インナーチャイルド無料診断を実施中!!心理セラピスト鈴木清和のブログ

インナーチャイルド無料診断を実施中!!心理セラピスト鈴木清和のブログ

どこに行っても解決しないさまざまな悩みや「心の壁」を解消するサポートをしています。カウンセラー、セラピスト歴は25年です。

インナーチャイルド無料診断とメール・セッションのご登録が6900を超えました。

 

また昨年4月から新たに始めました、「過剰警戒症候群・無料診断」のお申し込みも500件を超えました。

 

お申し込みありがとうございました。

 

昨年9月10日からスタートしました、「愛着障害・愛着パターン無料診断」のお申し込みも100件に近づいています。

 

診断内容は、1件1件目で見て作成しています。

 

ときどきパソコンからのメールを着信拒否にしていると思われる不達が発生しています。

 

無料診断をお申し込みになったあと設定をご確認ください。

 

また、申し込んだのに診断結果が届いていない方はお問い合わせください。

 

インナーチャイルド無料診断とメールセッションを受けられた方からメルマガも含めて感想をいただきました。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

わたしは恥と自己卑下のチャイルドで仕事の技術を収得し収入を得てきましたが、あるときからそれをやめ、自己肯定し、それからは多くのものを幸福感のもとに受け取ることができるようになりました。

これからももちろんそうですし、鈴木先生のblogyoutubeで裏付けられたので、より一層そうなっていくとたのしみにしています。

鈴木先生のメルマガはモデルケースやモニターさんのカウンセリングを拝見できるので以前の自分をも振り返ることができ、変われて本当によかったと再確認でき、あらたに勇気づけられます。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ありがとうございます。私にも励みになります。

インナーチャイルドの信念が一見どんなにネガティブに見えても、それは何らかの意味で役に立ったから保持された、そこに気がつけると、見方感じ方が変わり、それが、深い変化の入り口になります。

そんな体験をされた方の体験談です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

インナーチャイルド診断後の、メールセッションで温かな気持ちが湧きやすくなっています。

これまでも、インナーチャイルドを抱えやすい事には気付いていたのですけれど、根っこにある思いが、どんなものなのか、気付いてあげる事がなかなかできませんでした。

頑張る理由として「恥と卑下」を使ってきたんだとわかってから、先生の書かれていらっしゃるように、これまでは、それで役に立ってきてくれたのだと、すごく温かな気持ちで迎えてあげる事が
できました。

10年ほど、インナーチャイルドの課題には取り組んできたのですけれど、頑張るな、といわれても頑張るしかなかったり、素直になれ、と言われても、安心して恥を見せる事ができなかったり、
わかってはもらえないだろう・・・と、いつしか人との間に壁を作っては孤独になっていたりしました。

恥と卑下のチャイルドの存在を知って、頑張ってきてくれたチャイルドを抱きしめてあげたいと、今思っています。

クセのように湧いてくるものなので、もっともっと抱きしめて、もっともっと溶かしてあげたい、そう思います。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

ありがとうございます。

苦しみの原因が分かっただけでも楽になりますよね。こんな体験談をいただきました。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

インナーチャイルド診断を受けました。

思い当たることだらけで、言葉の一つ一つに驚きました。

そして、涙がぽろぽろと出てきました。

あ、私 苦しかったんだ と分かりました。

そして、インナーチャイルドが居たことで築いた今の私(気を遣いすぎる、顔色を見過ぎる 等)にも価値があるのかな?  と少し思えました。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

涙が流れるときは、長く抑圧されてきた感情が解放されているのですね。

悩むことが減ったという体験談です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

普段の生活でくよくよ悩むことが減りました。

職場でものすごく苦手な上司とも最近は笑顔で話すことができています!

インナーチャイルドの癒し方を知ることができ本当によかったです。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

驚きだったそうです。こんな感想もいただきました。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

他の方々のコメントを読ましていただいておりましたが、ここまで詳細な内容での診断結果をいただけるとは・・・驚きました。

 

そして診断内容ですが、ぐうの音も出ません・・・すべて当てはまっております。

 

特に「自己嫌悪」に関しましては、以前から最重要克服課題にしております。

 

これまで幾つかカウンセリングを受けた経験があるのですがここまで的確な診断ではありませんでした。

 

 

明日からのメールがものすごく楽しみになってきました。

 

 


さらにこんな感想もいただきました
 

 

インナーチャイルドの無料診断をしていただき、ありがとうございました。

ようやく分かりやすく説明してあるホームページを見つけて、これだ!と思いました。

解決できると分かって安心しました。

無料診断のあとのメールで、インナーチャイルドの
癒し方のワークがあり、半信半疑で試してみると
感情が動きました。

これからますますお世話になるかと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 


他にも

「無料でここまで詳しいとは思わなかった」

「自分が生きづらかった理由が分かった」

「分析がそのものずばりで驚いた」


など多くの反響とお礼をいただきました。

 

無料診断は、一つ一つ読みながら診断結果を作成しています。

このため、申し込まれてから数日、お待ちいただく場合もあります。

 

インナーチャイルド無料診断のお申し込みは、
このページからどうぞ


申し込まれた方には、無料診断と、12回のメール・セッションをお届けします。

さらに無料メルマガ「インナーチャイルド解放セラピー」を毎週金曜日の夜20:30にお届けします。

また、すでに1回メールセッションを受けとった方でも、また無料診断は必要ないという方でも下記からメールセッションのリニューアル版を申し込めます。さまざまなセルフワークの情報をお届けする他・・・

内容もより充実し、特典もついています。

下記からどうぞ

インナーチャイルド・メール・セッションVer.3.0
登録する

 

前回は、キーガン博士の人間の精神的

発達論について紹介し、第3段階から

第4段階に移行過程にある人の悩み

にフォーカスしましたが、今回は

起業を考えている、準備中である、

企業はしたものの課題で悩んでいる

方に焦点を当てます。

 

*********************************

こんな悩みはありませんか?

********************************* 

 

・起業はしたものの集客活動が思うように

 進んでいない

 

・起業を準備しているが活動が停滞

 している

 

・宣伝のための活動に抵抗感がある

 

・サービスの特徴を打ち出すことが

 できない

 

・サービスの単価が安すぎるままに

 とどまっている

 

・起業を準備しているができない事、

 わからない事が多すぎて落ちむ

 

こうしたことは現実的な解決策も必要

です。

 

しかし前回のメールに書きましたように、

もし第3段階、第3段階から第4段階の

過程にある人が起業をしようとすれば、

精神的な発達段階を上がるという課題

にも直面します。

 

そういう時、精神的発達を妨げている

スキーマを見つけて解消することは

有効です。

 

まずは、インナーチャイルド無料診断

を受けられ、無料カウンセリングを

ご利用ください。

 

*********************************

復習・キーガン博士の精神発達論とは?

********************************* 

人間は大人になってからも精神を発達させ

続けるというのは発達心理学では常識

です。

 

私が思うには、むしろ大人になってから

の発達の方が重要で、なぜなら、それが

人生の質に直接、大きな影響を与える

からです。

 

ハーバード大学の発達心理学者、

ロバート・キーガン博士の発達段階論に

よると、人間の精神の発達段階は、

1~6段階あり、1は幼児、6は悟りを

開いた人、普通の大人の大部分は、

第3段階か第4段階のいずれかの段階に

あるとされています。

 

以下はできるだけわかりやすく私の

言葉で書きます。

 

*********************************

精神発達第3段階

「環境順応型知性」の特徴

********************************* 

第3段階の特徴は、重要他者からの

評価、扱われ方、そして、みんなから

どう思われるのかを気にすること

です。

 

仕事は、指示されたからやる、

与えられたからやる、というもので

指示やマニュアルに従います。

 

自分がどう思うのかよりも、

みんなからどう思われるのかが重要

なので「集団思考」に流されやすい

と言われます。

 

この段階にある人が任される仕事、

できる仕事はある程度限られます。

 

この段階にある人は大人の約70%

を占めています。

 

*********************************

精神発達第4段階

「自己主導型知性」の特徴

********************************* 

第4段階の特徴は、自分なりの価値観

信念、目標を持って生きることです。

 

人からの評価を気にしないわけでは

ありませんが、本当に分かる人に

評価されたいと願います。

 

仕事は、その目的や意味づけを理解し、

マニュアルも使いますが、その背景も

理解していますので、マニュアル通りに

行かない事態に対して、自分なりの

判断を下すことができます。

 

集団の意思決定に際して、必要だと

判断すれば意見を表明することも

できます。

 

「プロ」と言える人、管理職、起業家

はこの段階に達していなければ無理

です。

 

この段階にある人は大人の約20%

を占めています。

 

*********************************

潜在意識と精神的発達段階の関係

********************************* 

いわゆる「スキーマ」と呼ばれる

成長過程で形成された「思考の枠組み」

と精神的発達がどのように関係して

いるのかということに関する正式な

研究はまだないようです。

 

しかし、私は、膨大な生データを手に

していうのでその関係をはっきりと

見て取ることができます。

 

「スキーマ」の影響を強く受けている

場合、精神的発達段階を第3段階に

押しとどめようとします。

 

第3段階にある人の中にも、第4段階

への移行過程にある人と長く第3段階

にとどまる人もいるでしょう。

 

第3段階にある人が、職務上の責任が

重くなるとき、あるいは起業しようと

した時、実は急速に第4段階への移行

が必要になるのです。

 

*********************************

解決するのは「解決策」ではありません

********************************* 

何か「いい解決策」があれば解決

すると考えているかもしれませんが、

実は考え方の整理と潜在意識の

書き換えで解決し、前進できる場合が

多いのです。

 

生い立ち過程で作られた「スキーマ」

がネックになっている場合が多く、

それに向き合わざるを得ないような

出来事が成長過程では起こるもの

です。

 

心理療法といえば、心を病んだり、

生きづらさを抱えている人のための

ものというイメージがあるかも

しれませんが、少なくとも

リバティ心理学はそのためだけの

ものではりません。

 

成長のネックとなっているものを

見つけ、取り除くことや成長に

役立つリソースを見つけることで、

成長や願望実現を促すことができ

ます。

 

実際に多くの人がこのような目的で

個人セッションを利用されて、前進

しています。

 

こうした成長課題に関係する悩みを

お持ちの方を対象にした

無料カウンセリングを追加で

実施します。

 

(該当しないと思われるケースの

場合はお断りする場合もあります。)

 

********************************* 

無料カウンセリングを

ご利用ください。

********************************* 

無料カウンセリングのご利用は、

まず「インナーチャイルド無料診断」

をご利用ください。

 

もしご希望される場合は、

希望日時は、3つほど10:00AM、

14:00、16:30のいずれか

からお選びください。

 

また、

メールに「無料カウンセリング希望」と

ご記入ください。

 

質問等にもお答えしていきます。

 

【必要事項】

①お名前

②ご住所

③電話番号(携帯)

④確認が取れやすいメールアドレス

⑤年齢 

⑥職業 

⑦希望日

⑧事前アンケート

【事前アンケート】

1・あなたの生活の現状は?

例)離婚後パートナーはいない、

正社員で働いている。子供はいない。

 

2・あなたは、どんなことで悩んでいますか?

 解決したいことはなんですか?

例1)いつも焦燥感と不安に駆られている

例2)部下や同僚との関係がよくない

 

3・あなたが望んでいる状態は

  どんな状態ですか? 

望みが叶うとしたら、半年後、

1年後、どうなっていたいですか?

例)ストレスなく働き今以上の

パフォーマンスを発揮したい

 

4・その他知りたいこと、

ご要望などありましたらご記入ください。

 

①から⑧をご記入後、ご送信ください。

kiyokazu@pf6.so-net.ne.jp

 

 

人間は大人になってからも精神を発達させ

続けるというのは発達心理学では常識

です。

 

私が思うには、むしろ大人になってから

の発達の方が重要で、なぜなら、それが

人生の質に直接、大きな影響を与える

からです。

 

ハーバード大学の発達心理学者、

ロバート・キーガン博士の発達段階論に

よると、人間の精神の発達段階は、

1~6段階あり、1は幼児、6は悟りを

開いた人、普通の大人の大部分は、

第3段階か第4段階のいずれかの段階に

あるとされています。

 

以下はできるだけわかりやすく私の

言葉で書きます。

 

*********************************

精神発達第3段階

「環境順応型知性」の特徴

********************************* 

第3段階の特徴は、重要他者からの

評価、扱われ方、そして、みんなから

どう思われるのかを気にすること

です。

 

仕事は、指示されたからやる、

与えられたからやる、というもので

指示やマニュアルに従います。

 

自分がどう思うのかよりも、

みんなからどう思われるのかが重要

なので「集団思考」に流されやすい

と言われます。

 

この段階にある人が任される仕事、

できる仕事はある程度限られます。

 

この段階にある人は大人の約70%

を占めています。

 

*********************************

精神発達第4段階

「自己主導型知性」の特徴

********************************* 

第4段階の特徴は、自分なりの価値観

信念、目標を持って生きることです。

 

人からの評価を気にしないわけでは

ありませんが、本当に分かる人に

評価されたいと願います。

 

仕事は、その目的や意味づけを理解し、

マニュアルも使いますが、その背景も

理解していますので、マニュアル通りに

行かない事態に対して、自分なりの

判断を下すことができます。

 

集団の意思決定に際して、必要だと

判断すれば意見を表明することも

できます。

 

「プロ」と言える人、管理職、起業家

はこの段階に達していなければ無理

です。

 

この段階にある人は大人の約20%

を占めています。

 

*********************************

潜在意識と精神的発達段階の関係

********************************* 

いわゆる「スキーマ」と呼ばれる

成長過程で形成された「思考の枠組み」

と精神的発達がどのように関係して

いるのかということに関する正式な

研究はまだないようです。

 

しかし、私は、膨大な生データを手に

していうのでその関係をはっきりと

見て取ることができます。

 

「スキーマ」の影響を強く受けている

場合、精神的発達段階を第3段階に

押しとどめようとします。

 

第3段階にある人の中にも、第4段階

への移行過程にある人と長く第3段階

にとどまる人もいるでしょう。

 

第3段階にある人が、職務上の責任が

重くなるとき、あるいは起業しようと

した時、実は急速に第4段階への移行

が必要になるのです。

 

*********************************

潜在意識と精神的発達段階の関係

********************************* 

では、移行過程にある人はどんな

悩みを抱えるでしょうか?

 

・自分で判断しなければならない

 ことが増えたが決定に自信が

 持てない

 

・自分なりの意見や見解を持つ必要

 があるが、まとまらない

 

・自分なりの意見や見解があるが

 それを出すのが怖い

 

・自分ありの意見や提案を出しても

 説得力を持たせきれなくて、

 通らないジレンマがある

 

・上司や周囲からの批判や非協力的な

 態度に凹む

 

・意見対立の板挟みになって悩む

 

・会社や所属する組織の政策、方針、

 体質、慣習などと自分の価値観が

 対立して葛藤を起こす

 

・仕事で、成果をなかなか出せない

 で悩む

 

・自分のコミュニケーション能力や

 プレゼン能力が足りないという

 ジレンマを抱える

 

まだまだ色々あると思いますが、

こういう悩み方をしている人は、

成長、精神的発達に向かっている

過程にあると言えます。

 

*********************************

解決するのは「解決策」ではありません

********************************* 

いい上司、いい先輩にでも恵まれれば

相談に乗ってもらうこともできますが、

多くの人は一人で悩んでいるでしょう。

 

また、何か「いい解決策」があれば解決

すると考えているかもしれませんが、

実は考え方の整理と潜在意識の

書き換えで解決し、前進できる場合が

ほとんどです。

 

生い立ち過程で作られた「スキーマ」

がネックになっている場合が多く、

それに向き合わざるを得ないような

出来事が成長過程では起こるもの

です。

 

心理療法といえば、心を病んだり、

生きづらさを抱えている人のための

ものというイメージがあるかも

しれませんが、少なくとも

リバティ心理学はそのためだけの

ものではりません。

 

成長のネックとなっているものを

見つけ、取り除くことや成長に

役立つリソースを見つけることで、

成長や願望実現を促すことができ

ます。

 

実際に多くの人がこのような目的で

個人セッションを利用されて、前進

しています。

 

こうした成長課題に関係する悩みを

お持ちの方を対象にした

無料カウンセリングを追加で

実施します。

 

事前に「インナーチャイルド無料診断」

を受けて、メルマガにご登録ください。

インナーチャイルド無料診断

 

(該当しないと思われるケースの

場合はお断りする場合もあります。)

 

********************************* 

無料カウンセリングを

ご利用ください。

********************************* 

もしご希望される場合は、

希望日時は、3つほど10:00AM、

14:00、16:30のいずれか

からお選びください。

 

また、

メールに「無料カウンセリング希望」と

ご記入ください。

 

質問等にもお答えしていきます。

 

【必要事項】

①お名前

②ご住所

③電話番号(携帯)

④確認が取れやすいメールアドレス

⑤年齢 

⑥職業 

⑦希望日

⑧事前アンケート

【事前アンケート】

1・あなたの生活の現状は?

例)離婚後パートナーはいない、

正社員で働いている。子供はいない。

 

2・あなたは、どんなことで悩んでいますか?

 解決したいことはなんですか?

例1)いつも焦燥感と不安に駆られている

例2)部下や同僚との関係がよくない

 

3・あなたが望んでいる状態は

  どんな状態ですか? 

望みが叶うとしたら、半年後、

1年後、どうなっていたいですか?

例)ストレスなく働き今以上の

パフォーマンスを発揮したい

 

4・その他知りたいこと、

ご要望などありましたらご記入ください。

 

①から⑧をご記入後、ご送信ください。

kiyokazu@pf6.so-net.ne.jp

 

 

インナーチャイルド無料診断

すでに受けられた方は、何かしら

ご自身が抱える生きづらさなどが

それと関係があることに気づかれて

いるかもしれません。

 

専門用語では、「早期不適応的スキーマ」

と言いますが、それは幼少期、生い立ち

過程の環境に適応しようとした結果、

作られたものです。

 

そうしたものがそのまま残っていると

様々な生きづらさの原因になります。

 

*********************************

自分の悩みは心理カウンセリング

の対象ではないとお考えの方に

********************************* 

しかし、「スキーマ」が成長に伴って

形を変えて適応性を高めるケースも

あります。

 

そういう場合、スキーマはあっても

インナーチャイルド無料診断では検出

できず、悩みはあってもそれが、

心理カウンセリングで解決できるもの

ではないと思っているかもしれま

せん。

 

例えば、あなたががもし、管理職や

経営者だった場合・・・

 

・なんでも仕事を自分で抱えてしまう

 

・なんでも自分で決めないと気が

 済まない

 

・部下と張り合ってしまい、

 権限委譲が進められない

 

・反対意見を冷静に聞けない

 

・部下に対していつもイラつく

 

・人が上手く育たない

 

などの問題を抱えているとしたら、

それは「スキーマ」の影響かも

しれません。

 

そしてそれが仕事の発展に限界を

設けているかもしれません。

 

*********************************

仕事や役割上で、こんな問題を

抱えてはいませんか?

********************************* 

 

管理職や経営者でなくとも、

 

・人にスキや弱みを見せられない

 

・常に優秀さを示さないといけない

 

・完璧主義、減点法に偏っている

 

・失敗や誤りは許されない

 

・新しいことに取り組むのが苦手

 

・柔軟に対応することができない

 

・コミュニケーションが苦手

 

・みんなにいい顔をしすぎる

 

・言うべきことが言えない

 

などなどの問題を抱え過剰なストレス

を抱えていたり、限界を設けている

かもしれません。

 

しかし、それらはあくまで仕事上の

悩みであって、心理カウンセリングで

解決できるものではないと考えている

かもしれません。

 

しかし実態は、仕事上の悩みの多くに

スキーマが関係し、実際に解決、改善

しているケースが数多くあります。

 

いわゆるアダルトチルドレンの

典型的な悩みでなくても対応できます。

 

*********************************

アドバンスド・スキーマという

新しい研究分野

********************************* 

実は、子供時代にできたスキーマが変形

して適応性を高めたスキーマというのも

存在しており、そうしたものを

アドバンスド・スキーマと命名しました。

 

きっかけは、ロバート・キーガン博士の

著書「なぜ人と組織は変われないのか」

の中で紹介されている具体的な事例を

独自に分析し、そこに様々なスキーマを

見出したことです。

 

例えば、なんでも自分が決定を下さ

ないと気が済まず、権限委譲ができず

反対意見はムキになって潰すので、

部下から本心や率直な意見が聴けない

ということが組織の足かせになって

いた経営トップの事例がありました。

 

この事例を分析するとこんな

スキーマの存在が予測できました。

 

・「誰より有能でなければ無価値だ」

 

・「誰より有能でなければ居場所を

  失う」

 

・「私は常に正しい判断を下すという

  みんなの期待に応えるべきだ」

 

・「信用できるのは自分だけだ」

 

おそらく、この本人は、自分の課題は

リーダーとしてのあり方の問題であって

心理カウンセリングの対象になるなどと

夢にも思わなかったでしょう。

 

それでキーガン博士らのコンサルタント

チームのサポートを受けたという

わけです。

 

こうしたテーマであっても、私の

個人セッションは対応できます。

 

これまで会社経営者、医師、音楽家、

弁護士、大学講師・研究員などの

仕事上の悩みも対応してきた実績が

あります。

 

このアドバンスド・スキーマの研究と

プログラムのさらなる進化に力を

入れてゆきたいと思います。

 

そこで、無料カウンセリングを募集

します。今回の対象は、・・・

 

・いわゆる「生きづらさ」というより、

 仕事、役割上の悩み、課題でお悩み

 の方、

 

・過去に個人セッションを受けて

 「生きづらさ」は解消、軽減した

 けれど、新たな課題に直面して

 いる方

 

該当しないと思われるケースの場合は

お断りする場合もあります。

 

********************************* 

無料カウンセリングを

ご利用ください。

********************************* 

もしご希望される場合は、

まず「インナーチャイルド無料診断

をお受けください。

 

希望日時は、3つほど10:00AM、

14:00、16:30のいずれか

からお選びください。

 

また、

メールに「無料カウンセリング希望」と

ご記入ください。

 

質問等にもお答えしていきます。

 

【必要事項】

①お名前

②ご住所

③電話番号(携帯)

④確認が取れやすいメールアドレス

⑤年齢 

⑥職業 

⑦希望日

⑧事前アンケート

【事前アンケート】

1・あなたの生活の現状は?

例)離婚後パートナーはいない、

正社員で働いている。子供はいない。

 

2・あなたは、どんなことで悩んでいますか?

 解決したいことはなんですか?

例1)いつも焦燥感と不安に駆られている

例2)部下や同僚との関係がよくない

 

3・あなたが望んでいる状態は

  どんな状態ですか? 

望みが叶うとしたら、半年後、

1年後、どうなっていたいですか?

例)ストレスなく働き今以上の

パフォーマンスを発揮したい

 

4・その他知りたいこと、

ご要望などありましたらご記入ください。

 

①から⑧をご記入後、ご送信ください。

 

アドレスは、

kiyokazu@pf6.so-net.ne.jp

です。

 

どうぞよろしくご検討ください。

 

通常の個人セッションのお申し

込みはこちらからどうぞ

 

 

 

リバティ心理学が今新たな、そして重大な進化の局面を迎えています。この間、ずっとテーマではあったのが、スキーマと自我発達の関係について解明することでした。

 

一つの例えで言えば、パソコンで言えば、自我とはOSのようなもの、スキーマはソフトのようなものとも言えそうなのですが、実際には自我発達とスキーマの構造は密接に相互作用していると考えられます。

 

しかし、その詳しい仕組みについて従来の心理学で解き明かした理論はありませんでした。そしてこの度は、アメリカの発達心理学者ロバート・キーガン博士の著書との出会いが運命的な出会いになったと思います。

 

R・キーガンの名は、以前から知っていました。しかし、数多く存在する発達理論をいろいろ取り入れすぎると混乱しそうだったので、フロイト以来の伝統的で、ケン・ウィルバーがその著「アートマン・プロジェクト」でも採用していたモデル、初期自我ー中期自我ー後期自我ー成熟した自我というモデルを用いてきました。

 

キーガン・モデルでは、大体、初期自我がレベル1、中期自我がレベル2に該当しますが、従来モデルの後期自我の中にレベル3とレベル4が存在することになります。

 

レベル3は、環境順応型知性とも呼ばれ、キーガンの言葉によれば「重要人物の意向に反しないこと、好ましい環境に自分を合わせることが一貫した自我を保つ上で大きな意味を持つ」という段階です。私の言葉で言えば「どこに就職するのかが大事、どんな上司にあたるのかが大事、仕事は与えられたからやる、指示されたからやる、周りからどう見られているのかが大事」という段階です。

 

レベル4は、自己主導型知性とも呼ばれ、キーガンの言葉によれば「何らかのゴール、目標、基本姿勢、戦略、分析を用いて自分の役割に関わろうとする」という段階です。私の言葉で言えば、「自分の仕事や役割の目的を理解し、自分が何を信じ、どういうあり方をし、どういう役割を果たすのかが大事」という段階です。

 

そして、衝撃的な側面と、深く納得の両面があったのは、キーガンの分析によれば、成人の約70%はレベル3、レベル4は約20%に過ぎないということです。研究の当初、レベル3の比率が多いのは、日本はじめ東洋諸国の特徴だと思われたそうです。確かに、欧米人の方が若い頃から自分の意見をしっかり持っているようには見えます。ところが職務上の重要な意思決定に際しての思考や行動に着目すると大差がなかったとのことです。

 

この理論は現実を説明するのに非常に合致しているように思います。私にとっても多くの謎が解けました。例えば、レベル3向けとレベル4向けの商品やサービスが存在すれば、数としては前者の方が多く普及することになります。レベル3の特徴として、簡単ですぐメリットが得られそうなものに飛びつく、人が集まるところに集まりたがる、権威に弱い、一度信じると妄信する、マニュアル化されたもの、ノウハウを好む、などが挙げられますが、いかにこのレベル3の特徴に照準を合わせたサービスが多いかわかります。

 

一見、レベル4はマズローモデルで言うところの自己実現の段階に見えますが、後期自我ですから承認欲求の段階です。すでに展開済みのニューロ・レイヤー理論では、承認欲求にも段階があるとしました。つまり、重要他者、およびできるだけ多くの人から承認されること、お金やステイタスなど多くの人に共通して理解されるものを重視する前期と、どう言う意味で、どういう人たちからの承認を得たいのかが重要になる、わかりやすく言えば大衆受けよりも本当に見る目を持った人からできるヤツと思われたい後期に分けられるとしました。

 

元々の自前のこの理論と、キーガン・モデルはこの点でピッタリ符合したわけです。ただし、キーガン・モデルは組織論、人材育成論にフォーカスした理論なので、ズレもあります。例えば、キーガンモデルのレベル2というのは、明らかに大人になってもレベル3に到達していない、組織に適応できない人の特徴を描いており、中期自我の概念で言う普通の子供を表してはいないと思われます。

 

なので、フロイトーウィルバー2.0モデルの汎用性を生かしながら、それをキーガン・モデルで修正したモデルが最もリバティ心理学に合致すると判断しました。そこで、キーガン・モデルで言うところのレベル3を「プレ後期自我」と定義し、レベル4を従来通り「後期自我」と定義し直します。

 

すると、私のほとんどのクライアントは、スキーマの影響でレベル3に長く停滞しておりそこから抜け出したい人か、レベル3からレベル4への移行過程で葛藤を起こしている状態で最初の個人セッションを受けていることがわかります。しかし一部、会社経営者、管理職、大学教職者、高度技術のプロフェッショナルで、レベル4段階での悩みを抱えている人もいます。

 

キーガン博士らによると、レベルを1段階上がるのに平均10年から20年かかるという調査結果があります。しかし、TM瞑想を毎日実践している人の中には、5年間で2段階進んだ人もいることがわかりました。ただし、とキーガンの下で学んだ加藤洋平氏は警告します。それはあくまで社会的な課題に真剣に向き合いながら瞑想を実践した場合に限る、と。これは完全位同意できる意見です。これがまさにかつてマズローが「ニューエイジ 運動」と袂を分かった理由でもあるのです。

 

以前から薄々は分かっていたことですがはっきりまとまってきたことがあります。養育過程で形成されたスキーマはある段階まで環境への適応や成長の役に立つ面を持っています。しかし、そのままの形で残っているとレベル3の段階では、精神的発達の桎梏と化します。しかし、多くの人が個人セッションを受けなくてもレベル4に到達するのはなぜか? それはスキーマが徐々に変形したり、コーピング・スタイルが巧妙化することで新しい段階に適応するからというのが答えでしょう。

 

キーガンの著書の中には、組織改革の過程で、大手企業の経営者、役員、大規模組織にリーダーなどの内面を暴く様が具体的に紹介されています。その内容をリバティ心理学の理論で分析すると、どういうスキーマが潜んでいるかが推測できます。カテゴリーでわかります。しかし、養育過程でできたスキーマが「進化」しているか、巧妙なコーピングスタイルを携えていることも推測できます。

 

また、これまで個人セッションを受けた方も、キーガンモデルで言うレベル5、成熟した自我ーここに到達するためには「実存的変容」と呼ばれる大きな変化を経ると言われるーにまでは達していないとすれば、スキーマが完全になくなってはいないはずです。

 

とすれば、より進化したスキーマへと形を変えて再生しているはずです。すると、これまでにワークしてきた、典型的なスキーマとは、それを表すフレーズもニュアンス異なり、もっと多様に存在するはずです。このようなスキーマを言い表す言葉として何がふさわしいか悩みましたが、アドバンスド・スキーマ(advanced schema)という名称を採用しました。

 

 

そして、キーガンの研究でも明らかなように、たとえレベル4に達して社会的に成功者だったとしても、さらなる課題、発達が求められる局面でそれらが桎梏と化すことも見て取ることができるのです。

 

キーガンの場合、企業研修の形で参加者の心の奥をえぐるようなワークショップを通じて、相当なエネルギーと時間を費やして深い意識レベルからの改革を推し進めているようです。しかし、組織の幹部が、ここまで同意してそれを推進できる組織が一体どれだけあるだろうか? とも思います。

 

アドバンスド・スキーマに関する研究が進めば、従来の心理療法のように「生きづらさ」を解決するのではなく、「レベルアップし脱皮するための」個人セッション、つまりキーガンが取り組んでいるようなことを個人でより効率的に進めるためのサポートが可能になります。

 

すでに、防衛機制の概念まで取り入れたところで、いくつかのデータがあれば、ある個人がある役職、ある職務を果たそうとした時に、どんな問題、課題が生じうるかをかなり正確に予測することが可能とも感触を得ており、人事に応用可能なプログラムが想定できました。

 

さらに、エグゼクティブの精神的発達を促すためのプログラムの開発が射程に入ったことになります。これはより実際に社会を変革する大きな力になり得ることだと確信します。

 

「実存的変容」への道のりは、当初の想定よりも遠かった・・・しかし、雲に覆われていたその道のりが姿をよりはっきりと表し始めたと言えます。そしてリバティ心理学は、さらに新しい領域へと踏み出します。

 

リバティ心理学は、2013年から、phase1~3という開発目標を持ち、2020年は、phase3の最終年度で準備段階の終わりと位置付けていました。確かに、ベーシックな部分はほぼ完成いsたと思います。これまでは、改善が思わしくない事例について「なぜ」の連続で理論を深め発展させてきました。おそらく、この理論をスキルによって、数%の例外事例を除き90数パーセントの事例に対しては、継続すれば遅かれ早かれ改善効果が出せるレベルに到達したと思います。

 

ここから先は、新しい分野への開拓に乗り出します。ここにリバティ心理学第2段階の新たなpahase1を宣言します。

 

 

先日、「約25%の難しいクラインとが抱える心の奥の超秘密」と題する勉強会をZOOM上で開催しました。

 

実態としては、この25%のうち、アンビバレント型(過剰警戒型、過剰警戒症候群とほぼ同義)単独の約10%は、リバティ心理学のセッションでは比較的速やかに改善しています。

 

残り15%、アンビバレント型と回避型の混合型が特に精神疾患のハイリスク群で改善が難しいとされていたケースについて、過去のセッション記録の分析をブラッシュアップしました。

 

すると、該当するケースでも、比較的速やかに改善しているグループ(A群)と非常に改善に時間がかかったり、改善する前に離脱したり、ラポールの成立自体が困難だったグループ(C群)、それらの中間的なグループ(B群)に分類することができました。

 

そして、それらを分ける原因を分析したところ、それはトラウマの深刻さそのものではないことがわかりました。むしろ、それまでに体験した人間関係の質と量(信頼関係、共感、思いやり、親密さ、など)によることがわかりました。

 

つまりA群は、たとえ養育環境に深刻な問題があったとしても、友人や教師、近所の人などとの人間関係には恵まれていた傾向があり、逆にC群は、良好な人間関係の体験が非常に少ない傾向が見て取れたのです。

 

C群は、カウンセラーやセラピストさえなかなか信用せず、心を開かず、試すようなことをしたり、ちょっとしたことをクレームにしたりする傾向も見られました。

 

それでも、本人に改善の意思が強くあり、カウンセラー、セラピストとの信頼が成立し、粘り強く継続した場合には、時間がかかったものの改善していました。

 

なぜ、そういう結果になったのかについては、現在構築中のニューロ・マップ理論によって説明がつきます。良い人間関係の記憶というのは、いざ変化を起こそうとしたときにいかにリソースとして機能するのかというのはとても重要な事実です。

 

このことは、誰かに親切にしたりやよき理解者になったり助け合う関係を持ったりすることが、お互いにとっていかに貴重な財産になるのかということをまざまざと示しました。古くから言われる「徳を積む」というのは科学的にはこういうことであったのかと納得しました。

 

心理学の世界では、病理心理学と発達心理学の間に断絶がありました。リバティ心理学ではそれらの統合を進めてきましたが、現在構築中ニューロ・マップ理論では、ロバート・キーガンの研究成果も取り入れながら、それらの間に完全な橋がかかろうととしています。

 

心の問題、ときには精神疾患を解決するだけでなく、いかに精神的発達を促して可能性を開花させるのかというテーマまでが一貫したものとして完全に繋がろうとしているのです。

 

動画は約10分程度に編集した「ダイジェスト版2」で公開することにしました。

 

リバティ心理学2021年のセミナーは、

次のような日程でZOOM上で開催します。

 

平日コース、日曜コースを開催します。

 

全ての過程は、動画による学習と

オンラインによって行います。

 

3月18日スタートの平日コースは、

(5月20日を除く)毎週木曜日、

14:00〜17:00という変則

パターンで開催します。

 

4月4日スタートの日曜日コースは、

(GW、お盆を除く)隔週日曜日、

10:00AM〜17:00の

パターンで開催します。

 

2021年3月スタート平日コース

前半

3月18日 3月25日

4月 1日 4月 8日

4月15日 4月22日

4月29日 5月 6日

後半

5月13日 5月27日

6月 3日 6月10日 

6月17日 6月24日 

7月 1日 7月 8日

練習会

7月15日 7月22日

各14:00〜17:00

 

2021年日曜日コース

前半

4月4日、4月18日

5月9日、5月23日

後半

6月6日、6月20日

7月4日、7月18日

練習会8月8日

各10:00AM〜17:00

 

リバティ心理学の理論は、

従来の心理学では、仕組みが

わかっていなかった多くの問題

について解明し、解決策を

体系化してきました。

 

これから心理学を学ぶ人も

すでになんらかのスキルを持って

いてスキルアップしたい方にも

おすすめでします。

 

長年解決できなかった問題や、

人生で繰り返し起こってしまう問題、

誰も解決できなかった問題を解決して、

生きることが楽しくなる!!

 

リバティー心理学のカウンセリング

メソッドを身につけてみませんか?

 

◆カウンセラー育成セミナーで得られること

 

①自分自身が癒され、可能性が広がります。

 

②自分自身が癒されるに従って、、

 家族や友人、職場の人など身近な人たち

 との関係性も良好になっていきます。

 

③既存の心理療法で解決できなかった

  問題が簡単に解決できるようになります。

 

④最短で最強のカウンセラースキルが得られます。

 

⑤動画付きなので、いつでも、

 どこにいても繰り返し予習や復習ができます。

 

⑥一生もののカウンセリングとヒーリング

 スキルが身につき、副業や本業で

 収入が得られます。

 

受講に興味がある方は、

 

下記無料診断をお受けになって

 

インナーチャイルド無料診断

 

愛着障害・愛着パターン無料診断

 

無料説明会、無料面談をお申し込みください

 

*********************************

 

リバティ心理学のカウンセラースキル

に興味がある方は、

無料相談が受けられます!

 

********************************* 

 

リバティ心理学を学んでスキルを

習得したい方

 

カウンセラーになりたいけど、

どうしていいかわからない、

 

カウンセラーとして開業している

けれど行き詰まっている、

などなど

 

ZOOMを使って60分程度の無料相談

を受付ています。

 

希望日時は、3つほど

10:00AM、14:00、16:30

のいずれかからお選びください。

また「無料相談希望」とご記入

ください。

 

【お申し込み方法】

①お名前

②ご住所

③電話番号(携帯)

④確認が取れやすいメールアドレス

⑤年齢 

⑥職業 

⑦希望日

⑧事前アンケート

 

【事前アンケート】

 

1・あなたの生活の現状は?

 

例)離婚後パートナーはいない、

契約社員で働いている。子供はいない。

 

 

2・あなたは、どんなことで悩んでいますか?

 解決したいことはなんですか?

 

例1)対人緊張であがりやすい

例2)人の評価がひどく気になる

 

 

3・あなたが望んでいる状態は

  どんな状態ですか? 

 

望みが叶うとしたら、半年後、

1年後、どうなっていたいですか?

 

例)自信を持って仕事ができ

兼業カウンセラーで、月収10万円

以上は得たい

 

 

4・その他知りたいこと、

ご要望などありましたらご記入ください。

 

 

①から⑧と、アンケートをご記入後、ご送信ください。

kiyokazu@pf6.so-net.ne.jp

(このメールに対する返信でもOKです。)

 

お申し込みお待ちしています。

 

 

カウンセラー育成セミナーについて詳しくは

 

 

あなたが、カウンセリングやヒーリング

を実践しているなら、一定数は改善し

にくいクライアントさんを抱えて

悩んだ経験がおありでしょう。

 

クライアントのうち約25%は、

おそらくどんな心理療法の技法を

用いても、ヒーリングテクニックを

用いてもなかなか改善しない、

また改善してもぶり返すでしょう。

 

うつや引きこもりやパニック障害、

社会不安障害、全般性不安障害、

胃腸障害、過敏性腸症候群などを

抱えているケースもあります。

 

認知行動療法で言えば認知の歪み

は見つかっても、それに替わる

思考を思いつけない、

 

NLPで言えば、リソースを引き

出そうとしてもなかなか出てこない、

技法にほとんど反応しない、

 

シータヒーリングで言えば、土台を

特定して書き換えたはずなのに改善が

芳しくない

 

一霊四魂を応用したカウンセリング

では、魂の性質自体が弱々しく

はっきりしない、

 

などなどです。そうしたケースは、

あなたの力量のせいではありません。

 

私もこうした事例にたくさん遭遇

してきて、悩み、調べ、研究を重ね

ました。

 

そして最新のテクノロジーを駆使した

脳研究の論文や学会発表を当たり

ました。

 

また、瞑想中のインスピレーションや

シンクロニシティにも助けられました。

 

そしてついに2019年、その本当

のメカニズムと改善法に到達しま

した。

 

以来、私だけでなく受講生においても、

重症事例が1回のセッションで

改善するなど目覚ましい成果を

上げています。

 

今のところ、ほんの一握りの人間に

しか知られていないこの情報を

希望される方に分かち合いたいと

思います。

 

今こそこの情報を普及しなければ

ならないと考えたからです。

 

無料勉強会は、ZOOM上で行います

ので、どこからでも参加できます。

 

すでに3月2日と6日に開催し

ましたが、メルマガ読者、facebook

の友人限定で一般告知はしません

でした。

 

しかし今度は、もう1回、

ブログでも告知して

3月9日(火)10:00AM

から質疑応答も含めて90分程度を

予定していましたが募集を

打ち切りました。

 

 

↑「ダイジェスト版・共依存からの解放」

「共依存」の深いメカニズムを解き明かします

「孤独な戦士」も広い意味では「共依存」の一種です

 

あるクライアントさんから感想をいただき

ました。

 

この方は、外見的にはいつも明るく前向き

に見えるのですが、物事がうまくゆかなく

なると精神や身体の調子を崩し、いつも

人が自分から離れてゆくのではという

不安にさいなまされていたそうです。

 

********************************* 

体調も良くなり

毎日が楽しくなりました

(20代女性)

********************************* 

私は色々と拗らせていてカウンセリング

4回目くらいから心がすっきりして

きました。

 

ずっと色んなカウンセリングを受けたり、

自分でヒプノセラピーのスクールに

通ったりと努力していたのですが、

全く改善されなかったのです。

 

鈴木先生のセッションは思考のパターン

を分析してからのため、お医者さんが

治療してくれる感覚に近かったです。

 

うまくいかないことがあると体調や

精神を崩し、外からでられなくなる

のでした。(病院に行ってないので

診断はされていませんが、多分うつ病

でした)

 

あるときはめちゃくちゃ頑張れるの

ですが、思った結果がでないとどうせ

私は頑張っても無駄だという思考になる

→精神を崩すというループだったのです。

 

しかも私の場合わかりずらくて一見

明るく元気で悩みなどなく楽しく

過ごしているように周りにみられ

がちでした。

 

しかしいつか友人や恋人が離れて

いくのではないかと常に不安だった

のです。

 

そして実際に離れていくと一人が

怖くて精神を崩し引きこもるという

いうループを繰り返していたのです。

 

先生がおっしゃった「孤独な戦士」

というフレーズがぴったりすぎて

思わず笑ってしまいました。

 

無意識に同じ思考癖で恋愛や仕事など

色んなことがひっからまってうまく

いっていませんでした。

 

ぐちゃぐちゃだったものが、鈴木先生の

分析でふにおち、4回目くらいから

自分でもこの思考パターンになってる!

という感覚が身に付いていきました。

 

一生涯に渡るものだと今このタイミング

で気付き、解除してもらうことで最近は

体調も良くなり、毎日が楽しくなり

ました。

 

本当にありがとうございました!

********************************* 

 

こちらこそ本当にありがとうござい

ました。

 

この感想を紹介させていただくのは、

リバティ心理学によるセッションの

特徴がよく表れているからです。

 

「お医者さんが治療してくれる感覚に

近かった」というのは、不調の原因を

詳しく分析して、それに対して方針を

立ててサポートするということを

指しているのだと思います。

 

途中で「孤独な戦士」という言葉が

出てきますが、これは潜在的適応戦略

という概念です。

 

人間は生い立ち過程を通じて、様々な

「スキーマ」という思考の枠組みを

作ります。

 

その中でも「スキーマ」の組み合わせ

により、この世界で生き延びるための

戦略、筋書きのようなものが形成され

これが潜在意識の中枢をなします。

 

「孤独な戦士」というのは、

見捨てられ/不安定スキーマによる

見捨てられ不安がベースにあり・・・

 

一方でありのままの自分で大切に

されたり、関心を払われたりはしない

という思考の枠組みがあるため・・・

 

非常に何らかの努力をすることで

居場所や存在価値を作り出さなければ

ならないというような思考の筋道が

作られているパターンを指します。

 

だからいつも不安レベルが高く、

不安を原動力にして非常な努力をし

うまくいっているうちはいいけれど、

一度つまづくと心身のバランスを

崩してしまいます。

 

本人は精神的にしんどいのですが、

そのしんどさが周囲に理解されず、

人生が順調であるかのように見られ

孤独感を感じがちです。

 

他にも色々なパターンが存在します。

 

こうした潜在的適応戦略というのを

本人が自覚している場合はまずなく、

明るみになると、なるほど自分の

人生はまさにそうなっていると納得し

それを続けたいか? となるとまず

続けたくないとなります。

 

そこで、潜在的適応戦略を解体し

それに代わる新しい戦略を構築して

置き換えてゆく過程に入ります。

 

それ以降も古い癖は出ることがあるの

ですが、少し距離を置いて客観視できる

ようになると、変化のプロセスは順調

と言えるのです。

 

このように、生きるための戦略を

作り直すことで人生は大きく変わり

ます。

 

従来の心理学の理論では・・・

 

NLPのロバート・ディルツ氏が言う

「サバイバル・ストラテジー」

 

精神科医・認知療法家のメラニー・

フェネル氏が言う「生きるための

ルール」

 

交流分析のエリック・バーン氏が言う

「スクリプト」(人生脚本)

 

が似た概念です。

 

しかし、それがどうやって作られ、

どのようにして変更できるのか

と言うことに関して十分に解明

されてはいませんでした。

 

ここを詳しく解明したのは、

リバティ心理学の大きな特徴の

一つと言えます。

 

そしてもちろん作り変えることも

できるのです。

 

今回紹介しました「孤独な戦士」の

パターンに思い当たる方限定で

若干名、無料カウンセリングを

募集します。

 

初めての方は、まず2つの無料診断

をお受けください。

 

インナーチャイルド無料診断

 

愛着障害・愛着パターン無料診断

 

********************************* 

無料カウンセリングを

ご利用ください。

********************************* 

もしご希望される場合は、

希望日時は、3つほど10:00AM、

14:00、16:30のいずれか

からお選びください。

 

また、

メールに「無料カウンセリング希望」と

ご記入ください。

 

質問等にもお答えしていきます。

 

【必要事項】

①お名前

②ご住所

③電話番号(携帯)

④確認が取れやすいメールアドレス

⑤年齢 

⑥職業 

⑦希望日

⑧事前アンケート

【事前アンケート】

1・あなたの生活の現状は?

例)離婚後パートナーはいない、

契約社員で働いている。子供はいない。

 

2・あなたは、どんなことで悩んでいますか?

 解決したいことはなんですか?

例1)対人緊張であがりやすい

例2)人の評価がひどく気になる

 

3・あなたが望んでいる状態は

  どんな状態ですか? 

望みが叶うとしたら、半年後、

1年後、どうなっていたいですか?

例)自信を持って仕事ができ

兼業カウンセラーで、月収10万円

以上は得たい

 

4・その他知りたいこと、

ご要望などありましたらご記入ください。

 

①から⑧をご記入後、ご送信ください。

kiyokazu@pf6.so-net.ne.jp

 

どうぞよろしくご検討ください。

 

通常の個人セッションのお申し

込みはこちらからどうぞ