ガルフ・エアーのGF-19便のパイロットは、イラクのクルディスタン地域のエルビルに緊急着陸することを余儀なくされました。

医療チームが待機しており、乗員は直ちに病院に搬送されましたが、到着後死亡が確認されました。

エルビル空港のAhmed Hoshyar所長は地元メディアに対し、同機がイラク上空34,000フィートの地点で男性が体調を崩したと語った。

乗客が旅を再開できるようになるまで、飛行機は4時間着陸していた。

 

 

 

また飛行機で飛行中に突然死。フライト・アテンダントが死亡。パリに緊急着陸

 

画像

 

 

すごいな🤦

"鼻咽頭ぬぐい液検査が陰性の患者を含め、急性期から359日後まで肺にウイルスが存在する証拠を発見した。"

 

論文はプレプリントです↓

 

 COVID-19急性期以降の肺胞2型機能不全と肺の構造異常の持続

 

概要

SARS-CoV-2感染症は,50%以上の患者において,感染急性期以降に呼吸器症状や全身症状を呈することがある.COVID-19回復患者における組織病理学的な感染の長期的な影響については、重要な疑問が残っている。これらの疑問を解決するために、我々はCOVID-19(PC)急性期後に死亡した12人の死後肺組織の多重撮影を行い、COVID-19の急性期に死亡した患者、特発性肺線維症(IPF)で死亡した患者の肺組織、およびそれ以外の健康な肺組織と比較検討した。我々は、鼻咽頭拭い液検査が陰性であった患者を含め、病気の急性期から359日後まで肺にウイルスが存在する証拠を発見した。PC患者の肺は、最も顕著な病態生理学的特徴として、肺胞2型老化細胞の蓄積、気管支周囲と肺胞隔壁の多血化を伴う線維化によって特徴付けられている。細胞レベルでは、PC患者の肺疾患は、IPFの慢性肺疾患と異なるものの、病理学的な特徴を共有している。これは、PC患者への介入を合理化するのに役立つと考えられる。本研究は、SARS-CoV-2肺感染症の長期的影響を微小解剖学的、細胞的、分子レベルで理解するための重要な基礎を提供するものである。