文科相への申し入れ書全文掲載

テーマ:

人気ランキングバナー
↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

在特会公式サイト新URL
http://www.zaitokukai.info/

台風直撃の予報もでていますが、平成23年9月2日(金) の文科省前での朝鮮学校無償化断固反対の抗議活動は予定通り行わせていただきます。この件で8月30日に文科省に連絡を入れた際に、電話に出た女性職員(名前を名乗らないため氏名不詳)の社会常識の欠片もない対応を受けて、がぜんやる気が出て参りました。なお、この女性職員曰く 「 (朝鮮学校無償化手続きの即時停止を求めた) 申し入れ書を受け取る人員がいないので、申し入れ書を持ってきても受け取らない」とふざけた返答だっため、その日のうちに文部科学委員会関係の国会議員に連絡を入れ、議員経由で文科相に在特会としての申し入れ書を送付していただくことになりました。

以下、文科相宛ての申し入れ書全文掲載になります。先述のとおり、文科省前抗議活動を予定している9月2日は台風直撃予報もでていますが、同省の女性職員の熱烈な応援を受けたからには何が何でも予定通りに抗議活動を行います。一人でも多くの参加者を募るため、抗議活動の情報拡散に皆さまのご協力をお願いいたします。



------------

文部科学省 文部科学大臣 高木義明殿

朝鮮学校無償化についての申し入れ書


 平成23年8月29日、北朝鮮による韓国砲撃事件を受けて審査手続きを停止していた朝鮮学校高級部(我が国の高校に相当)の無償化適用について、審査を再開したとの報道がありました。しかし、今回菅直人前首相が指示した審査再開の決定について極めて重大な疑問が生じており、在日特権を許さない市民の会(以降、在特会と称する)は朝鮮学校高級部の無償化に断固反対の意思を示すとともに、その理由および疑問点を以下のとおり箇条書きにて記します。

1)北朝鮮をめぐる様々な問題について解決する見通しがまったくない中で、朝鮮学校無償化を進めることに1万人を超える在特会会員だけでなく、一般市民の多くが反対している。

2)朝鮮学校無償化手続きを凍結したことに関し、菅直人首相(当時)は北朝鮮情勢に基づく措置であることを表明していた。

3)平成22年11月23日に起こった延坪島砲撃事件に続き、平成23年8月10日にも北朝鮮による延坪島付近の韓国側海域を砲撃する事件が起きている。

4)菅首相(当時)は「9ヶ月間、北朝鮮は砲撃事件のような行動を取っておらず」という理由で朝鮮学校の無償化手続き開始の指示を出している。

5)しかし、平成23年8月10日に砲撃事件を起こした北朝鮮情勢を考えれば、4の理由で手続きを再開することは明らかな事実誤認に基づくものである。

6)現時点においても北朝鮮による日本人拉致事件は解決しておらず、その拉致実行犯の中には金吉旭(元大阪朝鮮民族学校校長)が含まれている。さらに、曹奎聖容疑者(元下関朝鮮初中級学校長)は麻薬密輸事件で国際指名手配をうけている。

7)いまだ未解決の重大犯罪に朝鮮学校関係者が関与しており、国際指名手配まで受けている現状で朝鮮学校への公金支出は国民感情の点からも認められない。

8)何より、朝鮮学校は授業内容を公にしておらず、憲法89条にある「公の支配に属さない教育事業への公金支出を禁止する」に抵触することは明らかであり、行政府の機関である文部科学省が率先して憲法に反することは法治国家としてぜったいに認められない。

上記以外の朝鮮学校無償化反対の理由として、東日本大震災における現状を指摘します。被災した東北三県では学生たちが経済的理由から進学を断念するなどの厳しい状況に立たされています。外国人へ公金支出をする「ゆとり」があるのなら、こうした我が国の子供たちの為にこそ公金は使われるべきであると考えます。

在特会は内外の情勢を鑑みて、朝鮮学校高級部を無償化し公金を支出することは著しく国益を損なうものであると判断し、担当官庁の最高責任者である文部科学大臣に対し直ちに朝鮮学校無償化へ向けた手続きの停止を強く求めます。


今回の申し入れと別件になり恐縮ですが、平成23年8月30日午前、文科省の担当部署に電話連絡を入れたところ……「朝鮮学校無償化問題で批判の電話などが殺到しており申し入れ書を受け取る人員が割けない」 「(文科省前で街宣をやるなら)お好きにどうぞ」 「電話を切らせてもらいますから」として一方的に電話を切るなど主権者たる国民に対して、極めて無礼な態度を取った女性職員がいたことに強く抗議します。

この職員については名前を尋ねても「名乗る必要はない」 として拒否されたため、氏名不詳ですが文科省においては早急に事態を調査し、その対応について在特会へ可及的速やかに説明することを求めます。

以上


------------

朝鮮学校無償化断固反対! 文科省前抗議街宣 【東京支部】

菅直人の最後っ屁「朝鮮学校無償化」 を粉砕するぞ!
北朝鮮による国家テロに加担する反日勢力を叩きつぶそう!


日本人拉致事件など北朝鮮による国家テロ事件が未だ解決していない状況で、朝鮮と強いつながりを持つ菅直人前総理は最後っ屁よろしく朝鮮学校無償化の手続きを開始することを決定しました。朝鮮学校における反日教育の実態、現在覚せい剤の密輸などの罪で国際指名手配を受けている曹奎聖容疑者(元下関朝鮮初中級学校長) 、日本人拉致実行犯辛光洙容疑者の共犯者金吉旭(元大阪朝鮮民族学校校長) 問題などなど朝鮮学校を巡ってはその教育内容や凶悪犯罪問題だけではなく、学校長などの職員に相当する者たちが金正日の直裁を経て任命されるなど、朝鮮総連と同じくテロ国家北朝鮮の出先機関としての側面があります。こうした諸問題を無視して(彼らの言うところの) 民族教育という名の反日教育を日本国民の税金を使って運営するなど、まともな国家としてはありえない話です。在特会はこの問題において断固反対の姿勢を表するために、担当省庁の文科省に対し朝鮮学校無償化を認めないように抗議の声を直接届けます。

【日時】
平成23年9月2日(金) 11:30~13:00

【場所】
文部科学省前
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 6番出口すぐ

地図
http://p.tl/m7Ga

【生中継】
ニコニコ生放送にて11:30より中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv61949394


【注意事項】
雨天決行 (台風直撃の場合でも決行します)
国旗やプラカードなどの持参大歓迎
当日は撮影が入りますので各自対応をお願いします
現場責任者の指示に必ず従ってください

【現場責任者】
桜井誠 (在特会会長)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 東京支部

【問い合わせ】
在特会東京支部メールアドレス
zaitokutokyo@gmail.com



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<反パチンコポスター & チラシ>

Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター02   Doronpaの独り言-パチンコ反対ポスター01

画像をクリックすると元のサイズでご覧いただけます

※ ポスターは転載自由ですが、内容の改編は固く禁じます


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

在特会イベント最新情報

<イベント紹介>

詳細は以下のタイトルをクリックしてご覧ください

9月02日(金)

朝鮮学校無償化断固反対! 文科省前抗議街宣 【東京支部】


9月17日(土)


(仮称) 青森支部設立集会 & 街宣 【青森支部】


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお知らせ>

在特会は皆さまからの暖かいご支援で成り立っています。全国に拡大する在特会ではありますが、運営経費の増大だけではなく今後予想される司法関連費用など財務面で大きな困難を抱えています。活動にご理解いただける方で余力のある皆さまにおかれましては、是非在特会への暖かいご支援をお願いいたします。

少しでも在特会への支援の輪が広がるように、これまでゆうちょ銀行への振り込みのみでした寄付の取り扱いについて、クレジットカード決済を追加導入することになりました。VISAまたはMasterCardのロゴが付いているカードであれば、どなた様でも簡単に500円からの寄付をウェブ上の操作で行うことができます。ぜひご利用ください。ご寄付の振込先、クレジット決済などの詳細は下記URLよりご確認ください。

ご寄付に関する詳細は >>こちら << をクリックしてご覧ください。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<在特会からのお願い>

Doronpaの独り言在日特権を許さない市民の会は平成23年4月に登録会員1万人を突破しました。

9月01日 現在
登録会員 10325

強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。


公式サイト(http://www.zaitokukai.info/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積 極的なご参加を心よりお待 ち しております。