これまで自民党や民主党といった二大政党制の顔となる二つの政党をみてきました。基本的に今回の選挙を含め、当面の間日本においては自民党と民主党という二大政党制に集約されていくことになると予測されます。
とはいえ、民主党は論外にしても現在の自民党も支持できないという人たちはどうすればよいのでしょうか?


今回の参議院選挙で投票行動を調べた世論調査をみると、これまで自民党を支持してきた層から少なからずの票が民主党へ流れ込もうとしているようです。小沢民と揶揄される反支那から親支那へ変節した小沢一郎以下の主流及び民主党左派グループについては救い難いものですが、一方で前原前代表などのように自民党にいてもおかしくないような民主党右派グループも存在しています。年金問題や安倍総理の「戦地売春婦問題」「靖国参拝」「対支那政策」などにおいて言行不一致の態度に愛想を尽かした自民党支持層が、民主党右派への期待を込めて今回は民主党へ票を入れようとしている向きもあるようです。
自民党も馬鹿ではない以上、今回の参議院選挙において大敗は避けられないというシュミレーションはしているでしょう。今後の政権運営を考える上で予想されるのは、おそらく民主党右派の切り崩しを図り自民党内へ引き込む算段を始めているのはでないかと思われます。


であるにせよ、参議院選挙での大勝によって民主党が勢いづくのは間違いないものであり、同時に国政の大混乱も予想されるのではないでしょうか。何度も述べていますが、民主党が第一党になれば参議院議長職は民主党にわたります。その結果、重要法案が次々参議院でたなざらしにされ、政権運営ができなくなる可能性が極めて大きくなるのです。27日付の新聞報道では、この辺の事情から森元総理が「参議院選挙で民主党が勝利し野党が参議院の過半数を握れば、重要法案が通らなくなり政権は追いつめられ最終的には衆議院の解散もあり得る」と発言したとのことです。自民党保守層から流れる票が結果として国政の混乱を招くという事態だけは避けるべきだと私は考えます。


そこで、これまで自民党を支持してきた保守層の皆さんに、民主党ではない第三の選択があることを知っていただきたいのです。もちろんどこかのカルト宗教政党や憲法第九条を守れと狂ったように叫びながら憲法第一条をないがしろにする自称護憲政党のことではありません。


維新政党新風という政党をご存知でしょうか?
この政党に関しては特にネット上で大変評判になっており、一度は聞き及んだことがあるのではないかと思います。ただ、残念なことにこれまでの過去の国政選挙では議席を確保することができずにおりますが、選挙のたびに得票数を伸ばしており新風の主張が少しずつでも広まってきている様子が分かります。
新風の参議院選挙における政策公約は こちら をご覧ください。
公約の中には在日特権の根幹たる特別永住制度の廃止を謳うなど、極めて共感できる公約が数多く載せられています。


もちろん、すべて新風を支持できるものではなく、公約ではないにせよ新風の候補者の中にはセクシャルマイノリティを弾圧せよと主張している人もおり、これは世間一般の常識的な判断からすれば糾弾されてしかるべきものだと思います。また、公約の中で憲法廃止も訴えられていますが、それは方法論であって現実論ではないと思います。理論的には可能であっても、実際に憲法廃止をどれだけの国民が受け入れてくれるのか? という問題もあります。候補者や政党の発言あるいは公約をみていけば、どうしても納得いかないものや疑問に感じるものもあることは確かです。
しかし、現実問題として100%皆さんの政治的要望と合致している政党が今の日本に存在しているでしょうか? どの政党を支持するにしても、必ず自分の要望や理想と違っているものもその中にあります。そのうえで、折り合いをつけて最大公約数的に自分の政治的要望や理想に一番近い政党として支持をしているはずです。
まずは維新政党新風の政策公約をじっくり読まれてください。これまで自民党を支持してきたが今回は自民党に投票したくないという方は、安易に民主党という極めて問題の多い政党を代行選択するのではなく、維新政党新風という第三の選択の存在を真剣に考えてほしいと思うのです。


今日で選挙戦も終わりです。明日の投票日に皆さんがどのような選択をされるかはともかく、まず投票所に足を運び自分の意思を示しましょう。私も最後の一日ゆっくりと考え、そして29日の投票日に日本の未来を託せる政党・候補者に一票を投じたいと思います。


<今週のお勧め書籍>


瀬戸 弘幸
ネットが変える日本の政治



晋遊舎

大衆啓蒙MAGAZINE スレッド



人気ランキングバナー

↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。