反日極左と戦う勇気を持つこと

テーマ:

人気ランキングバナー
↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

沖縄から福岡をまわり、ようやく帰京しました。約1週間にわたる遠征になりましたが、とくに沖縄の現状を実際に自分の目で見ることができたのは収穫だったと思います。また、現地では何人かの在特会会員の方とお会いすることができ、今後の沖縄での運動展開のきっかけ作りくらいにはなったのかなと思っています。

※ 遠征については以下の参考動画を確認ください ※

【在特会】沖縄県・辺野古テントへのカウンター
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17282327


桜井誠 ~ぶらり福岡ひとり旅~ テスト放送より沖縄・福岡遠征報告 ①
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17308190

桜井誠 ~ぶらり福岡ひとり旅~ テスト放送より沖縄・福岡遠征報告 ②
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17308822


反原発に限らずですが反日極左のやりたい放題がとくに民主党政権誕生以降顕著になっており、その姿を沖縄県名護市辺野古で再確認させられることになりました。我が国をめぐる安全保障問題では、北朝鮮が自称衛星搭載ロケットの打ち上げ予告をだすなど風雲急を告げています。しかし、この危機的状況の中でも、北朝鮮を利するだけの朝鮮学校無償化推進、或いは自国を守る力のない我が国にとって、否が応でも必要不可欠な米軍との連携を断ち切ろうとする反日極左は確信犯的に我が国の破壊者たらんと暴走を始めています。

米軍問題だけでいえば、自衛隊を正式な国軍として名称を変更するだけではなく名前に見合うだけの軍事力を保有し、「普通の国家」 として一日も早く日米安保条約を破棄し自立できるようにすることこそが、米軍兵士によって引き起こされる悲劇をなくす一番の近道であるはずです。ところが、反日極左は何の対案もなくただ米軍基地反対を訴え、国防問題では「憲法9条さえ守っていれば大丈夫」 「非武装中立を宣言すれば誰からも攻められない」 「仮に攻められても無抵抗主義で臨めばいい」 など狂気の沙汰の主張を繰り返すだけです。

また、反日極左は「辺野古の海を守れ」 「ジュゴンを守れ」 と主張しながら、辺野古のビーチにテント村を勝手に建設して景観を汚すだけではなく、ビーチをゴミだらけにしています。そして、ジュゴンの生態調査を行おうとすれば水中銃で威嚇して調査を中止させるなど、左翼人士の言動は常人には理解しがたい矛盾だらけなのです。

彼らが何を目指そうとしているのかはともかく、現状の我が国を破壊したいという極端な願望があることだけは確かでしょう。しかし、反日極左の悲願であった左翼民主党政権のもはや救いようのない崩壊途上を目の当たりにして、恐らく左翼政権が存続しているうちに願望を叶えようと、彼らはよりいっそうの反日暴走に駆られているのではないかと推察します。

我が国を破壊すべく狂気に走る反日極左勢力と真正面から対峙する勇気が、今すべての国民に問われているのだと私は思うのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<保守系活動応援組織 『縁下』 よりお知らせ>

在特会会員の皆さま、そして日本が大好きな皆さまへ

世界は今まさに動乱期に突入しています。日本においても例外ではなく大きな変革の時を向かえ、心ある無名の人々が立ち上がり行動を始めました。歴史を紐解くまでもなく、大きなうねりの中で「戦後」が終わり、新しい日本が生まれようとしています。戦後の左翼思想に毒された人々が消え、皇紀に刻まれた歴史の正しい継承が始まったのです。

そして、全国に拡大する行動する保守運動を「縁の下」から支援するため、このたび応援組織「縁下(エンカ)」 を有志一同にて立ち上げることとなりました。

近年、「世論を代弁しない」増長するマスコミの捏造や反日政権の危険性に気が付き、声をあげる一般国民が増えて来ているのは皆さまご承知の通りです。しかし、行動する保守運動(街宣やデモ、集会、チラシ配り) は無料では出来ません。これまで個々の負担に頼っていた運動に少しでも寄与するべく、団体や個人に関係なく愛国グッズを企画・頒布をもって支援する保守系運動の応援組織「縁下」を私たちは立ち上げました。詳細は以下の縁下グッズ頒布サイトをご覧ください。

縁下(エンカ) グッズ領布サイト http://www.enkagoods.com/

上記サイトでは「竹島ジャンパー(第一期頒布限定40着)」および「愛国者のリストバンド "Proof of patriot" 」 をご紹介しております(活動に賛同してくださる方々の寄付として活用させていただきます)。なお、「縁下」においては在特会に限らず既存の団体・個人の皆さまの企画参加をお待ちしています。企画を申し込まれる方は enkastaff@gmail.com までご連絡下さい。

企画申し込み内容によってはお受けできない場合もありますのでご了承ください。

縁下(エンカ) 主催者代表 拝


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<反パチンコポスター & チラシ>

Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター02

Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター01

画像をクリックすると元のサイズでご覧いただけます

※ ポスターは転載自由ですが、内容の改編は固く禁じます


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

詳細は以下のタイトルをクリックしてご覧ください

3月24日(土)

在特会 Saturday Night Special 第84回 ~ アンタッチャブル 行動する保守たち ~


3月25日(日)

《河村発言支援 第3弾》 媚中・媚パチのウナギイヌを三河湾へ叩き込め!! 【愛知支部】

人権救済機関設置法案提出を許さないぞ! 街宣 in 大津 第2弾 【滋賀支部】


4月07日(土)

在特会 Saturday Night Special ~ 春だ一番! 北海道まつり (仮) ~


4月08日(日)

人権救済機関設置法案提出を許さないぞ! 街宣 in 大津 第3弾 【滋賀支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

少しでも在特会への支援の輪が広がるように、これまでゆうちょ銀行への振り込みのみでした寄付の取り扱いについて、クレジットカード決済を追加導入することになりました。VISAまたはMasterCardのロゴが付いているカードであれば、どなた様でも簡単に500円からの寄付をウェブ上の操作で行うことができます。ぜひご利用ください。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

3月22日 現在
登録会員 11370


強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。

公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。