人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

意味のない総選挙、として今回の衆議院解散に憤る方も多いと思います。何か国民に信を問う重要な問題があるとも思えず、確かに今回の総選挙は安倍総理の独りよがりの選挙と言われても致し方無いでしょう。そもそも、北鮮危機が高まる中で、一体なぜこの時期に選挙をしなければならないのか?という根本的な疑問に自民党が答え切れていない部分があります。安倍ンジャーズなどの無条件自民党賛美主義者らは、「いまここで北鮮危機に備えるために選挙をする必要ガー」と主張しますが、そもそも総選挙は黙っていても一年二か月後に行われ、北鮮危機が始まろうとしている今ここで選挙を行う必要がありません。そもそも、安倍政権が北鮮危機を争点に言い始めたのは、国会で馬鹿騒ぎの「モリカケ」騒動以降、他に争点がないからということで、突然言い出したことです。このような有様で、本気で自民党が国防を担える政党だとは到底思えません。結局、何のために今回の総選挙を行うのか、誰にも分らないということです。腐ったミカンばかりの自民党という政党は、とても国民が食せる状態ではありません。毎度毎度、北朝鮮のミサイルに対して遺憾砲を撃ちまくり、イカン遺憾のファックスを送りつけ、総連や朝鮮学校、パチンコなどは野放し、北鮮系金融機関も平然と国民の税金を垂れ流して助ける有様。テロ支援国家は他の誰でもない、我が国ということです。自民党政権がこのまま続けば、確実に国家を蝕み、日本は自民党という一政党によって喰い潰されるのです。

 

一方、野党はどうかと言えば、これが自民党以上にひどい有様です。民主党から民進党に名前を変えた左翼政党は、更に希望の党と立憲民主党に分かれています。国体破壊の共産党は前回総選挙の勢いはなく各地で苦戦。維新の会は存在感無く現状維持が関の山。結局のところ、今回の総選挙で彼ら野党は、パッケージだけが変わったコンビーフ、しかも賞味期限が何年も前に切れた腐敗臭漂うコンビーフでしかありません。当初こそ、マスメディアが必死で持ち上げた希望の党でしたが、東京都政をほっぽり出して各地を応援演説で回る都知事小池百合子の姿に、有権者の多くが疑問を頂き、更に二転三転する希望の党の方針に呆れ返り、彼らは支持を失いました。同党は公認候補者選定にあたり、政策協定書なるものにサインをさせて、一人当たり三百万円以上の公認料を徴収したことが分かっています。政策協定書の中には外国人参政権反対、憲法改正などが含まれていましたが、今になってこの協定書にサインをした候補者から、自分は憲法改悪には賛同出来ないと主張するもが続出し、収拾がつかない事態になっています。こうなると、もはや政策協定書なる代物が当てにならない、希望の党とはすなわち、桜井が当初から主張してきた通り、左翼新党であったことが国民の前に詳らかにされたのです。愚かな。

 

かくして、与党も野党も腐りきった中で、どうやって選ぶべきなのか?となります。選挙である以上、棄権や白紙は絶対に避けるべきであり、腐ったミカン・腐臭漂うコンビーフの中から誰かを選ばなければなりません。政党ではなく、個人に主眼を置いて、少しでも長く日本を持たせてくれる候補者に一票を投じましょう。そうすれば、必ず日本第一党の候補者が皆さんの前に登場する日が来ます。現在、日本第一党は再来年の統一地方選挙に向けて動いています。再来年と言ってももう一年半しか時間はなく、その間に公認候補の選定、一年間をかけて街頭演説や集会を通じて地元に自身の政策、日本一の政策を訴えて頂くことを目指します。こうして、地方政治で地に足を付けた戦いを行い、国政に更に足を伸ばす、極めて長いスパンで考えなければなりませんが、それでも一歩一歩地力をつけていくしかありません。我が国の政治状況の改善に特効薬はありません。このような政治状況を作ってきたのは自分たちなのだと反省し、そして反省の中から何をすべきかを各自で考えて欲しいと思います。

 

 

日本第一党 大忘年会のお知らせ

 

日本第一党 青年部・婦人部主催による『日本一の大忘年会』を開催します。年末の行事ですが、予約の関係上、すでに参加申し込み受付が始まっています。募集は党員のみですのでご注意下さい。詳細は党公式サイトから「活動告知掲示板」に進まれて、該当告知をご覧下さい。是非、桜井の素晴らしい歌声を生で聞きましょう!

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

【残り51席】 第2回日本第一党関西党員勉強会

 

※ 党員限定勉強会

 

日本第一党では大阪市ヘイトスピーチ規制条例についての勉強会を開催致します。勉強会へ参加希望の方は、党公式サイトから詳細を確認の上、お早めにお申し込み下さい。勉強会の講師は瀬戸弘幸最高顧問ほか、荒巻靖彦大阪府本部長、西村斉京都府本部長らが務めます。

 

※ 申し込み期限 平成29年10月3日(火)~10月27日(金)

 

【日程】

平成29年11月中

 

【場所】

大阪府内

 

【参加費】

おひとり様 1,000円

 

【座席数(残席)】
90席(51席)
※ 10月18日現在

 

【主催】

日本第一党 大阪府本部、京都府本部

 

 

【残り61席】 「ふぐ・フク・福来る、まこと来る」山口講演会

明治維新150年を直前にして、あの桜井誠が長州山口の地に降り立ち、安倍ンジャーズを斬って斬って斬りまくります!

※ 受付期間 党員先行受付になります

※ 詳細は公式サイトで確認下さい

【党員】 平成29年10月1日(日)~11月26日(日)
【一般】 平成29年10月15日(日)~11月26日(日)

※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します

【日時】
平成29年12月3日(日)

【場所】
山口県宇部市内
※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します

【予定】
受付開始
注意事項
開会の挨拶

国歌斉唱

<講演会第一部>

講演 久芳秀人(日本第一党 山口県本部長)
『至誠に悖(もと)るなかりしか』

講演 先崎玲(日本第一党 副党首)

『平成の先駆者は、何処に』

講演 桜井誠(日本第一党 党首)
『已むに已まれぬ大和魂』



<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+先崎玲+久芳秀人 
『嫌われ長州の意地を見せつけよう!』

  
質疑応答  
閉会挨拶

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

【懇親会参加費】
お一人様 4,000円
※ 事前にお申し込み下さい

【座席数(残席)】
80席(61席)
※ 10月18日現在

 

【主催】
日本第一党 山口県本部

【会場責任者】
久芳秀人 (日本第一党 山口県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

統一地方選挙に向けて動き出した日本第一党

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

日本第一党では再来年の四月に行われる統一地方選挙に向けて動き出しています。選挙対策チーム(幹事局、選挙対策委員会、選挙情報分析局)が、統一地方選挙の候補者募集の準備に入り、また統一地方選挙に合わせた政策協定・公約の検討などを行っています。公認候補については、応募された方(党員)の情報は各地の地方本部に送られ検討されます。検討後、幹事局で出馬させるかどうかの最終的な判断が下ります。その後の公認証書授与式を経て、統一地方選挙の各候補者は一年をかけて、街頭演説、チラシ配り、集会などを通じて自らの政策を訴え、選挙に臨むのです。世間では総選挙一色ですが、統一地方選挙まで残り一年半しかありません。この状況で、各地の地方政治に日本第一党を食い込ませることを第一目標として戦って参ります。

 

地方選挙は選挙期間が一週間と極端に短いため、通常、選挙期間前にどれだけ自身の政治的主張を周知出来るかが勝敗の分かれ道と言われています。そのため、日本第一党では、今後半年間(来年三月迄)で候補者を選定し、その後の一年間で候補者自身の政治的主張、日本第一党の主張を浸透させたいと考えています。ここからが本番の戦いです。駅頭で候補者と共に戦ってくれる人、チラシ配り・ポスティングを行う人、自宅にポスターを貼ってくれる人など、多くの人たちの協力で選挙は行われます。まだまだ出来たばかりの政党ですが、ぜひ皆様のご支持ご支援をよろしくお願いします。

 

 

<ブログについてのお知らせ>

 

日頃より拙ブログを楽しみにご覧になられている読者の皆さんには心より御礼申し上げます。所用により、明日14日(土)から17日(火)までの四日間、ブログを休載させて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。

 

 

日本第一党 大忘年会のお知らせ

 

日本第一党 青年部・婦人部主催による『日本一の大忘年会』を開催します。年末の行事ですが、予約の関係上、すでに参加申し込み受付が始まっています。募集は党員のみですのでご注意下さい。詳細は党公式サイトから「活動告知掲示板」に進まれて、該当告知をご覧下さい。是非、桜井の素晴らしい歌声を生で聞きましょう!

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

10.14 日本第一党北海道本部 札幌支部設立記念公演
コレカラハジマル 日本第一党 北海道本部 札幌支部


【司会進行】
道本部 婦人部長 小玉典子

★国民儀礼  道本部 副本部長 渡邊喜楽
★札幌支部役員発表  道本部 幹事長 鈴木晶
★役員決意表明  各役員

★記念講座
①私の一番大切にしているもの 
  道本部 幹事長 鈴木晶

②圧倒的多数の愚民に支えられる選挙
   道本部 副本部長 渡邊喜楽

③コレカラハジマル日本第一党が目指すもの
   副党首 高橋阿矢花

★座談会(討論会)
来場者全員参加

【日時】
平成29年10月14日(土) 
開場17:30 開演18:00~20:00頃まで

【場所】
かでる2.7 920会議室
(札幌市中央区北2条西7丁目)

【参加資格】
どなたでも
※申し込み不要

【会場整理費】
党員 500円
未党員 1000円

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
渡邊喜楽(道本部事務局長)
090-1302-0103

【お願い他】
※当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
※著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず、現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。
※公演終了後、別会場にて直会(懇親会)を予定しております。会場等は当日ご案内いたします。
※予告なく、当日プログラムを変更する場合があります。

 

 

【残り55席】 第2回日本第一党関西党員勉強会

 

※ 党員限定勉強会

 

日本第一党では大阪市ヘイトスピーチ規制条例についての勉強会を開催致します。勉強会へ参加希望の方は、党公式サイトから詳細を確認の上、お早めにお申し込み下さい。勉強会の講師は瀬戸弘幸最高顧問ほか、荒巻靖彦大阪府本部長、西村斉京都府本部長らが務めます。

 

※ 申し込み期限 平成29年10月3日(火)~10月27日(金)

 

【日程】

平成29年11月中

 

【場所】

大阪府内

 

【参加費】

おひとり様 1,000円

 

【座席数(残席)】
90席(55席)
※ 10月13日現在

 

【主催】

日本第一党 大阪府本部、京都府本部

 

 

【残り68席】 「ふぐ・フク・福来る、まこと来る」山口講演会

明治維新150年を直前にして、あの桜井誠が長州山口の地に降り立ち、安倍ンジャーズを斬って斬って斬りまくります!

※ 受付期間 党員先行受付になります

※ 詳細は公式サイトで確認下さい

【党員】 平成29年10月1日(日)~11月26日(日)
【一般】 平成29年10月15日(日)~11月26日(日)

※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します

【日時】
平成29年12月3日(日)

【場所】
山口県宇部市内
※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します

【予定】
受付開始
注意事項
開会の挨拶

国歌斉唱

<講演会第一部>

講演 久芳秀人(日本第一党 山口県本部長)
『至誠に悖(もと)るなかりしか』

講演 先崎玲(日本第一党 副党首)

『平成の先駆者は、何処に』

講演 桜井誠(日本第一党 党首)
『已むに已まれぬ大和魂』



<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+先崎玲+久芳秀人 
『嫌われ長州の意地を見せつけよう!』

  
質疑応答  
閉会挨拶

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

【懇親会参加費】
お一人様 4,000円
※ 事前にお申し込み下さい

【座席数(残席)】
80席(68席)
※ 10月13日現在

 

【主催】
日本第一党 山口県本部

【会場責任者】
久芳秀人 (日本第一党 山口県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

情けない韓国の通貨スワップ事情

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

韓国が各国との通貨スワップに懸命ですが、日本を筆頭に国際取引通貨(ハードカンレシー)国とのスワップが出来ずにいます。まず何故、自称外貨保有高3848億ドルの韓国が他国との通貨スワップに懸命なのでしょうか?もちろん、自称であって実際の外貨補修高額が違うというのもあるかも知れませんが、それを言うと、その時点でこの話題は終わってしまうため、一応韓国の「自称」を認めて話を進めましょう。この外貨保有高というのは、総額であって自由に引き出しできるお金ではありません。例えば、他国の国債(大半がこれですが)を外貨保有高にカウントしているわけですが、通常米国の国債を買うのです。なぜ米国なのか?といえば、米国はドルという国際基軸通貨を発行する国です。その米国が発行している国債ですので、まず貸し倒れということがなく安全な国債だと認識されているからです。こうした理由から国債としての人気は高いのですが、反面利率が低いのが難点です。韓国では、米国以外の国、かなり投機的な国債を保有しており、額面上は3848憶ドルもの外貨保有高を誇っていますが、実態は危険視されているのです。つまり、国債が突然ある日紙くずになる、その代わり利率が高いという代物です。韓国が何故このような投機的国債に手を出したのかは、別の機会に譲るとして、今現在の韓国の外貨保有高というのは有って無きが如しものだと考えて下さい。

 

そして、現在は忘れてしまったかのような韓国ですが、20年前には韓宝鉄鋼(現、現代製鉄)の倒産を機に起きた経済危機を経験しています。この時はIMF(国際通貨基金)が韓国経済を統制する形で何とか乗り切りましたが、予算一つまともに通せない事態に、韓国では「国辱」として一種のトラウマになった事件でした。もっとも、この時、韓国を救ったのはIMFではなく、日本からの巨額の支援金だったのですが、そんなことは一切韓国では教えられていないようです。このトラウマを受けてIMFの管理下に韓国を置かないと決意した韓国は、その後、各国との通貨スワップに奔走します。これは、さらにその後リーマンショックからアジア通貨危機が発生し、日本を除く各国において外貨が足りない騒ぎが起きたためです。この時、またまた韓国を助けたのが、日本からの支援だったのです。外貨を回してくれた日本に感謝どころか、もっと寄越せと喚き散らす韓国という下劣な国家を助ける意味があったのか?疑問を感じずにはいられません。

 

とまれ、外貨が足りなくなり通貨危機が起きたことは事実です。そのため、何とか危機を乗り越えた韓国は、少しでも外貨保有高を増やそうと米国債ではなく、投機的な国家の国債を購入するようになったのです。また、この場合、特に国債である以上、現金に変える場合、市場を通じて国債の放出になるのですが、ただでさえ投機的国債は敬遠されがちであり、巨額の資金が必要になった際にすぐに準備出来る訳ではないことがお分かりなると思います。そこで、通貨危機を踏まえて、各国で万が一の時には互いの持つ外貨を融通し合う通貨スワップが締結されていったのです。この場合、ドルなどのハードカレンシーを直接スワップする方式、そして自国通貨同士をスワップする方式などがありますが、韓国は後者を選択していることが多いようです。ところが、ここにきて問題が発生しているのです。まず、そのハードカレンシーの大本の国家、即ち米国ですが、韓国との通貨スワップ協定が終了して以降、再締結には極めて冷淡な対応をとっているとされています。そして、日本とはいわずもがな、日韓通貨スワップの話もありましたが、拙ブログでも反対署名を集めて半年に一度、財務省を訪れています。特に歴史問題、慰安婦問題で日韓の溝が深まるのに比例して、日韓通貨スワップの話も遠のいているのです。

 

韓国に最も近い、両国が韓国とのスワップ締結を拒んでいる、このことに韓国も焦り、最近では支那との通貨スワップ(ウォンと元の取引協定)延長に極めて敏感に反応しているようです。稚拙な韓国外交は支那政府に足元を見られる結果につながっています。二度にわたる韓国経済を根底から揺るがす経済危機、そのたびごとに救ってきた日本。しかし、その恩義に報いるどころか、逆に日本を濡れ落ち葉扱いし、最後は日本が救ってくれると勘違いを深める韓国の馬鹿さ加減にいい加減うんざりしている日本人も多いことでしょう。もっとも、この勘違いの責任は、大半は日本にあります。不要な手助けで相手が増長しているのに、更に助けてしまうお人好し国家から卒業し、日本に敵対の牙をむく国家に対しては、絶対に手助けはしないという意思表示を行う必要があるのです。不手際続きの日韓外交ですが、もうそろそろ日本も大人になって、韓国謝絶、韓国との断交を真剣に考えるべき時に来ているのではないでしょうか?

 

 

日本第一党 大忘年会のお知らせ

 

日本第一党 青年部・婦人部主催による『日本一の大忘年会』を開催します。年末の行事ですが、予約の関係上、すでに参加申し込み受付が始まっています。募集は党員のみですのでご注意下さい。詳細は党公式サイトから「活動告知掲示板」に進まれて、該当告知をご覧下さい。是非、桜井の素晴らしい歌声を生で聞きましょう!

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

10.14 日本第一党北海道本部 札幌支部設立記念公演
コレカラハジマル 日本第一党 北海道本部 札幌支部


【司会進行】
道本部 婦人部長 小玉典子

★国民儀礼  道本部 副本部長 渡邊喜楽
★札幌支部役員発表  道本部 幹事長 鈴木晶
★役員決意表明  各役員

★記念講座
①私の一番大切にしているもの 
  道本部 幹事長 鈴木晶

②圧倒的多数の愚民に支えられる選挙
   道本部 副本部長 渡邊喜楽

③コレカラハジマル日本第一党が目指すもの
   副党首 高橋阿矢花

★座談会(討論会)
来場者全員参加

【日時】
平成29年10月14日(土) 
開場17:30 開演18:00~20:00頃まで

【場所】
かでる2.7 920会議室
(札幌市中央区北2条西7丁目)

【参加資格】
どなたでも
※申し込み不要

【会場整理費】
党員 500円
未党員 1000円

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
渡邊喜楽(道本部事務局長)
090-1302-0103

【お願い他】
※当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
※著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず、現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。
※公演終了後、別会場にて直会(懇親会)を予定しております。会場等は当日ご案内いたします。
※予告なく、当日プログラムを変更する場合があります。

 

 

【残り56席】 第2回日本第一党関西党員勉強会

 

※ 党員限定勉強会

 

日本第一党では大阪市ヘイトスピーチ規制条例についての勉強会を開催致します。勉強会へ参加希望の方は、党公式サイトから詳細を確認の上、お早めにお申し込み下さい。勉強会の講師は瀬戸弘幸最高顧問ほか、荒巻靖彦大阪府本部長、西村斉京都府本部長らが務めます。

 

※ 申し込み期限 平成29年10月3日(火)~10月27日(金)

 

【日程】

平成29年11月中

 

【場所】

大阪府内

 

【参加費】

おひとり様 1,000円

 

【座席数(残席)】
90席(56席)
※ 10月12日現在

 

【主催】

日本第一党 大阪府本部、京都府本部

 

 

【残り68席】 「ふぐ・フク・福来る、まこと来る」山口講演会

明治維新150年を直前にして、あの桜井誠が長州山口の地に降り立ち、安倍ンジャーズを斬って斬って斬りまくります!

※ 受付期間 党員先行受付になります

※ 詳細は公式サイトで確認下さい

【党員】 平成29年10月1日(日)~11月26日(日)
【一般】 平成29年10月15日(日)~11月26日(日)

※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します

【日時】
平成29年12月3日(日)

【場所】
山口県宇部市内
※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します

【予定】
受付開始
注意事項
開会の挨拶

国歌斉唱

<講演会第一部>

講演 久芳秀人(日本第一党 山口県本部長)
『至誠に悖(もと)るなかりしか』

講演 先崎玲(日本第一党 副党首)
『未定』

講演 桜井誠(日本第一党 党首)
『已むに已まれぬ大和魂』



<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+先崎玲+久芳秀人 
『嫌われ長州の意地を見せつけよう!』

  
質疑応答  
閉会挨拶

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

【懇親会参加費】
お一人様 4,000円
※ 事前にお申し込み下さい

【座席数(残席)】
80席(68席)
※ 10月12日現在

 

【主催】
日本第一党 山口県本部

【会場責任者】
久芳秀人 (日本第一党 山口県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

総選挙が公示され、12日間に及ぶ衆議院選挙がスタートしました。そして、そのスタート直後に発表された世論調査、政党支持率(NHK発表)を見る限り、野党自滅、自民一強の状況は変わり様がないことが分かります。

 

<支持率調査結果>

自民党31.2%、希望の党4.8%、公明党3.8%、共産党2.7%、立憲民主党4.4%、維新の会1.3%、社民党0.5%、日ころ0%、支持政党なし39.1%

 

今回の選挙(個人的には意味のない選挙だと思いますが)において、自民党の強さが当初から報じられてきました。そこで各メディアが何としても野党陣営を国民に売り込もうと、例えば売国の左翼、希望の党をさも保守政党のような振りをして報じたり、反日極左の立憲民主党が大人気と煽ってきました。まさに、あの手この手で野党の応援をしてきたわけですが…結果は、総選挙より一足早く惨敗です。野党の危険性を国民もしっかりみているということです。だからといって、自民党(そして公明党)は亡国の中道左派であることに変わりは無く、保守政党など存在しないのが実態ですが。

 

ここで注目すべきは、「支持政党なし」と答えた39%もの有権者です。実は政党支持率の中で、もっとも多かった答えが、この無党派層なのです。この無党派層をどう取り込むのかが、今次選挙の要となりそうですが、「もりかけ」連呼ではどうにもならないでしょう。そもそも、国防や外交について語れる政治家が一人もいません。北鮮危機で日本人の命が脅かされている時に「もりかけ一丁」などと馬鹿をやっている我が国です。国民に危機に対して国家はどのように対応するのか、また北朝鮮が暴発した場合に私たちはどのように動けばいいのか?日本にある北朝鮮の下部組織、総連や朝鮮学校、朝鮮系金融機関などどのように取り扱うべきなのか?など国防問題で国民に語らなければならないことが山のようにあります。山のようにありますが、そもそも北鮮危機を政治家が理解していないのが現状であり、十年以上前から朝鮮人の危険性、北朝鮮の暴発の可能性など現在に至る北朝鮮問題を市井の中で唯一指摘してきたのは桜井ただ一人でした。あれから十年以上経って、ようやく自称「専門家」の皆さんが登場し、官邸に助言を与えていますが、時期を逸したと考えてよいと思います。

 

そして、外交問題では、国民に対して「日韓合意」について率直に詫びなければなりません。韓国との間に一昨年の12月28日に結ばれたこの合意は、我が国の父祖の名誉を著しく傷つけ、強姦魔だ殺人鬼だと罵るに等しい合意です。存在しない慰安婦問題を認め、韓国に頭を下げただけではなく、国民の血税十億円を拠出したことについて、二年が経過していますが何らとして政府は国民に説明をしようとしていないのです。恐らく、安倍晋三という政治家は日本という国に対して思いれがそれほどないのでしょう。でなければ、我が国の父祖に全責任を負わせ、現代に生きる自分はのうのうと生活をする、とても保守とはいえないことをやれるはずがないのです。そう考えれば、この日韓合意を結んだ理由も見えてきます。慰安婦問題で徐々にエスカレートしていた朴槿惠に対し、日本側が頭を下げて(事実上の)賠償金もくれてやるから、日韓の関係改善に尽くしてくれよ、というものだったのでしょう。もちろん、そこには米国の意思も働いていたと思いますが。

 

官邸に韓国、朝鮮半島の専門家が誰一人いない証拠です。彼らの性質を考えれば、このような合意は、日本をあることないこと誹謗中傷している韓国人に対して、免罪符を与えたようなものであり、より一層慰安婦問題が拡大することになる、ことを予測できた専門家が誰一人いなかったのです。日韓合意は失敗しました。韓国が合意を順守する意思がなかったのが原因ですが、何よりも我が国の父祖に対してあまりにも酷い一方的な合意を結んだことに対して、安倍総理は国民に心からの謝罪を表明し、直ちに日韓合意を撤回する必要があります。しかし、こうした安倍総理の韓国或いは韓国人の背景に対する無識さが原因とは言え、自民党の中らでさえ誰一人、この重要な外交問題について言挙げする政治家、安倍総理に対し「怒る」政治家が存在しないのです。自民党が決して保守政党ではなく、中道左派だというのがお分かりになったでしょう。

 

今回の選挙は亡国の中道左派、売国の左翼、極左暴力集団という絶望の中からよりマシな絶望を選ぶ、最悪の選挙になります。しかし、どんなに寒く厳しい冬が続いても、必ず春は訪れます。春の訪れを知るからこそ、人は冬に立ち向かい、決して希望をすてなかったのです。今、我が国は左派勢力によって喰い荒らされ、そして荒らされ続けています。しかし、この状況を変えるべく、今この瞬間も日本第一党の党員が各地で懸命に頑張っています。今回の選挙には間に合いませんでしたが、当初の予定通り、一年半後に行われる統一地方選挙に全力を尽くして頑張りたいと思います。春の日差しを信じて、心ある日本国民は共に、この厳冬と戦いましょう!

 

 

日本第一党 大忘年会のお知らせ

 

日本第一党 青年部・婦人部主催による『日本一の大忘年会』を開催します。年末の行事ですが、予約の関係上、すでに参加申し込み受付が始まっています。募集は党員のみですのでご注意下さい。詳細は党公式サイトから「活動告知掲示板」に進まれて、該当告知をご覧下さい。是非、桜井の素晴らしい歌声を生で聞きましょう!

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

10.14 日本第一党北海道本部 札幌支部設立記念公演
コレカラハジマル 日本第一党 北海道本部 札幌支部


【司会進行】
道本部 婦人部長 小玉典子

★国民儀礼  道本部 副本部長 渡邊喜楽
★札幌支部役員発表  道本部 幹事長 鈴木晶
★役員決意表明  各役員

★記念講座
①私の一番大切にしているもの 
  道本部 幹事長 鈴木晶

②圧倒的多数の愚民に支えられる選挙
   道本部 副本部長 渡邊喜楽

③コレカラハジマル日本第一党が目指すもの
   副党首 高橋阿矢花

★座談会(討論会)
来場者全員参加

【日時】
平成29年10月14日(土) 
開場17:30 開演18:00~20:00頃まで

【場所】
かでる2.7 920会議室
(札幌市中央区北2条西7丁目)

【参加資格】
どなたでも
※申し込み不要

【会場整理費】
党員 500円
未党員 1000円

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
渡邊喜楽(道本部事務局長)
090-1302-0103

【お願い他】
※当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
※著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず、現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。
※公演終了後、別会場にて直会(懇親会)を予定しております。会場等は当日ご案内いたします。
※予告なく、当日プログラムを変更する場合があります。

 

 

【残り56席】 第2回日本第一党関西党員勉強会

 

※ 党員限定勉強会

 

日本第一党では大阪市ヘイトスピーチ規制条例についての勉強会を開催致します。勉強会へ参加希望の方は、党公式サイトから詳細を確認の上、お早めにお申し込み下さい。勉強会の講師は瀬戸弘幸最高顧問ほか、荒巻靖彦大阪府本部長、西村斉京都府本部長らが務めます。

 

※ 申し込み期限 平成29年10月3日(火)~10月27日(金)

 

【日程】

平成29年11月中

 

【場所】

大阪府内

 

【参加費】

おひとり様 1,000円

 

【座席数(残席)】
90席(56席)
※ 10月11日現在

 

【主催】

日本第一党 大阪府本部、京都府本部

 

 

【残り68席】 「ふぐ・フク・福来る、まこと来る」山口講演会

明治維新150年を直前にして、あの桜井誠が長州山口の地に降り立ち、安倍ンジャーズを斬って斬って斬りまくります!

※ 受付期間 党員先行受付になります

※ 詳細は公式サイトで確認下さい

【党員】 平成29年10月1日(日)~11月26日(日)
【一般】 平成29年10月15日(日)~11月26日(日)

※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します

【日時】
平成29年12月3日(日)

【場所】
山口県宇部市内
※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します

【予定】
受付開始
注意事項
開会の挨拶

国歌斉唱

<講演会第一部>

講演 久芳秀人(日本第一党 山口県本部長)
『至誠に悖(もと)るなかりしか』

講演 先崎玲(日本第一党 副党首)
『未定』

講演 桜井誠(日本第一党 党首)
『已むに已まれぬ大和魂』



<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+先崎玲+久芳秀人 
『嫌われ長州の意地を見せつけよう!』

  
質疑応答  
閉会挨拶

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

【懇親会参加費】
お一人様 4,000円
※ 事前にお申し込み下さい

【座席数(残席)】
80席(68席)
※ 10月11日現在

 

【主催】
日本第一党 山口県本部

【会場責任者】
久芳秀人 (日本第一党 山口県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 
 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

米国で論争になっている国旗・国歌問題で、マイク・ペンス米副大統領は8日、地元の中西部インディアナ州で行われたナショナル・フットボール・リーグの試合で、一部の選手が国歌演奏の際に片膝をついた(国旗・国家への抗議)ことを受けて観戦を中断し、退場しました。この片膝をつく行為は人種差別への抗議の意思表示とのことですが、まず何より「スポーツと政治は別」ではなかったのでしょうか?もちろん、こんなお為ごかしを、そのまま受け取っている人はいないでしょう。しかし、いわゆるパヨクと呼ばれる反国家・反政府主義の輩は、自分たちの都合がいい時だけ、この言葉を持ち出し、都合が悪くなると知らん顔の状態なのです。さて、米国でのこの問題は、やはりというべきか、トランプ大統領が絡んでいます。トランプ大統領は、このスポーツ界で起きている人種差別への抗議自体は認めているようですが、国旗・国家への侮辱は絶対に許さないと態度を硬化させています。ペンス副大統領が観戦を中断して、同行していた夫人ともども球場を後にした彼に対し、「ペンス副大統領には片膝をついてわが国を侮辱する選手がいれば退場するように要請していた。彼と(共に退場した)夫人を誇りに思う」とツイートしています。

 

事の是非はともかくとして、トランプ大統領の「国旗や国家への侮辱は絶対に許さない」とする対応には好感が持てます。我が国の現状をみるにつけ、特にそう感じずにはいられないのです。子供たちに物の道理を教えるはずの教師が、自分たちの思想信条はともかく、日の丸・君が代に敬意を払わず、国旗国歌法が出来ているにも関わらず平然とこれらを無視をする有様です。まず社会に出れば、自分の思想信条に合わない場合でも、行動を求められることもあります。思想信条に合わないから「やらない」「出来ない」というのであれば、会社をクビになるのがオチでしょう。だからこそ、教師としてまず日の丸を掲揚し、国歌(君が代)を教えるべきなのです。社会のルールを教えるのが教師の役割のはずですが、我が国では率先して教師がルールを無視して、教育委員会から処分を喰らうことをまるで誇りとでもいうような態度で臨み、挙句裁判まで起こすのですから、我が国の教育が腐っていくのも当然と言えるでしょう。社会のルールを守れないのであれば、教師を辞めて愚連隊にでも入ればいいのです。もっとも、その愚連隊の方が日の丸を掲げていたりするのですが…。

 

国旗・国歌ともに国を象徴するものです。だからこそ、大切に扱うべきであり、どうしても日の丸が嫌だ、君が代が嫌だという左の御仁は、まず日本人を辞めては如何でしょうか?貴方たちが大嫌いな日の丸や君が代を大多数の国民は支持しています。民主主義の原則に則るなら、大多数の意見に従うのが筋であるはずです。また、それでも日の丸や君が代を変えたい、というのであれば、日の丸や君が代に代わる代替案を国民に提案すればいいのです。何を持ってくるのか知りませんが、日本人はそんなものに賛同するとも思えませんが。どうしても、嫌だというのなら、最初からその席に参加しない、参加する以上は式典を主催する側の主旨に賛同したのと同じであり、議事進行に支障が出ないように努めるのが参加者の義務です。結局のところ、こうした左、もっと端的に言えば共産主義者たちは、自分たちが気に入らないからヤメロと騒いでるだけなのです。他の人間が、どう感じようが自分たちには関係ない、それが彼らの本音の部分なのでしょう。

 

日本を破壊すると宣言して、日々国体破壊に余念のない共産主義者たちですが、しかし不思議なことに、そこまで嫌いな日本という国家から出ていこうとしません。この様子は、どこかでみた風景…そう、在日と同じなのです。日本を憎み、日本に抗議し、日本に謝罪と賠償を求める、そんな生き方は日本人にとってハタ迷惑なので、同胞愛に満ち溢れた半島に帰れ!というと、それは差別だと騒ぎ立てるのが在日という生物なのです。半島は同胞愛に満ち溢れていないのでしょうか?そして、これと同じ構図が、共産主義者ら反日主義の輩です。彼らは日本が嫌いだと言いながら、石にかじりついても日本から出ていこうとしません。世界には彼らが理想とする共産主義を標榜する国家(実際は社会主義国家)、例えばロシアや支那、或いはキューバといった国があるのですが、それらの国に行こうとしないのです。もっとも、これらの国では日本人というだけで逮捕・勾留の可能性がありますが。とまれ、日本人にとって日本が一番だということは、こうした反日分子が証明しているのです。国旗・国歌から見えてくる愛国心、国を想う気持ちをもう一度確認して欲しい願います。

 

 

日本第一党 大忘年会のお知らせ

 

日本第一党 青年部・婦人部主催による『日本一の大忘年会』を開催します。年末の行事ですが、予約の関係上、すでに参加申し込み受付が始まっています。募集は党員のみですのでご注意下さい。詳細は党公式サイトから「活動告知掲示板」に進まれて、該当告知をご覧下さい。是非、桜井の素晴らしい歌声を生で聞きましょう!

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

10.14 日本第一党北海道本部 札幌支部設立記念公演
コレカラハジマル 日本第一党 北海道本部 札幌支部


【司会進行】
道本部 婦人部長 小玉典子

★国民儀礼  道本部 副本部長 渡邊喜楽
★札幌支部役員発表  道本部 幹事長 鈴木晶
★役員決意表明  各役員

★記念講座
①私の一番大切にしているもの 
  道本部 幹事長 鈴木晶

②圧倒的多数の愚民に支えられる選挙
   道本部 副本部長 渡邊喜楽

③コレカラハジマル日本第一党が目指すもの
   副党首 高橋阿矢花

★座談会(討論会)
来場者全員参加

【日時】
平成29年10月14日(土) 
開場17:30 開演18:00~20:00頃まで

【場所】
かでる2.7 920会議室
(札幌市中央区北2条西7丁目)

【参加資格】
どなたでも
※申し込み不要

【会場整理費】
党員 500円
未党員 1000円

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
渡邊喜楽(道本部事務局長)
090-1302-0103

【お願い他】
※当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
※著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず、現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。
※公演終了後、別会場にて直会(懇親会)を予定しております。会場等は当日ご案内いたします。
※予告なく、当日プログラムを変更する場合があります。

 

 

【残り57席】 第2回日本第一党関西党員勉強会

 

※ 党員限定勉強会

 

日本第一党では大阪市ヘイトスピーチ規制条例についての勉強会を開催致します。勉強会へ参加希望の方は、党公式サイトから詳細を確認の上、お早めにお申し込み下さい。勉強会の講師は瀬戸弘幸最高顧問ほか、荒巻靖彦大阪府本部長、西村斉京都府本部長らが務めます。

 

※ 申し込み期限 平成29年10月3日(火)~10月27日(金)

 

【日程】

平成29年11月中

 

【場所】

大阪府内

 

【参加費】

おひとり様 1,000円

 

【座席数(残席)】
90席(57席)
※ 10月10日現在

 

【主催】

日本第一党 大阪府本部、京都府本部

 

 

【残り68席】 「ふぐ・フク・福来る、まこと来る」山口講演会

明治維新150年を直前にして、あの桜井誠が長州山口の地に降り立ち、安倍ンジャーズを斬って斬って斬りまくります!

※ 受付期間 党員先行受付になります

※ 詳細は公式サイトで確認下さい

【党員】 平成29年10月1日(日)~11月26日(日)
【一般】 平成29年10月15日(日)~11月26日(日)

※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します

【日時】
平成29年12月3日(日)

【場所】
山口県宇部市内
※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します

【予定】
受付開始
注意事項
開会の挨拶

国歌斉唱

<講演会第一部>

講演 久芳秀人(日本第一党 山口県本部長)
『至誠に悖(もと)るなかりしか』

講演 先崎玲(日本第一党 副党首)
『未定』

講演 桜井誠(日本第一党 党首)
『已むに已まれぬ大和魂』



<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+先崎玲+久芳秀人 
『嫌われ長州の意地を見せつけよう!』

  
質疑応答  
閉会挨拶

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

【懇親会参加費】
お一人様 4,000円
※ 事前にお申し込み下さい

【座席数(残席)】
80席(68席)
※ 10月10日現在

 

【主催】
日本第一党 山口県本部

【会場責任者】
久芳秀人 (日本第一党 山口県本部長)

【生放送】
ふわっち・ツイキャスにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01
http://twitcasting.tv/doronpa01/

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<新刊のお知らせ>

 

『 日本第一党宣言 』 (桜井誠著、1296円、青林堂)

平成29年5月20日より発売です!

 

 

Amazon書籍ランキング

政党部門 1位

日本の政治部門 1位

 

日本第一主義、ジャパンファーストの神髄が詰まった一冊です。日本で一番早くジャパンファーストの旗を掲げて戦った桜井誠の都知事選後の心境の変化も書き綴っています。日本に蔓延る○○ファーストの先駆けとなったジャパンファーストは、どうして生まれたのか?なぜ日本第一主義、ジャパンファーストを掲げて戦ったのか?など様々疑問に答える一冊に仕上がりました。

 

日本を取り巻く各論、豊洲問題、外国人生活保護問題、外国人による健康保険のタダ乗り状態問題など、ジャパンファーストの見地からバッサリ斬りこむ大胆な主張。この一冊で「日本の問題点の解決法」「日本第一党は何故出来たのか」など多くのことが分かります。

 

全国の書店、Amazonなどのブックサイトで発売中です。まだご購読されていないブログ読者の皆さまは是非、この機会にお買い求め頂ければと思います。平成29年5月20日から発売の『 日本第一党宣言 』を宜しくお願いします。


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方