好奇心を満たせば育児は本当に楽になる

好奇心を満たせば育児は本当に楽になる

赤ちゃんは「好奇心」のかたまりです。その「好奇心」を満足させることが育児のコツ。あなたの育児が楽しくなります

育児の悩みを解決するヒントが満載の週刊メルマガ発行中!無料で情報を手に入れて下さい。

  • メルマガ登録受付中!

  • 動画でも育児に役立つヒントを発信しています。現在で500以上の動画です。一度覗いてみて下さい。もしお気に入り頂けましたらチャンネル登録をして頂ければ毎日届きます。

  • 動画で学ぶ楽々育児
  • 言葉を話す赤ちゃん

     

    こんにちは、日本母親支援協会の柴田です。今日は、赤ちゃんが言葉を早く話せるようになる方法をご紹介します。

     

     

    昨日のブログでは、親子の会話が増えると家族は幸福感がアップするというお話をしました。親子が会話を交わすためには子供が言葉を話すようにならないと出来ません。

     

     

    言葉が早く話せる赤ちゃんもいれば、遅い赤ちゃんもいます。言葉の発達の特徴は、個人差がとても大きいと言われています。

     


    1歳すぎると、2~3語話す子供もいれば、3歳になっても、ひと言も話さない子供もいて、個人差がとても大きいことがことばの発達の特徴です。


    初語に関しては、1歳半までに9割の子供が話しています。その後、二語文が話せるようになるのは同じく9割の子供が2歳4ヶ月までに話せるようになるという統計が出ています。

     

     

    脳の中で単語が200語ほど蓄積されると「二語文」を話すと言われています。

     


    二語文が話せるようになると、次に「助詞」を使えるようになります。「助詞」とは、1番目の名詞に「の」「と」などがつきます。「ママのコップ」「パパといっしょ」とかですね。その後に「過去形」を話せるようになります。
     

     

    言葉の話すのに個人差が大きい原因の一つには、「構音器官」の発達の個人差が挙げられます。

     

     

    「構音器官」とは、声帯から口唇までの声道、つまり舌や唇など声音を使い分ける部分です。この「構音器官」は、3歳頃から徐々に発達していきます。それまでは赤ちゃん言葉と言われるような言葉になります。

     

     

    「わんわん」とか「ぶーぶー」と話すのは、この「構音器官」が未熟だから、しっかりとした発声が出来ないからなのです。

     

     

    体の発達ですから、個人差があって当然です。ママやパパが話している意味が通じているのなら、言葉が遅いと心配する必要はありません。

     

     

    言葉が話せるようになるには、たくさんの言葉を聞くことが大切です。まずは言葉の蓄積です。

     

     

    ある調査では、休日に家庭で話される言葉の数は平均で1時間あたり942語でした。一日ではありません。1時間です。すごい数ですよね。

     

     

    しかし、夫婦仲が悪かったり、前日に夫婦喧嘩をしたりした時などは、会話がなくなるのではないでしょうか?

     

     


     

     

    ですので、子供の言葉の発達を順調にするためにも夫婦仲が良くないといけないのです。

     

     

    子供は、常に周囲の会話からたくさんの言葉を聞き取っています。言葉を教えるのではなく、普段の生活で言葉のシャワーを浴びることで、自然に身につけていくのです。



    家庭の中で夫婦や親子の会話が豊かであれば、赤ちゃんは自然に言葉を伸ばしていくことが出来ます。


    また、「ダメ!」「やめなさい!」などの短い言葉だけなく、「そろそろ晩御飯の時間だからお片付けしてくれるとママは嬉しいな」など、きちんと理由を説明するようにすると言葉の蓄積が増えてきます。



    それを実践して頂いているママから嬉しいご報告を頂きましたのでご紹介します。

     

     

     

    柴田さん、こんにちは、○○です。

     

    …中略…


    娘の成長報告をさせてください!

     

     

    娘は2歳2ヵ月になりました。柴田メソッドのおかげで、日々素晴らしい成長に、親バカながら感動しながら楽しい子育てをしています。

     

     

    私達やお友達が咳やくしゃみをしたら、「だいじょうぶ?」って背中をさすってくれたり(これは1歳9ヵ月頃からやってくれます)、手をぶつけたりする音でも聞けば「ぶつけちゃったの?だいじょうぶ?」と聞いてくれます。

     

     

    畳んだ洗濯物は頼まなくてもタンスまで運んでくれ、先日はおむつ替えをしたパパに「いつもありがとうね~」と言ってくれ、パパ、涙です。

     

     

    2歳の頃には、私達両親の前では、ちゃんと「ありがとう」と「ごめんなさい」が言える子になってくれました。

     


    でも、近所の方に会って挨拶がきちんとできるかというと、照れちゃってできませんf(^_^) 姿が見えなくなってから大きな声で挨拶してます…

     

     

    最近は数字に興味があって、2歳前には1から10まで、まだ唱えるだけですが言えるようになり、今月は家の中ではテレビの時報や新聞、チラシ、おもちゃの箱など目にするもの全てに数字がないかを探し、散歩すれば車のナンバープレートを指差し「花子(仮名)ちゃんの好きな5(ゴー)」、「雪だるまの8(ハチー)」と文字として読めるようになってきました。

     


    なぜか1だけはワンと読み、ほぼ数字は読めるかな?!


     

    5が好きすぎて、ひらがなの「ち」までも「これ5?」と聞かれ、なるほどね~と思ったこともありました。

     

     

    英語も好きで、アルファベットは「これエービーシー?」と聞き、文字として覚えることに興味が出てきたようなので、ひらがなや漢字も一緒に伝えていくようにしています。

     

     

    それから、じゃんけんも器用にグーチョキパーができるようになったので、勝ち負けのルールも教えています。

     

     

    手や足など、体の左右が分かるので、右と左の意味がわかってるのかなと、この前散歩していた道で試してみたところ、そこまではまだ分かっていませんでした。

     

     

    通っている保育園も大好きで、親の私が言うのもなんですが、モテキがもう始まっているのかと思うほど、お兄ちゃんお姉ちゃん達に人気があって、外遊びなどで園庭に出ると「花子ちゃんだー!!」と、周りを取り囲まれてしまっています。

     


    年小クラスのお兄さんには結婚したいとまで言われてるらしくf(^_^)、可愛がってもらえて、本当にありがたいです(ちょっと女王様キャラにならないか心配ですが…)。


     

    小さいのにお話しできるからでしょうか?


     

    テキストも読み返してみると、まだまだできてないことがたくさん!片足で立つ練習したり、今の彼女にちょっとだけ難しいこと、を念頭にやってみています。

     

     

    またまた長くなってしまいましたが、忙しいところ全て読んでいただき、ありがとうございました。また成長報告をさせてくださいね!

     

     

    お友達と話す子どもたち

     

     

    三重県にお住いのこちらのママとは、お嬢さんが1歳2ヶ月の時からのお付き合いになります。

     

     

    保育園で、モテ期のお嬢さんは(^_^;)、このメールにも書いてありますが、現在2歳2か月です。

     

     

    おむつを替えてくれた時に「いつもありがとうね~」なんて言ってくれると、どんなパパでも大感激しますよね。

     

     

    思いやりのある素晴らしい女の子に育っています。

     

     

    それというのも、パパがおむつを替えてくれるほど育児を頑張ってくれています。そして、夫婦仲が良いので家庭内にいつも会話が溢れているということです。

     

     

    我が子に早く言葉を話せるようにしたいのなら、言葉のシャワーを意識して下さい。そして、短い言葉ではなくちゃんと説明することを心がけて下さい。

     

     

    今日は、赤ちゃんの言葉が早く出るようになる方法をご紹介しました。我が子が言葉を早く話せるようになれば、子育ては増々楽しくなってきますよ。

     

     

    日本母親支援協会はあなたの育児を応援します。お聞きになりたいことがありましたら、こちらでご質問くださいね。

     

     

    会話が弾む家族三世代

     

    こんにちは、日本母親支援協会の柴田です。今日は、親子の会話が増えると家族は幸福感がアップするというお話です。

     

     

    僕は、コンサルメールで成果報告を頂くと、よく英語で褒めます。あなたも、僕から英語で褒められた経験がありますよね。

     

     

    日本語では、どうしても褒め言葉が決まってしまいます。それに比較すると英語の褒め言葉は、とても多いです。

     

     

    あなたも、お子様を褒めるときに、是非、英語でも褒めてあげて下さいね。そこで、家庭で使える英語のほめ言葉をご紹介しましょう。

     

     

    • Great! (すごいね!)
    • Excellent! (すばらしい!)
    • Good job! (よくできました!)

     

     

    この三つの言葉は、お子様を very happy にする魔法の言葉です。英語で褒めると、お子様は最初「?」ですが、雰囲気は伝わります。

     

     

    そして、お話ができるようになると褒め言葉に対して「どういう意味?」と聞いてきます。「Greatは、すごいねという意味よ」教えてあげて下さい。

     

     

    それを日常に取り入れることでお子様も英語に親しむようになります。徐々に英語を取り入れることで小学校に入ってから英会話の授業にもスムーズに入ることが出来ますよ。是非、使ってみて下さいね。

     

     

    では、今日も始めましょう。このブログは、育児や子育ての悩みの解消に役立つような情報や、楽々育児のヒントをお話ししています。

     

     

    コンサルメールでは、どんなことをやり取りしているのかという質問もよく頂きます。

     

     

    先生と生徒というのではなく、お父さんと娘というような内容になっていますね。(^_^;)

     

     

    ひとつ、ご紹介しましょう。

     

     

     

    柴田さん こんにちは、○○です。最近の息子なんですが、成長したなーって、本当に実感してます。

     

     

    それと、毎日楽しくって、早く会いたくて仕事からすっ飛んで帰っています。

     

     

    息子は言葉を覚えるのが楽しい時期に入ってきたようです。

     

    「かーかー、おかわりー」
    「ばーば、きた」
    「ワンワン かわいいー」

     

    話せる単語が少しずつ増えてきました。

     

     

    歌をうたったり、気になるフレーズがあると「かー」といいながら、指を一本ピッと立てます。これは、もう一回の合図です。

     

     

    こういう時は、四回は連続で催促されます。

     

    • 一回目の催促:耳に神経を集中させて、じっくり言葉を聞いています。
    • 二回目の催促:小さな声で自分でもモゴモゴと練習をしています。
    • 三回目の催促:少し声のボリュームも大きくなり、こちらの歌っているのを確認しながら歌います。
    • 四回目の催促:これ以降は、ノリノリで踊ったりしながら歌っています。

     

    歌をすべて綺麗に歌い切るのではなく、好きなフレーズの所を歌っているだけですが、意欲的に学習している姿をみていると、「人って、こうやって言葉を覚えていくんだなぁ」なんて感心しています。

     

     

    なので、柴田さんが英語脳はつくれる!と、よく仰っているので、お風呂に入りながら、カラーボールで遊びながら英語で色を教えてみました。

     

     

    レッドは難しいようでしたが、ブルーとイエローは言えるようになりました。

     

     

    これから、ますますコミュニケーションが取れるようになると思うと楽しみです!!!

     

     

    あと、以前相談していた、お食事中の食べ歩きをしてしまう件ですが、柴田さんに教えていただいたスタンスで接した所、今は一人でちゃんと食べてくれるようになりました☆

     

     

    ありがとうございます!では、またメールします(^_^)

     

     

     

    こんな感じですね。仲のいい親子の会話です(^_^;)娘が孫の成長を報告してくれるみたいなぁ…。

     

     

    新米ママにとっては、子供の成長を報告するだけでも楽しいですよね。そして、わからないところはアドバイスをもらう。

     

     

    ごくごく普通の親子の会話です。

     

     

    大学共同利用機関法人の統計数理研究所が5年ごとに行っている「国民性の研究全国調査」には、こんな結果が出ていました。

     

     

     

    「あなたにとって一番大切なものは何か」との質問に対し、「家族」を挙げる人の割合は1958年には約1割に過ぎなかったが、70年代以降は一貫して高まり続け、2003年には約5割となっている。家族を何よりも大切と思う人は、どんどん増えているということです。

     

     

    また「家族との会話が十分取れている」と回答した人について見ると、80.7%が精神的なやすらぎを感じています。

     


    それに対して、家族との会話がほとんど取れていないと回答した人で見ると、ほとんどやすらぎを感じていない人の割合は18.7%に高まっていたのです。

     

     

    この調査結果から親子の会話の重要性が見て取れますね。家庭内で親子が楽しく会話していると家族も幸福度も上がります。

     

     

     

    今まで数多くのママとのコンサルを続けていますが、共通して見られるのは、男の会話ベタです。

     

     

    昔「男は黙ってサッポロビール」というテレビCMが流行りました。ご存じないですよね。今から50年も前の話ですからね^ ^;。

     

     

    男は黙ってサッポロビールのCM画像

     

     

    このCMの背景は高度成長時代です。働けば給料が上がる。父親の働きだけで一家が養えるという時代です。

     

     

    ですので、働いて帰ってきた父親には、家族みんなが「お帰りなさい。お疲れさまでした」と出迎える。そして、ちゃぶ台に座ったら何も言わずとも瓶ビールが出てくる。

     

     

    そんな時代を映し出したCMだったのです。これが大当たりでした。話さなくとも家族がみんなわかってくれている。世の中の父親はそのCMの真似をしたいと願ったものです。

     

     

    それから50年経ちましたが、今でも自分の意見を伝えることが上手ではない男性が多いように感じます。

     

     

    それは、甘やかされて育った多くの男性に見られる傾向です。母親が何でもやってくれた。話さなくても気持ちを察してくれた。

     

     

    そんな環境で育った結果、「話さなくてもわかってくれる」また「話さなくてもわかるだろう」と言う間違った性格?に育ってしまったのですね。

     

     

    もう今では、父親一人の稼ぎでは一家を養うことはできなくなっています。共働き世帯が、これからもどんどん増えてくるでしょう。

     

     

    共働き世帯の推移

     

     

    これからは、家事・育児も公平に分担して、妻にも稼いでもらわなければいけない時代です。

     

     

    こんな社会に誰がした!と文句を言ってもどうなるものでもありません。これからの時代は「男はたくさん喋って家事・育児」です。

     

     

    料理をするパパ

     

     

    家族の会話と父親の家事・育児の姿を見ながら育った子供は、幸せな家庭を築いていくことは間違いのないことです。

     

     

    そんな家族の会話のヒントになるということもコンサルの一面だと考えています。あなたも育児に限らず家庭問題などで気楽に相談できる相手がいると安心できますよね。

     

     

    ご夫婦でも話し合ってみて下さい。話さないとわからないことがたくさんあります。女性は共感能力が優れていますが男性はその能力が少ないです。それを自覚することも話し合いによる効果の一つです。

     

     

    家族でどんどん会話を増やして幸せな家庭を築いていってくださいね。

     

     

    日本母親支援協会はあなたの育児を応援します。お聞きになりたいことがありましたら、こちらでご質問くださいね。

     

     

    ピアノを弾く赤ちゃん

     

    こんにちは、日本母親支援協会の柴田です。今日は、助産師さんに「凄いですね、たくさん脳に刺激を与えているのでしょうね」と褒められたママをご紹介します。

     

     

    その前に、来週26日は柴田育児アカデミーの月例セミナーを開催します。先日14日に開催したセミナーはインストラクター向けです。来週は在校生の勉強会です。

     

     

    今回のテーマは、「人生のスタートからぶっちぎれ!! 効果的な脳と体の育て方」。テキスト「IQ141」の1歳児と2歳児版に沿ったセミナーとなります。

     

     

    赤ちゃんを授かって初めての育児でオロオロ、四苦八苦しながら毎日頑張っているママ。

     

     

    せっかくの苦労が目に見える成果につながると、やり甲斐も大きく違ってきますよね。

     

     

    ただ、おむつを替えて、おっぱいやミルクを飲ませてお世話しているだけだとなんだか虚しい思いに囚われているママも多いのではないでしょうか?

     

     

    言葉も話せない赤ちゃんと二人だけ生活していると、気がついたら一言も話していないなんてこともあるかもしれません。

     

     

    寝不足でも風を引いていても、相変わらず毎日のお世話は手を抜くことはできません。

     

     

    そんなに頑張っていても誰からも褒められない育児という“仕事”です。母親だからやって当たり前、育てて当たり前という日本社会。

     

     

    そんな社会の中で、誰にも教わったことのない育児という“仕事”に追われる。毎日、悩みながら、苦しみながら頑張っているのに、言われる言葉は「苦しいのは今だけ。あっという間に赤ちゃんは大きくなっていくもの」と。

     

     

    赤ちゃんは一人で大きくなるのではありません。母親が毎日頑張っているからこそ成長していくのです。

     

     

    その新米ママの頑張りを誰も評価してくれないのも虚しさの一因です。おまけに旦那は、大して忙しくもない仕事に逃げて母親に丸投げ。

     

     

    これでは、育児が楽しいという気持ちは持てませんよね。最悪の結果、我が子に手をかけてしまう…。

     

     

    そうならないためにも育児を学ぶことが大切です。赤ちゃんのことを知る、赤ちゃんの身体だけでなく、脳の発達を知るだけでも育児に対して前向きな気持が生まれてきます。

     

     

    そして、日頃の赤ちゃんに対する“正しい働きかけ”の裏付けが理解できれば、育児も楽しい“仕事”へと変わっていくのです。

     

     

    会社の仕事でも、「なんのためにやらされているのかわからない」ような気持ちで嫌々やらされると捗りません。

     

     

    でも、その仕事の意義や目的をしっかりと上司が教えてくれると俄然やる気も湧いてくるのではないでしょうか?

     

     

    育児も、それと同じです。この働きかけがどのような結果をもたらすのかが理解できていれば、しっかりと働きかけをすることができるようになります。

     

     

    そして、その働きかけの成果が目に見えてくると増々育児が楽しくなるのです。

     

     

    今日は、生後3ヶ月から柴田メソッド®を学んでいるママをご紹介します。先日1歳児健診で「助産師から、こんなことを言われました」というご報告を頂きました。

     

     

     

    …前略…

     

    今日は小さな報告です。


     

    誕生日に区の健診にはない1歳児健診を、いつもの近所の小児科ではなく出産した日赤に行ってやってもらいました。


     

    ここは色々成長をしっかり聞いてくれたりするからいいよ、という話も良く聞くので1歳の記念も兼ねて。

     

     

    確かに色々質問されました。1歳になった時点でこれは出来る?あれは出来る?と。

     

     

    でもそれはとっくに出来ていた事ばかりだったので軽く「もうこれこれ出来てます」と伝えると

     

     

    "凄いですね、たくさん脳に刺激を与えてるのでしょうね"と言われました。

     

     

    本当は「そうなんです!そうなんです!」と声を大にして言いたい所でしたが( *´艸`)

     

     

    そうですねぇ~あたりでやめておきました( ॢꈍ૩ꈍ) ॢぷ४४४*

     

     

    色々なお子様見ている助産師さんにそう言ってもらうと本当にそうなんだなぁと嬉しくなりました。

     

     

    これも柴田メソッドのおかげです。ありがとうございます。

     

     

    乳児健診

     

     

    嬉しいご報告、ありがとうございます。

     

     

    都内にお住いのこちらのママは、生後3か月から柴田メソッド®を始めて頂きました。すでに柴田メソッドで驚くほどの成長を見ているママ友からの紹介です。

     

     

    生後3ヶ月といえば、やっと育児に慣れてきた頃ですよね。寝てばかりの赤ちゃんでしたが、働きかけに対する反応も出てきて楽しくなった頃ではないでしょうか?

     

     

    以前から先輩ママであるママ友さんのお子様の眼を見張るほどの成長を見ていたので迷わずテキストをご注文頂きました。

     

     

    まずは、「IQ141」0歳児版をご購入頂き、すぐに「この育児」の顧問付きをご購入頂きました。

     

     

    そして、「こーすればいいのか」「こうすると、こんな成果につながるのか」などとテキストに書いてある「遊び」を素直に実践して頂きました。

     

     

    わからないところや育児に対する疑問があれば、すぐにメールでご相談頂き、専門用語ではなく、わかりやすい言葉でアドバイスさせて頂きました。

     

     

    その結果、悩みがすぐに解消して、毎日笑顔で育児を楽しんでおられます。

     

     

    そして、先日1歳のお誕生日を待たずに、「IQ141」1歳児版をリピートオーダーして頂いて実践しています。

     

     

    赤ちゃんの成長を追うのではなく、半歩先の成長を学んで我が子を育てていらっしゃいます。ですので、検診で助産師さんに驚かれるのは当然ですね(^ ^)

     

     

    子供は、3歳までは興味を示すものはどんどん吸収していきます。その好奇心を育てることも育児の一つです。

     

     

    そして、3歳からは、基礎の上に応用を積み重ねていく時期です。これからのグローバル社会で活躍するためには、小学校に入るまでの「今」が大切です。

     

     

    ただ「赤ちゃんを育てる」のではなく、「 効果的な脳と体の育て方」を学んで実践することで育児の虚しさはなくなります。

     

     

    数多くの赤ちゃんを見てきた助産師さんという育児の専門家から褒められると嬉しいですよね。自慢のわが子を育てているという自信が生まれてきますよ。

     

     

    世界を飛び回る一流のビジネスマンは、あなたのお子様かもしれませんよ。そのためにも、「今」の子育てが大切です。

     

     

    赤ちゃんだから、何もできないと思わないで下さいね。あなたの赤ちゃんは無限の可能性を持って生まれてきたのです。その才能を伸ばしてあげる働きかけをすることで育児が増々楽しくなっていきますよ。

     

     

    日本母親支援協会はあなたの育児を応援します。お聞きになりたいことがありましたら、こちらでご質問くださいね。