コロナワクチンがどうやって人々の免疫システムを破壊しているかについて

 

04/17/2024 //キャシー・B.

 

初めてコロナワクチンが投与されてから数年が経過しましたが、コロナワクチンが免疫系へ与える悪影響が

痛いほど明らかになりつつあります。

 

コロナワクチンは、ワクチン分野では比較的新しい存在です。

 

コロナワクチンの目的は、体内の細胞に侵入し、

実際のウイルスが体内に侵入した場合に感染を防ぐ

抗体を産生する免疫反応を促進するタンパク質を生成する方法を身体に教えることである。

 

従来のワクチンと異なるのは、

望ましい免疫反応を引き起こすために弱毒化したウイルスや生きたウイルスを使用しないという点である。

 

その代わりに、標的のウイルスタンパク質を産生するための遺伝物質、つまりmRNAを使用する。

 

mRNAは保護用の脂質ナノ粒子内にパッケージされ、遺伝物質が細胞内に入るのを助ける。

 

そこでウイルスタンパク質が生成され、免疫系がそれを認識し、中和する抗体を作ることができる。

これが、多くの人が遺伝子治療注射に例えている理由である。

 

理論的には効果的なアプローチに聞こえるかもしれないが、実際にはこのプロセスには多くの欠点がある。

 

なぜなら、この技術は非常に新しく、コロナワクチンの効果に関する長期的な研究がなされていないからである。

 

しかし、コロナワクチンが人の免疫系を過剰に刺激する可能性があることは分かっている。

 

また、当局が大衆に接種を勧める際には、

これらのワクチンに含まれるmRNAはすぐに分解され、

体内で除去されると主張していたが、実際はそうではないことが判明している。
 

実際、これらのワクチンは、臨床試験がまだ第3段階に入ったばかりで、実際のデータではワクチンを接種した人の死亡率が接種していない人に比べて高いことがすでに示されていたときに、緊急使用許可が下りた。

 

また、ウイルスに感染するリスクも高くなっていた。コロナワクチンが人々の自然な免疫反応を破壊していることは、この他にも指摘されている。

潜在ウイルスの活性化

コロナワクチンのもう一つの大きなリスクは、潜伏ウイルスの活性化である。

 

多くの科学者は、HIVやヘルペスのような潜伏ウイルスを活性化させる可能性を即座に懸念し、

予防接種を開始する前に、これらのリスクについてさらなる研究を行うよう求めた。

 

潜伏ウイルスは、明らかな症状を引き起こすことなく、体内で長期間休眠状態にあることがある。

 

しかし、mRNA注射によって免疫系が活性化され、免疫細胞を感染部位に呼び寄せるためのシグナル分子である

ケモカインやサイトカインが産生されると、細胞は潜伏ウイルスを認識して標的化し、

活性化して複製する可能性がある。

 

 

さらに、これらのワクチンからのmRNAはすぐに分解されず、体内で急速に除去されないこともわかっている。

 

その代わり、mRNAは何百万倍にも増殖し、血液脳関門を通過することができる。

 

このため、これらのワクチンは潜伏ウイルスを完全に活性化させることができるのである。

 

これらのワクチンのもう一つの大きな問題は、他の病原体を認識し反応する免疫システムの能力を変化させる可能性があることである。これは、あらゆる種類の感染症を撃退する免疫システムの有効性を損ない、病気のリスクを高める可能性がある。

ワクチン接種者の死亡率がワクチン未接種者よりはるかに高い理由も、これで説明できるかもしれない。

ウイルス学者が病院崩壊を警告

mRNAワクチンは現在も研究中であるが、初期のデータによれば、これらのワクチン接種の利点は潜在的なリスクを上回るものではない、特に人から人へのウイルス感染を防ぐことができないことを考慮すれば、である。

 

ベルギーの著名なウイルス学者であるゲルト・ヴァンデン・ボッシェ博士は、

ワクチン接種によって免疫力が低下した人々の間で病気や死亡者が大量に発生し、

病院システムの崩壊や社会的、財政的、経済的混乱を引き起こすと警告している。

 

 

 

 

 

無料と言われると打ちたくなる

 

打っておかなきゃそんそん

 

最近の小学生はエッチを頻繁にするということだよね?www

 

もうインチキで笑う気力さえ失せてくる

 

こんなインチキに気が付かずに

 

ワクチンを打たせる親がいるかと思うと

 

情けなくなるよね。

 

 

 

ニューギニアの学者が人肉食の主張でジョー・バイデンに激怒: 「空から降ってきた白人なら誰でも食べるわけではない

byJim Hoft2024年04月19日 11時30分

 

今週初め、ジョー・バイデンは、数十年前に彼のボージーおじさんの乗った飛行機が熱帯の島に墜落した際、ニューギニアの人食い人種がボージーおじさんを食べた可能性が高いと非難した。
水曜、バイデンはペンシルベニア州スクラントンを出発する際、駐機場で記者団に、親愛なるボージーおじさんの最期についてのショッキングな話をした。
ジョー・バイデン:「アンブローズ・フィネガン、私たちは彼のことをボージーおじさんと呼んでいた-

彼は撃墜され、空軍ができる前は陸軍航空隊だった。彼は単発機でニューギニア上空を偵察飛行し、誰かが間に合わなかったときに志願して、人食い人種がたくさんいる地域で撃墜されたんだ......」。
ジョー・バイデンは後に、ピッツバーグでのスピーチでボージーおじさんのこの話を報告した。

 

ジョー・バイデン:「私の叔父のボージーは、空軍が登場する前は陸軍航空隊だった。ニューギニアで撃墜され、遺体は発見されなかった。ニューギニアには人食い人種がたくさんいたからだ。
ホワイトハウスは後に、この話がほとんど嘘であったことを認めた。

 

 

 

 

ニューギニアの学者が、ジョー・バイデンの根拠のない人肉食話を非難している。

 

デイリー・メール紙
激怒したパプアニューギニアの学者たちは、ジョー・バイデン大統領が、第二次世界大戦中に彼の叔父が飛行機を撃墜された後、同国で人食い人種に食べられたという『容認できない』提案をしたことに対して非難した。
バイデンは水曜日、彼の母方の叔父であるアンブローズ・J・フィネガン少尉が、1944年にニューギニア上空で飛行機が敵に撃墜された後、人食い人種の手によって悲惨な最期を遂げたことを2度にわたってほのめかした。
歴史的に人肉食は、ニューギニア島の東半分を占める太平洋の国、パプアニューギニアでも報告されているが、地元の学者によれば、バイデン氏のこの行為の分類は『非常に不快』だという。

 

パプアニューギニア大学の政治学講師であるマイケル・カブニ氏は、人肉食は以前、一部のコミュニティで非常に特殊な状況で行われており、現地の人々は『空から降ってきた白人を食べるようなことはしない』と『ガーディアン』紙に語った。
他のアナリストは、バイデンの主張は『根拠がなく、判断力に欠けている』と烙印を押した。
確かに人種差別的な発言に聞こえる。トランプがこれを言ったら、メディアはどう反応するだろうか?