DOGAN Stream 
  • 01Apr
    • 厳しい世界なんですよ

      愛読誌の地方創生特集。東京の著名人が、東京で、地方について議論していただいたようです。でも、「悩める東京サラリーマンは、地方に行って経営者として成功体験を積めばいい」という論調には違和感。勘違いはやめた方がいいと思います。地方の企業経営ってのは、そんなに甘い世界ではありません。4月1日だからもしやのエープリルフールかとも思いましたが。

      2
      テーマ:
  • 09Jan
    • 賛成。箱根駅伝について。

      毎年、箱根駅伝は見ていて楽しいけれども、観戦する度に、これこそ地方の優秀な人材を東京に吸い上げる典型的な巨悪のシステムだと言い続けてきました。商業化が著しく、全国大会のほうが格下のように思われているのがすごく残念。いくら北海道のチームが強くなったとしても、箱根駅伝には出走できない。しかも、サッポロビールがスポンサーなのに。そんな中、青山学院大学の原監督が本日の日経新聞で、革新的な意見を書いていらっしゃった。大賛成です。期待したいと思います。(1月9日付記)若いうちに世界を見て回って、視野広く成長し、でも、歳を取る前に故郷に戻って来て活躍する。それが理想ですね。そんな若者たちの受け皿になる土壌を地方に作ることにこれからも邁進していきたいと思います。それが僕の生き甲斐。

      3
      テーマ:
  • 03Nov
    • 唐津くんち 引率記

      夏に戻ったような陽気の中、今年も迫力満点の「唐津くんち」に参りました。でも、今年はロータリークラブの高校留学生たちの引率という大役です。− やっぱり、鯛の人気は高いですね。− 勇壮な珠取獅子− 留学生たちにも人気だった金獅子− 14台の曳山のラストは七宝丸引率したのは、アメリカ、オーストラリア、スイス、ドイツ、フランスから福岡の高校に通っている留学生たちです。長崎に来ている4名の留学生も合流、賢く礼儀正しい学生ばかりで、トラブルやハプニングも何もなく、ほっと一息です。偶然にも、唐津RCの馬渡先輩のところにお呼ばれし、大歓待を受けてしまいました。ありがとうございました。彼ら、彼女らはもちろん、私にとっても良い想い出になりました。1660年代からの始まりとされるこの祭の勇壮な姿には国籍関係なく、痺れます。祭りが人を惹きつける魅力(磁力)は凄いといつも思います。故郷に住み続け、祭りを盛り上げる地域の方々や若者たちに接するといつも幸せな気持ちに浸ります。生き甲斐ってこういうところにあるんだと心に染みます。さぁ、「唐津くんち」は、明日の11/4まで。

      6
      テーマ:
  • 27Oct
    • せとうちの師匠

      せとうちに参りました。尊敬する経営者にお会いするためです。私にとっては、経営の師匠です。夕陽を眺めながら、スケールの大きな壮大なお話を聞き、ついつい小さくまとまろうとしている自分に気づかされます。チャレンジ精神の塊でいらっしゃいます。励ましのお土産をいただき、感激です。陽が沈んだ後、経営者としての在るべき姿について、みっちり4時間レクチャーいただきました。今朝6時過ぎに宿泊施設を出ようとしましたら、なんとそこに、師匠様が「見送りに来た」といらっしゃるではないですか! 驚きで汗が吹き出しました。70歳を過ぎていらっしゃるのにこのバイタリティと気配り。異次元にすごいです。こういう歳の取り方をしたいなぁとつくづく感じた一日でした。元気をいただきました。

      テーマ:
  • 26Oct
    • 熊本震災復興支援:世安湯復活(11/1)

      深い縁があって、ボランティアで復興を支援してきた世安湯がいよいよ11月1日(15時)に復活します。全壊に近い状態でしたが、すっかり元通りになりました。復興に向けた皆様の執念の賜物ですね。とても楽しみです。アクセスhttp://kuma1010.com/custom/378オフィシャルブログhttp://kuma1010.com/blog熊本駅から徒歩で13-15分程度です。門構えは昔と変わりません。少し明るくなりました。再開のお知らせ。富士山もそのままです。みなさん、世安湯でお会いしましょう!

      1
      テーマ:
  • 23Oct
    • ドーガン 第8回「社長会」御礼ご報告

      毎年の恒例行事として定着してきたドーガン社イベントの「社長会」。今年も100名余のたくさんの経営者の方々にご参集いただきました。講演者には、ANAホールディングスの片野坂社長。鹿児島県のご出身ということで、あの手この手を使い郷土愛に訴え、なんとかお越しいただけました。ありがたいことです。熱く励ましていただきました。100名の経営者がグローバルかつ、地域密着の経営のお話に耳を傾け、刺激を受けました。ドーガンの活動報告も行いました。今年は内容盛りだくさん。懇親会では、JR九州の石原相談役に乾杯のご発声をお願いいたしました。過分なお話に冷や汗がでました。Satokoのフラダンスで情熱的に盛り上がり、情熱的地方創生クイズ大会では、谷水社長とサーズさんが見事に優勝されました。表彰式【FUKUOKA NOWのサーズさん】表彰式【タニミズ企画の谷水社長様】福岡地所の石井特別顧問に、過分なエールを賜り感激でした。新聞記者を辞め、日田の老舗の醤油屋「まるはら」の後継ぎを目指すことになった川崎さんのお話には感動しました。ドーガン歌姫のHarunaが熱唱し、競争率100倍の抽選大会で選ばれた筑水キャニコムの包行社長による素晴らしいご挨拶で締められました。新入社員のKureさんは、なかなかの司会ぶりを発揮し、会場を盛り上げました。たくさんの皆様に温かいお声をかけていただき感激でした。地方を盛り上げる責任をますます感じた一日でした。また来年お会いできればと思います。ありがとうございました。

      2
      テーマ:
  • 18Oct
    • 自分との戦いの記録:四万十川ウルトラマラソン(100キロ)

      完走から2日経ってようやく脚が曲がるようになってきました。痛みを忘れる前に、激走の想い出を記しておきたいと思います。2017年10月15日高知県の四万十川ウルトラマラソン(100キロ)に出走しました。全国から2000名余のランナーが参加。僕は2013年に阿蘇カルデラウルトラマラソン(100キロ)を増田さんと山本さんの支えでなんとか一緒に完走させていただいたのを機に、もうこれで思い残すことはないとマラソンを引退宣言していました。しかしながら、昨年12月のキリマンジャロ登頂において5000m地点でのまさかの高山病発症で途中下山、自分自身への雪辱を果たす機会が何かないかと伺っておりました。そんなとき、夏に増田さんから受けた「また一緒に100キロエントリーしてみましょうよ」とのお誘いについ応じてしまったというのが、今回の苦行のスタートです。10月14日 坂本龍馬への思いを馳せて、高知へのフライト。雲が多く、とにかく雨が心配でした。       今回は、マラソン大好きで経験豊富な重岡先輩(58にはみえません)を隊長に、おなじみの増田さん、そして、マラソン始めたばかりなのにサブスリーの記録を持つ弁護士の浜田さんとの4人での参加となりました。高知空港から四万十市(中村駅)に向かう電車の中でエントリーシートや地図などを紛失するハプニングに動揺しましたが、無事にエントリー完了です。       スタートは朝の5時半。雨で集合場所のグランドはグショグショで泥だらけでした😫   100キロのコースのうち22キロ地点の標高600mまでを駆け上がらねばなりません。苦しい坂道でした。「最後の清流」と言われるだけ、四万十川は大変に美しい川でした。このスケールは日本では見たことがなく、ここはカナダかと思うようなとにかく雄大な景色でした。しかしながら、とにかく土砂降りが続き、体力も気になり、写真は一枚も撮れませんでした。途中42キロを過ぎた地点で、あと60キロもあるのかと嫌になり出走を後悔しました。そんなとき、2人の伴走者とともに「盲ろう」というゼッケンをつけて一所懸命に走る50代くらいの女性に追い越されたんです。僕の顔は大雨でグショグショでしたが、感動してしまって涙が止まらなくなりました。なんて、僕は甘えてるんだろうと思ったんです。そのとき、僕は完走を自分に誓いました。そののちこの目も見えない、耳も聞こえない女性ランナーと何度も抜いたり追い越されたりというのを繰り返しました(笑)。やり遂げるぞと気合は十分でしたが、75キロ地点からが地獄でした。とにかく、1キロ1キロが遠い。「でも、一歩一歩刻んで前に進む以外ない」と何度も何度も言い聞かせ、前に進んでいきました。制限時間が厳しいため、焦りもありましたが、最後の第7関門94キロ地点になんとかたどり着いたときに、ゴールまで90分の余裕があったため、もう大丈夫だとほっとして感動してとても嬉しかったのを覚えています。でも、もう限界。そのときは走ることができない身体になっていました。あとは歩くだけでも完走できるので焦る必要はないのに、とにかく残りの6キロが恐ろしく恐ろしく長かったです。脚が止まらないようにと念じ続けました。陽が沈み山の中はもう真っ暗です。ランナーにペンライトが渡されました。結局、雨は最後まで止まず、さながら修行僧でした。少しでも辛さを和らげたいと思い隣を走る(歩く?)初老の方にお声をおかけしました。宇和島からきた方で、「今年70歳になるんだ。去年は80キロでリタイアしたんだ。このマラソンは憧れなんだ。何とか完走して、私はマラソンを引退するんだ。」と仰っていました。そして、ようやく息も絶え絶えにゴール。嬉しかった。とてつもなく。沿道やゴール地点で懸命にサポートしてくれる中学生ボランティアたちも忘れられません。「東京に行ってしまうなよ。この素晴らしい故郷をみんなで盛りあげろ」と心の中で祈りました。ランナーそれぞれに目的があり、ゴールがあるわけだから、タイムなんてのはまったく気にしない。生まれ持った才能の差もあるし、練習時間を割ける余裕のありなしもある。道具の良しあしもある。だから、自分が満足できればいい、これは自分との戦いなんだとつくづく思いました。        翌日、四万十川に別れを告げ、棒になった脚、石になった背中を抱えて、高知に戻りました。そして、2年ぶりのひろめ市場でカツオのたたきに舌鼓を打ち、帰りました。乾杯。僕の筋肉痛、ひざ痛は異常で、顔がひきつっています。この痛さばかりは経験者でないとわからないと思います(笑)。重岡先輩、増田さん、浜田さん、いろいろサポートありがとうございました。もう、僕は走ることはないですが(もう少し楽なものがいいです)、よい思い出になりました!これからも公私ともにお付き合いください。

      6
      テーマ:
  • 09Oct
    • 平和の礎

      高杉晋作やガンジーと同格で僕が敬愛するチェ・ゲバラ没後50年を祝うイベントが世界中で行われているようだ。NHK日経ハフィントンポスト1967年10月、ゲバラが亡くなって、3週間後に僕はこの世に産まれているわけで、生まれ変わりと思うには僭越だけれども、縁を感じる。ちなみに坂本龍馬や高杉晋作が亡くなったのは、ちょうどその100年前の1867年だ。今の平和な世の中は、こういう先人の血や汗の上に成り立っているとつくづく思う。だから、未だに平和と言えない環境から脱せられていない世界の子供たち、国は平和なのに幸せとは言えない環境で毎日を過ごしている子供たちに、僕らは何をなすべきかと自問しているところだ。ゲバラを描く映画は殆ど観ていますが、封切りされたばかりのこの映画は、期待していただけに、、、、少し残念な出来だったかと(苦笑)。もちろん主観です。さぁ、今週もお仕事頑張りましょう!

      テーマ:
  • 03Oct
    • 大きな一歩:新ファンド組成ご報告

      この度、地方を元気にする新しい投資ファンドを設立させていただきました。世の中に地域ファンドが乱立する中、創業14年独立系地域特化型PEファンドの老舗として、さらに一歩前を行く投資ファンドだと自負しております。事業再生の形が従前とは明確に変化しております。目先の資金繰りに悩む企業が激減する一方で、10年後、20年後の姿が描けない企業からのご相談が増えています。素晴らしい経営資源をもちながら、グローバル化やIT化など成長への取り組みが遅れがちな企業がたくさんあると痛感する日々です。当ファンドは事業承継と事業再生に課題あるものの、潜在的な価値をもつ企業を身近な経営のパートナーとして応援するものです。エリアは九州だけでなく、瀬戸内地区も対象としております。なお、金融機関や機関投資家だけでなく、地域を代表する9社の事業会社様にもご出資いただきました。これは画期的なことだととても嬉しく思っております。「金融の地産地消」を掲げ地方のために汗をかくドーガンを応援していただける出資者の皆様方に心から感謝申し上げるとともに責任の重さを胸に刻み、役職員一同、さらに頑張ってまいります。[記事&各社リリース]http://bit.ly/2ySgBN5(DOGAN HP)http://s.nikkei.com/2g64QKY(日本経済新聞)http://qbiz.jp/article/119829/1/(西日本新聞)http://bit.ly/2xbO7jO(新出光様)http://bit.ly/2yT0heT(山口フイナンシャルグループ様)http://bit.ly/2xbzzMv(ゆうちょ銀行様)(当ファンドへのご出資者※五十音順)・英進館株式会社・OCHIホールディングス株式会社・関東物産株式会社・株式会社北九州銀行・株式会社十八銀行・株式会社新出光 ・第一交通産業株式会社・株式会社トクスイコーポレーション・西日本鉄道株式会社・株式会社豊和銀行・増田石油株式会社・株式会社明治産業・株式会社もみじ銀行・株式会社山口銀行・株式会社ゆうちょ銀行 投資ファンド業界では小さな一歩かもですが、地域経済には大きな一歩になると思います。僕らの活動を意気に感じていただいた出資者の皆様に改めて感謝申し上げます。ドーガン社は、M&Aや投資ファンド事業を通じ、優秀な人材ほど故郷で仕事を選ぶ、そんな地域社会つくりを目指しています。

      2
      テーマ:
  • 01Oct
  • 24Sep
  • 22Sep
    • 東京オフィス開設のご報告です

      地方のために、いよいよ東京に拠点を構えました。M&A等の良い情報、優秀な人材情報を収集し、地方に活かしたいと思います。九州銘菓を揃えた昨夕のレセプションには想定を大幅に超える180名の方々にお越し頂きました。キャパシティオーバーで落ち着いておもてなしできず申し訳ございませんでした。http://www.dogan.jp/topics/pdf/東京オフィス正式オープンのお知らせ.pdf「ここを拠点に、ドーガンを全国に20ヶ所展開しなさい」と頂いた神原代表のエールを胸刻み、このご縁を大切にして参りたいと思います。

      テーマ:
  • 15Sep
    • 東京で九州のためにやりたいこと

      しまった😅リークされてしまったようです。お取引先様にはメールにてご案内しておりましたが、来週21日のオープンとなります。詳細は改めてご報告申し上げます。役職員一同頑張って参りますので、お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

      テーマ:
  • 14Sep
    • 金融の地産地消への挑戦

      僕らが汗をかいて取り組んで来た領域に、在京のプレイヤーも注目してきたようだ。地方の問題はその地方を愛する人間が一所懸命取り組まなきゃいつまでたっても東京からの支配から自立出来ないと思って、ドーガン設立から14年目。金融の地産地消への挑戦です。一日の長があることを信じ、切磋琢磨し、盛り上げていきたいと思います。今朝の日経新聞を見て。

      テーマ:
  • 12Sep
    • ここが僕らの棲むところ

      地銀の多くが、「うちは再生は終わった」と言うけれど、僕はそうは思わないよ。再生の質が変わっただけだし、再生の難易度はますます高まっていると思うのです。(2017.09.12 日経)

      1
      テーマ:
  • 17Jul
  • 05Jun
    • 新HP

      新しいHPに刷新しました デザインいかがでしょうか?http://www.dogan.jp/九州で、投資やM&Aや経営コンサルティングに励みたい優秀な若者を熱烈募集しています。東京勤務も募集中。熱いハートをもった「新卒」も受付中。故郷を輝かせるべく、一緒に汗かきましょう問い合わせ窓口 : info@dogan.jp

      2
      テーマ:
  • 20May
    • スティグリッツ

      故郷を元気にしようと起業して13年、なんだか「不平等」な世の中の動きにますます違和感を覚えて、どうすりゃいいんだい、自分がおかしいのか、とイライラしていましたが、やっと「出会えた感」です。スッキリしました。2001年ノーベル経済学賞受賞のスティグリッツ氏をもっともっと知りたくなりました。「GDPは経済パフォーマンスを測るのに適した指標とは言えない。環境の悪化や資源の枯渇、富の分配方法、その持続性などを考慮に入れていないなど多くの問題点がある。・・・三十数年前から各国で市場経済のルールの書き換えが始まりました。不平等をますます拡大するようなルールに変更してしまった。・・目先のことだけに人々が夢中になってしまうような短期主義のルールに書き換えられた。」第2章セドラチェク氏にも強く共鳴。このひとの考えも凄いな。MORI

      2
      テーマ:
  • 15Apr
    • 創業物語

      創業から今日までの振り返りをまとめていただきました。☞こちらです。地方を盛り上げるドーガン社の日々の活動は、☞こちらです。僕らのビジネスに共鳴いただける優秀な若手の採用をどんどん進めております。

      2
      1
      テーマ:
  • 15Aug
    • 日々こちらにアップデートしております

      故郷九州で創業して11年。たしかに、情報の中心は東京かもしれないけれども、人間らしく楽しく暮らせるのは地方だと思うんです。なのに、なぜみんな東京に行きたがるのかなというのが僕の疑問の原点。日々、出会う人あり、思うことあり、気の向くままに書いております。これからは、視野を広めて、九州の外にも出て刺激を受けてみたいと思う今日この頃です。ここのところしばらく表現の場を、アメブロから、Facebookに移し、双方向でのやりとりを楽しませていただいています。よろしければ、「いいね」でも。https://www.facebook.com/doganjp

      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス