運動の在り方について

テーマ:

人気ランキングバナー
↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

<お知らせ>

障害事案はかなり解消していますが、時間帯によって在特会公式サイトにつながりにくい状況が一部あるようです。会の重要な情報は拙ブログ、ツイッター ( http://twitter.com/#!/Doronpa01 ) でも随時流していますので、公式サイトにつながらない場合はこちらで確認ください。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。


フジテレビ問題をきっかけにネットの中の住人が自らの意思で表舞台にたって声をあげるようになりました。デモや街宣、チラシ配り、ポスティング、集会など保守層の一部だけが行っていたものが、大都市部に限って言えば準一般化しつつある状況と思われます。もちろん、この動きは「しつつある」状況であり海のものとも山のものともまだ判断できません。ちょっとしたきっかけで動きは停滞し、分裂し、崩壊していくかも知れませんし、同じくきっかけによってはより拡大して巨大なうねりとなっていくのかも知れません。

その中で、今ようやく第一歩を踏み始めた人たちにとって、行動する保守運動をみればかなり過激に映っているだろうことは理解しています。しかしその一方で、日本を取り巻く状況は危急存亡の秋(とき)と言っても過言ではなく、お上品にのんきな運動をやっている場合ではないことも確かです。朝鮮学校無償化や福祉給付金問題など反日外国人への優遇政策からはじまり、日本経済だけではなく社会全体を破壊しかねない環太平洋パートナーシップ協定(TPP)問題など、日本解体を切望する反日勢力の動きが加速度的に進んでいるのです。

5年前、西村修平氏、瀬戸弘幸氏、村田春樹氏とともに行動する保守運動を提唱したとき、この状況はすでに予測の範疇にありました。だからこそ「既存保守の体たらくによって日本は危機的状況を迎えている。否、すでに日本は終わったと言っても良い状況であり、この絶望的な状況下で声をあげる我々は敗残兵、絶滅危惧種である。」 との認識に立って、既存保守が成しえなかった行動を始めたのです。

当初「デモで日の丸を掲げるのは右翼的だ」 と批判される方もいましたが、敢えてデモ隊に多くの日の丸を持ちこんで掲げることで、ひとりひとりが日本を背負って声をあげることの大切さを問いかけてきました。「外での街宣活動や抗議活動など美しい保守ではない」 という非難もありましたが、身内だけの小さな世界に閉じこもって集会をやって満足する既存保守の結果が反日左翼の跳梁跋扈を許すことになったのですから、私たちは敵たる反日勢力に直接怒りの声をぶつけることを基本戦術としたのです。

ある意味で、行動する保守運動とは御大層な既存保守のあり方を否定し、「保守」 という存在を一般市民レベルに持ってくることを目指した運動であったといって良いのかも知れません。現在、その流れは確実に大なり小なりの影響力を持って広がり続けており、自らの考えをそして怒りを様々なツールを使って外に伝えることは、もはや「特殊なこと」 ではなくなったのではないでしょうか。

そして、多くの人は現状に怒るからこそ声を上げるのであって、人が本気で怒れば声を荒げるのは当たり前です。上品なケンカなどこの世に存在するわけはなく、下品だろうが何だろうが戦うべきときに声をあげて戦うことが今求められているのだと私は信じます。こうした方針にどうしても馴染めないという方は、やはり自ら組織して行動する保守運動とは違う自分が理想とする運動を展開するべきだと思うのです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<ピックアップイベント>

朝鮮大学校創立55周年記念 抗議活動 in 小平市

テロ国家北朝鮮の出先機関 朝鮮大学校を解体するぞ!
反日教育を続ける朝鮮学校をまとめて日本から叩きだせ!


半世紀以上前に朝鮮人たちが「電機会社設立の用地」 と虚言を弄して小平市の一角を買収し、現在まで反日朝鮮学校の総本山朝鮮大学校が同地に鎮座するようになりました。そして、最近では池袋連続強盗事件の犯人として朝鮮大学校の学生2名が逮捕されるなど、小平市における治安悪化の要因ともなっています。反日勢力が狂ったように喚き散らす朝鮮学校無償化問題や拉致問題など、山積みの朝鮮問題を当事者たちに直接ぶつけるべく在特会は平成23年11月6日(日)に朝鮮大学校前にて抗議活動を展開します。

【集合日時】
平成23年11月06日(日) 12:00集合

【集合場所】
鷹の台駅 (西武国分寺線)
JR国分寺駅より乗り換え

【生中継】
ニコニコ生放送にて12:00より中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv69207170

【注意事項】
・当日は、動画撮影が入りますので各自対応お願いします。
・日章旗・手作りプラカード大歓迎。
・特攻服など現場にふさわしくない服装はご遠慮ください。
・現場責任者に従い秩序ある行動をお願い致します。

※ 主催側の負担を軽減するため、プラカードは極力各自でご用意ください

【主催】
在日特権を許さない市民の会 東京支部

【協賛】
外国人参政権に反対する会・東京/排害社/日本侵略を許さない国民の会

【現場責任者】
桜井誠 (在特会会長)
大久保王一 (在特会副会長)

【問合せ】
在特会東京支部問い合わせ
zaitokutokyo@gmail.com


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<反パチンコポスター & チラシ>

Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター02   Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター01

画像をクリックすると元のサイズでご覧いただけます

※ ポスターは転載自由ですが、内容の改編は固く禁じます


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

詳細は以下のタイトルをクリックしてご覧ください

11月01日(火)

村田春樹先生を囲んでの懇親会 【北海道支部】


11月03日(木)

そよ風北海道第3回街宣 【北海道支部】

明治節を祝う会 【北海道支部】


11月06日(日)

朝鮮大学校創立55周年記念 抗議活動 in 小平市 【東京支部】


11月13日(日)

「朝鮮人売春婦」 という名の寄生虫を日本からたたき出せ! 【福岡支部】

在日よ、自ら「特権DEATH NOTE」に名を記せ! 街宣 in 大津 【滋賀支部】

「九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる さよなら原発!福岡1万人集会」 カウンター街宣 【福岡支部】


11月14日(月)

「日韓併合」の真実を明らかにするパネル展1日目 【北海道支部】


11月15日(火)

「日韓併合」の真実を明らかにするパネル展2日目 【北海道支部】


11月16日(水)

「日韓併合」の真実を明らかにするパネル展3日目 【北海道支部】


11月20日(日)

インターネット記念日を英霊とともに祝おう 街宣 in 彦根 【滋賀支部】


12月14日(水)

韓国水曜デマ1000回記念? 虚構の従軍慰安婦を粉砕しよう! 【東京支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

少しでも在特会への支援の輪が広がるように、これまでゆうちょ銀行への振り込みのみでした寄付の取り扱いについて、クレジットカード決済を追加導入することになりました。VISAまたはMasterCardのロゴが付いているカードであれば、どなた様でも簡単に500円からの寄付をウェブ上の操作で行うことができます。ぜひご利用ください。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

ご寄付に関する詳細は >>
こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

10月31日 現在
登録会員 10786

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。


公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。