人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

 

 

<生放送番組表>

Good Morning Japan !!

毎週 月曜日~金曜日 放送

放送時間 6時~7時

 

番組への人生相談、感想などは

goodmorningjapan2017@gmail.com まで

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

毎週 水曜日、土曜日 放送

放送時間 19時~21時

 

番組アドレス

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

本日、14:15から日本第一党 北海道本部主催で『 桜井誠 北海道キャラバン in 札幌 』をお届けします。どなたでも参加頂ける講演会です。今回は「保守らしきものとの決別」というタイトルを頂戴しての講演となります。保守とは何だろう?ともう一度考えることも必要なのではないでしょうか?少なくとも、自分のご先祖さんたちに汚名を着せて、のうのうと今を生きる人間を保守とは絶対に呼ばないはずです。ところが、現在はこうした口先保守、「悪いのは全部ご先祖」とやる輩が堂々と保守を名乗り、先祖の名誉を守ろうとする者を詰り倒すあべこべの現象が起きています。この状況に喝をいれるべく、改めて札幌の地で講演会を開催いたします。皆さま、是非現地でお会いしましょう!

 

 

桜井誠 北海道キャラバン in 札幌 
コレカラハジマル「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY 第2弾

日本第一党 党首 桜井誠が 満を持して 
最高のエンターテイメントをお届けいたします。

Progressor:小玉典子(道本部婦人部長)
※プログラムは予告なく変更される場合があります。

〇国民儀礼 相馬一公(道本部札幌支部長)

〇開会の辞 渡邊喜楽(道本部副本部長)    

〇Guest Speech

1.鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)
2.高橋阿矢花  (日本第一党 副党首)

〇Main performance
「保守らしきものと決別せよ」
~道の彼方にあるPROMISED LAND~

桜井誠 (日本第一党 党首)

〇事務局通信

〇閉会の辞 鈴木晶(道本部幹事長)

【日時】
平成29年12月9日(土)
14:15開場 14:30スタート

【場所】
TKP札幌ビジネスセンター
カンファレンスルーム5-B (96名定員)

札幌市中央区北3条西3丁目1-44
ヒューリック札幌ビル5F

※札幌駅地下鉄9番出口直結
※14:00以降は地上玄関が閉鎖になりますので地下入口からのご来場となります。

【会場整理費】
2,000円

【参加資格】

どなたでも
※事前申し込み不要です

【生放送】
http://twitcasting.tv/c:hokkaidojapanfirst

【スペシャルゲスト】
桜井誠 (日本第一党 党首)
高橋阿矢花 (日本第一党 副党首)
鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
090-1302-0103(渡邊喜楽)

【注意事項】
当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず
現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>


【残り25席】 進め!日本第一党 ~ 拓こう地方議会の扉 ~

 

2019年4月の統一地方選挙に勝利するためには、党員並びにご支援いただく皆様一人一人の地道な活動が必要となります。その意識統一とスタートダッシュの一助として、桜井党首を迎え東京都本部講演会を開催します。

詳細は公式サイトで確認下さい

<受付期間>

党員 平成29年11月13日(月) ~ 平成30年1月6日(土) 
一般 平成29年12月01日(金) ~ 平成30年1月6日(土)

 

※  申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します 

【日時】
平成30年1月中

【場所】

東京都内

※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
 

<講演会第一部>

講師 岡村幹雄 (日本第一党 東京都本部長)
演題 『 都議選裏話 』

講師 瀬戸弘幸 (日本第一党 最高顧問)   
演題 『 未定 』

講師 桜井誠 (日本第一党 党首)
演題 『 東京決戦!衰退のパヨク勢力 』


<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+瀬戸弘幸+岡村幹雄 
『 日本第一党 飛躍の平成30年、その心構え、今後の計画など 』


質疑応答
 

【講演会参加費】
お一人様 
党員 2,000円
一般 2,500円

【講演会 (残席)】
100席 (25席)
※ 12月9
日現在


【申込方法】
詳細は公式サイトをご覧下さい

【主催】
日本第一党 東京都本部

【会場責任者】
岡村幹雄 (東京都本部長)

【生放送】
ふわっちにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り26席】  「桜井誠の天下取り」 岐阜講演会

 

岐阜から天下に覇を唱えた織田信長に遅れること約四百五十年
今、美濃の地に桜井誠、日本第一党が天下を獲るために降り立つ!
の前にまずは地方の地盤固めからコツコツと。
岐阜講演会で皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

※ 申し込み方法などは日本第一党公式サイトで確認下さい!

【申し込み受付】
平成29年11月25日(土) ~ 平成30年1月14日(日)

※ 党員一人につき、一般の方を一人同行することができます!
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。

【日時】
平成30年1月中

【場所】
岐阜県岐阜市内周辺
※ 会場は開催日の約二週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
<講演会第一部>

講師 長尾旭(日本第一党 副党首)
講演 『 瓢鮎図が如し拙き保守の現状


講師 桜井誠(日本第一党 党首)
講演 『 なまずの心 地方に翻そう日本一の旗 』


<講演会第二部>

対談 桜井誠+長尾旭
『 天下統一への道程 統一地方選挙の戦い方
 』

 

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

 【懇親会参加費】
 お一人様 4,000円(事前にお申し込み下さい)

【講演会(残席)】
50席(26席)
※ 12月9日現在


【申し込み先】

党公式サイトより講演情報掲示板をご覧下さい。

【主催】
日本第一党

【生放送】
ふわっちにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

大阪市長吉村パヨクの野望…終わる

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

 

 

<生放送番組表>

Good Morning Japan !!

毎週 月曜日~金曜日 放送

放送時間 6時~7時

 

番組への人生相談、感想などは

goodmorningjapan2017@gmail.com まで

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

毎週 水曜日、土曜日 放送

放送時間 19時~21時

 

番組アドレス

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

ヘイトスピーチ抑止条例を定め日本人の言論を徹底的に否定していた吉村パヨクら大阪の維新勢力の野望が潰えました。というより、他にやることがないのか?大阪は?と思わずにはいられないほどの、ヘイトスピーチ抑止条例への入れ込みですが、結局それはこの条例が維新勢力のネックになっていることを如実に世間に表したのです。彼らは当初、このヘイトスピーチ抑止条例が成立した際に「日本人へのヘイトも対象に含まれる」と喚いていましたが、その後、蓋を上げれば、日本人からの申し立てはすべて却下し、朝鮮人側の言い分だけを取り上げ、二件の条例違反を発表しました。その後、条例違反とされた側が吉村パヨクらを相手に違憲訴訟を起こし、またこれとは別個に条例に基づく公金支出を違法とする訴えも起こされています。こうした状況に慌てた吉村パヨクが、「ヘイトスピーチ抑止条例は日本人へのヘイトスピーチにも適用される」と改めて喚き散らす結果となったのです。もはや、本人も何をしているのか分からない状況なのでしょう。橋下の継投である大阪の維新勢力など論評の価値もないパヨク集団であり、自由共産党(大阪では自民党と共産党が共闘するあり得ない状況に)と並んで日本のゴミ勢力と言って良いと思います。彼らの主張には一貫性が無く、ただ単に大阪市民を騙し、議席を得ればそれでよいとする輩です。

 

一例としてあげるなら、慰安婦問題で吉村パヨクは、売春婦像を含む土地の公有化を図ったサンフランシスコ市との友好都市締結を解消しましたが、そもそもこうした慰安婦問題について言挙げしてきた勢力を「ヘイトスピーチ」と指定し、議論を委縮させたのは他ならない吉村パヨクらでした。そのため、気が付けばサンフランシスコ市で支那系の市長が売春婦像の公有化を図り、それに対する日本側の、とくに友好都市である大阪市側からの発信が無かったことが原因にあげられるのです。それを今更ながらに、慰安婦問題で自分たちはサンフランシスコ側とやりあったニダと誇る姿は滑稽でみっともなく、哀れなピエロを見ているかのようです。更に付け加えるなら、橋下時代に進めていた大阪都構想についても、そもそも横浜市に負ける人口(横浜市の人口372万人、大阪市の人口269万人)しかない大阪で何で「都」を作らなければならないのか?という根本的な問いかけに一切答えることなく、ただなんとなく「都」にしたいというふざけた理由、或いはその先に国家を解体して連邦制にしようとする国体破壊を隠していたことも明らかになりました。大阪都構想には桜井も猛反対し、橋下との口喧嘩会談もあって、何とか住民投票で否決に持ち込むことが出来ましたが、またぞろ吉村パヨクが大阪市民に「都構想をもう一回やろうぜ」と囁き始めているようです。本当に懲りないパヨクです。

 

とまれ、こうした吉村パヨクの野望の一つであった、日本人の議論を完全にシャットダウンする、ヘイトスピーチ抑止条例改正について、有識者らで構成される審査会では現行では無理との判断に傾いたと報じられています。言論の自由が保障されている我が国憲法の下で、普通に考えれば当たり前のことですが、吉村パヨクには私たちの「普通」が通用しないようです。がしかし、自身が選任した審査会でNOを突きつけられ、発狂した吉村パヨクが今後どう動くか注目されるでしょう。とにもかくにも、こうしたパヨクが横行する大阪(だけではありませんが)を見るにつけ、もう少し有権者は人を見る目を持たなければならないと実感します。何も、日本第一党を支持しろというつもりはありませんが、自分の暮らしや自分が現在所属する国家を破壊しようとすることを目的とするパヨクに一票を投じた結果、どうなるかは言うまでもありませんが、そうなる前に、よくよく候補者の主張を吟味し、候補者がどのような主義主張に立っているのかを理解したうえで、一票を投じなければ、取り返しのつかない事態になることもあるのです。

 

憲法を飛び越えて、ゴッサムシティもびっくりの独裁都市を作る吉村パヨクの野望は潰えましたが、桜井が心配しているのは、「都市」ではなく「国家」に作り替えようとする動きです。今の維新勢力に独裁国家を作る力は無いと断言できますが、代わりのパヨク、中道左派の自民党が何をするか分かったものではない状況でもあります。というより、よりいっそう質が悪いパヨク政党かも知れません。悪の手から国民を守ってくれるバットマンはいません。ヒーロー不在のゴッサムシティでは国民一人一人が政治に関心を持ち、常に監視することでパヨクの暴走を防いできたのです。関心が薄れ、監視の目も緩んだ時、ジョーカーたちは暗躍し始めるのです。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン in 札幌 
コレカラハジマル「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY 第2弾

日本第一党 党首 桜井誠が 満を持して 
最高のエンターテイメントをお届けいたします。

Progressor:小玉典子(道本部婦人部長)
※プログラムは予告なく変更される場合があります。

〇国民儀礼 相馬一公(道本部札幌支部長)

〇開会の辞 渡邊喜楽(道本部副本部長)    

〇Guest Speech

1.鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)
2.高橋阿矢花  (日本第一党 副党首)

〇Main performance
「保守らしきものと決別せよ」
~道の彼方にあるPROMISED LAND~

桜井誠 (日本第一党 党首)

〇事務局通信

〇閉会の辞 鈴木晶(道本部幹事長)

【日時】
平成29年12月9日(土)
14:15開場 14:30スタート

【場所】
TKP札幌ビジネスセンター
カンファレンスルーム5-B (96名定員)

札幌市中央区北3条西3丁目1-44
ヒューリック札幌ビル5F

※札幌駅地下鉄9番出口直結
※14:00以降は地上玄関が閉鎖になりますので地下入口からのご来場となります。

【会場整理費】
2,000円

【参加資格】

どなたでも
※事前申し込み不要です

【生放送】
http://twitcasting.tv/c:hokkaidojapanfirst

【スペシャルゲスト】
桜井誠 (日本第一党 党首)
高橋阿矢花 (日本第一党 副党首)
鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
090-1302-0103(渡邊喜楽)

【注意事項】
当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず
現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。

 

 

【残り25席】 進め!日本第一党 ~ 拓こう地方議会の扉 ~

 

2019年4月の統一地方選挙に勝利するためには、党員並びにご支援いただく皆様一人一人の地道な活動が必要となります。その意識統一とスタートダッシュの一助として、桜井党首を迎え東京都本部講演会を開催します。

詳細は公式サイトで確認下さい

<受付期間>

党員 平成29年11月13日(月) ~ 平成30年1月6日(土) 
一般 平成29年12月01日(金) ~ 平成30年1月6日(土)

 

※  申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します 

【日時】
平成30年1月中

【場所】

東京都内

※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
 

<講演会第一部>

講師 岡村幹雄 (日本第一党 東京都本部長)
演題 『 都議選裏話 』

講師 瀬戸弘幸 (日本第一党 最高顧問)   
演題 『 未定 』

講師 桜井誠 (日本第一党 党首)
演題 『 東京決戦!衰退のパヨク勢力 』


<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+瀬戸弘幸+岡村幹雄 
『 日本第一党 飛躍の平成30年、その心構え、今後の計画など 』


質疑応答
 

【講演会参加費】
お一人様 
党員 2,000円
一般 2,500円

【講演会 (残席)】
100席 (25席)
※ 12月8
日現在


【申込方法】
詳細は公式サイトをご覧下さい

【主催】
日本第一党 東京都本部

【会場責任者】
岡村幹雄 (東京都本部長)

【生放送】
ふわっちにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り26席】  「桜井誠の天下取り」 岐阜講演会

 

岐阜から天下に覇を唱えた織田信長に遅れること約四百五十年
今、美濃の地に桜井誠、日本第一党が天下を獲るために降り立つ!
の前にまずは地方の地盤固めからコツコツと。
岐阜講演会で皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

※ 申し込み方法などは日本第一党公式サイトで確認下さい!

【申し込み受付】
平成29年11月25日(土) ~ 平成30年1月14日(日)

※ 党員一人につき、一般の方を一人同行することができます!
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。

【日時】
平成30年1月中

【場所】
岐阜県岐阜市内周辺
※ 会場は開催日の約二週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
<講演会第一部>

講師 長尾旭(日本第一党 副党首)
講演 『 瓢鮎図が如し拙き保守の現状


講師 桜井誠(日本第一党 党首)
講演 『 なまずの心 地方に翻そう日本一の旗 』


<講演会第二部>

対談 桜井誠+長尾旭
『 天下統一への道程 統一地方選挙の戦い方
 』

 

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

 【懇親会参加費】
 お一人様 4,000円(事前にお申し込み下さい)

【講演会(残席)】
50席(26席)
※ 12月8日現在


【申し込み先】

党公式サイトより講演情報掲示板をご覧下さい。

【主催】
日本第一党

【生放送】
ふわっちにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

 

 

<生放送番組表>

Good Morning Japan !!

毎週 月曜日~金曜日 放送

放送時間 6時~7時

 

番組への人生相談、感想などは

goodmorningjapan2017@gmail.com まで

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

毎週 水曜日、土曜日 放送

放送時間 19時~21時

 

番組アドレス

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

東京の多摩川で禁止されている漁具を使ってフナを取ったとして警視庁は5日、ベトナム国籍で建設作業員の26~35歳の男3人を都内水面漁業調整規則違反の疑いで書類送検しました。3人は「フナを食べたかった」と話し容疑を認めているそうです。そして、先日、明らかになった支那人による牡蠣の殻およそ100トン分が江戸川の河川敷に捨てられ、地元が撤去に乗り出したニュース。何故支那人が江戸川河川敷に大量の牡蠣殻を投棄したのか不明ですが、おそらく捨てるのが面倒だったという、極めて利己主義的理由ではなかったかと推察します。とまれ、これが外国人を受け入れるということです。しかも、未開の国の人間を受け入れた結果を表しています。ベトナムや支那など近年の経済的活況で文明度が上がっていると言われています。しかしながら、自国のために自国で頑張るのではなく、他国で生活しようとういう輩など、この程度の文明度しかもっていないのです。厳しい言い方ですが、これが現実です。文明度を一言で言うなら、自分をその国にどれだけ合わせられるか?だと思います。その意味で、今回問題になっているベトナム人、支那人は論外ということになりますが、その他の例でもこの「自分を合わせる」ことの大切さが表されています。

 

例えば、いま世界中で問題になっているムスリム(イスラム教徒)による自宗教の押し付け問題があります。欧州ではムスリムが移民として押し寄せ…ちなみに同じムスリム国家はシリア難民の受け入れを拒否しており、何故か欧州諸国はただの一カ国もこの点を非難しないのですが…ところかまわず礼拝を行い(一日五回の礼拝がイスラム教では義務付けられている)、生活様式もイスラム、食べるものも飲むものもイスラム様式(ハラール)で決められるなど、厳格なイスラム教を守るのは良いのですが、宗教的価値観が違う他国にわざわざやってきて自宗教のやり方を押し付けようとする、つまり、宗教的侵攻を仕掛けているのです。統計では今世紀中に世界最大の宗教はキリスト教からイスラム教になるそうです。いずれ、今の欧州での騒乱は各国で繰り広げられることになるでしょう。彼らは他者に寛容性を強要しながら、自分たちは一歩と言えど宗教的寛容を持ち合わせないという、トンデモ宗教なのです。ムスリムによるテロが遠い他国の出来事だと思っている方は、「悪魔の詩」を邦訳した筑波大助教授の五十嵐一が惨殺された事件を思い起こすべきです。

 

多神教の日本人では理解出来ない一神教の蛮行です。しかし、先述のとおり、何れ彼らが世界を牛耳る、世界最大の宗教になるのは時間の問題なのです。その時のことを考えれば、このまま日本が移民や難民を受け入れる、ということは絶対に有ってはならないと強く訴えます。日本は有史以来、一貫して単一民族で成り立ってきた稀有な国家です。一時期、アイヌ民族や琉球民族について大和民族とは違う、と主張していた輩もいましたが、近年のDNAの解析結果から、両者とも大陸系(支那人やモンゴル人、朝鮮人など)よりはるかに日本本土に在住する大和民族に近いDNAをもっていることが、琉球大学の発表で明らかになりました。つまり、有史以来一貫して単一民族国家であったと称して、何の問題も無いのです。そして、単一民族で成り立つ国家、それも世界に冠たる経済大国として存在する国など日本以外には存在しません。恐らく、それは多神教という、すべてのものに神様を見出す、日本人の宗教観がそこに根差しているのではないかと思うのです。その多神教は一神教でさえ、神様の一柱だと認めますが、一神教は決して多神教を認めることはありません。そのことに気が付いていない人があまりにも多いのです。

 

移民、難民問題は、決して支那人や朝鮮人といった反日民族だけの問題ではなく、こうした多神教vs一神教という側面もあるのです。宗教は心の問題ですから、他者から強要されるものではないのですが、その理屈は多神教の日本人だから通用する理屈であり、一神教の人間に、宗教は心の問題だと説いても「?」としか返ってこないのです。キリスト教も同じですが、彼らは良かれと思って、私たちの生活様式を変えようとします。「多神教のような、原始信仰ではなく、文明人の一神教を共に信仰しよう」と。私たちからすれば余計なお世話なのですが、それが彼らにとっての宗教的使命感なのですから、質が悪いことこの上なしなのです。生活様式をその国に合わせることが出来ない愚民、一神教の恐ろしさ、こうしたことを交えて、改めて移民、難民問題を考えたいものです。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン in 札幌 
コレカラハジマル「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY 第2弾

日本第一党 党首 桜井誠が 満を持して 
最高のエンターテイメントをお届けいたします。

Progressor:小玉典子(道本部婦人部長)
※プログラムは予告なく変更される場合があります。

〇国民儀礼 相馬一公(道本部札幌支部長)

〇開会の辞 渡邊喜楽(道本部副本部長)    

〇Guest Speech

1.鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)
2.高橋阿矢花  (日本第一党 副党首)

〇Main performance
「保守らしきものと決別せよ」
~道の彼方にあるPROMISED LAND~

桜井誠 (日本第一党 党首)

〇事務局通信

〇閉会の辞 鈴木晶(道本部幹事長)

【日時】
平成29年12月9日(土)
14:15開場 14:30スタート

【場所】
TKP札幌ビジネスセンター
カンファレンスルーム5-B (96名定員)

札幌市中央区北3条西3丁目1-44
ヒューリック札幌ビル5F

※札幌駅地下鉄9番出口直結
※14:00以降は地上玄関が閉鎖になりますので地下入口からのご来場となります。

【会場整理費】
2,000円

【参加資格】

どなたでも
※事前申し込み不要です

【生放送】
http://twitcasting.tv/c:hokkaidojapanfirst

【スペシャルゲスト】
桜井誠 (日本第一党 党首)
高橋阿矢花 (日本第一党 副党首)
鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
090-1302-0103(渡邊喜楽)

【注意事項】
当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず
現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。

 

 

【残り28席】 進め!日本第一党 ~ 拓こう地方議会の扉 ~

 

2019年4月の統一地方選挙に勝利するためには、党員並びにご支援いただく皆様一人一人の地道な活動が必要となります。その意識統一とスタートダッシュの一助として、桜井党首を迎え東京都本部講演会を開催します。

詳細は公式サイトで確認下さい

<受付期間>

党員 平成29年11月13日(月) ~ 平成30年1月6日(土) 
一般 平成29年12月01日(金) ~ 平成30年1月6日(土)

 

※  申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します 

【日時】
平成30年1月中

【場所】

東京都内

※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
 

<講演会第一部>

講師 岡村幹雄 (日本第一党 東京都本部長)
演題 『 都議選裏話 』

講師 瀬戸弘幸 (日本第一党 最高顧問)   
演題 『 未定 』

講師 桜井誠 (日本第一党 党首)
演題 『 東京決戦!衰退のパヨク勢力 』


<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+瀬戸弘幸+岡村幹雄 
『 日本第一党 飛躍の平成30年、その心構え、今後の計画など 』


質疑応答
 

【講演会参加費】
お一人様 
党員 2,000円
一般 2,500円

【講演会 (残席)】
100席 (28席)
※ 12月7
日現在


【申込方法】
詳細は公式サイトをご覧下さい

【主催】
日本第一党 東京都本部

【会場責任者】
岡村幹雄 (東京都本部長)

【生放送】
ふわっちにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り28席】  「桜井誠の天下取り」 岐阜講演会

 

岐阜から天下に覇を唱えた織田信長に遅れること約四百五十年
今、美濃の地に桜井誠、日本第一党が天下を獲るために降り立つ!
の前にまずは地方の地盤固めからコツコツと。
岐阜講演会で皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

※ 申し込み方法などは日本第一党公式サイトで確認下さい!

【申し込み受付】
平成29年11月25日(土) ~ 平成30年1月14日(日)

※ 党員一人につき、一般の方を一人同行することができます!
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。

【日時】
平成30年1月中

【場所】
岐阜県岐阜市内周辺
※ 会場は開催日の約二週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
<講演会第一部>

講師 長尾旭(日本第一党 副党首)
講演 『 瓢鮎図が如し拙き保守の現状


講師 桜井誠(日本第一党 党首)
講演 『 なまずの心 地方に翻そう日本一の旗 』


<講演会第二部>

対談 桜井誠+長尾旭
『 天下統一への道程 統一地方選挙の戦い方
 』

 

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

 【懇親会参加費】
 お一人様 4,000円(事前にお申し込み下さい)

【講演会(残席)】
50席(28席)
※ 12月7日現在


【申し込み先】

党公式サイトより講演情報掲示板をご覧下さい。

【主催】
日本第一党

【生放送】
ふわっちにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

生放送番組の再開について

テーマ:

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

 

 

<生放送番組表>

Good Morning Japan !!

毎週 月曜日~金曜日 放送

放送時間 6時~7時

 

番組への人生相談、感想などは

goodmorningjapan2017@gmail.com まで

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

毎週 水曜日、土曜日 放送

放送時間 19時~21時

 

番組アドレス

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

日頃より桜井がお届けする生放送番組をお聴き頂きありがとうございます。これまで二週間近くにわたって、お休みしてきました『 Good Mornining Japan !! 』及び『 きまぐれ オレンジ☆ラジオ 』ですが、体調が安定してきたため、明日7日の放送から順次再開していきたいと思います。まだ体調が安定してきたというだけですので、お聞き苦しい点もあるかと思いますが、ご容赦ください。

 

最初はただの風邪だったのですが、それからどんどん容体が悪くなり、肺炎の三歩手前の状況にまでなりました。熱はないのですが、何せ咳が止まらず、大変苦しい思いを致しました。桜井が病弱なのは決して嘘ではないのです!とまれ、こうした状況が改善し、現在は容体も安定、ただ、咳がまだ多少出るくらいにまで落ち着きました。様子をみながらですが、明日から生放送を再開したいと思います。

 

今回の山口遠征で一番びっくりしたのが、意外とこれらの番組を楽しみにしている方が多かったということです。「いつから再開するんですか?」の声が多く、また、かえってそれらの声が桜井を元気づけてくれました。まずは『 Good Mornining Japan ‼ 』から再開を初めて、年内にはいつもの放送予定で臨みたいと考えています。皆さんからの応援宜しくお願いします。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン in 札幌 
コレカラハジマル「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY 第2弾

日本第一党 党首 桜井誠が 満を持して 
最高のエンターテイメントをお届けいたします。

Progressor:小玉典子(道本部婦人部長)
※プログラムは予告なく変更される場合があります。

〇国民儀礼 相馬一公(道本部札幌支部長)

〇開会の辞 渡邊喜楽(道本部副本部長)    

〇Guest Speech

1.鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)
2.高橋阿矢花  (日本第一党 副党首)

〇Main performance
「保守らしきものと決別せよ」
~道の彼方にあるPROMISED LAND~

桜井誠 (日本第一党 党首)

〇事務局通信

〇閉会の辞 鈴木晶(道本部幹事長)

【日時】
平成29年12月9日(土)
14:15開場 14:30スタート

【場所】
TKP札幌ビジネスセンター
カンファレンスルーム5-B (96名定員)

札幌市中央区北3条西3丁目1-44
ヒューリック札幌ビル5F

※札幌駅地下鉄9番出口直結
※14:00以降は地上玄関が閉鎖になりますので地下入口からのご来場となります。

【会場整理費】
2,000円

【参加資格】

どなたでも
※事前申し込み不要です

【生放送】
http://twitcasting.tv/c:hokkaidojapanfirst

【スペシャルゲスト】
桜井誠 (日本第一党 党首)
高橋阿矢花 (日本第一党 副党首)
鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
090-1302-0103(渡邊喜楽)

【注意事項】
当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず
現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。

 

 

【残り30席】 進め!日本第一党 ~ 拓こう地方議会の扉 ~

 

2019年4月の統一地方選挙に勝利するためには、党員並びにご支援いただく皆様一人一人の地道な活動が必要となります。その意識統一とスタートダッシュの一助として、桜井党首を迎え東京都本部講演会を開催します。

詳細は公式サイトで確認下さい

<受付期間>

党員 平成29年11月13日(月) ~ 平成30年1月6日(土) 
一般 平成29年12月01日(金) ~ 平成30年1月6日(土)

 

※  申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します 

【日時】
平成30年1月中

【場所】

東京都内

※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
 

<講演会第一部>

講師 岡村幹雄 (日本第一党 東京都本部長)
演題 『 都議選裏話 』

講師 瀬戸弘幸 (日本第一党 最高顧問)   
演題 『 未定 』

講師 桜井誠 (日本第一党 党首)
演題 『 東京決戦!衰退のパヨク勢力 』


<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+瀬戸弘幸+岡村幹雄 
『 日本第一党 飛躍の平成30年、その心構え、今後の計画など 』


質疑応答
 

【講演会参加費】
お一人様 
党員 2,000円
一般 2,500円

【講演会 (残席)】
100席 (30席)
※ 12月6
日現在


【申込方法】
詳細は公式サイトをご覧下さい

【主催】
日本第一党 東京都本部

【会場責任者】
岡村幹雄 (東京都本部長)

【生放送】
ふわっちにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り29席】  「桜井誠の天下取り」 岐阜講演会

 

岐阜から天下に覇を唱えた織田信長に遅れること約四百五十年
今、美濃の地に桜井誠、日本第一党が天下を獲るために降り立つ!
の前にまずは地方の地盤固めからコツコツと。
岐阜講演会で皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

※ 申し込み方法などは日本第一党公式サイトで確認下さい!

【申し込み受付】
平成29年11月25日(土) ~ 平成30年1月14日(日)

※ 党員一人につき、一般の方を一人同行することができます!
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。

【日時】
平成30年1月中

【場所】
岐阜県岐阜市内周辺
※ 会場は開催日の約二週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
<講演会第一部>

講師 長尾旭(日本第一党 副党首)
講演 『 瓢鮎図が如し拙き保守の現状


講師 桜井誠(日本第一党 党首)
講演 『 なまずの心 地方に翻そう日本一の旗 』


<講演会第二部>

対談 桜井誠+長尾旭
『 天下統一への道程 統一地方選挙の戦い方
 』

 

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

 【懇親会参加費】
 お一人様 4,000円(事前にお申し込み下さい)

【講演会(残席)】
50席(29席)
※ 12月6日現在


【申し込み先】

党公式サイトより講演情報掲示板をご覧下さい。

【主催】
日本第一党

【生放送】
ふわっちにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

 
人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

日本第一党公式アカウント

https://twitter.com/nippondaiichi

 

公式生放送 (ふわっち)

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

 

 

<生放送番組表>

Good Morning Japan !!

毎週 月曜日~金曜日 放送

放送時間 6時~7時

 

番組への人生相談、感想などは

goodmorningjapan2017@gmail.com まで

 

きまぐれ オレンジ☆ラジオ

毎週 水曜日、土曜日 放送

放送時間 19時~21時

 

番組アドレス

https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本文

 

朝日新聞、毎日新聞といえば日本を代表するフェイクメディアとして有名です。もちろん、これ以外にも東京新聞や神奈川新聞などという新聞と呼ぶのもおこがましい朝鮮礼賛主義の工作紙も存在していますが、先に挙げた二大フェイクメディアが、何故か今、懸命にフェイクニュースを許さないと声をあげています。自分で自分を許さないという自滅主義に陥る、朝日新聞、毎日新聞の気持ちが分かりませんが、それでもこれらの新聞が「朝日新聞、死ね」「毎日新聞、死ね」に理解を示し、確かにフェイクニュースは死ぬべきであると結論付けたのなら歓迎すべきことなのでしょう。朝日新聞、毎日新聞のこれまで垂れ流してきたフェイクニュースの数々は、多くの日本国民を傷つけ、取り返しのつかない不名誉な冤罪を生み出しています。だからこそ、私たちは両紙がこれまで行ってきたフェイクニュースの内容を決して忘れることなく、記憶に刻み込まなければならないのです。今回は両紙のフェイクニュースを取り上げ、そのうえで朝日新聞や毎日新聞を未だに見続けている愚民に対し、今その手に取っている新聞が過去に発言してきたことを貴方達は許容するのですか?と問いかけたいと思います。

 

まず朝日新聞については言うまでもありませんが、その最大のフェイクニュースは平成三年八月十五日を起点として、その前後に始まった「ねつ造慰安婦スクープ記事」が挙げられるでしょう。これは、すでに著者本人がフェイクを認めていた、『私の戦争犯罪 ~朝鮮人強制連行~』(吉田清治著、三一書房)を下書きとして、朝日新聞が大々的に取り上げた、過去、日本軍による朝鮮人女性への強制連行そして強制売春の姿を特集記事として上げたものです。何度も書きますが、この著者である吉田清治自身が、フェイクであること、嘘話であることを認めているという点です。しかも、朝鮮人強制連行が虚構であることが分かったのは平成三年以前のことであり、つまりこの時点で朝日新聞は記事がフェイクであることを理解したうえで、対日プロパガンダの一環として「慰安婦問題」を俎上に上げたことになるのです。そして、それから約三十年にわたって日本は慰安婦問題に苦しめられています。朝日新聞がやったことと言えば、フェイクニュースを認めていやいやながら国民に謝罪をした程度であり、自身のサイトや英語版サイトで、これらの記事がフェイクであったことは認めていないのです。現在の日韓問題の軋轢の根幹はこの朝日新聞によるフェイクニュースが元であると断言して他なりません。

 

また、毎日新聞をみれば、waiwai変態事件を忘れることは出来ません。この記事は、毎日新聞の英語版サイト、waiwaiの中で、日本人をセックス狂いの変態民族と罵るトンデモフェイクニュースでした。一文を上げれば、「日本人の子弟は受験勉強で精力が溜まると、その母親が子弟のモノを加えて射精させる」など、三流ポルノ小説か?と疑う内容の記事が大量に上げられていたのです。waiwai変態事件に関しては桜井も直接毎日新聞社に抗議に訪れ、その様子は関西ロカール(当時)ミヤネ屋でも放送されていますので、記憶に残っている方もいらっしゃるかと思います。waiwaiは閉鎖され、直接的な執筆責任者は謹慎処分となりましたが、このポルノ小説まがいの記事の編集責任者が現在の毎日新聞の会長朝比奈豊です。毎日新聞では日本を罵り、日本を罵倒する三流ポルノを紙面にすると、何とその責任者は会長にまで出世できる素晴らしい組織のようです。たしかに、会長自身が確信犯的にフェイクニュースを垂れ流す新聞は一日も早く潰れるべき、否、潰すべきであると個人的には思います。そういう意味では、毎日新聞が「フェイクは許さない」と自身を否定し、「毎日新聞、死ね」を推進するキャンペーンを張っている姿は、驚きと思わず応援してくなる気持ちになるのです。

 

このように我が国における腐りきった新聞メディアの過去の行状をお伝えしてきましたが、これは平成に入ってからの出来事です。平成以前に対象を拡大すれば、一体どれだけのフェイクニュースが海外に流れ、どれだけの「典型的」な日本人像を欧米人たちに植え付けてきたか分からない状況なのです。こうした状況に、立ち向かってこそのメディアのはずですが、我が国メディアそして自称ジャーナリストたちは誰も自身の過ちを認めようとしません。認めようとしないのだから、当然過去の反省などあるわけもなく、こうしてフェイクニュースを許さない!などと、彼らの過去の行状をしっかりと記憶している側からすれば、失笑ものの呆れたキャンペーンを行うのです。もしかすると朝日新聞や毎日新聞の自称記者らの前頭葉に何かの障害があるのかも知れません。一日も早く、病院で診察を受けることをお勧めします。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 

<日本第一党からのお知らせ>

 

桜井誠 北海道キャラバン in 札幌 
コレカラハジマル「日本第一党」JAPAN FIRST PARTY 第2弾

日本第一党 党首 桜井誠が 満を持して 
最高のエンターテイメントをお届けいたします。

Progressor:小玉典子(道本部婦人部長)
※プログラムは予告なく変更される場合があります。

〇国民儀礼 相馬一公(道本部札幌支部長)

〇開会の辞 渡邊喜楽(道本部副本部長)    

〇Guest Speech

1.鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)
2.高橋阿矢花  (日本第一党 副党首)

〇Main performance
「保守らしきものと決別せよ」
~道の彼方にあるPROMISED LAND~

桜井誠 (日本第一党 党首)

〇事務局通信

〇閉会の辞 鈴木晶(道本部幹事長)

【日時】
平成29年12月9日(土)
14:15開場 14:30スタート

【場所】
TKP札幌ビジネスセンター
カンファレンスルーム5-B (96名定員)

札幌市中央区北3条西3丁目1-44
ヒューリック札幌ビル5F

※札幌駅地下鉄9番出口直結
※14:00以降は地上玄関が閉鎖になりますので地下入口からのご来場となります。

【会場整理費】
2,000円

【参加資格】

どなたでも
※事前申し込み不要です

【生放送】
http://twitcasting.tv/c:hokkaidojapanfirst

【スペシャルゲスト】
桜井誠 (日本第一党 党首)
高橋阿矢花 (日本第一党 副党首)
鈴木りこ (東国保守の会 共同代表)

【主催】
日本第一党 北海道本部

【現場責任者】
渡邊喜楽(道本部副本部長)

【問合先】
090-1302-0103(渡邊喜楽)

【注意事項】
当日は、生中継及び、動画撮影が入ります。
著しい妨害があった場合は党員・党員外を問わず
現場責任者の責任において自衛戦争を開始します。

 

 

【残り35席】 進め!日本第一党 ~ 拓こう地方議会の扉 ~

 

2019年4月の統一地方選挙に勝利するためには、党員並びにご支援いただく皆様一人一人の地道な活動が必要となります。その意識統一とスタートダッシュの一助として、桜井党首を迎え東京都本部講演会を開催します。

詳細は公式サイトで確認下さい

<受付期間>

党員 平成29年11月13日(月) ~ 平成30年1月6日(土) 
一般 平成29年12月01日(金) ~ 平成30年1月6日(土)

 

※  申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します 

【日時】
平成30年1月中

【場所】

東京都内

※ 会場は開催日の約2週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
 

<講演会第一部>

講師 岡村幹雄 (日本第一党 東京都本部長)
演題 『 都議選裏話 』

講師 瀬戸弘幸 (日本第一党 最高顧問)   
演題 『 未定 』

講師 桜井誠 (日本第一党 党首)
演題 『 東京決戦!衰退のパヨク勢力 』


<講演会第二部>

鼎談 桜井誠+瀬戸弘幸+岡村幹雄 
『 日本第一党 飛躍の平成30年、その心構え、今後の計画など 』


質疑応答
 

【講演会参加費】
お一人様 
党員 2,000円
一般 2,500円

【講演会 (残席)】
100席 (35席)
※ 12月5
日現在


【申込方法】
詳細は公式サイトをご覧下さい

【主催】
日本第一党 東京都本部

【会場責任者】
岡村幹雄 (東京都本部長)

【生放送】
ふわっちにて14:00より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

【残り29席】  「桜井誠の天下取り」 岐阜講演会

 

岐阜から天下に覇を唱えた織田信長に遅れること約四百五十年
今、美濃の地に桜井誠、日本第一党が天下を獲るために降り立つ!
の前にまずは地方の地盤固めからコツコツと。
岐阜講演会で皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

※ 申し込み方法などは日本第一党公式サイトで確認下さい!

【申し込み受付】
平成29年11月25日(土) ~ 平成30年1月14日(日)

※ 党員一人につき、一般の方を一人同行することができます!
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。

【日時】
平成30年1月中

【場所】
岐阜県岐阜市内周辺
※ 会場は開催日の約二週間前にメールでお知らせ致します。

【予定】
<講演会第一部>

講師 長尾旭(日本第一党 副党首)
講演 『 瓢鮎図が如し拙き保守の現状


講師 桜井誠(日本第一党 党首)
講演 『 なまずの心 地方に翻そう日本一の旗 』


<講演会第二部>

対談 桜井誠+長尾旭
『 天下統一への道程 統一地方選挙の戦い方
 』

 

【講演会参加費】
お一人様 2,000円

 【懇親会参加費】
 お一人様 4,000円(事前にお申し込み下さい)

【講演会(残席)】
50席(29席)
※ 12月5日現在


【申し込み先】

党公式サイトより講演情報掲示板をご覧下さい。

【主催】
日本第一党

【生放送】
ふわっちにて13:30より放送予定
https://whowatch.tv/profile/t:Doronpa01

【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第三弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

※ 平成29年9月22日、署名第四弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方