://www.koudouhosyu.info/

 

日本第一党

日本一のつぶやき毎日更新中!

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

桜井誠のインスタグラム

https://www.instagram.com/sakuraimakoto2018/

 

 

<生放送番組表>

 

Makoトーク ver.2

顔出し放送してます!

放送時間 19時~21時

https://www.youtube.com/channel/UC8i7FuzvmbaQI-93WE92jQg

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

きまぐれに政治ネタ☆

放送時間 19時~21時30分

https://whowatch.tv/profile/w:doronpa

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

REQU(リキュー) 桜井誠の有料ブログ記事 配信始めました!

配信記事(100円)一覧は こちら からどうぞ!

最新記事 マツコ・デラックス問題にみるネット界隈の病巣

 

現在、韓国をめぐって日本国内で大嫌韓が吹き荒れています。しかし、今回はそこではなく、問題の根底について考えてみたいと思います。実は韓国の反日キチガイぶりは、過去十四年間(桜井が活動を始めた時期)から何も変わっていません。というより、韓国が1948年8月13日に米軍施政下から独立を果して以降、反日を国是としてきた韓国は何も変わっていないのです。特に韓国では、朴正煕政権時代に日韓基本条約(昭和40年、1965年施行)を結んだ傍ら、ハングルのみを朝鮮語の表記と定め、朝鮮民族主義を鼓舞するなどトンデモ政策に踏み切っていたのです。しかし、実はこの時点で問題が将来起きることは想定されていました。日韓基本条約に付帯する在日地位協定(協定永住)、(する必要はありませんが)賠償金表記を避けて経済支援金とする誤魔化し…など、問題にならないほうがおかしいのです。日韓の間で何が起きたのかは、当時の条約締結交渉の内容をすでに日本側が発表していたため、日本では何時でも誰でも読むことができます。この席で、日本側が北朝鮮と韓国を分けて経済支援金(事実上の賠償金)を支払うとしてたものを、韓国側の強硬な「内政干渉」の言葉に折れ、全額を韓国側に引き渡した経緯も詳細に記述されています。しかし、このことが将来的に問題を引き起こすことは容易に想像出来るものであり、当時の外務官僚の無能ぶりがよくわかる事例です。もちろん、その日本の決定に米国の横やりが入っていたことは言うまでもないのですが。

 

かつて韓国人とこの件でやり取りをした際に、彼らはこの経緯を教えられておらず、日本側は韓国に賠償金を払っていないと寝言をほざいていたのを覚えています。そもそも、なぜ日本が韓国に賠償金を払わなければならないでしょうか?オランダの植民地から独立したインドネシアなどは、独立に際してオランダがインドネシアに投下したインフラの資金として弁償する形をとっています。日本だけが併合統治を行った地域に経済援助(事実上の賠償金)を支払う羽目になっているのです。いうまでもなく、このことは当時の世界情勢とリンクしています。すでにソ連(現ロシア)との冷戦に入っていた米国としては、防共の砦としての役割を日本と韓国に負わせており、その二国が相争う事態は極東軍事プレゼンスからも避けるべき事態だったのです。だからこそ、米国はとくに自分たちの言葉を何よりも重要視する日本政府に対して、韓国側の無理難題を受け入れるように強く迫ったのです。しかしながら、それもこれも、結果的には日本側が受け入れたものであり、最終的な責任は日本にあることを忘れてはいけません。我が国の間違った選択が、半世紀後の日本人をとことん苦しめているのです。米国の強要に唯々諾々と従い、国益よりも米国益を優先した自民党、それを支持する愚かな日本の有権者にとって作られたのが現在の日韓関係なのです。

 

しかし、95年のWindows95の発売以降、爆発的に拡大したネット社会の登場によって時代は変わりました。それまでは、パヨク勢力の独壇場ともいえる状況であり、抑え込まれてきた保守系の主張が国民の前に詳らかにされたのです。その結果、日本で一番最初に公に立って韓国を批判した桜井誠から、徐々にその傾向は拡大していき、現在ではかつて桜井が主張した台詞(パヨク曰くヘイトスッペチだそうですが)と同じ台詞を、市井の一市民でさえ発言するようになりました。政治ルポライター気取りの風俗ライター安田は悔し紛れに「日本全体が在特会のようになっているニダ!」と泣きわめく有様。これには流石に笑ってしまいましたが。もはや桜井の発言自体が全国民的な反韓言論の前に、特殊なものではなくなっており、これをヘイトスッペチとするには無理が生じているのです。私たちは、これからも自民党の親韓政策の過ち、その責任を追及するとともに、国内で沸き起こる反韓世論、大嫌韓言論とともに、韓国のこれまでの反日妄動、侮日言動について追及していきます。そのうえで、韓国という疫病神とは一日も早く関係を断ち切ることを国民に訴えていきたいと考えています。日韓断交こそが、日本の未来を創る唯一の道であることを、十四年前も、現在も同じく日本国民に訴え続けていきます。応援よろしくお願いします。

 

 

※ 後援会会員(無料)募集中!

 

 

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<行動する保守運動からのお知らせ>

 

行動する保守運動では来る9月15日(日)に
행동하는 보수 운동은 오는 9 월 15 일 (일)

日韓夢の共闘 両国民の願いを叶えるために…
第3286回
さよなら韓国!国民大行進 in 錦糸町

한일 꿈의 공투 양 국민의 소원을 이루기 위해 ...
제 3286 회
안녕 한국! 국민 대행진 in 긴시

を実施します。
つきましては韓国側の反日闘士の皆様に、このデモに共闘し韓国側で日本との断交を呼びかけるデモ、街宣など何でもよいのでやって頂ければと切に願うものです。

를 실시합니다.
제발 한국 측의 반일 투사 여러분이 시위에 공투하고 한국 측에서 일본과의 단교를 촉구 시위, 가두 선전 등 뭐든지 좋기 때문에 해 주시면 간절히 바라는 것입니다.

韓国側の反日闘士の皆さんで賛同または共闘頂ける方は
こちら (行動する保守運動のメールアドレス)のあて先までご一報ください。共に、日韓断交のために戦いましょう!

한국 측의 반일 투사 여러분에 동참하거나 공투하실 분은
여기 (행동하는 보수 운동의 이메일 주소)의 행선지까지 알려 주시기 바랍니다. 함께 일한 단교를 위해 싸웁시다!

 

 

第3286回

さよなら韓国!国民大行進 in 錦糸町

日韓両国民の願い「日韓断交」
反日妄動を繰り返す韓国とは断交あるのみ!


韓国の異常反日の実態を

国民に訴え続けてきた行動する保守運動
「韓国とは勇気をもって関係を断ち切るべき」

と十四年前の日本で初めて公の電波で発言した桜井誠の言葉の正しさを噛みしめて今ここに「さよなら韓国」を合言葉に多くの国民の結集を願います。

【集合日時】
令和元年9月15日(日)
16:00 集合

16:30 デモ隊出発

【集合場所】
錦糸公園 (水と緑と花の広場)

JR錦糸町駅北口 徒歩5分

半蔵門線錦糸町駅 4番出口 直ぐ

 

【プラカード】

行動する保守運動 プラカード原案(9種類、PDF)

http://www.koudouhosyu.info/pdfdown.html


【生放送】
当日ふわっちにて放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【主催】
行動する保守運動

【総指揮】
桜井誠

【注意事項】
※ 現場責任者・スタッフの指示に必ず従ってください
※ 公式・非公式を問わず撮影が入るため各自対応ください
※ 国旗・旭日旗・Z旗の持ち込み大歓迎
プラカード原案(9種類)のみ持ち込み可
※ 許可の無い取材は如何なる理由があってもお断りします

【取材について】
取材申し込みは9月8日(日)迄に以下のフォームから申し込むこと
申し込み後に行動する保守運動にて検討して可否をご連絡します
9月8日以降の申し込みは受付ません。

取材申し込み先
http://koudouhosyu.info/script/mailform/koudouhosyu/


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党からのお知らせ>


【残り45席】 日本第一党 山口県本部主催講演会

~ 令和の御一新 ~

 

維新のふるさと、山口県だからこそ令和の御代に日本の一新を!8月6日の広島県、8月9日の長崎県(対馬)への遠征にも参加した野沢本部長が、自身の遠征体験も交えながら来場者に熱く語る講演会になります。是非、皆様お越し下さい!

 

【受付期間】

党員、一般ともに令和元年9月29日(日)まで
※ 期限前であっても定員に達し次第受付は終了致します

【日時】
令和元年10月6日(日)
 

【場所】
下関市内
※ 会場はお申し込み後にメールにてお知らせ致します

【登壇者】
野澤純一(日本第一党 山口県本部長)
他(未定)

【講演会参加費】
お一人様
党員 2,000円
一般 2,500円

【お申し込み方法】
詳細は こちら から確認下さい!

 

【主催】
日本第一党 山口県本部

【会場責任者】
野澤純一 (日本第一党 山口県本部長)

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
会の進行を妨げる行為を行った場合
主催者側が妨害行為と判断した場合にはご退場頂きます。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

 

【残り9席】 橿原神宮参拝&飛鳥めぐり のご案内 【党員限定】

日本第一党党員限定ツアー
※ 桜井誠も参加します! ※

募集人数 30名
募集期間 令和元年7月20日(土) ~ 令和元年9月20日(金)


申し込み方法は こちら をご覧下さい!

 

 

〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇


【残り85席】 ~ Beyond yourself ~ そしてその先へ
第二回 奈良講演会


【受付期間】

党員、一般共に令和元年10月13日(日)まで

※ 申し込み期限前でも定員に達し次第受付は終了致します

【場所】
奈良県内

【申し込み方法】
こちら から詳細を確認下さい
 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(thaad)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

※ 平成30年2月13日、署名第四弾を財務省に提出済

※ 平成30年6月11日、署名第五弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

※ 平成30年2月13日、署名第五弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

せと弘幸blog 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方